facebook twitter hatena line google mixi email
★お気に入り追加


■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

  • 1
  • 影のたけし軍団 ★
  • 2016/12/02(金) 15:09:22.55 CAP_USER9
人の不幸を踏み台にするのか


カジノの合法化は、多くの重大な副作用が指摘されている。十分な審議もせずに採決するのは、国会の責任放棄だ。

統合型リゾート(IR)の整備を推進する法案(カジノ解禁法案)が、衆院内閣委員会で審議入りした。
法案は議員提案で、カジノ、ホテル、商業施設などが一体となったIRを促進するものだ。
政府に推進本部を設置し、1年をめどに実施法を制定するという。

自民党や日本維新の会が今国会で法案を成立させるため、2日の委員会採決を求めていることには驚かされる。
審議入りからわずか2日であり、公明、民進両党は慎重な審議を主張している。

法案は2013年12月に提出され、14年11月の衆院解散で廃案になった。15年4月に再提出された後、審議されない状況が続いてきた。
自民党などは、今国会を逃すと成立が大幅に遅れかねない、というが、あまりに乱暴である。

自民党は、観光や地域経済の振興といったカジノ解禁の効用を強調している。
しかし、海外でも、カジノが一時的なブームに終わったり、周辺の商業が衰退したりするなど、地域振興策としては失敗した例が少なくない。

そもそもカジノは、賭博客の負け分が収益の柱となる。ギャンブルにはまった人や外国人観光客らの“散財”に期待し、
他人の不幸や不運を踏み台にするような成長戦略は極めて不健全である。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20161201-OYT1T50136.html
ここまで見た
  • 1000
  • 名無しさん@1周年
  • 2016/12/02(金) 15:59:51.04 AZsuGEU30
サイコロの丁半博打やりたい

入れ墨入れた姉さんが
「みなさん、よ、ござんすか?」
て言うやつ
ここまで見た

★お気に入り追加

このページを共有する
facebook twitter hatena line google mixi email
おすすめワード