facebook twitter hatena line google mixi email
★お気に入り追加


  • 1
  •  
  • 2014/05/11(日) 21:55:12
極東軍事裁判にしろ、現在の憲法にしろ
ガクブルの結果じゃね?
自衛隊の精神的練度だけでも
敵にはまわさないよな。

中韓はそれが解ってない!!

怒らせたら最後だよ!!
ここまで見た
  • 2
  •  
  • 2014/05/12(月) 22:46:14
日本って、怒ったら、日本一怖いよね。
ここまで見た
  • 3
  •  
  • 2014/05/13(火) 17:30:21
ハルマゲどんなもんじゃい
ここまで見た
  • 4
  •  
  • 2014/05/13(火) 18:29:39
喝!
ここまで見た
  • 5
  •  
  • 2014/05/14(水) 17:08:20
>>1
ここまで見た
  • 6
  •  
  • 2014/05/14(水) 17:40:49
結局はアメリカだって敵にまわしたら
怖いから日米安保は堅持なわけでしょ?
大東亜戦争だって、サクッと終わらせて
対ドイツに加勢するはずが、長期間になっちゃうわで大誤算
それにカミカゼなんかという、
玉砕攻撃なんかやられちゃ
そらトラウマにもなるわな。
9・11テロの時だって
実況でカミカゼアタック言うてた
って
日本関係ないのにね。
ここまで見た
  • 7
  •  
  • 2014/05/15(木) 16:35:47
連合軍「ジャップ」
大日本「『アングロサクソン』、推参なり!」
袈裟懸け、据え物斬りの刀の錆びになりました。

連合軍「ジャップは武装解除だ」
大日本「チェーェストォーォー」
首チョンパされました。
ここまで見た
  • 8
  •  
  • 2014/05/15(木) 16:42:00
侍が「推参なり!」
と口にした時は、利き手は既に、刀の鍔(つば)にかかっており、刀身も鯉口から、抜き身になりつつある途中で、一秒後には、件の下郎の首は地面に落ちているのである。
ここまで見た
  • 9
  •  
  • 2014/05/15(木) 16:46:09
そー言えば、進駐軍、GHQは「忠臣蔵」を上演禁止にしたそうだ。
ここまで見た
  • 10
  •  
  • 2014/05/15(木) 22:48:55
多分、欧米には理解できないこと。
個人より集団。
ここまで見た
  • 11
  •  
  • 2014/05/15(木) 22:51:35
>>10
間違えた。

欧米は個人を尊重

日本は集団を重んじる。
ここまで見た
  • 12
  •  
  • 2014/05/16(金) 21:31:18
TPP反対
ここまで見た
  • 13
  •  
  • 2014/05/16(金) 21:39:40
>>12
TPPは関係なくない?
ここまで見た
  • 14
  •  
  • 2014/05/17(土) 18:17:25
ルース・ベネディクトの「菊と刀」とかwww、アメリカ人は何も分っちょらん。

日本の事を「羞恥の文化」だと定義したりするが、そりゃ羞恥心ぐらいあるの当たり前だつーの。
ここまで見た
  • 15
  •  
  • 2014/05/17(土) 18:21:14
日本人が品がいいのは、恥を知る心があるからだ、って言う西欧人の分析は一部、正しい。

だけど、羞恥心は世界中に共通だ。それとも、アメリカ人は恥知らずなのか?
ここまで見た
  • 16
  •  
  • 2014/05/17(土) 18:43:04
出典は覚えてないけど、漢籍の古典に
「天知る。子(し)知る。我も知る」
って、言葉があり、この教えを日本人は守って来たんだと思う。
ここまで見た
  • 17
  •  
  • 2014/05/17(土) 18:44:58
↑「の子(し)知る」の゛子゛ってのは、漢文の二人称、あなた、youの意味。

「誰も見ていないようでも、天は知っている。他ならないあなた自身が見て知っている。だから、悪い事は出来ないでしょ?」

そう言う意味だ。アメリカ人の考える日本人は恥を知っている民族だ、って言う時の゛恥゛はギャラリーや目撃者の前での体裁を構うのも含まれているように思われる。むしろ、体裁、外聞、格好付けに主眼があるように感じる。

