facebook twitter hatena line google mixi email
★お気に入り追加


■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

  • 1
  • たんぽぽ ★
  • 2016/12/02(金) 16:01:50.21 CAP_USER9
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016120100766&g=soc

 北海道積丹町の積丹岳(1255メートル)で2009年、道警による救助活動中に遭難者の男性=当時(38)=が滑落し死亡した事故をめぐり、男性の両親が道に約8600万円の損害賠償を求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は道側の上告を退ける決定をした。決定は11月29日付。計約1800万円の賠償を命じた二審判決が確定した。
 警察の救助活動に過失を認め、賠償を命じた判決が確定するのは極めて異例。山岳救助の在り方にも影響を与えそうだ。
 男性は09年1月、スノーボードをするため入山して遭難。道警の救助隊が発見して下山する途中、男性を乗せたストレッチャーがくくり付けた木から離れ、滑落した。男性は発見されたが、凍死が確認された。

■ 前スレ (★1が立った日時 2016/12/01(木) 18:51:22.18)
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1480622433/
ここまで見た
これ最高裁なんだな
救助のあり方を考える時だな
ここまで見た
>>75
持ち疲れたというより、消耗したってのが正しい
一度目の滑落で体力をかなり奪われてたから
ここまで見た
  • 102
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:32:57.04 CfGHf1lD0
>>92
>一度目の滑落自体は責められるべきではないし、実際責められていない

いや,それも一審で過失認定されてるよ。
高裁では触れてないだけ(どれかひとつの過失を認定すれば足りるという
民事訴訟の原則があるので)
ここまで見た
  • 103
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:33:05.41 oLfj0nS00
>>1
まずこの救助される事態まねいた重々過失はどーなんよwwwwwww
ここまで見た
http://spotlight-media.jp/article/240841700983816242
こういうのもあったな。
ヘリ救助中に、つり下げ器具から要救助者がすっぽ抜けて落ちて死んだってやつ。
ここまで見た
  • 105
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:33:37.61 HwDx7GA+0
命掛けて危険な救助なんかするもんじゃねえな、春になって雪がとけて
からさがしてやれよ。
ここまで見た
  • 106
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:33:41.61 RXuvWTvv0
  
俺も登山は遣らないしなぜ態々危険な所へとも思うし、
そんな奴ほっとけと言う意見が多いのも分かる。
ただこれを突き詰めて行くと、趣味で車乗って事故起こしても
ほっとけと言う事に繋がるのじゃないか。
ドライブが趣味だとして、人を殺す可能性も有れば
事故で自分が瀕死の重傷を負う可能性も有る。
車に挟まれたまま、苦しんで居る人間を救助しない方が良いか?

可能なら救助しようとする姿勢は大事だと思うし、
その場合でも何らかの責任が付いて回るのも、当然と思うんだが・・・。
重過失と言うのは、有ってはならない過失なんだと思うんだ。
救助する事と、重過失は分けて考えるべきだと思うわ。
ここまで見た
  • 107
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:34:02.04 aCydtPlSO
>>88
ヘリだけで数億するだろうしな
そんだけ予算出てるのに、ミスですなら
保険会社に一任して人も装備も削った方がいいかもな
ここまで見た
>山岳救助の在り方にも影響を与えそうだ。

もう助けに行かない方向で影響を与えていいんじゃね
ここまで見た
>>76
いや
「賠償請求怖いんで救助しません」とか無責任まかり通るなら救助組織なんぞただのごくつぶしよ
ここまで見た
  • 110
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:34:27.31 wj+C7gV4O
>>92
一度目の滑落が駄目らしいよ
スキー場の上級者斜面を一度も滑落せずに人間を上まで担ぎ上げる技術のある人しか救助する資格はないといえる。
ここまで見た
  • 111
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:34:30.93 MrdHXIcv0
山なんて行かないから関係ないけど
山岳救助隊なんて下手したら救助隊員達の命だって危ない仕事してるんだから
自分の感情ばかりで相手を責めて、巡り巡って関係ない日本国民が困るのでやめて欲しい

