facebook twitter hatena line google mixi email
★お気に入り追加


■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

  • 1
  • 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です
  • 2016/10/19(水) 08:29:00.38 X8bD9P5p0

ビッグバンの前にはもうひとつの「古い宇宙」があった:研究結果

宇宙はビッグバンから始まった…という通説は間違っていたのかもしれない。現在の宇宙は、収縮状態にあった「古い宇宙」が膨張し始めたことで生まれたということを、量子力学を用いて示す研究が発表された。

宇宙は常に膨張状態にあり、それは「ビッグバン」──無限大の密度をもつ高温の1点からの爆発によって始まった、と一般的に考えられている。

しかし、初期の宇宙に関する研究によって、宇宙はまったく新しいものから始まったのではなく、古い壊れかけの宇宙から形成されたのかもしれないということが示された。

http://wired.jp/2016/07/29/big-bounce-universe/
ここまで見た
  • 50
  • 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です
  • 2016/10/19(水) 17:52:52.92 0CBPw4Llp
ゼロ次元
ここまで見た
>>47
この理屈はビッグバン宇宙論を否定しているものでも
無から宇宙が創造されたことを否定しているものでもない

ビッグバン宇宙論を誤解している人は多いけれど
ビッグバン宇宙論は「突然ある大きさを持って出現した宇宙がその巨大なエネルギーで膨張をはじめた」ということ

この理論は現在の宇宙が生まれる前に再構築された可能性を示すもの
収縮宇宙論は以前からあった
ビッグクランチからビッグバンが再び起こる可能性を示しただけの話
現在の宇宙が膨張型宇宙であるのか定常型宇宙であるのか収縮型宇宙であるのかは議論が別れている
膨張型宇宙が有力視されていたけど、近年ダークマターが驚くほど多いことがわかってきたために膨張から収縮にある時点で転じる可能性が取り沙汰されている
もし、膨張と収縮を繰り返しているのなら今の宇宙は何回目か何兆回目かあるいは数では示せないのかもしれない宇宙ということになる

物理は突き詰めれば数学と同義
0は+1と-1の合算なんだよ
あと不確定性原理な
エネルギー0の状態はいわば海面の海抜0mみたいなもので
常に揺らいでいる
宇宙はその海面からでた飛沫の一つみたいなもの
ここまで見た
>>51
パリティ対称性の破れにも見えるように宇宙には対称性はない
+1と−1の和は0ではないから今の宇宙がある
ここまで見た
>>52
CP対称性の破れは総和が0であることを結論づけてはいないよ
ここまで見た
訂正
結論づけていないわけではないよ
ここまで見た
  • 55
  • 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です
  • 2016/10/19(水) 18:43:09.08 gJnnm68nd
どっちがホントなの?
ここまで見た
そもそも数学とは言語であり、
概念や思考を記述するものでしかない
それがなぜ宇宙の真理であるかのように言えるのか

数学では+1と−1の和は0
なぜならそれ自身がそれであり自明であるから

パリティ対称性の破れが発見される以前の概念がなぜ宇宙の真理と同一でなければならないのか
ここまで見た
  • 57
  • 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です
  • 2016/10/19(水) 18:43:27.92 RYyCPs6ra
未来だよ
ここまで見た
宇宙は膨張と収縮を繰り返している
1引く1は0
地球は丸い
真理は理路整然としていてシンプルでなければならない

そう考えた方が楽でスッキリするけど、
楽にスッキリしたいだけならオナニーすればよいだけのこと
ここまで見た
  • 59
  • 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です
  • 2016/10/19(水) 20:54:25.41 D75USc5f0
その前は?を繰り返していくと何があるの?
ここまで見た
  • 60
  • 番組の途中ですがアフィサイトへの\(^o^)/です
  • 2016/10/19(水) 20:58:15.73 czcsVFWb0
そりゃあ劫だよチミ、劫
4つの相を経て無は有から無へと帰す
この一巡を劫といふんだねチミこれ
ここまで見た

★お気に入り追加

このページを共有する
facebook twitter hatena line google mixi email
おすすめワード