でも、本当はそうじゃないんだよ。どうせ、ルース・ベネディクトなんかには分かんねーだろ。誰も見ていなくても恥ずかしくて出来ないのだよ、日本人は。それが「天知る。子知る。我も知る」なんだよ。分かる?アンクル・サム君。
ここまで見た
  • 18
  • なななな、な梨
  • 2014/05/21(水) 04:52:13
マッカーサー憲法はアメリカは失敗した
と思ってた節がある。
ベトナム戦争の時、敗戦国のジャップを
戦場に往かせろ、と言う記事があった
安倍総理も当然それは解って居ると思うので、代理戦争は回避するように持って往きたいんじゃ無いかな、
ここまで見た
  • 19
  •  
  • 2014/05/21(水) 17:47:31
古い話だが、かつて、満州に張作霖と言う軍閥が蟠踞(ばんきょ)していた。ポーツマス講和条約によって、99年間の満州鉄道の所有権と沿線の警備権をロシアから、引き継いだ日本は満州に割拠する張作霖と協力して、鉄道沿線に入植を進めていた。日本政府は張作霖軍閥のスポンサーだった。

所が、この男が日本政府を裏切り、満州鉄道に平行線(競合第二鉄道)を敷設すると言う背信の挙に出た。
お陰で、満州鉄道は赤字を計上するようになった。張作霖は日露戦争講和条約の主旨、日露(及び、仲介役の米)が取り決めたの日本への国際協約の実質部分を反故にする列強パワーバランスへの挑戦をやった訳だ。
すなわち、張作霖は日露戦争の日本人戦没者の意義(勝ち取った国際合意)を無に帰せしめる行為を為したのだ。これが、満州事変の真の原因だ。



満州事変を以て、侵略の嚆矢となす戦後の歴史観は捏造歪曲の所産である。

日本人の怒りはマグマの如く、今も胎中深く、蔵されているのだよ。
ここまで見た
  • 20
  •  
  • 2014/05/25(日) 11:52:14
つか欧米は大日本国帝国にビビりすぎだろ
特にアメリカ
どんだけトラウマなのよ
ここまで見た
  • 21
  •  
  • 2014/08/03(日) 18:33:06
怖いから首輪を外せない

批判が欧米に向かないように、特アを使って目くらましをしているんだよ。特アは絶対許さないけど、本当の敵は白人なんだよね

あいつら昔から喧嘩ばっかりしてるくせに、日本が台頭してきたら必死こいてお手々つないだもんね。三国干渉しかり、ww2しかり
ここまで見た
  • 22
  • 19
  • 2014/08/04(月) 19:16:21
>>19カキコの本人だが、一寸、誤解があって、第二満州鉄道を敷設したのは張作霖ではなく、息子の張学良だった。

日支事変を戦争と見るか、東アジア共同体、文明圏での゛内戦゛と見るかで、評価は変わってくる。

私は、゛内戦゛であると思う。すなわち、我々、日本人、日本国家にも、゛天下統一の権利゛、゛中原に鹿を逐う゛覇権争奪レースへの参加資格はあった(ある)、と言う事だよ。
ここまで見た
  • 23
  • 19
  • 2014/08/04(月) 19:27:58
だって、弥生時代はおそらくは、徐福の渡来による技術者集団の流入と言う刺激が元となって、本格化した。

我々の文明としての基礎は少なくも半分は弥生時代の生活様式にある。後の半分は縄文時代だ。どちらも重要だが、卑弥呼が魏から、親魏倭王の称号を得ている以上、我々も古代黄河文明の外縁世界の一員だった訳で、フビライやヌルハチと同じ乱入権を我々も持っているはずだ。
ここまで見た
  • 24
  •  
  • 2014/08/04(月) 19:30:19
つまり、゛侵略゛云々とは片腹痛い、と言いたい。
ここまで見た
  • 25
  •  
  • 2014/08/04(月) 21:52:22
何か一生懸命日本の首都が北京になっても構わないと理屈こねてるけど、

万世一系の天皇の御民の国が日本。その領土が豊芦原中国だね。

百済や新羅に割譲したり奪取された土地は旧領。樺太千島勘察加も旧領。
済州島、朝鮮半島、満州は旧朝貢国領。
そのくらいだね。

勘察加、樺太から沖縄の先島迄の大日本(日本列島+勘察加)のような世界があって、その世界の範囲を見ると、古代に朝鮮半島南岸の任那を喪失して和人が駆逐されているくらいで、
古代からオキナワ、ヤマト、アイヌ系、ニブフ、ウィルタなんかの居住範囲で全体としてほとんど領域に変化が無いんだよね。その大日本という世界の中でヤマトの支配体制が全体をゆっくり覆っていった感じ。
人権的、文化的、経済的な結びつきをみても、先島と台湾、対馬と釜山、樺太と沿海州の間にかなりはっきりした古くからの境界があるよね。
ここまで見た
  • 26
  •  
  • 2014/08/05(火) 13:51:07
>>25

