facebook twitter hatena line google mixi email
★お気に入り追加


  • 1
  • 普通以下の平凡な日本人
  • 2014/07/06(日) 15:26:27
餃子の王将社長射殺事件は中国マフィアの仕業=中華思想を持つ支那人を消去しよう!!
http://kohada.open2ch.net/4649/#3
を立てた人に“警告”が出たらしい。身の危険を感じさせる何かがあったのだろう。削除依頼にこのスレの削除依頼が出ている。
で、このスレが消える前に、私がその意思を引き継ごうと思う。

アジアが貧しいのは中華思想のせいである。王将フード大東社長射殺事件を契機として、中華思想と支那人の存在が害であることを論じ、彼らを消去して、真の平和と繁栄をアジアにもたらそう。
ここまで見た
  • 54
  • 普通以下の平凡な日本人
  • 2014/07/11(金) 21:53:14
具体的に聞かれると難しいけれど、在日と日本人が争うのは大歓迎でしょうね。5~10年くらいかけて双方を争わせ、消耗させる。それからじっくりと何かを仕掛けてくるでしょう。
>>23>>26名無しさん@おーぷんさんの書き込みと、>>27>>36中華思想は東洋のナチズムさんの書き込みを読めば、大体の想像はつくでしょう。
東日本大震災のときに、家族全員が家ごと流されて、土地だけ残った所がたくさんありますね。
その残った土地に、多くの支那人が住み着いた、と密かに言われています。福島の原発騒ぎはそのスケープ・ゴートです。
日本国籍なんて、残留孤児の子孫だとか何とか言って、支那で書類を偽造することくらい、簡単にできるからね。
今後、20年くらいは何もしないでしょうけど、支那人は10年単位で仕掛けてくることを、常に頭の中に入れておかなければなりません。
東日本大震災後の地域は要注意です。
ここまで見た
  • 55
  • 普通以下の平凡な日本人
  • 2014/07/11(金) 21:56:21
>>54
>日本国籍なんて、残留孤児の子孫だとか何とか言って、支那で書類を偽造することくらい、簡単にできるからね。
失礼! 日本語がおかしかった。
「日本国籍なんて、残留孤児の子孫だとか何とか言って、支那で書類を偽造すれば、簡単に取得できるからね。」
です。
ここまで見た
  • 56
  • 普通以下の平凡な日本人
  • 2014/07/11(金) 22:18:38
>>52
>今下手に在日朝鮮人らといざこざを起こすと、必ず支那人がつけこんでくる
これを踏まえて、まず冷静になりましょう。引用を続けます。
「日朝友好親善を深めるための第30回全国『東京』交流集会(以下交流集会)」(主催=第30回記念全国集会実行委員会、後援=日本教職員組合)と「第8回日本・朝鮮教育シンポジウム(以下シンポジウム)」(共催=日本教職員組合、
日本朝鮮学術教育交流協会、在日本朝鮮人教職員同盟)が2月24日、東京朝鮮中高級学校(東京都北区)多目的ホールで行われた。
交流集会では主催者あいさつに続き、日本教職員チュチェ思想研究会全国連絡協議会の大石忠雄事務局長が基調報告を行い、当面の課題を提起。日朝関係を正しく理解する教育実践をさらに発展させ、在日朝鮮人の民族教育権擁護運動や日朝友好連帯運動などをいっそう強化していくことなどを強調した。
http://blogs.yahoo.co.jp/raindoropblue/21914037.html
ここまで見た
  • 57
  • 普通以下の平凡な日本人
  • 2014/07/11(金) 22:21:24
>>56の続き
日本国内の日教組はカルト国家北朝鮮の教育者と30回に渡って交流集会を行っている。そして、問題は日教組が主体(チュチェ)思想に完全に毒されている点にある。
主体(チュチェ)思想では、国家は人体にみなされ、金日成、金正日が脳髄、労働党が胴体、人民が手足、或いは細胞だと教えられる。北朝鮮では神に祭られた金日成(首領様)が人民に政治的な命を与える、命を与える首領様は父と同じであることから、父を取り替えることが出来ないように、首領様(金日成・金正日)に無条件に忠誠を捧げなければならない。極めて宗教色が強い。これが北朝鮮のカルト国家たる所以である。 お分かりいただけたであろう。主体(チュチェ)思想に毒されることは、即ち金正日に忠誠を誓うことである。

■槙枝=元日教組委員長が北朝鮮から勲章を授与される。
http://tgm1.pta-koho.jp/hyousi/kizi/k501211a.html
産経新聞社 東京朝刊 29頁 第3社会<2003.01.20>写真有り (全1743字)
日教組は旧社会党が朝鮮労働党との関係を深めた昭和四十年代後半から北朝鮮との「連帯」を強調し、たびたび訪朝団を派遣して北の指導者を賛美してきた。五十二年九-十月の第四次訪朝の翌月には、横田めぐみさん拉致事件が起きている。
組合員の中には、日本国内の主体思想信奉団体である『日本教職員チュチェ思想研究会連絡協議会』に所属する者もおり、歴代会長は日教組関係者だ。北朝鮮の歌を教えるなど偏向教育も各地でたびたび問題化した。
槙枝元文・元委員長は委員長在任中の四十九年の本に、北朝鮮についてこう書いている。「この国には泥棒がいない。泥棒とは富の片寄ったところに発生する。この国には泥棒の必要がないのである。泥棒も殺人犯もいないから警察官もいない。 交通整理や怪我(けが)人のために社会安全員が街角や交差点に立っているだけ」(『チュチェの国 朝鮮を訪ねて』)
槙枝氏の北朝鮮礼賛は大韓航空機爆破や拉致などの国家犯罪が発覚した後も続き、平成三年には北朝鮮から『親善勲章第一級』を授与された。