助けに行く人や組織だったものがなければ、そもそも凍死してたし
遺体だってすぐに発見できたかどうかもわからないし、早めに遺体が帰ってきただけでも
雪山で遭難したその他の人と比べて有り難いとかいう考え方にはならないのかな?
震災で家族を失った人はたとえ遺体でも「見つかって良かった、有難うって」いうのをよく見かけた気がするのにね(´・ω・`)
ここまで見た
  • 112
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:34:41.99 FDnl3cJV0
>>99
金取るのなら税金で運営する必要ないので民営化したほうが良い。
救助隊の予算削れて行政もスリム化。
ここまで見た
  • 113
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:34:49.91 jlPc72dB0
>>75
疲れた救助隊になんの落ち度が。救助隊だって人間だぞ。
こいつが遭難さえしなければ誰にも迷惑がかからなかった。
ここまで見た
>>95
捜索人員増やして、とか言わなきゃ無料のはずだが
ここまで見た
自分から危険なとこいって助けてくださいって安田純平かよ
ここまで見た
>>109
救助隊解体すればいいだけの話
ここまで見た
  • 117
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:35:11.32 sGNBlzwj0
穴掘ってビバークしてたんだろ、救助の為にソリに載せて、それを落としちゃだめだろw
むしろそんな悪天候に救助を決行しないで、天候回復してからの救助の判断したほうがよかったかもな
だから隊員も命懸けで必死だったとか言い訳で、悪天候での救助は無理という判断が賢明だったかもしらん
どちらにせよ、既に死んでたとかならともかく救助のミスで死んだなら全く責任無しでは済まんだろ
ここまで見た
過失認められて1800万円の賠償は理解できるけどさ、落としちゃったんだから。
8600万円の損害賠償ってのが凄いよな、死んだ男性には何の落ち度も無かったかのような請求金額
ここまで見た
もう救助すんなよ
ここまで見た
  • 120
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:35:56.56 JudPsMeh0
禁止区域でうぇーーーええいいwww
って遊んで死んだDQNに支払われるの税金だぞ

いいのか北海道民は
ここまで見た
  • 121
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:36:03.60 ei+X3GJa0
ここに両親の主張が載ってるけど
自分本位極まりないな
救助要請無視しておけばよかったんじゃね?
>ttp://pinfluencer.net/sangakukyuujyo/
ここまで見た
>>95
民間までいかなきゃ、無料のはず…
ここまで見た
>>102
さすがに無茶があると判断したんだろ
だからこそそちらを理由とした
ここまで見た
  • 124
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:36:36.95 aCydtPlSO
>>76
それなら保険会社に一任すればいい
その後どれだけ警察が力を落とそうが知らんぷり
ここまで見た
  • 125
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:36:44.16 4bqrlImz0
高額の登山税取ればみんな丸く収まる
ここまで見た
大川小スレと似てるんだよなここ。
ここまで見た
  • 127
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:37:11.54 WW1gUjpk0
落として死んだなら賠償はしょうがないやろ
ここまで見た
  • 128
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:37:27.81 65H5L3uv0
HBCニュースの記事を全文転載

「積丹岳で何が 救助中に滑落 」

遭難した男性の救助活動、猛吹雪の雪山で何が起きていたのでしょうか。
後志の積丹岳で、警察が遭難した男性を救助中、男性の乗ったそりが斜面を滑り落ち、男性は遺体で見つかりました。
標高1255メートル、後志の積丹岳。
遭難事故は、この山で起きました。
亡くなったのは札幌・豊平区の会社員Fさん。
Fさんが友人ふたりと積丹岳に徒歩で登ったのは31日。
スキーやスノーボートを楽しむためでした。
そして下山中、1人だけボードで滑っていたFさんは、スキーで降りていた友人たちとはぐれ行方がわからなくなります。
午後3時半ごろのことでした。
Fさんは翌日、朝7時半ごろ積丹岳の山頂付近にいることをトランシーバーで通報。
正午ごろ機動隊員の5人で編成された救助隊が山頂から東に250メートルの付近にいたFさんを見つけました。
山頂付近には黄色いテントやボードが残されていました。
6人は、前に機動隊員が2人。
Fさん抱えて両脇に2人。
さらに、後ろに1人の形で下山を始めましたがわずか10分後、Fさんと隊員3人が斜面に張り出した雪を踏み抜いて積丹岳の南斜面を滑り落ちました。
滑り落ちた4人は傾斜40度の切り立った崖にFさんを一番下にして、高さ200メートルの間に散らばるように止まりました。
その後、最も下まで滑り落ちた隊員と、難を免れた2人の隊員がFさんの場所までたどり着き、意識朦朧となったFさんを救助用のそりに収容。
当時、付近は視界5メートルの猛吹雪だったといいます。
吹雪の中、3人の機動隊員はFさんをおよそ1時間をかけて50メートル上まで引っ張り上げます。
しかし、自らも滑落しながら救助にあたっていた隊員の疲労が激しく隊員の交代を決断。
Fさんを乗せたそりを近くの直径5センチの「ハイ松」にくくりつけたところこの木が折れ、ソリは斜面を滑り落ちてしまいました。
けさ、再び発見されたFさんはそりに乗せられたまま最初の滑落場所から600メートルの下で見つかり死亡が確認されました。
今回の遭難について道警の幹部は「ギリギリの状態で活動し、最善を尽くした結果だった」と話しています。
http://pikanda.blog74.fc2.com/blog-entry-710.html
ここまで見た
  • 129
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:37:29.19 CfGHf1lD0
>>103
過失相殺されるよ。
正確には警察官が過失を招きやすい状況に陥った責任を問われてる。
遭難者の責任割合が7割として,過失相殺して北海道に1800万円の
損害賠償を命じてる。
ここまで見た
  • 130
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:37:48.84 oLfj0nS00
>>108
登山やらんから無駄な税金使わないで欲しいのね