なかなかの見識だね。

あなたは正しい。だけど、我が国を取り巻く現状の環境では(そのような学術的に正しい識見に)、利便性があるか、と言うと疑問であるように思われる。

私の牽強付会的詭弁の方が、例え、レトリックであっても、実用性がある。だって、支那は沖縄(琉球)の朝貢の歴史を以て、沖縄への潜在主権論を構成するような国だ。チベットへの侵略も同じロジックなのであろう。そのロジックを逆手にとって、日支事変=大東亜内戦論を以て、我が国が切り返せば、支那の侵略戦争云々の年来の主張を根底から、覆す事が出来る。

毒を以て、毒を制す、である。
ここまで見た
  • 27
  •  
  • 2014/08/06(水) 15:59:31
>>26
中原で鹿を追う資格がある地域なら中原の支配に服する地域ということになるんで困ってしまいますよ。一緒にいるのが嫌なんで古代から別な国になっているんで。
古代から天皇の対外称号は「皇帝」です。一方で日本は中華帝国の皇帝号を否定していません。一姓一系の皇統を守る神州であるが故に、中華帝国の華夷世界の外にある、粟粒辺土の国というのが、古代以来の中華帝国と日本の相互認識です。すぐ隣にあった新羅、高麗、朝鮮と比べて遥かに強大な日本が、何故粟粒辺土と相互に認識されていたかといえば、中華帝国の華夷秩序の世界と日本の世界が対比されていたため、そういう認識になっていたわけです。
伝統的な日本の対外認識は、「本朝、唐、天竺」であって朝鮮半島の国は含まれません。本朝、唐、天竺は、それぞれの王朝が支配するべき世界を表す概念です。

日本は清国と朝鮮王国の独立を認め皇帝号を相互に承認しています。
それに、日本は朝鮮人が望んだ間島領有を拒んだ上で満州国を独立させて、皇帝号を相互に承認し、世界の1/3の国の満州国承認を得ているのですから、これは満州は女真満州族の王家が支配するべき土地としたということです。

いまさら、中華華夷世界の中で中原に覇を唱える資格を主張することはできませんよ。2000年前にその世界とは一線を画して建国の理念としたのですから。

屈辱的な文言にあふれてはいても、ポツダム宣言も日本の建国理念に沿ったものです。これは当時の全世界の合意であり、アジア諸国だけで覆していいものではありません。その主旨は、カイロ宣言によって台湾人朝鮮人を除外した、人種民族(レイス)としての日本人の、国家の存続と奴隷化の否定です。先人が敗北の中で勝ち取った勝利です。日本人は古代から天皇への帰化を認めて来たため、人種ではなく民族で、日本国憲法は人種による差別については禁止していますが。

それより、中韓の謝罪要求や靖国神社に関する要求について、日本はなんで撤回と謝罪を求めないのでしょうね?
国家は相互に対等であり、要求する権利もなければ、応じる義務もありません。

ポツダム宣言は国際法上の権利に基づいて他国の領土主権を際限無く侵犯することが出来る時代が終わったことについての合意であって、
別に中華民国に国際法上の非が無かったことを確認したわけでも、日本の対抗措置に違法性があったことを指摘したわけでもありませんから。違法だと他国の領土も問題が。
ここまで見た
  • 28
  •  
  • 2014/08/06(水) 18:01:26
ポツダム宣言ね。゛全世界の合意゛とは思えないね。英米仏蘇蘭、実質、この五カ国で、コアとなるのは英米蘇、蘇は中立条約を破ったのは蘇の勝手な理屈なので、問題外の資格喪失者。実質、英米の意思だ。こんなもの、何時か、力を以て、弊履の如く、捨て去らねば、大東亜戦争で亡くなった方々に申し訳が立たない。