ここまで見た
  • 58
  •  
  • 2014/07/11(金) 22:31:44
話に割り込んで申し訳ありませんが、冷静になるためには、支那人と中華思想が日本人・在日にとっていかに脅威であるかを具体的に知っていくのがベストと考えます。
支那は日本に対して武力行使をするとハッキリ言ってます!この状況で集団的自衛権に反対する輩は日本人に対して死ねって言ってるのに等しいですね!完全に支那の工作員ですね!
ここまで見た
  • 59
  •  
  • 2014/07/11(金) 22:35:05
チベットに、自由を。ウイグルでは毎年、14歳から25歳前後のウイグル人女性数万人が、故郷から遠く離れた大都市に連れて行かれる事を、知っていますか?【支那の真実】チベットへの弾圧と人権蹂躙多くの日本人が未だ知らない事実。 youtu.be/hBpBlITLYsc
ここまで見た
  • 60
  •  
  • 2014/07/11(金) 22:35:37
漢民族から暴行を受けるウイグルの少年 世界のあちこち、中国国内ですら中共の野蛮な行為に対し抗議活動を続けていますが、日本がそれを報道しないだけです。 youtu.be/TtwLH6JVQ-w
ここまで見た
  • 61
  •  
  • 2014/07/11(金) 22:36:56
チベット全土では、家族が全員そろっている人はいない。 ペマ・ギャルポ
ヨシツネ@yoshitunekodomo
ここまで見た
  • 62
  •  
  • 2014/07/11(金) 22:37:37
残虐な中国共産党の行為、日頃人権にうるさい欧米や国連は完全スルー?中国・新疆ウイグルで55人に「公開判決•逮捕大会」を開催、死刑等の判決 pic.twitter.com/FQy86qqwEf
ここまで見た
  • 63
  •  
  • 2014/07/11(金) 22:38:03
ひ と で な し国家【閲覧注意】中国が殺したウイグル人が100万人を超えた強制堕胎が850万人幼子まで強姦、ウイグル人を滅ぼす気だ中国と手を組んでる左側思想も同罪 pic.twitter.com/nBzDTLTIIQ
ここまで見た
  • 64
  •  
  • 2014/07/11(金) 22:38:41
若者達の命がただ奪われて行くのを見てるだけで止める事も出来ないならこんな国に支援する意味はない何も動けないなら国連もいらない。 新疆で55人に死刑等の判決 sankei.jp.msn.com/smp/world/news… pic.twitter.com/oaRP8JRHEm
ここまで見た
  • 65
  •  
  • 2014/07/11(金) 22:39:05
中共のウイグル虐殺に屁も言わない国連事務総長バンキモンは今回は異例にウルムチ爆発事件を非難する声明を出しています。ウイグル人も彼の声明を屁にも思わない。ウイグル人の悲鳴を抹殺する国際社会は可笑しいよ!@florena_2da twitter.com/florena_2da/st…
ここまで見た
  • 66
  •  
  • 2014/07/11(金) 22:39:29
Cumannach na Síne a chur síos rásaí eile ag bhfeidhm , is é an namhaid an duine. 武力で他民族を鎮圧する中共は、人類の敵。アイルランド語 pic.twitter.com/eKxJciayK4
ここまで見た
  • 67
  •  
  • 2014/07/11(金) 22:39:56
中国、24時間で1100人摘発 四川省でテロ集中取り締り sankei.jp.msn.com/world/news/140… 完全にウイグル人絶滅させる気じゃん。... pic.twitter.com/DYiSQPXk22
ここまで見た
  • 68
  •  
  • 2014/07/11(金) 22:40:59
独裁・極悪中共は、今日もウイグル・チベット人を死刑にしている。この地獄、早く終わらさねば!! pic.twitter.com/I6bP8BGZQH
ここまで見た
  • 69
  •  
  • 2014/07/11(金) 22:41:29
【中国】ウィグル人の若者200人が『テロ犯罪予備軍』として拘束される- 保守速報 hosyusokuhou.jp/archives/38323…コメより⇒どう考えても弾圧、拷問、処刑のパターン 勿論、日本の人権団体はスルー 似非人権団体にはうんざり 日本でも中国人は犯罪予備軍として入国禁止にしよう
ここまで見た
  • 70
  •  
  • 2014/07/11(金) 22:41:54
「容疑者」という翻訳はあまり正確じゃなくて、「テロ犯罪予備軍」として拘束された200人のウィグル人若者、15ー30歳。 pic.twitter.com/FXchR4202y
ここまで見た
  • 71
  •  
  • 2014/07/11(金) 22:42:21
ウイグルも南モンゴルも同じ目に合わされている。次は沖縄の番だ。かわいそうに! RT @Mrkat0: 業田良家 「慈悲と修羅」 geocities.jp/my_souko/goda_… ← ここから読めます。チベットの真実を知りたい人は是非。 pic.twitter.com/BoolHQvatg
ここまで見た
  • 72
  •  
  • 2014/07/11(金) 22:43:39
子ども僧を平気で撃ち殺す。これが中華(激怒)放っておけば、尖閣→沖縄→九州 日本全土に来る @KyadRs南京大虐殺だ!侵略だ!戦犯合祀靖国神社!だと叫ぶ人達が現代に行なっている蛮行です。支那中共ぶっ潰せ! pic.twitter.com/EKzWqo1YGq  @SKamewaka
ここまで見た
  • 73
  •  
  • 2014/07/11(金) 22:44:44
民族浄化 中国の残虐行為がウイグル、チベットで平然と行われています。
ここまで見た
  • 74
  •  
  • 2014/07/11(金) 22:45:23
ウルムチ、テロの死者31人 習主席、徹底封じ込め指示 中国新疆 - MSN産経ニュース sankei.jp.msn.com/world/news/140…
ここまで見た
  • 75
  •  
  • 2014/07/11(金) 22:46:13
狼藉をはたらくチベット僧の正体が人民解放軍兵士だったことを示す決定的な1枚。中国共産党北京政府は、このようにして捏造と既成事実化、自己正当化を繰り返してきたのです。 pic.twitter.com/ifRmWw3zPp
ここまで見た
  • 76
  •  
  • 2014/07/11(金) 22:47:10
「テロとの戦い」は国家主導の弾圧を正当化する便利な言葉どちらがテロリスト?少数民族に対する虐殺、不当拘束、強姦、強制堕胎•去勢、核実験と土壌汚染…日中記者協定の名残か、日本では報道されない中国共産党による非人道行為の一部 matome.naver.jp/m/odai/2137782…
ここまで見た
  • 77
  •  
  • 2014/07/11(金) 22:47:40
ウイグルは綺麗な顔立ちですよね。迫害されてるのが心苦しい。RT @kami_joe999: 美しい衣装をまとったウイグル女性による豊穣を祈願するお祭り。ウイグルは支那共産党の民族浄化と呼ばれる強姦や暴力による侵略を受けている。pic.twitter.com/h9TRjYXoiH
ここまで見た
  • 78
  • 普通以下の平凡な日本人
  • 2014/07/11(金) 23:01:12
>>58おっしゃる通りです!!
この調子でどんどんお願いします!!
ここまで見た
  • 79
  •  
  • 2014/07/12(土) 17:18:20
支那人の残虐行為の実態・毛沢東が行った百万を超える自国民大虐殺の実話を紹介する
「国共内戦で毛沢東が行った百万を超える自国民大虐殺の実話である。
その生き残りの呉氏とお茶を共にしたのだが、持参された写真集は正視できなかった。よく写真が残っていたものである。今日は戴いたパンフレットをご紹介するにとどめるが、日本人は誰も知らない中国大陸・戦後の悲劇である。
呉氏(下の写真の眼鏡をかけた方)は米国に亡命し、クリントン大統領に誓願してメモリアルを建設した。氏自身23歳で強制収容所に入れられ、19年間過酷な労役を課せられている。ちょうど60万の日本軍将兵たちが、スターリンによってシベリアに送られ、強制労働させられたのと同様である。共産主義者の冷酷さと狂人振りを余すことなく「写真集」は物語っていた。スターリンが、ポーランド軍将兵を「ナチス・ドイツの仕業だ」として20000人以上虐殺したことは、先日大統領機墜落で世界に知れ渡った。彼らはヒトラー同様『精神異常者』ではすまない話である。
パンフにあるように犠牲者は「Millionns of ordinary Chinese・・・」である。よくもまあ、自国民をこれほど虐殺できるものだ。「人民解放軍」とは名ばかりで、時の政府に従う“人民虐待軍”、これじゃ北朝鮮に一言もものが言えないはずである。ありもしなかった「南京大虐殺」で30万人という犠牲者数を捏造しなければならない意味がよく分かる。「国父」毛沢東が、政権争いでこれだけ自国民を殺したのだから、せめて犠牲者が30万以上でないとつりあうまい。自分らが平然と行う虐殺を、日本軍がやらないはずはない、と考えているのだろう。」
http://d.hatena.ne.jp/satoumamoru/20100424/1272095409から引用)
ここまで見た
  • 80
  •  
  • 2014/07/12(土) 17:26:07
少々古い話ですが、中国共産党の犯罪というHPを紹介します

金正日独裁政権への支援

■日本の対北報道の変化
 小泉訪朝から5年、日本のマスコミの対北朝鮮報道は劇的に変化した。金正日政権を正面から批判するようになり、今や拉致問題は日本人で知らぬ者はいないほどの国民的関心事となり、ほかにも北朝鮮国内の飢餓や人権侵害は広く知られることとなった。今更私が北朝鮮の惨状について述べたところで、読者の既知の情報を超えることはなかろう。だがそれでも日本マスコミの北朝鮮報道には重要な視点が欠けている。中国の役割である。もちろん中朝関係にもそれなりにスポットが当てられているが、拉致問題や核問題や人権問題の解決を中国があらゆる手段で妨害していることを指摘する報道はほとんど見られない。

■中国にとっての北朝鮮
 10年以上前から言論界では北朝鮮体制はそう長くは持たないという観測が主流であったが、いつまで経っても金正日独裁体制は崩壊しない。あれほど民衆の暮らしは困窮し、あれほど過酷な人権侵害が行われているにもかかわらずである。そもそも北朝鮮経済は80年代にはかなり疲弊し、90年代前半にはとっくに破綻していたのだ。そして95年頃にはついに飢餓状態となり、98年頃までに餓死者は約300万人に達した。当の昔に北朝鮮の経済、国民生活は崩壊し、国家としての体をなしていないのである。それでも金正日独裁体制の転覆には至らない。その原因として中華人民共和国の存在は重要だ。
 中国にとって北朝鮮とはなんとも都合のいい存在である。朝鮮半島が南北に分断しているおかげで中国は米軍基地のある国と国境を接することがなくすんでいる。北朝鮮における極度の貧困、極度の人権侵害によって、中国共産党が行っている人権侵害のイメージが薄められる。日本人の多くは、中国は北朝鮮とは比べ物にならないほどましな国家と思っているのではなかろうか。中国共産党は南北統一など望んでいない。分断していたほうが好都合であり、統一はしても得することなどほとんどないのである。
 
