facebook twitter hatena line google mixi email
★お気に入り追加


■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

  • 1
  •  
  • 2011/02/17(木) 17:49:23
革新思想のルーツに平等主義があるが、機会にせよ結果にせよ平等な社会などはありえない。
平等を大義名分に革新派が行ったのは略奪、虐殺、弾圧だけであるが日本はお国柄か革新派は勿論、
保守派までもが欺瞞的な平等主義に毒されている輩が多い。

平等主義者の価値観として階層否定、階級闘争、労働信仰、努力信仰、才能信仰、人間性善説、
理性至上などが上げられるが根底にあるのは他者への嫉妬だ。
こういう欺瞞的な平等主義者は現実よりも理想を重視する。

階級社会こそが人間社会の本質であり、資本主義社会は資本家中心の社会であるという現実を直視できない
哀れな御仁である。

こういった危険な革新派に対抗するために、日本の保守派が洗脳を解きグローバルスタンダードに舵を切れば、
階層肯定、階級友好、拝金信仰、血筋信仰、運信仰、人間性悪説、欲望至上といったな本来の保守派の
価値観が身についてくるであろう。
ここまで見た
  • 57
  •  
  • 2011/03/18(金) 07:22:09.73
下層貧乏人は世の中を恨むよりなんで自分が省みたほうがいいよ

貧乏人の革命戦士のションべん臭い理想論に洗脳される
奴なんかリアル小学生位しかいないんだから。

クサヨみたいな理想主義者なんか昔から履いて捨てる程いるんだよ。

平等社会への試みは100年以上も前からあって、
そのルーツは200年以上前のフランス革命に遡るが
共産主義政権が20世紀に一億人虐殺した挙句に崩壊したという歴史的事実がある。
ここまで見た
  • 58
  •  
  • 2011/03/18(金) 07:29:09.57
>>50
本当に理想に逃避した下層貧乏人丸出しだなお前。
ションべん臭くて聞いてらんね。

ジャコバン派が左翼の語源であの時の恐怖政治がテロの語源なんだがそんなことも知らないのか。

ジャコバン派を支持したのはお前のような下層貧民でサンキュロットと呼ばれてたんだよ。

理想に傾斜した急進的な極左政権が暴力革命したのは何故だと思う?
理想主義者が政権を握って現実と理想のギャップを埋めようとした結果だよ。

ここまで見た
  • 59
  •  
  • 2011/03/18(金) 07:34:19.75
ポルポトもレーニンもロベスピエールも毛沢東
も最初は崇高な理想を掲げていた。でもやったことは弾圧と大量虐殺。

革命戦士は都合の悪い歴史から目を反らすな。
ここまで見た
  • 60
  •  
  • 2011/03/18(金) 07:42:22.66
>>50
いいから階層や階級のない社会が一つでも有るなら上げてみろよ。
上げれたらお前がお花畑じゃないという証明になるんだぜ?
共産国家だって赤い貴族が出来たんだけど。

ホレどうした?
ここまで見た
  • 61
  •  
  • 2011/03/18(金) 09:33:28.29
なんていうのか共産主義者の人は俺様=正義を唱えて
世の中を白黒にわけたがってるけど
そういう善悪二元論の発想こそが全体主義の礎なんだというとこに気付いてないんだよね。

「正義」を遂行する為には「悪」を排除しなければなら無い。
だから共産国家は秘密警察を組織して自由主義者や国家主義者やインテリ層やブルジョア層を片っ端から反革命分子として粛正したわけで、それに飽き足らず左翼同士で内部の内ゲバ粛正。

左翼は綺麗事が好きだから自分にそういう醜悪性など無いと勘違いしてるとこが痛い。そのいい例が共産党。
ここまで見た
  • 62
  •  
  • 2011/03/18(金) 21:31:21.41
>>61
共産党宣言は「俺様=正義を唱えて世の中を白黒にわけたがってる」思想を戒めているんだが・・・

>だから共産国家は秘密警察を組織して自由主義者や国家主義者やインテリ層やブルジョア層を片っ端から反革命分子として粛正したわけで、それに飽き足らず左翼同士で内部の内ゲバ粛正。
>
>左翼は綺麗事が好きだから自分にそういう醜悪性など無いと勘違いしてるとこが痛い。そのいい例が共産党。

それは現代人の思い浮かべる脳内共産主義だ。
20世紀になるまでは共産主義にはそういう発想は無かった。
ここまで見た
  • 63
  •  
  • 2011/03/19(土) 06:11:39.98
>>62
嘘をついちゃ駄目だよ。
フランス革命は18世紀におこったんだよ。

事実共産党もそうだがお前のカキコは俺様=正義そのもの。
二元論の悪の対象を右翼としている。
ここまで見た
  • 64
  • FAR EAST MUSIC
  • 2011/03/19(土) 06:12:55.26
http://www.youtube.com/watch?v=jkmjaCD7_QI
ここまで見た
  • 65
  • 62
  • 2011/03/19(土) 20:56:48.62
>>63
>嘘をついちゃ駄目だよ。
>フランス革命は18世紀におこったんだよ。

え?
別に「フランス革命は17世紀に起こった」とか「19世紀に起こった」とかホザいてはいないが?
具体的に俺のレス>>62のどこがどうウソなの?
(ひょっとして他のレスとごっちゃにしてないか???)

