facebook twitter hatena line google mixi email
★お気に入り追加


■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

  • 1
  •  
  • 2015/01/12(月) 14:12:03.56
同じテーマは2度と書かないと豪語するベストセラー作家
その言葉通り様々なジャンルの小説を発表している
しかしその作品は、有名作家のコピペが多数見られるとの噂も
検証しましょう

永遠の0 パクリ疑惑暫定版
http://togetter.com/li/754869?page=1
剽窃の検証されてる方のツイートもあり必見
ほかの百田作品も考察アリ

以下引用
○浅田次郎の『壬生義士伝』が骨格
(wikiのあらすじは永遠の0と酷似)
○坂井三郎の『大空のサムライ』の使いまわし。
○柳田邦男『零戦燃ゆ』
宮部の技術面についてはモデルは岩本徹三氏
○秦郁彦監修協力『零戦撃墜王 』
○押尾一彦・野原茂, 『日本陸海軍航空英雄列伝』
が元ネタ
城山三郎『指揮官たちの特攻』なども参考
小説的な部分は半日でかける程度の安っぽいドラマ
○これまで出したノンフィクションには事実関係の誤りや創作と事実との境が曖昧だという指摘がある。
○出すごとに作風が変わるが、出版社ごとに変わり方が偏向している。

『永遠の0』その他関連性の疑いのある作品

団鬼六『往きて還らず』
http://danshi.gundari.info/clone-article-naoki-hyakutas.html
福井晴敏原作
映画『ローレライ』(2005年3月公開)
ここまで見た
  • 959
  •  
  • 2015/02/08(日) 09:12:31.64
今年のブコフの100円コーナーは百田だらけになる予感。
100円尚樹と店員にプゲラされる作家になれるでしょう。
ここまで見た
  • 960
  •  
  • 2015/02/08(日) 09:12:41.37
>>957
あのダイナミックな挿し絵にそぐわない中身の薄さ
いつになれば「小説」になるんだか
ここまで見た
  • 961
  •  
  • 2015/02/08(日) 09:35:12.47
挿し絵の人カワイソス
百田!訳のわからん理屈こねくり回すな、単純に幻庵が面白くないだけ。だいたい小説家「なんか」いつでも辞めてやるとか偉そうに言ってたお前なんか小説家のはしくれでもないわ。化けの皮がハゲた白李屋。
ここまで見た
  • 962
  •  
  • 2015/02/08(日) 09:35:29.05
10年もやった作家がいう言葉とは信じられない。
小学性かよw
ここまで見た
  • 963
  •  
  • 2015/02/08(日) 09:43:48.68
「夢を売る男」のパクリ元は相棒の欠番season3の7話「夢を喰う女」じゃないかな?
図書館の司書(高岡早紀)が毎日図書館に通ってくる定年した爺さんに
自伝を出さないかと持ち掛け、その手伝いをするといって親しくなり金を巻き上げるという話。
欠番でDVD化もされず再放送もないからバレないってかw
ここまで見た
  • 964
  •  
  • 2015/02/08(日) 10:00:36.87
小説家なんか
書くのは好きじゃない
至難の業

本屋大賞受賞の頃の言いたい放題は何処へ?
ここまで見た
  • 965
  •  
  • 2015/02/08(日) 10:16:39.57
2014年も2015年もノミネートされてないね。>本屋大賞
あんなに大量に積み上げてたのに「殉愛」「フォルトゥナの瞳」は
本屋の店員さんにとって売りたい本じゃなかったのかw
ここまで見た
  • 966
  •  
  • 2015/02/08(日) 10:33:21.93
書店員なんて小説の善し悪しが分からん人間のクズばかり。以上。
ここまで見た
  • 967
  •  
  • 2015/02/08(日) 10:41:02.93
>>961
サンデーの「青空しょって」は面白かったなぁ。
年バレるけどwww
ここまで見た
  • 968
  •  
  • 2015/02/08(日) 13:03:19.08
>>948
最初から漫画家の人が考えて漫画描けば良いと思うのー
ここまで見た
  • 969
  •  
  • 2015/02/08(日) 13:37:21.29
>>901
安倍や政府のせいにしてるのもたぶん本人なんだろうな。
何しろ切り捨てられた恨みがあるから。
ここまで見た
  • 970
  •  
  • 2015/02/08(日) 13:40:43.02
ほんと絵に描いたような悪役の転落っぷりだなー
百田主役の小説なら面白そう