■六カ国協議など茶番劇
 1995年のKEDO(朝鮮半島エネルギー開発機構)発足後、しばらく落ち着いていた北朝鮮の核開発問題は、2002年後半の高濃縮ウラン計画により再び注目を集め、2003年1月に北朝鮮がNPT(核拡散防止条約)からの脱退を表明したことから緊迫の度を増すこととなった。そこで2003年4月には米中朝よる三カ国協議が北京で開催され、さらに六カ国協議へと発展し、第一回目が2003年8月、第二回目が2004年2月、第三回目が2004年6月、第四回目が2005年9月、第五回目が2005年11月に開催されたが、結局北朝鮮の核実験を阻止することはできなかった。北朝鮮の核実験は中国にとっても、面子をつぶされた事、北朝鮮問題で中国が頼りにならないことが国際社会で認識されたこと、中国自身にとっても北朝鮮の核が脅威になる可能性があるなどの点で好ましくない事態であった。
 だが2003年2月には、中国は北朝鮮へのエネルギー供給をストップするという強硬手段に出て北朝鮮を三者協議に出席させたという実績もある。中国は本来ならば北朝鮮の生命線を握るぐらいの絶大な影響力を持っているのだが、結局のところ中国も北朝鮮も六カ国協議を時間稼ぎのために用いているだけで、核問題も拉致問題も解決しようという気など毛頭ない。
ここまで見た
  • 81
  •  
  • 2014/07/12(土) 17:26:54
>>80の続き
■北朝鮮と経済関係を強化する中国
 日本政府、マスコミが北朝鮮に厳しい姿勢をとるようになったのと反比例するかのように、中国は北朝鮮との経済関係を強化している。2005年の中朝間の貿易総額は15億8024万ドル(約1844億円)で対前年比14%増、北朝鮮の貿易総額の過半数を占めている。2006年は北朝鮮のミサイル実験と核実験によって国際社会からひときわ厳しい非難を浴びたにもかかわらず、16億9800万ドル(約1982億円)で前年比7.5%の増加となっている。中国企業の対北朝鮮投資も2006年までに累積で1億3500万ドルに上っている。特に今中国では北朝鮮の鉱山開発に熱い視線が注がれている。中国のスーダン支援と同じ構図だ。いくら日本やアメリカが北朝鮮に制裁などの圧力を課したところで、中国が北朝鮮を手厚く支援するから結局金正日独裁政権は延命してしまう。これでは拉致問題も核問題も人権問題もいつまで経っても解決しないであろう。

■台湾問題を拉致問題との交換条件にする卑劣さ
 温家宝首相は4月の訪日時に、「台独反対」表明の見返り条件として、中国が日本の拉致問題解決を支持することを挙げたと言う。開いた口が塞がらないような恐るべき提案である。拉致問題解決の支持など世界のいかなる国でも無条件で応じてくれるはずだが、中国はわざわざ条件をつけてくる。日本にとっては国民の生命に関わる重要課題と引き換えに、中国の帝国主義拡大の野望と民主主義の抑圧に加担するよう要求してくるのである。拉致問題解決に中国は全く頼りにはできないことがおわかりいただけると思う。