>事実共産党もそうだがお前のカキコは俺様=正義そのもの。

そんな大それた者じゃなく、至ってつまらな者でございますが、
具体的に>>62のどのくだりが「俺様=正義」なんですか??

>二元論の悪の対象を右翼としている。

「右翼」という言葉も「二元論」という言葉も全く使っていないし、
そういう発想も>>62では全然採っていないんだが・・・

もう少し具体的にどこがどう「嘘」で「俺様=正義」で「二元論」なのか、説明してくれませんか。
丸っきりチンプンカンプンなんですが?
ここまで見た
  • 66
  • 計札裏金家族 裏金計缶と計札系迷探偵 
  • 2011/04/21(木) 22:13:17.74
>1 なにをむずかしいことを。。 裏金サンキュ。

 
ここまで見た
  • 67
  •  
  • 2011/04/21(木) 22:55:08.28
警察は血筋重視で戦前から警察やってる家系とか多いみたいだな
地方公務員も血縁縁故だらけ
政治家もその多くが明治から続く家系
農業はいわずもがな

この競争社会の時代に、縁故で公的ポジションを獲得するのは
明らかに職権の濫用だろう。
また、自己責任や能力主義による格差を正当化できるわけもない。
ここまで見た
  • 68
  •  
  • 2011/04/22(金) 22:45:48.99
と、負け犬>>67は今日も必死に自己弁明を行うのであった。
ここまで見た
  • 69
  • 川崎ソープでがっつり稼ぐ?
  • 2011/04/23(土) 00:08:22.14
人間が平等でないのは小学生でも知ってるがW
ここまで見た
  • 70
  • ななし
  • 2011/05/01(日) 23:39:34.40
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/4653.html

9年たったがいまでもそんなに変わってないはず。基本的には平等な方なのに、長老たちが地位に
しがみ付いているのと、年金は出ても勤労世代の福祉を充実させてこなかったり、新卒採用
重視でルートから外れると非正規に固定されやすいといった理由から不公平感、不平感が強いのだと
思われる。