私は、あなたのような英米連合軍に権威を認める亊大主義者を何よりも憎む。戦後の価値観を肯定する御仁と推察する。私とは、真逆の国家観、歴史観、世界観の方のようだが、私は、共同体と共同体、国家と国家の間にあるのは、権謀術数、マキャベリズムが本質であり、筍子の性悪説に依拠して、対外政策は構築されるべきである、と確信する。私
ここまで見た
  • 29
  •  
  • 2014/08/06(水) 18:04:44
私は、現行、日本国憲法の趣旨を全否定したい。
ここまで見た
  • 30
  •  
  • 2014/08/07(木) 01:49:44
>>28
全世界の合意を主導したのがアメリカなので、アメリカが覇権国なのですよ。
そのアメリカも、日本の英連邦入りによって覇権復活を企んだイギリスを許さなかった。今でも外務省宮内庁に浸透したイギリス国教会のコネクションを使って半島系や再臨ハルマゲドン待望の根本主義系等と連係しながら地道に成果を上げつつあります。何より旧皇族の御復帰を今まで阻止してきました。これは日本人がだらし無いのですが。

ソ連の宿願であった皇室廃絶も許さなかった。日本人が万世一系の皇室の存続を望みましたから。ポツダム宣言の主旨である日本人の国家の存続とは、天皇の御民の国家の存続以外の何ものでも無い。アメリカは合意の主導者として、それを守らざるを得なかった。英霊を始めとした父祖と先人達が負け戦の中で後世のために勝ち取った条件です。

国家に友はありません。しかし我々は得がたい財産を持っている。アメリカとフィリピンとの歴史的にも国際法的にも安定した境界です。
これは戦前、フィリピンがアメリカ領であった時から変わらぬ我が国の財産です。

一つの世界を支配し続けてきた古い歴史を持つ国が近代国家へと脱皮するときの課題は、歴史的な支配の対象であった世界の境界を近代的な国際法上の国境とすることです。領土主権を尊重されないということは、独立の喪失と滅亡に直結します。

竹島からは即時無条件に退去させて謝罪と賠償をさせなければなりません。その前に国際司法裁判所への共同提訴に応じさせてもいいのですが。援助優遇は一切無用。日本の資金が欲しいなら日本が百済や新羅に割譲したり奪取された土地を無人にして差し出せばいいのです。そうやって、対馬、五島、九州、中国に対する際限の無い領土欲を抑止しなければなりません。

尖閣諸島は防衛しなければなりません。日本による領有と実効支配に不服ならが日本を国際司法裁判所に提訴すればいいのです。

ロシア領となっている勘察加と北樺太、ロシアの実効支配下で日本が領有を放棄して帰属未定地となった南樺太と千島はどうでしょう。

我々は国際法上のロシアの領有権と実効支配は尊重しなければならない。同時に本来日本領であるべき旧領の回復も図らなければならない。北海道を死守するためにも。
ヤルタ協定関係国である米英との関係は欠かせません。

これだけ領土主権に係わる問題を抱えていれば、国力や外交力を他に費やす余裕など本来無いはずですね。
ここまで見た
  • 31
  •  
  • 2014/08/07(木) 02:35:33
>>29
憲法の趣旨から言えば、9条以下は憲法の一部である必要はありません。全部削除しても憲法として機能します。96条はそのまま附則として残した方がいいでしょうが。
憲法の憲法でなければならない部分は大日本帝国憲法と大差無くて、よりすっきりしたものになっています。まあ表現とか色々問題はあるでしょうが。

この国の憲法学のレベルが異様に低くくて、一般国民が憲法学の憲法解釈にブチ切れるのは戦前以来の伝統です。

そんなんで、暗唱しやすい文語体ではなく、理解しやすい口語体になったのですが。
ここまで見た
  • 32
  •  
  • 2014/08/07(木) 12:24:59
>>30-31

興味深い示唆、ありがとうございます。

日本が英連邦に入る可能性があった云々の指摘には驚いた。

それ(英連邦参加)はそれで、問題だろうけど、私は、この板の別のスレでパプアニューギニアへの入植の必要性を数日前、説いたばかりです。掲示板の上の方にあるスレです。

その主張をカキコしながら、数日前、私の念頭には日本のコモンウェルス入りの可能性に関する自問自答が過(よぎ)らざるを得なかった。

確かに、フィリピンは今後の我が国の外交に於いて、最重要なキーパーソン国家だと思う。

文面から、拝察するに、ラディカリストはアメリカの使い魔だ、との解釈で正しいのですかな?
ここまで見た
  • 33
  •  
  • 2014/08/08(金) 08:40:32
>>32
ラディカリストは、どこからか拾って来た「正義」や「公正」を暴力的に貫徹し、既存の社会と秩序や人間関係の打破とを目指す人達です。