■中国メディアの関心の薄さ
 中国メディア(中国メディアは全て官製である)の姿勢を見ても、北朝鮮による拉致、核、人権問題に対する極端な関心の薄さが見て取れる。今や北朝鮮のならず者ぶりはアジアや欧米広く知られている。ヨーロッパのマスコミは東アジアを中東に匹敵する不安定地域と評することもあるぐらいだ。
 だが一般の中国人民は北朝鮮の現状について、韓国よりも貧しいぐらいの認識しか持っていない。北朝鮮の慢性的な飢餓、身の毛もよだつような人権侵害、日本人や韓国人、その他世界中の人々が被害にあった拉致問題について全くといって知らされてない。中国人(マカオ)も一人拉致されているにも関わらずである。さすがに昨年9月に核実験をしたことは中国でも報道されたが、極めて消極的で無関心に近い反応であった。また、中朝関係にとって極めて重要な難民問題についても、東北地方に住む朝鮮族などの当事者はともかく、ほとんどの中国人民は難民の存在さえ知らない。
ここまで見た
  • 82
  •  
  • 2014/07/13(日) 19:51:33
東トルキスタン侵略
チベットと並ぶ中国共産党の植民地として決して忘れてはならないのが東トルキスタンである。同国は面積は166万平方kmで、リビアについで世界第18位を誇る。人口も2000万人弱に達し、世界第54位である(とはいってもその4割は中国人移民)。
かつてシルクロードの要衝であったこの国に対する日本人の関心は比較的高く、NHKなどでもさかん報道にされ、シルクロードに関する出版物は非常に多く、実際に観光で訪れる日本人も多い。だがこれらのほとんどは中華人民共和国の一部として捉えられ、シルクロードと比べて東トルキスタンという国名の知名度が格段に低い。イスラム圏でもアフガニスタンやイラクやパレスチナに関するニュースは多いが、一方で東トルキスタンでは中国共産党植民地政府による報道規制が厳しく、自由な取材ができないという現実があるのは確かである。だがそれ以上に日本マスゴミの怠慢によるところが大きいと言わざるを得ない。中央アジアのパレスチナとも言える東トルキスタンで何が起こっているのか、日本政府、マスゴミは目を背けるべきではない。
■中国共産党の東トルキスタン侵略
 歴史的に見て東トルキスタンはペルシャ人、モンゴル人、チュルク人、中国人などが群雄割拠した非常に複雑な歴史を有している。だが確実にいえるのはこの千年間においてこの地域の多数民族であったのはまぎれもなくチュルク系民族であることだ。東トルキスタン史の概要については当サイトの東トルキスタン歴史年表と近現代史年表を参考にしてほしい。
 20世紀に入り、中華民国が混乱を極める中で、1933年に東トルキスタン・イスラム共和国が誕生した。だがこの政権は約1年ほどの短命に終わっている。第二次大戦の末期である1944年に再び東トルキスタン共和国が建国された。面積は現在の新疆ウイグル自治区の半分に満たなかったが、しっかりとした行政組織と民主的な政権が維持されていた。だが1950年に中国共産党軍の侵略を受け、抵抗もむなしく占領されてしまう。この時期、アジア諸国では韓国、北朝鮮、インド、パキスタン、スリランカ、ミャンマー、インドネシア、カンボジアなど次々と独立国家が誕生していた。こうした時流に逆らうかのように東トルキスタンは帝国主義者に侵略され、併合されてしまった。1955年には新疆ウイグル自治区が設置されている。
 本連載(中国共産党の犯罪)の他のページを見ていただければわかるように、中国共産党の残虐行為はあまりにも膨大で多岐にわたっており、到底全てを詳述しきれるものではない。本連載はなるべく多くの方々に時間をかけずに手短に読んでいただくことを目的としている。東トルキスタンについては主に現代において行われている残虐行為について述べるとしよう。
■核実験を自国内ではなく植民地で強行
 実は中国本土内で核実験は一度も行われたことがないのを皆さんはご存知であろうか。中国共産党が行った核実験は全て東トルキスタンのロプノールで行われ、計45回に上る。私は今ここで中国の核実験そのものを非難するつもりはない。アメリカなどは1000回以上も行っており、中国よりも桁が二つも多い。だが東トルキスタン国民から見れば、中国という外国に領土を侵略され、自国内で45回も核実験を強行されたのだからこのうえない迷惑である。
ここまで見た
  • 83
  •  
  • 2014/07/13(日) 19:52:16
>>82の続き
■現在の諸問題、資源強奪、大量移民、中国化政策、強制中絶
 東トルキスタンは天然資源が豊富である。石油、天然ガスの埋蔵量は中国共産党実行支配地域の28%と33%を占める。だが東トルキスタンのチュルク系民族の人口は中国人の100分の1だ。東トルキスタンが中国に侵略されて資源を強奪されていなかったら、今頃サウジやUAEほどではないにしても、NIEsなみの経済発展を遂げていたであろう。
 資源を強奪する一方で大量の中国人を東トルキスタンに送り込み、今や中国人が人口の半数に達する勢いだ。すでに政治のみならず経済までもが中国人によって牛耳られている。東トルキスタンの主要都市は地味なコンクリートの建造物で埋め尽くされ、すでにシルクロードの雰囲気が失われ、北京路、中山路などの中国的な道路名が付けられている。
 さらにウイグル人に対する強制中絶が行われている。一人っ子政策は中国人が多すぎるために人口抑制政策がとられているわけだが、東トルキスタンの非中国人人口は一千万人強で、それほど多いわけではない。しかもイスラム教徒にとって中絶はタブーであり、外国の侵略者によって強制的に中絶させられることはこのうえない屈辱である。
■現代でも続く過酷な拷問
 1997年2月に東トルキスタンのグルジャで大規模な反政府デモが行われた。中共は大規模な武装警察を動員して鎮圧した。アムネスティ・インターナショナルの報告によれば、このデモの前後で3,000から5,000人が逮捕されたという。彼らのうち少なくとも190人が処刑された。生き残ったものにも、文明国では到底考えられないような残酷な拷問が行われた。具体例をいくつかあげると、
 ・素手や道具で殴打する
 ・喉に電気棒を突っ込む
 ・逆さ釣りにする
 ・火で焙る
 ・猛犬に咬ませる
 ・縛ったまま寒気激しい戸外に放置する
 ・爪と指の間に針や削いだ竹を突き入れる
 ・手足の爪を剥ぐ
 などである。またあるウイグル人の囚人は、取り調べ官によって馬のたてがみを縒って作った糸を尿道へ何度も突き込まれるという恐ろしい拷問を受けた。この拷問は25分から30分も続けられ、彼の性器は腫れあがって出血した。彼は最終的に釈放されたものの、それから2ヶ月の間、小用を足す度に性器から出血したという。傷の治療には半年かかったとのことである。
ここまで見た
  • 84
  •  
  • 2014/07/13(日) 20:02:21
以上、>>82>>83
http://dadao.kt.fc2.com/fanzui05.htmからの引用
こんな支那人どもに、日本を非難する資格があるのか
絶対ない!
現在を見過ごし、昔の話を針小棒大に騒ぐ奴らが支那人だ
私が中華思想と支那人を糾弾するのは、一刻も早く日本人一人一人が日本人としての誇りを取り戻し、アジアで果たすべき役割を、誇りを持って果たしたいからである
今の日本人に必要不可欠なものは「日本人としての誇り」だ
そしてそれは、アジアで果たすべき役割を果たそうとすることで実感し、日本人同士がその誇りを共有できることで、にほんが一つになれる
そう考えているからです
ここまで見た
  • 85
  •  
  • 2014/07/14(月) 23:28:09
今回は、法輪功学習者に対する残虐行為を紹介する。
■中国最大のタブー
 最近は大手マスコミで法輪功に関する報道をほとんど見かけなくなった。一方でインターネットや雑誌では法輪功や大紀元時報を取り上げる機会は増えている。当サイトの「中国のタブー度」でも指摘しているように、法輪功問題は現在中国最大のタブーである。大手マスコミは毒入り食品問題は積極的に取り上げるが、法輪功問題となると中国政府からの圧力を恐れて完全に縮み上がっている。マスコミとしての責務を完全に放棄しているのである。
■中国でも公認されていた法輪功
 法輪功が公に活動するようになったのは1992年5月から、李洪志が中国吉林省で最初の講法を行ったのがきっかけである。92年12月に法輪功は東方健康博覧会に参加、93年12月にも東方博覧会に参加し、このときは博覧会の最高奨を受賞している。当初は中国政府にもその健康効果が認められ、瞬く間に中国じゅうに広まり、学習者の数は1999年までに中国全土で7千万人、全世界で1億人にまで広がったという。7千万人というと超巨大組織のように思えるが、そもそも法輪功は明確な組織体系を持っておらず(全くないとは言い切れないだろうが)、入会手続きも会費の支払いも不要、ただ単に定期的に公園や広場で行われている修練場所に参加するだけである。中国の中高年層では気孔は普通に行われていることであり、中国で7千万人が参加したといってもそれほど異常というわけでもない。
■江沢民が激怒
 初めて法輪功に対する批判的言論が行われたのは1996年6月の光明日報である。だがその当時はメディアで時々批判的言論が取り上げられる程度で、依然として学習者の数は増え続けていった。本格的な弾圧が始まるのは99年からである。1999年4月11日に天津教育学院が発行する『青少年博覧』誌が法輪功のことを「学習者は精神病をきたす」「義和団のような亡国団体」と批判、これに対し18日から24日にかけて法輪功学習者は天津教育学院前で抗議行動を行い、該当する記事の削除を求めた。24日、天津市公安局は45人の法輪功学習者を逮捕した。
 そして4月25日、法輪功学習者1万人が天安門広場に集結し、中央政府に対し不当な弾圧をやめるよう平和的な抗議行動を起こしたのであった。時の首相朱容基は法輪功学習者の訴えに理解を示し、今後の法輪功の活動も認める方針であったという。だが共産党員を上回る7千万人に広まっていた法輪功にかねてから脅威と嫉妬を感じていた江沢民は1万人の抗議行動に激怒、法輪功を徹底的に弾圧する命令を下した。
■本格的な弾圧が始まる
 1999年6月10日、法輪功を弾圧する専門機関610オフィスが設立された。中国のいかなる法律、憲法をも凌駕する特務機関である。
7月19日に中国全土で法輪功禁止令が公布、中国共産党は法輪功を「邪教(日本語で言うカルト宗教)」に指定した。中国メディアは一斉に法輪功の危険性をでっち上げるでたらめな報道を連日繰り返すようになった。中国共産党得意のメディアを総動員する戦術で、1994年以降の反日教育もメディアを総動員して人民に反日感情を徹底的に植え付ける戦術が取られている。
 さらに合法的に出版された数百万冊の法輪功関連書籍やビデオテープが没収され、焼却処分された。全国各地で法輪功学習者が摘発され、監禁、拷問を受けた。弾圧が始まってから1年以内に10万人の法輪功学習者が中国共産党による人権侵害の餌食になったのである。
ここまで見た
  • 86
  •  
  • 2014/07/14(月) 23:29:32
>>85に続く
■迫害、拷問の実態
 中国当局に拘束された法輪功学習者には、とても21世紀の文明社会とは思えないような残虐な拷問が待ち構えている。
吉林省出身の女性Lさんは収容所で目撃した、そして自らが経験した拷問を生々しく語っている。学習者の潘剛さんは看守によって棍棒で足殴られ、楊立東さんは棍棒で頭を殴られ大量出血してしまった。ハンストをしている趙西順さんと潘剛さんに対し、看守は棍棒で彼らの前歯を叩き折った。肖錦春さんは電撃棒で電撃拷問を受け、死亡した。Lさんがいた収容所ではほかにも鉄の鞭で打つ、靴で顔をめちゃくちゃに蹴るなどなどの拷問が行われていた。薛保平さんは数人の看守によって体を固定され、電気棒を直腸に差し込むという拷問を1時間にわたって受けた。Lさん自身も電気棒によって繰り返し拷問を受け、消化器官が麻痺しまともに食事もできない状態となった。幸いLさんは労働強制所から釈放され、健康状態も幾分回復したため、自らの拷問経験を語ることが可能となった。
2001年12月、山東省で法輪功真相の資料を配っていた孫秀彩さんが、警察に拘束され、そこでゴム棒で滅茶苦茶に殴られ、さらに拘留所に送られてリンチを加えられ、危篤状態に陥った。やむなく釈放されたものの、2002年1月上旬に孫秀彩さんは自宅でこの世を去った。
 河北省では2001年11月、宋興国氏が警察により自宅から強制連行され、石家庄留置所へ送られ監禁された。入所してからというもの、迫害に対し絶食することで抗議を行った。監禁され丸一年が経過し、非常に衰弱していたにもかかわらず、石家庄留置所は彼をさらに自宅から遠く離れた邯鄲労働矯正所へ移送した。宋氏が息も絶え絶えとなった時に、邯鄲市労働矯正所の警官は、構うことなく乱暴に口や鼻から、食物を強引に詰め込み虐待した。その11日後に宋氏は死亡した。邯鄲市労働矯正所は、監禁している法輪功学習者に対し凄まじい拷問を行っている。例えば、針を爪と指の間に差し込む、棍棒で殴打する、寒い雪の中に立たせる、更に学習者の片足を切断する事さえもある。56歳の法輪功学習者任盂軍氏は、邯鄲市労働矯正所で8ヶ月もの間酷刑による虐待を受け、両耳は聞こえなくなり、尻及び両腿は鬱血して黒紫色を呈し、内臓は酷く傷つけられ、血尿と血便が出るようになり、2001年10月29日に死亡した。
 瀋陽市魯迅美術大学に勤務していた高蓉蓉さんは2003年7月に竜山強制労働収容所に送り込まれ、収容所で看守に殴打されるなどの虐待を受けていた。2004年5月7日高蓉蓉さんは、7時間に亘ってスタンガンで拷問を受けた。彼女は顔、頭、眼に火傷を負わされ、顔が腫れ形も変わった。彼女の顔は水泡に覆われ、髪の毛も膿と血にまみれた。高さんは、この拷問から脱出したい一心で、二階の事務室の窓から飛び下り、結局骨盤、もも、足を骨折した。彼女がこの傷害で入院したことで、彼女の顔、首、体にある傷の写真を入手できたのである。