ここまで見た
  • 71
  •  
  • 2011/08/16(火) 21:45:40.34
優等生ぶってるうざい奴なんかもっといい点とって
身の程を思い知らせてやればいいんだよ
負け惜しみに勉強方法の効率が悪いとか言い出すんだろうけど
少なくとも言える事はテストの点がトップクラスの奴に威張ってる奴が全然いなくて
優等生ぶって偉そうな奴は中堅クラスのショボイ奴しかいないって事か
ここまで見た
  • 72
  •  
  • 2011/09/16(金) 23:18:01.48
不平等っていうのはIQ200の天才を大学受験受けさえないで高卒のまま終わらせちゃう事だろ
天才もバカも一緒に大学入試受けて天才が合格するけどバカが落ちるのは普通に平等という
不平等の意味を履き違えるなよ
ここまで見た
  • 73
  •  
  • 2011/11/12(土) 20:29:02.40
何を今更
青臭い
ここまで見た
  • 74
  •  
  • 2011/11/14(月) 06:09:07.99
機会の平等も突き詰めると共産主義になる。
ジャップは誰でも出来る努力を美徳と考える機会平等主義者が多いがこれは左翼教育に洗脳された結果だ。
勝ち組は一握りしか居ない。強運がなければ勝ち組にはなれない。
ここまで見た
  • 75
  •  
  • 2011/11/14(月) 07:07:33.82
じゃあ強運を知ればいいじゃん。
ここまで見た
  • 76
  •  
  • 2011/11/14(月) 23:01:08.13
>>75
日本語大丈夫?負け犬のお前には縁の無いことだろ。
ここまで見た
  • 77
  •  
  • 2011/11/14(月) 23:05:02.42
群れるのが好きなヤツは一生負け犬だね。
ネトウヨとかクサヨとかになったらもう末期症状。
ここまで見た
  • 78
  •  
  • 2011/11/20(日) 18:07:10.87
ナチスは本当に間違っていたのか?
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/war/1230918953/
石原慎太郎はナチストでした
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1292722212/
● ナチスが何故興ったのか最近理解した ●
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/eco/1197447967/
ナチスのハーケンクロイツに匹敵するのは菊の御紋
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/war/1313346443/
ナチスUFO兵器は存在したか?
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/army/1290680756/
安倍晋三元首相、中国の軍事戦略をナチスの「レーベンスラウム(生存圏)」に例える
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1287546412/
【米国】「ローマ法王はナチス」 女優スーザン・サランドンの発言が物議[11/10/18]
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1318909193/
薩長=ナチス(121)
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history2/1284288432/
共産党は「左版ナチス」共産主義は「左版ナチズム」
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1150706558/
ナチスドイツか東ドイツどちらに住みたい?
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/europa/1229662108/
中華人民共和国政権はネオナチ、領土膨張、覇権主義
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/army/1293338335/
【ネオナチ】大日本報靖會を打倒せよ!【新風】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1220201309/
【海外】日本のネオナチについて【生活】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/world/1169613697/
2ch共産党板に巣食うネオナチを語るスレ
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1192814331/
東アジアナチ党を結成するスレpart1
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/kitchen/1320557293/
ここまで見た
  • 79
  •  
  • 2011/11/20(日) 18:07:52.68
シオニズム正当化の手段としての「ナチ・ガス室」
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/news5/1065335558/
ナチ残党映画を語ろう!
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/kinema/1207577560/
【映画】カティンの森を見たか ナチとアカは同族
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/1267543940/
【超カリスマ】 ヒトラーの究極予言 卍16
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1319201921/
ヒトラーの何が悪かったのか考察するスレ3
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/army/1284952372/
アドルフ・ヒトラー、三島由紀夫とニーチェ保守主義
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/kova/1311173953/
■卑劣なユダヤ人「ヒトラーは正しかった!」■
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/news5/1233150524/
いまの日本にはヒトラー的存在が必要だ
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/asia/1229217615/
ヒトラーはなぜ反共なの?
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/kyousan/982771624/
ヒトラーの予言が凄い件について
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/loser/1273154348/
ヒトラーは正しかった
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/news5/1076455524/
ヒトラーについて楽しく語るスレ
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/event/1140331634/


ここまで見た
  • 80
  •  
  • 2011/11/26(土) 00:47:09.02
おいっお前の方が多く食べただろ

いや、そんなことないよ

だってお前のウンコの方がデカイじゃねーかよ

そんなことないよ、じゃあ量ってみる?
ここまで見た
  • 81
  •  
  • 2012/02/17(金) 11:33:06.51
阿呆右翼の北欧嫌いネオリベ好きは異常
ここまで見た
  • 82
  •  
  • 2012/02/18(土) 10:46:13.65

762 :名無しさん@3周年:2009/04/13(月) 03:14:55 ID:cJL7QyxE
なーにが論理だよ気色悪い
論理と口にした時点で左翼決定
ここまで見た
  • 83
  •  
  • 2012/03/08(木) 16:05:27.14
【ネトウヨの特徴】
・ 国家と皇室を盲目的に信奉し、あらゆる規制、権威、伝統に自己を投影した自慰にふけり、
  社会秩序を自己の価値観に合致させないと気が済まない。権利を歪めた社会観。
  (意見の異なる他人の存在は火病を引き起こす)
・ パブリックな領域を自分のプライベートと混同する。
  (プライベート大好き。国家や国益の名のもと自分の意見をあたかも公の為に言っているかのごとく、
  トラの衣を借る。『国益』は実は『自分益』。
  最大多数の利益を導こうとするものを、しばしばサヨク呼ばわり)
・ 熱烈な他人蔑視。白人蔑視。(コンプレックス丸出し)
・ 自慢路線。(コンプレックスを国や民族を誇ることでごまかす)
・ 詭弁路線。
  (従軍慰安婦、南京虐殺等、旧日本軍非難の誤りをもってすべてを否定しようとする逆捏造)
・ 北朝鮮愛好。(権利制限、権力集中、北朝鮮はウヨの理想国家)
・ 異質なものを排除。不都合な意見を排除。
  (日本の国益と称して自分の気に入らないものを「サヨク」「チョン」よばわり。
  「そんなにイヤなら日本から出て行け」と
  現実世界では到底持ち得ない権力を行使できるかのような妄想に耽る)
・ 極端な打たれ弱さ。
  (他人を平気で「サヨク」呼ばわりするのに、自分が「ネトウヨ」と呼ばれたら嫌がる)
・ 民主主義の無理解。
  (反論を称して「言論封殺」でも自分には反論の権利があるらしい)
ここまで見た
  • 84
  •  
  • 2012/04/10(火) 14:56:58.95
 