既存の社会秩序や人間関係の破壊によって人々がより不幸になることには鈍感で気にしませんし、押し通そうとする「正義」や「公正」は、振り回したり投げつけたりしやすそうなものを選んでいるだけです。その本質は一種の権勢欲に駆られた破壊者です。

日本のラディカリストは今の日本を破壊しようとする人達で、それはポツダム宣言で保障された日本人の民族国家を破壊しようとする人達ということになります。

ポツダム体制に敵対する反逆者が、あの悲惨な負け戦の中で日本人の民族国家の存続を勝ち取った英霊を始めとする旧軍兵士達を、おとしめようとするのは、当然のことです。

日本に対し領土的野心を持ち、民族国家としての日本の弱体化と破壊を利益と見做す韓中露朝と連係して親近感を持ち、その利益を「正義」や「公正」として振り回すのも当然と言えば当然でしょう。これらの国も戦後秩序であるポツダム体制に敵対する反逆者です。

それでは、アメリカはどうなのか。
アメリカにとっては自分を支持してくれる同盟国は自分と真逆の国であることが望ましいです。

島国で、最後迄敵対した旧敵国で、非白人、非キリスト教、非英語圏で、単一言語による孤立した言語文化を持つ単一民族国家で、古代から続く世界で最も古い男系皇統を守り続ける君主制国家も支持するアメリカの自由と平等と民主主義は、心地好いし世界に対して説得力があります。これで平和的な旧領の回復を目指す、極東限定のローカルな国家目標に専念していれば言うことは無いでしょう。領土主権に拘わる問題ですから本来専念していて当然です。

同盟国日本が万世一系の皇統を守り続ける民族国家として存続し、歴史的な領域の平和的回復という、ささやかで正当なローカルな課題を国家目標とすることは、覇権国であるアメリカの国益です。

日本と相互に歴史的な領土領域主権を尊重する日本の隣国アメリカの国益でもあるのですが、

アメリカは宗教国家でもあって、強大なエネルギーの源の一部として、国益を省みず世界の終末を待望する破壊衝動も内包しているのですよね。

イスラエルは安全保障と領域拡張のために、アメリカのユダヤ系団体を通して、それを利用して、アメリカの支援を取り付けて来ました。イスラエル支援はアメリカの国益でしょうか。
ここまで見た
  • 34
  •  
  • 2014/08/08(金) 12:08:46
私はポツダム宣言(の文案を作成したパワー本体)を容認出来ない。故に、ポツダム宣言受諾は当面の嵐をやり過ごす為の方便であると、信じています。ポツダム宣言とは、拳銃を突き付けた銀行強盗の「そこな行員どもよ、我が手にあるこのマグナムが目に入らぬか?命が惜しくば、我が制御下に服すべし」と無理強いした脅迫行為に他ならなりません。

断れば、強盗の発砲した銃弾により、頭蓋骨を貫通され、脳漿を吹き飛ばされるでしょう。行員(大日本帝国政府)が要求を呑んだのも、致し方ありますまい。だが、それは永久に強盗の制御に服す事を意味するはずもなく、凶悪犯ども=連合国=国連常任理事国にいずれ、天誅を下すべく、臥薪嘗胆に努め、捲土重来を期し、再起を図るのは当然でしょう。

あなたのように強盗の脅迫、賊の命令、箇条書きを有り難がるのは奇妙を通り越して、不審ですらありますな。

私がアングロサクソン、取り分け、米合衆国を賊と呼ぶのは、1941年8月初頭に出された、大西洋憲章に対日武装解除が宣言されていたからです。昭和16年の8月ですよ。
ここまで見た
  • 35
  •  
  • 2014/08/08(金) 14:36:56
大日本帝国は敗戦に関し、二つの意味で責任を問われています。一つは帝国の国民です。(私は帝国憲法の゛臣民゛と言う術語には、拒絶感があります)他の一つは交戦国に対するものです。この二つの責任は同列には論ずる事が出来ません。