拘束される前の高蓉蓉さん スタンガンで拷問された高蓉蓉さんの顔
 黒竜江省出身の徐紅梅さん(左)と沈子力さんは、2007年1月13日に不当に逮捕された。二人は警察によって一週間にわたる残酷な殴打及び拷問の後、体が震えて血を吐き、痛みながら死亡した。徐さんは午後4時30分、沈さんは午後8時50分に死亡し。この二人の女性の体には強打の跡や打撲傷で全身が覆われていた。
徐さんは五日間の虐待の間、両手にかけられた手錠だけで空中に吊り上げられていた。時には彼女の腕を背中に回した後で手錠をかけ、そのまま吊り上げるということもあり、彼女は極度な苦痛を受けた。徐さんは一時、体を大の字形にされて金属かごに閉じ込められていたという。徐さんが苦痛によって意識不明になると、警察は彼女を冷水に浸し、拷問を続けていた。
同じ施設に監禁されていた沈さんは、椅子に縛られて粘着テープで固定されていたという。警察はあるとき、沈さんが意識不明になるまで彼女の頭を繰り返して壁にぶつけて、彼女の意識が戻った後、また拷問を続けた。
 ここで紹介した拷問はほんの1例であり、2001年から現在に至るまで少なく見積もって3000人以上の法輪功学習者が中国共産党の迫害により死亡している。
以上http://dadao.kt.fc2.com/fanzui04.htmより引用
ここまで見た
  • 87
  •  
  • 2014/07/14(月) 23:38:22
>>84を再掲
こんな支那人どもに、日本を非難する資格があるのか
絶対ない!
現在を見過ごし、昔の話を針小棒大に騒ぐ奴らが支那人だ
私が中華思想と支那人を糾弾するのは、一刻も早く日本人一人一人が日本人としての誇りを取り戻し、アジアで果たすべき役割を、誇りを持って果たしたいからである
今の日本人に必要不可欠なものは「日本人としての誇り」だ
そしてそれは、アジアで果たすべき役割を果たそうとすることで実感し、日本人同士がその誇りを共有できることで、日本という国が一つになれる
そう考えているからです
ここまで見た
  • 88
  •  
  • 2014/07/16(水) 15:38:14
今回は、ダルフール紛争での虐殺支援を紹介します
■はじめに
 多くの日本人にとって、ダルフールという名称など聞いたことさえないかもしれない。イラクやパレスチナ情勢は頻繁に伝える日本マスゴミだが、今世界でもっとも悲劇的な地域であるダルフールについては意図的で悪質な隠蔽工作を行っているとしか思えない。新聞には時々取り上げられるようだが、テレビはほとんどが無視といった状態だ。当サイトをご覧になっている方は、スーダンで行われている民族虐殺で、背後に中国共産党が控えていることをご存知の方も多いと思う。
■スーダンについて
 まずはスーダンという国について説明することとしたい。スーダンはアフリカ最大の250万平方キロメートルの面積を誇り、世界でも第10位でチベットよりも広大だ。人口は約3600万人で世界第30位、台湾の1.5倍に達する。1956年にイギリスから独立、首都はハルツーム。民族構成はアラブ人が75%を占め、アラブ連盟加盟国でもある。アラブ人というとイラクやレバノンのようにコーカソイド系(注1)の顔立ちをイメージしがちだが、スーダンのアラブ人は概ね黒人である。その他にアフリカ系の黒人が25%となっている。宗教はイスラム教スンニー派が75%、キリスト教10%、その他の部族宗教が15%となっている。長期間続いた内戦と経済制裁により、経済は長らく疲弊していたが、90年代後半以降中国の援助や投資が拡大し、近年は経済が拡大傾向にあるものの、外務省の資料によると一人当たりGDPは470ドル程度で依然として世界最貧国の水準にある。The Fund of Peaceが発表している失敗国家ランキングでは堂々の1位である。
政治的にも悪いニュースが多く、アメリカから指定されているテロ支援国家のひとつであり、アメリカのマスコミが選ぶ世界の独裁者ランキングでバシール大統領は金正日と毎年首位を争っている。1998年にケニアとタンザニアのアメリカ大使館が爆破された直後、アメリカが報復として、アフガニスタン(当時はタリバンの全盛期)とスーダンの化学工場を空爆している(これに対しスーダン政府は化学工場ではなく薬品工場であると主張。西側マスコミの客観的な分析でも、アメリカの誤解であった可能性が高いと見られている)
■ダルフール紛争
 それではいよいよダルフール紛争の概略を述べることとしたい。スーダンは独立から6年後の1962年、政府軍と南部の非アラブ系との間で内戦が勃発、1972年に一旦停戦となったが、1983年に再び内戦が再開し、2002年にようやく休戦となった。
 だが2003年に再び紛争が激化。2003年以降の紛争の首謀者となったのはジャンジャウィードと呼ばれるアラブ系の民兵組織である。ジャンジャウィードという語には「武装した騎兵」という意味があるそうだ。非アラブ系の村を集中的に襲撃。虐殺、略奪、強姦が次々と行われた。
被害者の証言によると、攻撃はだいたいいつも夜明けに国軍のヘリコプターによる空襲からはじまり、村は住民が戻ってこないように焼き尽くされる。そしてジャンジャウィードが突入し、住民の財産である家畜を盗まれ、道路は封鎖され、逃げることも出来やしない。井戸の水を汚染するために死体を井戸に落とされた上、証拠隠滅のために砂で埋められる。さらに攻撃手段として女性たちがレイプされる。母親が家族の目の前でレイプされたりすることもある。
ジャンジャウィードによる虐殺で約20万もの非アラブ系民族が犠牲となり、250万人が難民になったと言われる(実際にはもっと過大な数字も発表されて下り、正確な規模は不明である。だが私は何らかの国家や組織に対して批判を行うとき、なるべく控えめな数字を用いるのを基本的な方針としている。)。難民の多くは隣国のチャドへ逃れたが、ジャンジャウィードはさらに越境攻撃をしかけ、難民キャンプを襲撃している。ダルフール紛争は21世紀最大の大量虐殺とも言われ、民族浄化が現在進行形で進められている。
 現在進行形で進められている民族浄化にはスーダン政府が関与していることも明らかになっており、政府軍の航空機と連携して村落を襲撃する行為が確認されている。襲撃された村の数は実に1600にも上る。スーダン政府は民族浄化を単に黙認しているのではなく、積極的に支援している。スーダン政府からジャンジャウィードは、カラシニコフ銃などの武器が供与されている。スーダン政府自身はもちろん紛争への関与を認めておらず、しかも「紛争は単なる小競り合いに過ぎない」という見解を示している。
国際社会も何もしないで手を拱いているわけではない。04年からAU(アフリカ連合)が停戦監視活動を始めた。だが、フランスに匹敵する面積のダルフールに約7000人しか展開していないうえ、資金や機材も不足しているため、効果は不十分である。
ここまで見た
  • 89
  •  
  • 2014/07/16(水) 15:39:28
>>88の続き
■中国共産党の関与
 この21世紀最悪の悲劇に関して、今やスーダン政府と同じぐらい国際的非難を浴びているのが中国である。中国がダルフール紛争にどのように関与してきたのか。3月28日にウォールストリート・ジャーナルに発表された共和党のウルフ議員の論文がうまくまとめられている。ウルフ議員は、「中国政府は虐殺の実行者であるスーダン政府を全面的に支援してきた」として中国政府を激しく非難。具体的に以下の4点を挙げている。
(1)中国政府は国有の中国石油を通じてスーダンの石油の大部分を買い、スーダンの石油生産企業集団2つの最大株主となっている
(2)スーダン政府は中国との石油取引からの収入の80%以上を虐殺を実行するアラブ人の民兵組織「ジャンジャウィード」用の兵器購入にあてている。
(3)同民兵組織やスーダン政府軍が使う爆撃機、攻撃用ヘリ、装甲車、小火器などの兵器はほとんどが中国製。
(4)中国は米英両国が推進する国連平和維持軍のダルフール派遣に一貫して反対してきた。
具体的に検討するとしよう。まず(1)についてだが、中国政府がダルフール虐殺を支援する理由がここにある。中国政府の目的は石油である。今や原油の50%を輸入に頼り、世界最大の石油輸入国となった中国は世界中で石油を貪ろうと血眼になっている。中国の石油消費量は毎年30%の勢いで増え続け、原油価格高騰の一員ともなっている。原油獲得のために、スーダン政府およびジャンジャウィードによる民族浄化を黙認するどころか、積極的に支援してさえいるのである。
 続いて(2)と(3)はきわめて重要である。虐殺をするには当然武器が必要であり、武器を調達するには金も必要である。中国政府は民族浄化のための資金と武器を援助しているのである。スーダン政府の資料によると中国は2005年、2400万ドル相当の武器・弾薬、5700万ドル相当の部品と航空機器、そして200万ドル相当のヘリコプターと航空機をスーダン政府に輸出している。中国の支援がなければ虐殺はより小規模なものとなったはずだ。そして(4)。国際社会とてダルフールの惨状を完全に見て見ぬふりをしているわけではない。スーダンに対する経済制裁や国連平和維持軍の派遣を検討しているものの、中国の拒否権によって阻まれているのだ。
■国際社会からの非難
 まさに中華人民共和国とは、国連安保理の常任理事国でありながら、世界平和を妨害し、積極的に不安定にする悪の元凶なのである。当然のごとく西側諸国からは中国政府に対し激しい非難が起きている。
 2007年の4月、フランス大統領選挙の討論番組で、ロワイヤル候補はダルフール紛争における中華人民共和国側の対応を非難しオリンピックのボイコットを呼びかけた。ロワイヤル候補は落選したが、常任理事国の大統領候補がオリンピックへのボイコットを主張したことの意味は大きい。
 アメリカでは5月9日、連邦下院議員108人が胡錦濤国家主席あてに書簡を送り、スーダンのダルフールでの虐殺を続ける勢力への支援の停止を求め、中国側が十分な対応をしない場合には2008年の北京五輪のボイコットにもつながると警告した。
 6月5日には、下院本会議で、中国政府がスーダン政府の支援を受けた民兵組織によるダルフールでの大量虐殺を黙認していることは、北京オリンピックの精神に反するとして、抗議する決議案を全会一致で可決した。賛成410票、反対0票である。可決した同決議案は、「ダルフールでの大量虐殺をやめさせるように影響力を行使することを中国政府に求める」としている。
 2008年2月12日にはスピルバーグ監督が北京オリンピックの技術顧問を退任することを発表。ダルフール問題に対する中国政府への姿勢に不信感を偉大ことが原因であった。2月14日には国際オリンピック委員会のロゲ会長がダルフール問題で中国政府に迅速な対応をとるよう求める書簡に署名していたことが明らかになった。この書簡にはノーベル平和賞受賞者8人を含む80人の著名人が署名している。
ここまで見た
  • 90
  •  
  • 2014/07/16(水) 15:40:09
>>89の続き
■頼りない日本
 さて日本はというと、小泉政権時代に18億円の人道援助を行い、2005年5月には民主党の岡田克也代表がダルフールの難民キャンプを視察。今年6月25日にパリで行われたダルフール地方の紛争解決を支援する閣僚級の国際会議にも参加するなど、何もしていないわけではないが、消極的な印象は否めない。問題の元凶である中国政府をもっと正面から非難すべきであろう。
 日本政府以上に頼りないのがマスゴミである。新聞はそれなりに取り上げているみたいだからまあいいとしても、テレビはダルフール問題を悪質なまでに隠蔽しているとしか思えない。中東情勢でもアフガニスタンやイラクやレバノンやパレスチナについては積極的に取り上げるが、ダルフールについて取り上げると、どうしてもマスゴミの大好きな中国共産党の悪徳行為にたどり着く為、意図的に隠蔽しているのであろう。当分日本マスゴミには何も期待できそうになり。われわれが微力ながらもアピールしていくしかないであろう。
注1 コーカソイドとは強いて日本語に訳せば「白人」ということになるが、厳密に言えば欧米の白人のほか、西アジア及び南アジアの人々の大半もコーカソイドに含まれる。
ここまで見た
  • 91
  •  
  • 2014/07/16(水) 15:49:36
以上はhttp://dadao.kt.fc2.com/fanzui01.htmからの引用である
実は、上記の文は「ダルフール」を「アフリカ各国」と置き換えて読むべきものである
すなわち、ここ数十年にわたって、アフリカは支那の植民地になってしまっているのである
これは今後も続くであろう
現に、支那企業が独裁政権との縁を利用して、すでに経済侵略を始めている 
詳細はまたの機会にするが、支那は、道具は日本から、資源はアフリカから調達して、“世界の工場”として発展してきた
ここまで見た
  • 92
  •  
  • 2014/07/16(水) 15:57:57
しかし、それで支那人は幸福になったかというと決してそうではない
国内は公害、汚職にまみれ、人権侵害、財産の喪失、過酷な労働環境と低賃金など、現実は幸福とは無縁と言っていい
現に、あまりのひどさに、日本を含めて国外に脱出する支那人が後を絶たないという
低所得労働者でも、日本にいる方が支那にいるよりずっとマシなのであろう
ここまで見た
  • 93
  • 不戦の誓は非現実的なデタラメ
  • 2014/08/02(土) 19:38:14
東條英機は「軍国主義の象徴」のように言われているが、
東條が総理になったとき、
戦争を回避しようと懸命だったことをどう説明する?