心理工作と欺瞞工作
http://ichiba.geocities.jp/gbsg0309/0202/1/110.html
公安警察が言うだけあって、日本の警察と、その手下たちの、
「嫌がらせ工作」は、実に手が込んでいる。
何せ、天皇一族は、一万年の歴史の積み重ねがある。
「虎の巻」から「マニュアル」まで、資料は読み切れないほどあるはずだ。
それに対して、人生70年で対抗することは容易ではない。
ここまで見た
  • 85
  •  
  • 2012/04/14(土) 22:45:40.79
四季報みてると男より女の方が勤続年数長い企業があってビックリするわw

三菱商事 平均年収1302万円
  従業員数  平均年齢 平均勤続年数
計 6220人  42.9歳  19.2年
男 4676人  42.7歳  18.7年
女 1544人  43.7歳  20.7年

三菱電機 平均年収748万円
  従業員数  平均年齢 平均勤続年数
計 28525人  41.7歳  19.2年
男 25705人  41.6歳  19.0年
女  2820人  42.1歳  21.2年

旭化成 平均年収890万円
  従業員数  平均年齢 平均勤続年数
計 17373人  42.4歳  18.9年
男 14875人  42.5歳  18.5年
女  2498人  41.9歳  20.3年

日本郵船 平均年収1045万円
  従業員数  平均年齢 平均勤続年数
計 1632人  41.6歳  18.0年
男 1343人  41.6歳  17.6年
女  289人  41.7歳  19.3年
ここまで見た
test
ここまで見た
  • 87
  •  
  • 2012/05/17(木) 23:28:23.90
各年齢別 平均収入

年齢 男性(万円) 女性(万円)
70歳以上 374 225
65〜69歳 387 201
60〜64歳 479 217
55〜59歳 595 251
50〜54歳 629 269
45〜49歳 620 274
40〜44歳 579 282
35〜39歳 497 285
30〜34歳 427 291
25〜29歳 355 289
20〜24歳 256 230
19歳以下 148 110
平均 500 263