日本国民の本音を申すなら、政府は負けたかも知れないが自分たちはまだ、負けていない、今に見ておれ、であって、今度やる時は絶対に負けないぞ、これが本心の本心、他に本音は無い、と私は信じています。この日本国民の本音から申すなら、謝罪とか、反省とか、侵略とか、何を寝言をほざいているか?であって、現状の世界の第二次世界大戦に関する評価など、勝者の誘導する我田引水と偏見に満ちた自己正当化的宣伝謀略の所産以外のなにものでもありますまい。

しかし、諸外国と交渉し、外交的約定を取り交わすのは政府の役割です。その政府が国民の本音をそのまま、公式声明に反映させたりしたら、まとまる条約もまとまりますまい。そもそも、終戦の糸口すら見出せず、より悲惨なカタストロフ(例えば、本土決戦、第三、第四の原爆投下)を招いた事でしょう。政府は国民の心情を対外的には、封印し、心ならずも、謝罪し、非を認めざるを得ない立場であるからです。

勿論、近代(西欧)文明の基底は「契約が社会の規範である」のに相違ありません。例え、意に反した謝罪であっても、自分たちを代表する政府の名の元になされた了解事項は対外的に今さら、反故に出来ない、と言う国際社会の常識を我々国民も弁(わきま)えています。だが、それは国際社会に於ける公の発言や振る舞いでの制約であるべきでしょう。国民の心の中にまで立ち入る権利は何人(なんびと)と言えども、有さないはずです。我々日本国民の本音は、「意地を貫いたが力及ばなかった。悔しいが今回は負けだ。屈辱に耐え、頭を下げよう」であって、罪悪感、贖罪の意識など、皆無です。

この国民に対し、帝国政府は敗戦の責任があります。国民の本心はそちらの謝罪を望みこそすれ、諸外国にペコペコ頭を下げるなど、以ての他だと受け止めているはずです。
ここまで見た
  • 36
  •  
  • 2014/08/09(土) 01:21:13
もう完全な主権を持つ独立国ですから、領土主権の侵害や、国民に対する財産権や人権の侵害や、内政への干渉に対しては、
退去、謝罪、賠償、撤回、再発防止措置を求めるだけなのですが、それを日本人の政府にさせないように世論工作等を浸透させている敵国があるということですね。
ここまで見た
  • 37
  •  
  • 2014/08/09(土) 17:09:35
それこそがCIAの仕事でしょう。
ここまで見た
  • 38
  •  
  • 2014/08/09(土) 18:20:30
CIAと申したけれども、KCIAかも知れないし、KGBかも知れません。どれも正解でしょう。

思うに、国家公務員上級職の内、対米交渉の任に携わる可能性のある全てのお役人は、出世、役所内の義理、先輩への気兼ね、所属官庁への(セクト的)忠誠心を超克する必要がありますね。

対米に限らず、そうあるべきで、セクト的忠誠心、先輩の出世への影響、自分自身の官途での世間的成功、それらにしがみついていては、交渉など出来ません。「武士道とは、死ぬ事と見つけたり」とは、対外交渉、取り分け、米対米交渉の任に当たるお役人にとって、座右の銘に付すべき至言でしょう。
ここまで見た
  • 39
  •  
  • 2014/08/09(土) 18:56:49
「すまじきものは宮仕え」とは、至言であって、武士の側面には、院の北面に侍ふ宮仕えの機能もありました。

戦後の日本のエスタブリッシュメントたちの゛武士道゛は、仕える側の武士道で、そこには、長いものには、巻かれろ、出る杭は打たれる、空気(顔色)を読め、気配りの薦め、根回しの重要性、お家大事(この場合の゛お家゛とは国家、国民ではなく、上司やセクト、所属官庁、及び自分の親類縁者を指します)、泥は被りたくない、後で責任を問われたくないと言う保身術の武士道です。

地頭と呼ばれた鎌倉時代の御家人たちは、上記の保身術によって、北条執権制、南北朝争乱、足利室町殿、戦国、織豊、徳川、幕末、明治維新を生き延びて来た、と申せるでしょう。戦後の武士道は保身の武士道です。

一方、武士には忠臣蔵の浅野内匠守の吉良上野介への殿中での刃傷沙汰のような、後先を考えない感情爆発もあります。両面性がある訳で、どちらも、武士道です。意地を通すのも武士道です。戦前はそちらの爆発によって、身を滅ぼした訳です。