むしろ、戦争回避を考えていた東條を「腰抜け」「売国奴」呼ばわりしたのは、
他でもない日本国民だったのだ。
そんなことも知らないで、東條元総理を罵倒するのはバカ丸出しだ。
だから日本人は世界中からなめられるのだ。
文句ありますか?

(補足)
ちなみに大東亜戦争はアメリカのルーズベルトによる挑発が原因だ。
イギリスのチャーチルがどうしても第二次世界大戦にアメリカを巻き込みたい。
そこでチャーチルにそそのかされたルーズベルトが日本を挑発することで、
第二次世界大戦に参戦するきっかけをつくろうとした。
そこで登場した挑発行為が「ハルノート」だ。
このハルノートを日本国が受け入れを表明したらどうなるか?
東京株式市場は大暴落、内戦の可能性さえあった。
東條元総理は何とか戦争を回避しようと、
ルーズベルトに甲案、乙案の妥協案を提示したが、
チャーチルにそそのかされたルーズベルトは日本を挑発することで、
第二次世界大戦に参戦したい。
だから東條の妥協案を無視し、日本国を追い詰めた。
パール判事は大東亜戦争は明らかにアメリカの挑発行為が原因としている。

(さらに補足)
日本軍が中国大陸にいたことがいけない、というバカもいる。
当時は中国大陸に欧米諸国の租界がたくさんあり、
日本も租界をもっていた。
その租界を守るために、各国はそれぞれの軍隊を置いて守備していた。
各国が自国の軍隊を置くことは、
当時の概念では違法でもなんでもない。
その日本の租界に中国人(馬賊)はテロを繰り返した。
そのテロがきっかけで租界を守る日本軍が馬賊と戦うハメになった。
残念ながら、馬賊のテロとの戦いが日中戦争の泥沼の原因になったのだ

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14118576369より引用
ここまで見た
  • 94
  • 不戦の誓は非現実的なデタラメ
  • 2014/08/02(土) 20:01:39
http://www6.plala.or.jp/mwmw/kotoba.htmlより引用その1
ラダビノード・パール(1886~1967年)。現在、どれほど多くの日本人がこの恩人の名をご記憶だろうか。

 東京裁判(1946~1948年)で、日本は満州事変(1931年)から盧溝橋事件(1937年)を経て日中戦争に突入し、日米開戦(1941年)、そして終戦に到るまでのプロセスを「侵略戦争」と判定され、この「侵略戦争」を計画し、準備し、開始し、遂行したことは、「平和に対する罪」に当たるとして東條英機ら7人の絞首刑が遂行された。

 パール判事は、この東京裁判で日本が国際法に照らして無罪であることを終始主張し続けてくれたインド人判事である。田中正明著『パール博士の日本無罪論』によれば、同判事は日本の教科書が東京裁判史観に立って「日本は侵略の暴挙を犯した」「日本は国際的な犯罪を犯した」などと教えていることを大変に憂えて「日本の子弟が、歪められた罪悪感を背負って卑屈、頽廃に流されて行くのをわたくしは平然と見過ごすわけにはいかない。」とまでいって励ましてくれたのである。