勝手に危ないところにいってるんだから失敗なら死ねばいいよ
ここまで見た
  • 131
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:37:56.27 RyK+uNtn0
日本の山岳救助隊のレベルを裁判ではっきりさせてもらいたいもんだ
ここまで見た
  • 132
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:37:59.35 FDnl3cJV0
>>116
ほんとこれ。税金の無駄だから救助隊解散して民営化すべき。
ここまで見た
>>106
車の事故現場と、極寒の雪山
どちらが救助者の身が危険に晒されるかは言うまでもないわな
ここまで見た
  • 134
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:38:22.50 xaZmxIBX0
雪山救助隊なんてそもそもいらないよ
趣味で綱渡りしてるような連中のために
綱渡り救助隊(救助に失敗したら賠償)が
必要ないと思うのと同じ
救助したいなら雪山登山仲間が勝手に金出して
やればいい
ここまで見た
  • 135
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:38:32.27 mlj9F1g90
>>121
助からない患者を一か八かで手術し続けて問題になってる医師もいる
医療費の無駄遣いだとか
ここまで見た
もう春と夏に一斉捜索するんでと断れよ
命を削って悪天候をついて救助した結果がこれじゃねぇ
ここまで見た
  • 137
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:38:53.71 mX5kfM980
>>106
普通に公道を走ってて事故ったのを助けに行くのと、雪山遭難者を助けに行くのとでは全然違う

後者は助けに行くほうも命懸けだ

俺が県警トップなら、そりで人力で降ろしてこないと助けられないような危険な場所なら、
助けに行くなと指示を出すね
ここまで見た
もしさ、これ遭難したDQNが助かって救助者の誰か死んだら遺族はこのDQNに遭難した過失で損害賠償請求できんの?
ここまで見た
救助も訴えられる時代になったか
もう入山の際に救助の結果がどうなろうが訴えないって一筆書かせた方がいいんじゃね?
ここまで見た
  • 140
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:39:30.15 aCydtPlSO
>>126
震災は不可抗力
救助隊は専門の装備や隊員の手当などで酒代をもらってる
ここまで見た
  • 141
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:39:37.25 H9PWFKWw0
>>109
だから、もー山岳救助はやらない方向になるんだよ
それでいいのか?という問題
ここまで見た
  • 142
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:39:46.45 oLfj0nS00
>>129
俺が重々過失と書いた意味はだな
ここまで見た
  • 143
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:39:48.88 pVtcDPeA0
 
 遭難者の年収、職業などで機械的に算出しているんだし、
 最高裁が事実関係など検討するわけなく、書面審査だけだろ。

 裁判官なんて、雪山に行ったこともないかも知れないし、
 救助のボランティアもしたことないんだろ?

 民間の保険会社の法務の方が、実質はよく知っている訳じゃないの。
 
 私もお前らも、じゃあ、何%の過失があるか、判断できるか?
 商業と同じで相場があるとしか言えないな。
 民事裁判も商業的なんだよ。
 
ここまで見た
相当な悪天候だったんだろ?
救助中止しちゃえば良かったのに
過失は過失なんだろうけど、それを責めるのは気の毒だと思う
ご両親はやりきれないんだろうけどさ
ここまで見た
  • 145
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:40:18.01 Zq2FwPVK0
まぁ次から死体回収だけすればいいんじゃねーの?
大事な血税で賠償するんだし。
ここまで見た
>>124
それで警察が批判されなきゃ、それでいいんだがな......
ここまで見た
>>106
趣味で道路じゃないところ走ればほっとかれても仕方ない
普通の道を普通に走ってるぶんにはそんなことは起きない

これを火災現場に例えると救出後の道路走行中のミスじゃなくまだ現場内での事だからな
自己の危険を考慮すると行かなくてもいい場面で過失を問うのがおかしいんだよ
ここまで見た
  • 148
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:40:30.15 CfGHf1lD0
>>123
>さすがに無茶があると判断したんだろ
>だからこそそちらを理由とした

そうではなくて民訴の原則の問題。
損害賠償請求権を根拠づける過失を一つ認定すれば、それ以外の過失について
判断する必要がない。(判断しても結果が変わらないので判断しない)
ここまで見た
  • 149
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 16:40:38.32 oLfj0nS00
>>1
もう、山岳救助やめない?
ここまで見た
>>128
過酷な状況だな・・・・快適な書斎で法律書だけ読んでりゃよいご身分の方には理解できないんだろうな
ここまで見た

★お気に入り追加

このページを共有する
facebook twitter hatena line google mixi email
おすすめワード