国税庁 平成21年 民間給与実態統計調査結果より

ここまで見た
  • 88
  •  
  • 2012/06/24(日) 16:40:12.44
>>1
そうだね、平等は無いね。

したがって人頭税を導入して平等に税を取ろうなどという発想は甘えだね。
ここまで見た
平等とは社会的強者と同等の権利を得る事に他ならず
平等を求める者が要求する権利は社会的強者と同等な権利に限定される
したがって社会的強者以上の権利を得ようとする力への意思を喪失してしまう
平等主義は人類の発展を阻害し人類を自分たちの奴隷にしようと企む者達のしかけた罠である
しかし私は反ユダヤ主義という物は吐き気がするほど嫌いだ
大多数のユダヤ人はこれらの陰謀とは何の関係もないからだ。
確かにパウロはキリスト教が内包する平等主義によってローマ帝国を衰退させたかもしれないが
その報復を罪のないユダヤ人に行なうのは間違っている
ここまで見た
 「妙法蓮華経」という経典は、思うに、さとりに向かうあらゆる善をおさめとって、これをさ
とりを得るための一因となす実り豊かな田地であり、限りある寿命を永遠の生命に転ずる不死の
妙薬である。
 釈迦如来がこの人間世界に出現された意義を述べるならば、まさしく、人びとにこの「妙法蓮
華経」を説いて、あらゆる善がさとりの一因に帰するという道理を身につけ、無二の大いなる仏
果を得させようと願われたからである。
 しかしながら、人びとが過去世から積んできた善は微々たるものであり、かれらの心は無知で
あり、能力も愚かで劣り、五つのけがれがすぐれた教えを信ずる人となることを妨げ、六つの心
の覆いが智慧の眼を覆っているから、これらの人びとは、直接、一乗教の説くところの因果の大
理を聞く能力がないのである。それゆえに、釈迦如来は時宣にかなって、まず最初に、鹿野苑
(ミガダーヤ。現在のサールナート)において、声聞・縁覚・菩薩の三乗の教えをそれぞれ説き、人
びとの求めに応じた教えによってかれらにさとりを得させたのである。それ以来、如来は無相の
理を説いて、すべての人びとがこれを修めるようにすすめるとともに、ときにはまた中道を説
いて、それぞれの人を指導したのであるが、それでもなお各自の能力を考えて、三乗の教えによ
って仏果を得ることを説いて、人びとを仏道に入れるべく養育してこられたのである。
 その結果、人びとは年月を経過するにしたがって、仏の教えを受けて修行したから、しだいに
かれらの了解が深まって、如来が王舎城(ラージャグリハ。釈尊当時のマガダ国の首都)で説法した
もうたとき、一大乗の教えを聞くに適する心を起すにいたり、ここではじめて、如来がこの世
に出現したもうた大いなるみこころにかなうこととなった。そこで、如来はあらゆる徳性を具え
た身体を動かし、みずから口を開いて、あらゆる善がさとりの一果に帰するという理<万善同帰
の理>を説き明かし、もって無二の大いなる仏果<莫ニの大果>を人びとに体得させられたのであ
る。
ここまで見た
 「妙法」というのは、原語で薩達磨(サッダルマ)という。そのうち、「妙」というのは、粗雑を
絶ったという意味のことばであり、「法」というのは、この経に説くところの、あらゆる善が一
因となってさとりの一果を得る教えのことである。すなわち、この経に説く一因によって一果を
得るという一乗の教えは、かつてその昔に、さとりの因と果に関して粗雑なものを説いたところ
の、声聞・縁覚・菩薩の三乗の教えに比べて、はるかに超えてすぐれているから、「妙」と呼ぶ
のである。
 「蓮華」というのは、原語で分?利(プンダリーカ)という。この花の性質は、花と実が同時に
実ることである。そのように、この経も原因と結果が同時に成立することを明らかにしており、
それは蓮の花と同じ意味をもっているから、蓮華が譬えに用いられているのである。
 「経」というのは聖教の一般的な名称であり、仏のことばをたたえる呼称である。しかしながら、
「経」というのは漢語であって、原語は修多羅(スートラ)という。「経」の意味は、「法」または
「常」という。聖人の教えというものは、時代や民俗がどんなに移り変わっても、また賢人がつ
ぎつぎと世に出ても、その教えの是非を改めることができないから、、「常」といい、人びとにと
って守るべき軌範となるものであるから「法」という。
 ところで、経典の題目というものは、名づけられた理由が必ずしも同じではない。ある経典は
ただ単に教理を題名としたり、また単に譬えを題名としたりしている。ある経典は教理と譬えを
ならべて題名とするものもあり、ただ単に人名を題名とするものもあり、また人名と教理をなら
べて題名としているものもある。いま、この経は上に「妙法」といって「法」をとり挙げ、下に
「蓮華」といって、「譬え」をとり挙げている。そして、「法」と「譬え」を二つならべて題名と
するから「妙法蓮華」というのである。この題名の原語を完全に記すならば、薩達磨分?利修多
羅(サッダルマ・プンダリーカ・スートラ)というべきである。