 日本が敗戦で呆然自失し、思想的にも文化的にも、日本人のアイデンティティーを失っていた時代に、パール判事の言葉はどれだけ日本人に勇気と希望を与えてくれたことか。わたしたちは決してこの恩義を忘れてはなるまい。
ここまで見た
  • 95
  • 不戦の誓は非現実的なデタラメ
  • 2014/08/02(土) 20:05:32
その2
あまりに卑屈化した日本
 帝国ホテルにおいて『パール博士歓迎委員会』主催の歓迎レセプションが開かれた。この席上、ある弁護士が「わが国に対するパール博士の御同情ある判決に対して、深甚なる感謝の意を表したい。」という意味で謝辞を述べた。すかさず博士は発言を求めて起ちあがり、
 「わたくしが日本に同情ある判決を下したというのは大きな誤解である。わたくしは日本の同情者として判決したのでもなく、またこれを裁いた欧米等の反対者として裁定を下したのでもない。真実を真実として認め、法の真理を適用したまでである。それ以上のものでも、それ以下のものでもない。誤解しないでいただきたい。」と述べられた。
 この博士の高い見識に、列席者一同は益々畏敬の念を深くした。

 博士はこの席上でも、また東京、大阪の弁護士協会や広島高裁での講演においても、日本の法曹界はじめマスコミも評論家も、なぜ東京裁判やアジア各地で執行された戦犯裁判の不法、不当性に対して沈黙しているのか。占領下にあってやむを得ないとしても、主権を回復し独立した以上この問題を俎上にのせてなぜ堂々と論争しないのか、と問題を提起し、奮起を促した。

 博士によれば、「いまや英・米・仏・独など世界の法学者の間で、東京とニュルンベルクの軍事裁判が、果して正当か否かという激しい論争や反省が展開されている。げんに英国法曹界の長老ロード・ハンキーは<パール判事の無罪論こそ正論である>として『戦犯裁判の錯誤』と題する著書まで出版している。しかるに直接の被害国であり、げんに同胞が戦犯として牢獄に苦悶している日本においてこの重大な国際問題のソッポに向いているのはどうしたことか。なぜ進んでこの論争に加わらないのか。なぜ堂々と国際正義を樹立しようとしないのか・・・」と憤慨されるのである。

 博士は日本に来てみて、日本の評論家やジャーナリストや法律家が、東京裁判に対する本質的な論争、ないしは戦犯の法的根拠、東京裁判で裁いた「平和に対する罪」「人道に対する罪」が国際法とどう関連するのか、日本に侵略的意図があったかなかったか・・・。そうした問題について、あまりにも無関心、もしくは不勉強であると同時に、義憤さえ覚えられたらしい。その義憤は日本人の真理探究、マハトマ・ガンジーのいう《真理把持》の精神に欠けている点に対してである。長いものにはまかれろ、強いものには屈服せよという事大主義のしみったれた根性に対する義憤である。

 博士によると「日本の外務省は、わざわざごていねいに英文パンフレットまで出して、日本の《罪悪》を謝罪し、極東軍事裁判(東京裁判)の御礼まで述べている。東洋的謙譲の美徳もここまでくると情けなくなる。なぜ正しいことは正しいといえないのか、間違っていることをどうして間違っていると指摘できないのか。」と、博士は嘆かれるのである。
ここまで見た
  • 96
  • 不戦の誓は非現実的なデタラメ
  • 2014/08/02(土) 20:06:26
その3
子孫のため、歴史を明確に正せ
   1952年11月6日、博士は広島高裁における歓迎レセプションに臨まれて、「子孫のため歴史を明確にせよ」と次のように述べられた。
 「1950年のイギリスの国際情報調査局の発表によると、『東京裁判の判決は結論だけで理由も証拠もない』と書いてある。ニュルンベルクにおいては、裁判が終わって三か月目に裁判の全貌を明らかにし、判決理由とその内容を発表した。しかるに東京裁判は、判決が終わって4年になるのにその発表がない。他の判事は全部有罪と判定し、わたくし一人が無罪と判定した。わたくしはその無罪の理由と証拠を微細に説明した。しかるに他の判事らは、有罪の理由も証拠も何ら明確にしていない。おそらく明確にできないのではないか。だから東京裁判の判決の全貌はいまだに発表されていない。これでは感情によって裁いたといわれても何ら抗弁できまい。」

 このように述べた後、博士はいちだんと語気を強めて、
 「要するに彼等(欧米)は、日本が侵略戦争を行ったということを歴史にとどめることによって自らのアジア侵略の正当性を誇示すると同時に、日本の過去18年間のすべてを罪悪であると烙印し罪の意識を日本人の心に植えつけることが目的であったに違いがない。東京裁判の全貌が明らかにされぬ以上、後世の史家はいずれが真なりや迷うであろう。歴史を明確にする時が来た。そのためには東京裁判の全貌が明らかにされなくてはならぬ。・・・これが諸君の子孫に負うところの義務である。

 「わたしは1928年から45年までの18年間(東京裁判の審議期間)の歴史を2年8カ月かかって調べた。各方面の貴重な資料を集めて研究した。この中にはおそらく日本人の知らなかった問題もある。それをわたくしは判決文の中に綴った。このわたくしの歴史を読めば、欧米こそ憎むべきアジア侵略の張本人であることがわかるはずだ。しかるに日本の多くの知識人は、ほとんどそれを読んでいない。そして自分らの子弟に『日本は国際犯罪を犯したのだ』『日本は侵略の暴挙を敢えてしたのだ』と教えている。満州事変から大東亜戦争勃発にいたる事実の歴史を、どうかわたくしの判決文を通して充分研究していただきたい。日本の子弟が歪められた罪悪感を背負って卑屈・頽廃に流されてゆくのを、わたくしは見過ごして平然たるわけにはゆかない。彼らの戦時宣伝の偽瞞を払拭せよ。誤れた歴史は書きかえられねばならない。」

 博士は、慈愛と情熱を込めて切々と訴えられるのである。

 パール博士は東京弁護士会においても多数の法律家を前にして講演された。いうまでもなく、博士は極東国際軍事裁判を根本的に否定している。それは戦勝国が復讐の欲望を満足させるために国際法を無視し、司法と立法を混合してマッカーサーが法を制定し、法の不遡及まで犯した一方的な軍事裁判だったからである。ここでも博士は次のように述べている

 「日本人はこの裁判の正体を正しく批判し、彼らの戦時謀略にごまかされてはならぬ。日本が過去の戦争において国際法上の罪を犯したという錯覚におちいることは、民族自尊の精神を失うものである。自尊心と自国の名誉と誇りを失った民族は、強大国に迎合する卑屈なる植民地民族に転落する。日本よ!日本人は連合国から与えられた《戦犯》の観念を頭から一掃せよ。・・・」と、博士は繰り返し強調された。
ここまで見た
  • 97
  • 不戦の誓は非現実的なデタラメ
  • 2014/08/02(土) 20:08:08
その4
戦犯家族と遺族へのいたわり
 1952年11月7日、わたくしたち一行が福岡に到着すると、BC級戦犯者の家族が60名ほど福岡消防館で博士を待っていた。
 深い悲しみにつつまれた家族たちを前に、パール博士は沈痛な表情でこう述べた。
 「戦犯といわれるが、決して犯罪者ではありません。全員無罪です。何も罪とがを犯したのではないのです。恥ずべきことはひとつもありません。世界の人たちも、戦争裁判が間違っていたことを少しづづ分かり始めたようです。しかし、わたくしは、今さらながら自分の無力を悲しみます。ただご同情申しあげるだけで、わたくしには何もできません。・・・けれど戦犯釈放にはできるだけ努めます。これ以上、罪のない愛する者同士を引き離しておくわけにはいきません。・・・わたくしは倒れそうです。・・・許してください。」受刑家族の苦悩を苦悩とする博士は、言葉も途切れがちに、ようやくこれだけ述べて合掌するのみであった。

 戦犯の無罪を確信し、この暴挙に憤りをもつ博士は、受刑家族を目のあたりに見て、深い責任感-自ら犯した過ちの如く- 責められる気持ちであったのだろう。「自分の無力を悲しむ・・・許してください」といって涙し、そして嗚咽する家族の中に歩みよって、家族の一人一人の肩にやさしく手をおいた。

 若いお母さんに連れられた水兵服の4才の遺児(父親は陸軍参謀中尉・重労働30年)を抱きかかえて頬ずりする。博士の目からは大粒の涙がこぼれている。元九州大学助教授の鳥巣太郎氏(九大事件で刑期10年)の夫人の肩をやさしく抱いて「泣かないで・・・泣かないで・・・」といたわりながら自分も泣いている博士である。