私は、どちらが正解で、どちらが間違っている、とも思いません。両方が日本の武士の特質です。但し、空気嫁、お家大事、相手の顔色だけを伺う宮廷保身術だけをやっていては、国民を護るなど、不可能でしょう。宏池会系の政治家には、その事をよくよく、考えて頂きたいものです。
ここまで見た
  • 40
  •  
  • 2015/01/31(土) 10:31:24
【日本語の優位性】

日本が世界でも一・ニを争う技術大国になれたのは、
表意文字と表音文字を併用した日本語に寄るトコロが大きいだろう。
外来語を素早く表音文字のカタカナで取り込み、
意味を把握したら表意文字の漢字で造語を創る。
初めて見るような単語でも漢字であれば、
単語の意味をイメージし易い。

技術書はちょっとハードルが高いが
http://www.nedo.go.jp/hyoukabu/articles/201213jatco/index.html
↑このくらいの技術系ニュースは誰でも簡単に読み理解する事が出来る。

また、漢字の特徴の一つとして高い造語能力がある。
表意文字の漢字同士を組み合わせる事によって
未知の知識、西洋からの概念群(科学・哲学・技術・思想・社会・軍事・経済等すべての分野)
に対応する造語を造り出す事ができた。
もし、これらの造語創出が無かったら、
世界の多くの国が抱えている問題に日本も直面したことだろう。
それは、世界の多くの国では母国語で大学以上の高等教育を行っていない。
なぜなら、母国語では、高等教育における科学技術や
専門学等で使われる多量な学術用語が不足している為、
大学レベル以上の科学や技術、専門学等に使われる教科書は
英語やフランス語、ドイツ語等の外国の教科書に頼らざるを得ない。
(韓国の理系教科の高等教育は英語です)

海外から入ってくる言葉を片っ端から母国語にして、
そして、全て母国語で思考する。
コレは、新概念を理解し、創造性の拡張にとって有利です。
ここまで見た
  • 41
  •  
  • 2015/01/31(土) 10:32:29
【日本語の優位性】

日本語による全脳活動

「右脳の優れている点」
図形などを読み取る能力。
音楽などを聞き取る能力。
全体を見る力。直観力。

「左脳の優れている点」
言語の読み取り能力。
言語の聞き取り能力。
分析力。思考力。

世界中の人々は、表音文字の読み取りの時、左脳の方がよく働きます。
日本人も表音文字の平仮名&片仮名の読み取りの時は、左脳の方がよく働きます。
しかし、表意文字の漢字の読み取りについては、
一字一字の漢字を読み取る時、右脳の方がよく働いているのです。
漢字は意味を持った図形だからでしょう。
そして、表音文字の平仮名&片仮名と表意文字の漢字の混ざった文章の読み取りになると
左脳と右脳が共に働く状態になります。
漢字&片仮名&平仮名の文章を読む行為は、
右脳と左脳を共働させるという効果があるのです。
右脳と左脳を共働状態に置く事によって、
脳の持つ能力が最大限に発揮出来るのです。
この全脳活動は、文章を読む時、
新概念のより早い理解や創造性の拡張に役立っているのです。
ここまで見た
  • 42
  •  
  • 2015/01/31(土) 10:34:42
【日本語の優位性】

1982年5月、イギリスの科学専門誌「ネイチャー」に
心理学者リチャード・リン博士の論文が発表され、
それは世界中に大きなセンセーションを巻き起しました。
その論文とはリン博士を中心とする
世界先進トップ5ヶ国「日・英・米・仏・西独」の学者達が協力して、
それまでにない大規模な知能テストを行い、
それぞれの国の子供達の知能検査を比較したのですが、その結果は、
「日本を除く欧米4か国の子供達の平均IQが100であったのに対し、
日本の子供達の平均IQだけが111もあった」という驚くべきものでした。
平均IQ差に11点もの開きがあるというのは大変な事です。
世界中(特に欧米)がこれを問題にしたのは当然でした。
中には「テストの実施に何か手落ちがあった為ではないか」という悪意ある批判もありましたが、
多くは事実であることを素直に認め、
日本の子供達の知能が何故これ程までに高いのか、
その原因の究明に真剣に取組みました。
その結果、欧米の学者達の大方の意見は
「漢字の学習がその原因になっているのではないか」というものでした。
日本人には欧米人には無い
漢字脳という特別な脳領域があるのです。
この漢字脳の有無が
日本人の平均IQと欧米人の平均IQの
厳然とした差となって現れているのです。
ここまで見た
  • 43
  •  
  • 2015/01/31(土) 10:36:35
【日本語の優位性】