聖徳太子著 法華義琉より
ここまで見た
仏教の素晴らしいところ

 さて、これまで私はキリスト教の問題点をあげ、それが最悪の宗教であることを説明して
まいりました。それでは他の宗教について私がどう考えているのか、これも大事なことなの
で、きちんとお話ししておきましょう。
 ご存じのように、仏教という宗教があります。仏教もキリスト教に負けず劣らずたくさん
の信者がおります。仏教というと、キリスト教とはまったく違う宗教というイメージがある
ようですが、実は両方とも同じようなニヒリズムの宗教なのです。
 しかし、仏教はキリスト教に比べれば、100倍くらい現実的です。
 仏教のよいところは、「問題は何か」と客観的に冷静に考える伝統を持っていることです。
これは、仏教が何百年と続いた哲学運動の後に現れたものだからでしょう。インドで仏教が
誕生したときには、「神」という考えは、すでに教えの中から取り除かれていたのです。
 そういう意味では仏教は、歴史的に見て、ただ一つのきちんと論理的にものを考える宗教
と言っていいでしょう。
 彼らは本当に現実的に世の中を見ています。仏教では「罪に対する闘い」などとキリスト
教のようなことを言いません。現実をきちんと見て、「苦しみに対する闘い」を主張するの
です。
 仏教では、「道徳」という考えは自分をダマすことにすぎないと、すでにわかっているの
ですね。
 ここが仏教とキリスト教の大きく違うところです。
 これは私の言い方なのですが、仏教という宗教は「善悪の彼岸」に立っているのです。
つまり、善や悪というものから遠く離れた場所に存在している。
 それは仏教の態度を見れば明らかです。
 仏教が注意しているのは、次の二つです。一つは、感受性をあまりにも敏感にするとい
うこと。なぜなら、感受性が高ければ高いほど、苦しみを受けやすくなってしまうからです。
そしてもう一つは、なんでもかんでも精神的なものとして考えたり、難しい概念を使ったり、
論理的な考え方ばかりしている世界の中にずっといること。そうすると、人間は人格的にお
かしくなっていくのです。
ここまで見た
 読者の皆さんも「自分も思い当たるな」とか「ああ、あいつのことだな」とすぐにイメー
ジできるのではないでしょうか。
 仏教を開いたブッダはそういったものを警戒して、フラフラと旅に出て野外で生活するこ
とを選びました。ブッダは食事にあまりお金をかけませんでした。お酒にも用心しました。
欲望も警戒しました。また、ブッダは自分にも他人にも決して気づかいしなかった。
 要するにブッダは、いろいろな想念に注意していたわけです。
 ブッダは心を平静にする、または晴れやかにする想念だけを求めました。
 ブッダは、「善意」とは、人間の健康をよくするものだと考えたのです。そして神に祈る
ことや、欲望を抑え込むことを教えの中から取り除きました。
 仏教では、強い命令や断定を下したり、教えを強制的に受け入れさせることはありませ
ん。なにしろ、一度出家して仏の道に入った人でも「還俗」といって再び一般の社会に戻る
ことができるくらいですから。
 ブッダが心配していたことは、祈りや禁欲、強制や命令といったものが、人間の感覚ばか
りを敏感にするということでした。
 仏教徒はたとえ考え方が違う人がいても攻撃しようとは思いません。ブッダは恨みつらみ
による復讐の感情を戒めたのです。
「敵対によって敵対は終わらず」とは、ブッダが残した感動的な言葉です。
 ブッダの言うことはもっともなこと。キリスト教の土台となっている「恨み」や「復讐」
といった考えは、健康的なものではありません。
 今の世の中では、「客観性」という言葉はよい意味で使われ「利己主義」という言葉は悪
い意味で使われています。
 しかし、「客観性」があまりにも大きくなってしまい、「個人的なものの味方」が弱くなっ
てしまうのは問題です。また「利己主義」が否定され続けると、人間はそのうち精神的に
退屈になってくるものです。
 こういった問題に対して、ブッダは「利己主義は人間の義務である」と説きました。要す
るに、問題を個人に引き寄せて考えよう、と言ったわけです。
 あの有名なソクラテスも、実は同じような考え方をしています。ソクラテスは人間の持っ
ている利己主義を道徳へと高めようとした哲学者なのです。