 本当に博士は倒れそうな心のささえを、合掌によってささえているようであった。

 東京へ帰ると博士は、巣鴨プリズンを慰問された。巣鴨にはA級戦犯とBC級戦犯あわせて130名ほど留置されていた。博士は一部屋ごとに声をかけられ慰めかつ励まされた。当局もインド代表判事ということで、BC級戦犯全員を廊下に整列せしめた。博士は「皆さんには何の罪もない。講和条約も終わった。講和条約が終われば、当然皆さんは釈放されるはずです。あとは手続きの問題だけです。それが国際法の定めるところです。どうかそれまで健康に留意してください。」と励ました。

 博士は東京裁判で処刑された7人の遺族に対しても、心からいたわりの情を示された。まず東條勝子夫人から面会の申し込みがあったのを、夫人にわざわざ来てもらうのは忍びないといって、博士はわざわざ遠隔の世田谷・用賀の東條宅を訪れた。荒れはてた庭にはコスモスが咲き乱れ、七面鳥が鳴きわめいていた。勝子夫人と二人の娘さん、三人のお孫さんに囲まれた博士は、一人一人孫を抱きあげ、頬ずりしながら、長時間勝子夫人を慰めた。
ここまで見た
  • 98
  • 不戦の誓は非現実的なデタラメ
  • 2014/08/02(土) 20:08:50
その5
板垣征四郎元大将未亡人喜久子夫人は博士を帝国ホテルに訪ねてきた。博士は夫人の手をとって迎え、「板垣さんはわたくしの座席の真正面でした。」と博士がいうと、
 「はい、いつもパール先生がまっ先に正面にあらわれて、被告席に向かって合掌されるので、とても印象が深かったと、主人は死ぬまで申していました。」
 夫人はそういって二枚の色紙をとり出した。それには次の二首の短歌が染筆されていた。

  ふたとせにあまるさばきの庭のうち
   このひとふみを見るぞとうとき

  すぐれたる人のふみ見て思ふかな
   やみ夜を照らす灯のごと

 《ひとふみ》とは、博士が判決した全員無罪の要旨を弁護人から聴いた時の感慨である。ナイル君が英訳して伝えると、「そうでしたか・・・」と目をうるませながらこまごまと夫人をねぎらった。

 この夜、廣田弘毅元首相のお嬢さんと、東郷茂徳元外相の夫人が訪ねてきた。この時も博士は懇切に二人を慰めた。

 木村兵太郎元大将の未亡人可縫夫人は奈良ホテルに博士を訪ね、「わたくしども7人の戦犯処刑家族のものは、年2回、23日の命日に集まってひそやかに慰めあうのを何よりの楽しみにして、淋しい日を送っています。」といった。博士は「12月23日!この日は今に日本国中の人が《記念の日》とする日が来るようになりましょう。」と慰めた。

 博士はその判決文の最後を次の言葉で結んでいるのである。「時が、熱狂と偏見をやわらげたあかつきには、また理性が、虚偽からその仮面を剥ぎとったあかつきには、そのときこそ、正義の女神はその秤を平衡に保ちながら、過去の賞罰の多くにその所を変えることを要求するであろう。」と。・・・その「時」がきっときますよ、と慰めたのである。
ここまで見た
  • 99
  • 不戦の誓は非現実的なデタラメ
  • 2014/08/02(土) 20:10:26
その6
興亜観音に参詣
 箱根の秋を観光して熱海ホテルに一泊した時、博士は伊豆山の《興亜観音》にお詣りしたいといいだした。山麓には松井大将の未亡人がわび住まいしている。その未亡人を見舞いたいという気持ちである。
 興亜観音というのは、中支派遣軍総司令官松井石根大将が一念発起して建てた、日支両軍の英霊を祀った観音堂である。大将の《縁起書》によると、「支那事変ハ友隣相撃チテ莫大ノ生命ヲ喪滅ス 実ニ千歳ノ非惨事ナリ 然リト雖 是レ所謂東亜民族救済ノ聖戦ナリ 惟フニ・・・真ニ興亜ノ礎タラントスルノ意ニデタルモノナリ・‥」というので《興亜観音》と名づけ、南京や大場鎮の両軍の血に染めた土を取り寄せ、観音像を創って祭祀した御堂である。大将みずから縁起書を手に布施を乞うて歩かれ、2年半の日子をついやして建立した観音堂である。

 大将はこの鳴沢山の山麓に庵を結んで、《無畏庵》と名づけ、読経三昧の堂守生活に入った。戦犯の汚名をきせられて大将が処刑された後は、文子未亡人と久江嬢の二人が、養鶏をなりわいに寂しく暮らしていた。博士は突然ここを訪れて二人を驚かした。博士は大将の霊に祈りをささげた後二人を慰め、励ました。

 鳴沢山は急峻で、観音堂までは約2キロある。下中弥三郎翁は「とても」といって断念したが、博士は何でも登るという。中谷先生とナイル君とわたくしの三人が随行した。無住と思っていた御堂の中から読経の声が聞こえる。格子戸を叩くと、今まで読経した僧侶(伊丹忍礼師)が、けげんな顔で「どなたですか」と聞く。「東京裁判のパール判事がわざわざこの山に登って来られたのだ。」と答えると僧侶は膝を叩いて、
 「さてもさても奇縁と申そうか、み仏の手引きと申そうか、月こそかわれ今日は23日、松井大将が絞首台に立たれた命日です。」といって奇縁に驚いた。 
 博士も「大将の霊が導いたのでしょう。インドではうしたことを《マヤ》といいます。」といわれた。そして、博士はアジアの独立・解放の悲願に立つ観音像と七人の遺骨が眠る「七士之碑」(吉田茂揮毫)、それに隣した「BC級戦犯殉国刑死1086霊位」の碑に、それぞれ花香を手向け敬けんな祈りを捧げられた。
ここまで見た
  • 100
  • 不戦の誓は非現実的なデタラメ
  • 2014/08/02(土) 20:18:21
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Yasunari/7517/nenpyo/1941-50/1948_paru_hanketsusho.htmlより引用
パール判決書(反対意見書)
パール判決書の中の日本人が覚えておくべき重要コメント:

「戦勝国が敗戦国の指導者たちを捕らえて、自分たちに対して戦争をしたことは犯罪であると称し、彼らを処刑しようとするのは、歴史の針を数世紀逆戻りさせる非文明的行為である」
「この裁判は文明国の法律に含まれる貴い諸原則を完全に無視した不法行為である」
「ただ勝者であるという理由だけで、敗者を裁くことはできない」
「もし非戦闘員の生命財産の無差別破壊というものが、いまだに戦争において違法であるならば、太平洋戦争においてはこの原子爆弾使用の決定が、第一次世界大戦中におけるドイツ皇帝の(無差別殺人の)指令、およぴ第二次世界大戦中におけるナチス指導者たちの指令に近似した唯一のものである」

博士はその判決文の最後を次の言葉で結んでいる。「時が、熱狂と偏見をやわらげたあかつきには、また理性が、虚偽からその仮面を剥ぎとったあかつきには、そのときこそ、正義の女神はその秤を平衡に保ちながら、過去の賞罰の多くにその所を変えることを要求するであろう。」
ここまで見た
  • 101
  • 不戦の誓は非現実的なデタラメ
  • 2014/08/02(土) 20:22:04
パール判決書の要約に、田中正明氏の解説を加えた本が、日本の占領が解除された昭和27年4月28日に出版された。
「日本無罪論-真理の裁き」
占領下では出版を禁じられていたパール判決書の出版準備をひそかにすすめ、占領解除の当日に発行したのだった。しかし、この時点で、「日本無罪論」という題名に猛反発する反日日本人が現れていた。
その後、昭和41年に講談社学術文庫から「共同研究パール判決書」が出版されたが、これは反日団体が出版したいかがわしい本である。本文の前に文庫版で200ページも余計なもの「解説」が付け加え、パール判決書の真意を理解させないようにしている(パール博士は日本無罪論を唱えていないなどと主張している)。現在、パール判決書の全文を読むにはこの「共同研究パール判決書」の文庫版しかなかったが、近年「パール真論(小林よしのり著)」が出版され、パール判決書の真意が理解できるようになった。

「日本無罪論-真理の裁き」が出版される前に、すでに欧米の法曹界・言論界において、このパール判事の「少数意見」が非常な波紋を呼んでいた。
ここまで見た
  • 102
  • 不戦の誓は非現実的なデタラメ
  • 2014/08/02(土) 20:25:43
以上、私たち日本人が終戦記念日にまずするべきことは、日本人としての誇りを取り戻すことだ。
ここまで見た
  • 103
  • 名無しさん@おーぷん
  • 2014/09/15(月) 21:41:33
中国人の入国を規制すべきだ。
ここまで見た

★お気に入り追加

このページを共有する
facebook twitter hatena line google mixi email
おすすめワード