第二次大戦後、GHQの占領政策の一つに、
漢字、平仮名、片仮名を廃止して、
日本語を全てローマ字表記にしようとする政策がありました。
この政策は途中で中止になりましたが、
もし、漢字、平仮名、片仮名を取り上げられていたら
今日の様な世界の先頭を走る高度な技術発展は
まず望め無かったただろうし、
資源の無い日本は世界有数の最貧国になっていたかもしれません。

新概念のより早い理解や創造性の拡張には、
母国語で思考する事が大切です。
もし、日本の大学の物理科学技術等の教科書が
英語や若しくはローマ字表記の日本語で書かれていたら、
この分野で日本からノーベル賞受賞者が出る事は、まず無かっただろう。

見て意味が解る表意文字。
読まないと意味が解らない表音文字。
表意文字は読解力に有利です。
(例えばこのレスが漢字無しの平仮名片仮名だけで書かれていたら十倍以上の読解差が出る事だろう)
外国の科学・工学・技術等の語彙を全て表意文字の漢字に魔変換する事で、
表音文字オンリーの国々に対しアドバンテージを持つ。
日本が世界最先端の技術大国の地位を保つ必要条件だ。
特に、日本が今現在出遅れているIT産業と金融産業。
この分野の表音文字を表意文字に魔変換させる造語創出が待望されます。
ここまで見た
  • 44
  •  
  • 2015/01/31(土) 10:37:52
【日本語の優位性】

グローバル化=英語化≠産業発展?

フィリピンなどは、長年、公用語に英語を使用しているが、
英語が絶滅的な日本と比べるまでもなく、
他の東南アジア諸国と比べても産業が発展してるとは言い難い。

例え日本人が学習によって英語を習得出来たとしても、
代々、歴史、伝統、風土、習俗、文化、宗教、日常的に英語を培って来た本家の英米には、
英語を使っての産業では永遠に適わないだろう。

外国語で思考する事で、
日本の科学技術産業の競争力低下は避けられません。日本のフィリピン化です。
グローバル化=英語化≠産業発展???
一石二鳥で、英米にとっては望ましい事だろうけど。

近頃の日本は、外国語を魔変換せず、
そのままのローマ字表記やカタカナ表記で止めてしまう事が多くなって来ています。
日本が外国語を表意文字の漢字に魔変換せず、
カタカナまでで止めてしまうのは、
他の表音文字オンリーの国々と同列となり、
技術立国の日本の弱体化に繋がるのではないかと危惧しています。
少なくとも科学技術産業分野での漢字表記の重要性を顧慮すべきです。
五万語ある漢字による組合せで魔変換出来ない世界の文字言語は無いだろう。
コレにより科学技術伝承の一方通行が出来る可能性があります。
(他国が漢字表記の専門造語を変換出来なくなる可能性)
この文字言語障壁で、日本の科学・技術の世界流出拡散が抑制されます。
ここまで見た
  • 45
  •  
  • 2015/01/31(土) 10:39:50
【日本語の優位性】

日本語は読み手にとって優しい言語である。
同じ内容分量の速読では日本語が圧倒的に勝る。
(文字の瞬間認識において、漢字は世界最高という研究結果も出ている)
しかも外来語は片仮名を使えばそれと直ぐ解る。
非常に優れた文字言語である事を当の日本人が理解していないのは残念。

造語力の高い漢字と外来語を即日本語にしてしまう片仮名。
世界の文学書を読みたければ日本語を覚えろと言われたりします。
なぜなら日本語ほど他国の文学書が翻訳されてる言語はないからです。

日本を技術超大国のままにするには、
小中学校で英語やダンスの授業よりも、
好きな本を読ませる「読書」の授業や
暗算で3桁までの四則演算が出来るよう「算盤」に力を入れるべきだな。
算盤式暗算は右脳開発にも効果があるからな。

(了)
ここまで見た
  • 46
  •  
  • 2015/03/02(月) 16:08:45
アボリジニは移民白人に土地も地下資源も奪い取られ子供を拐われました
タスマニア人は絶滅させられました
ここまで見た

★お気に入り追加

このページを共有する
facebook twitter hatena line google mixi email
おすすめワード