ニーチェ著アンチキリストより
ここまで見た
平等主義は悪魔の思想

 私がこれまでお話ししてきた「聖なるウソ」の目的は、民族を無意識にすることでした。
 身分階級の秩序、最高の法、支配する法といったものは、人間がなにも手を加えてい
ない本当の自然の秩序、自然の法則性をただ認めたものです。近代的な理念では、
それらを左右することはできません。
 健全な社会であれば、人間は自然と三つの異なるタイプに分かれます。
 精神がすぐれている人、筋肉や気性が強い人、そしてそれ以外の凡人。
 もっとも凡人が大多数ですね。それ以外の選ばれたエリートは、ごく少数だと思います。
 この少数者は、高貴な者の特権を持っています。その特権には、「幸福」や「美」「善意」な
どを地上に実現させることが含まれてます。
 また、精神的な人間たちには、美しいものを味わうことが許されています。彼らにおいては、
「善意」は弱さとはならないのですね。
 美しいものは、少数者のものです。
 だから、「善意」も一つの特権なのです。
 汚い手を使ったり、ものごとを悲観的に眺めたりする。ものごとを醜くとられる眼。あるいは、
ものごとの全体像に対して、むやみに腹を立てる。そういうのは下層民の特権です。
「世界は完全である」ともっとも精神的な者の本能は言います。不完全なものやレベルの低い
ものも世の中にはたくさんありますが、そういうものを全部含めたうえで、完全だと言うのです。
 もっとも精神的な人間は、強者の自覚を持っています。それなので、他人が「もうダメだ。」と
言いだすところに、迷路の中に、厳しい人間関係の中に、そしてものごとを試してみることの中
に、自分の幸福を見つけます。
 彼らは自制を求めます。
 精神的な人間は、我慢することを自分の本能とする。そのような重い課題を彼らは特権とみ
なすのですね。そして、弱い人間だったら圧しつぶされてしまうと感じるような重荷を、もてあそ
ぶのです。
 精神的な人間は敬われるべきですが、同時に彼らは快活で、愛すべき人間でもあります。
 彼らは支配を行いますが、彼らがそうしたいのではなくて、彼らの存在がそもそもそうなのです。
ここまで見た
 彼らは、「二番目の人」に成り下がることはできません。「二番目の人」とは、もっとも精神的な人
の近くにいて、支配を行うときのゴタゴタした面倒くさい問題を引き受ける人のことです。要するに彼
らは、もっとも精神的な人の右腕となって働いているわけですね。
 このように、人間が区別されているのは自然なことです。
 これは、人間が意識的に作った制度ではありません。
 もし例外があるとしたら、人間が生きていくうえで、一番上にくる法則です。
 人間を三種類の階層に分けることは、社会を維持していくために、よりよい形に高めていくために
必要なのです。
 権利の不平等こそ、権利があることの条件です。
 権利は特権なのです。
 もちろんそれぞれの人には、それぞれの特権があるはずです。
 平凡な人にも特権があります。そして、もっとも精神的な者たちは、そういった平凡な人が持ってい
る特権を見くびることはありません。
 なぜなら、高い場所を目指す生き方というのは、上に行くにつれ冷気が増し、責任が重くなっていく
からです。
 要するに、高い文化とはピラミッドのようなもので、広い地盤の上にのみ築くことができるのですね。
 だから、大勢の平凡な人たちの存在が大切なのです。
 手工業、商業、農業、学問、芸術といった仕事の大部分は、ほどほどの能力とほどほどの欲望によ
って成り立っています。それは、貴族主義とも無政府主義とも関係がないものでしょう。
 人が、公共の利益のために一つの歯車として働くことは、ごく自然なことです。
 彼らを歯車として働かせているのは、社会ではありません。単純に「自分には何かをする能力がある
と感じる幸福感」がそうさせているのです。平凡な人にとっては、平凡であることが一つの幸福なのです
ね。
ここまで見た
 一つの能力によって専門的な仕事をするのが、人間の自然な本能です。高い文化はこういった平凡さ
の存在を条件としています。だから、平凡な人をバカにしてはダメなのです。
 例外的な人間が平凡な人間を、思いやりを持って大切に扱うのは、単なるマナーの問題ではありませ
ん。それは、一言で言えば例外的人間の義務です。
 世の中にはみすぼらしくていやらしい人間がたくさんいます。
 その中でも一番下等なのは社会主義者でしょう。
 仕事に対する意欲、働く楽しみ、仕事を成し遂げたときの満足感。それらに対し、いやらしい悪意を持っ
て攻撃するのが、社会主義者という名の下層民です。
 不正は決して権利の不平等にあるのではありません。
 不正は権利の「平等」を要求することにあるのです。
 これまで言ってきましたように、「弱さ」「嫉妬」「復讐」から、劣悪なものは生まれます。
 無政府主義者とキリスト教徒は、結局同じ穴のムジナなのですね。

ニーチェ著アンチキリストより
ここまで見た
  • 97
  •  
  • 2012/09/08(土) 20:20:47.43
創価 死ね
創価 死ね
創価 死ね
創価 死ね
創価 死ね
創価 死ね
創価 死ね
創価 死ね
創価 死ね
創価 死ね 
創価 死ね
創価 死ね
創価 死ね
創価 死ね
創価 死ね
創価 死ね
創価 死ね
創価 死ね
創価 死ね
創価 死ね
創価 死ね
創価 死ね
ここまで見た
  • 98
  •  
  • 2012/09/15(土) 12:04:28.65
「結婚はすべての人のもの」とほざいた、
ゼクシィのCMを制作したリクルート社員は ばかぁ?
ここまで見た
  • 99
  •  
  • 2012/09/15(土) 13:52:51.63
日本人は人権、自由、平等、博愛、寛容、自然法、自然権、法治主義、個人主義といった西欧近代思想が嫌いで嫌いで仕方ないんだろうな。
しかし、日本人は西欧近代思想というものを論理的に否定することなどできない。
仕方がないのから、無理やり西欧近代思想とソ連型共産主義や左翼全体主義を同一視しようとするんだよな。
しかし実際には、日本人のほうが西欧人よりもソ連型共産主義的性質や左翼全体主義的性質が強い。
ここまで見た
  • 100
  •  
  • 2012/09/20(木) 21:31:03.86
日本が好きなのは「調和」だよな
平等も自由も調和で宥めようとするからジャッジが難しくなる
ここまで見た
  • 101
  •  
  • 2012/09/20(木) 23:23:57.36
◆ついに景気後退か、正念場の日本経済

 日本経済の停滞感が強まってきた。海外経済の減速や国内の政策効果の一巡などが
原因である。「2009年4月に始まった景気の回復局面が途切れ、12年4月から後退局
面に入ったのではないか」。民間エコノミストの間では、そんな見方も浮上してい
る。日銀が追加金融緩和に動いたのも、景気下振れへの危機感からだろう。
http://mxt.nikkei.com/?4_6368_11074_1
ここまで見た
  • 102
  •  
  • 2012/09/22(土) 10:02:48.17
何かスレタイに納得いかないんだが
機会の平等を目指す事自体は何も悪くない
安易に平等を口にする連中の言い分が
「逆に不平等」だから問題なんだろ
ここまで見た
  • 103
  •  
  • 2012/10/06(土) 08:51:06.10
調和=平等だろ
和を持って尊しとするという価値観は仏教的な平等思想に根ざしたもの
そうして平等を実現するには自由を限定的な物にしなければならなくなる
そして完全な平等を実現するのは不可能だから
比較的平等な傾向が強いという状況を維持するだけなのが好ましい
自由と平等は相互矛盾をはらんでいて両立するのは不可能
自由を追求すれば他人の平等を脅かさねばならなくなるし
他人の平等を尊重すれば自分の自由を自制しなければならないから
白人国家においては自由を採用して平等を無視する傾向が強いわけだけど
(ドイツにおいては精神基軸が自由、正義、統一で平等は基軸になっていないし)
(フランスにおいては自由と平等は矛盾してて両立できないから自由を重視しようってサルコジが言ってた)
日本では逆に平等の為に自由を無視する傾向が強いのは確かだな。
調和=平等って事もわからないチョンはバカ過ぎて話しにならないけどね
だいたい日本は法治国家で順法精神を重視してるし
法治主義が嫌いなのは人治主義の特亜の方だ
ここまで見た
  • 104
  •  
  • 2012/10/06(土) 09:00:27.29
まあ自由より平等重視っていうのは共産主義の典型だな
そして労働格差は少ないけど労働環境は劣悪だ。
有給休暇があっても和を乱すのは平等を損ねてよくないという理由で
誰も有給休暇で休もうとしない
ここまで見た
  • 105
  •  
  • 2012/10/06(土) 19:43:10.77
>>103
調和=平等ってのは「曖昧」なんだよ
調和ってのは本当に全ての人が納得済みなのか?
実は特定の誰かが無理をしてるんじゃないのか?

そこを精査せずに「上手くいってるからいいか」
ってやってるのが、従来の日本的調和概念で
そこに散々ツッコまれてきたのが近年なんだよ

俺も日本的調和思想は好きだよ、日本人だし
けど今後は、裏付けによる理論武装は必至だろうな
ここまで見た
  • 106
  •  
  • 2013/12/16(月) 20:14:51.21
私たちの目・耳・口をふさぐ秘密保全法案:清水雅彦 - 法学館憲法研究所
http://www.jicl.jp/hitokoto/backnumber/20120723.html

カジノ議連の主な顔ぶれwwww法案成立は確実
http://www.log-channel.net/bbs/poverty/1382942111/

「 東 日 本 大 震 災 で 亡 く な っ た 人 達 の “ 遺 体 " で 裏 ガ ネ を 作 っ て い た 警 察 3 万 体 9 0 0 0 万 円 」
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2011/04/post-9f7c.html
4月25日発売の写真週刊誌『フラッシュ』(5月10・17日合併号)が、大スクープしている。
http://www.amazon.co.jp/FLASH-(フラッシュ)-2011年-5月10-17日合併号-光文社/dpB00B7E7N76

東日本大震災で亡くなった方の遺体の検案(「変死体」扱いのため、警察が検視し、
医師が死因を決定する検案を行う)で、医師に遺体1体につき3000円払ったことにして、裏ガネを作っているというのだ。
この記事を書いたのは、本紙でもお馴染みのジャーナリスト仲間の寺澤有氏だ。
以前から、記者クラブ制度の問題もそうだが、警察の裏ガネ作りについても精力的に取材している。
寺澤氏は6年以上前、会計検査院に警視庁会計文書について情報公開請求し、入手した約38万枚を分析。

その過程で検案における裏ガネ作りの可能性に気づいていたが、被災地を取材した際、
実際に検案した医師の証言を得ることができ、今回のスクープに結実した。警察庁は1体に3000円払うといっているのに、
今回記事に登場した医師は約20体検案したが、一銭ももらってなければ、今後、もらう予定もないと証言したからだ。

従来の警察の裏ガネ作りといえば、捜査協力への謝礼の架空計上が真っ先に思い浮かぶが、いくら何でも遺体の検案、
それも未曽有の大震災におけるもので、未だ関係者は大きな心の傷を負っていることを思えば、
さすがに警察に対してこれまでにない反発の声が挙がってもおかしくない。
それだけに、警察はこの記事に対し、いつも以上に過剰に反応をしたようだ。 2011年4月30日掲載。
寺澤有のホームページ「インシデンツ」 http://www.incidents.jp/profile.html
ここまで見た

★お気に入り追加

このページを共有する
facebook twitter hatena line google mixi email
おすすめワード