テレビ欄見ると、ドラマ版ゼロ3話合計すると
ものすごい時間占領してるな…
1クール分くらいある
視聴率よかったらまた百田がはしゃいじゃう
ここまで見た
  • 971
  •  
  • 2015/02/08(日) 13:52:32.52
>>963
「夢を売る男」は自費出版で金を巻き上げる手法ですが、世に報道された
有名な事件としては日本文学館事件があります。「夢を−」は自費出版に
誘うきっかけ、ビジネスモデルがこの事件と類似しています。
http://www.kimasoku.com/archives/7325331.html
 この事件が報道されたのは「夢を−」の7ヵ月後で、その前から業界で
噂されていたものと思われます。
 また、百田がインタビューで言及しているのは新風社で、
http://www1.e-hon.ne.jp/content/sp_0031_i1_201305.html
ここは2008年に破綻しています。メインに取材できそうなの
は、この事件でしょうか。
共同出版・自費出版の被害をなくす会
http://nakusukai.exblog.jp/7966108/
ジョイントプレス方式は共同出版をカタカナで言い換えたよ
うな感じです。
 百田はデビューする頃、こうした出版社から永遠の0を出
すことを検討したのかもしれないですね。
上記リンク先のインタビューより引用します。
百田  僕が『永遠の0』でデビューした二〇〇六年は、新風
舎が出版点数二千七百点という桁外れの数で、点数では講談社を
抜いて日本一の出版社になったんです。これは事件でした。
その年は他の自費出版社も千点を超える出版を遂げていたので、
自費出版のピークだったろうと思います。自分で金を用意し
て本を出したいという人が世の中にこれだけ居たのかと驚き
ました。それから、出版というのは商売です。言い方は悪い
ですが「売れて何ぼ」だと思っています。
ここまで見た
  • 972
  •  
  • 2015/02/08(日) 13:47:35.73
>>970
第一夜から第二夜に二日も挟むから、途中離脱する人多いと思う
ここまで見た
  • 973
  •  
  • 2015/02/08(日) 13:54:43.30
>>972
その二日間、百田はネットに張り付き高評価のレスを入れ続ける。
ここまで見た
  • 974
  •  
  • 2015/02/08(日) 14:29:20.38
幻庵って大学生のレポートなら良がつくだろうってレベル。ハゲタ本人に間合いを描く余裕がないのがよくわかる。
先週の本因坊と井上の争碁でも出だしがいきなり、「翌月」。一週間前のことなんて詳細に覚えている読者はほとん
どいない。大名屋敷の描写も、立会人の記述もないから、無味乾燥なレポートでしかない。

あげくに幻庵が名人の棋譜をならべて腕を磨いた話も呉服屋の丁稚とか、昭和のアマとかが比較対象。それこそ
もうすこしいい喩えがあるだろ。東鏡などの史書に学んだ家康とか。
ここまで見た
  • 975
  •  
  • 2015/02/08(日) 14:30:42.35
>>970
第一夜の視聴率が悪かったら、相棒→ABC朝日叩きするね
ここまで見た
  • 976
  •  
  • 2015/02/08(日) 15:22:12.43
本屋で文春パラパラ捲ってあの独特のタッチで碁石を掴む右手の挿し絵だけで
森秀樹が描いてると分かるってやっぱり漫画家すげえと思ったわ

こんな駄文をダラダラ書くようなベストセラー作家様なんかとっとと放逐して
森秀樹の時代劇漫画を掲載したほうが読者増えると思うんだがなあ
ここまで見た
  • 977
  •  
  • 2015/02/08(日) 15:37:11.26
比較対象が昭和のアマ…ひどいな
鬼平読んでたら警視庁が出てきたなようなもんか、ありえねーw
ここまで見た
  • 978
  •  
  • 2015/02/08(日) 16:02:54.78
そういうのは物語の世界から引き戻される感があるからやめて欲しいんだよね。
原作通りに書けばいいのにおっちゃん。
ここまで見た
  • 979
  •  
  • 2015/02/08(日) 16:21:49.21
原作通りww
ここまで見た
  • 980
  •  
  • 2015/02/08(日) 16:56:08.63
>>978
うわぁ・・・。
ここまで見た
  • 981
  •  
  • 2015/02/08(日) 19:12:34.64
プロ棋士のツィート発見!「あれ、これ小説なの?と思うくらいで意外だった。」
素人から見ても、プロから見ても落第w
ここまで見た
  • 982
  •  
  • 2015/02/08(日) 19:54:14.12
>>951 内藤先生きれいな百田だよね
ここまで見た
  • 983
  •  
  • 2015/02/08(日) 21:38:34.22
勢いのある時だったら
江戸の棋士の生き様を現代に浮かび上がらせる百田尚樹の新たな挑戦
とか絶賛されてた気もする
ここまで見た
  • 984
  •  
  • 2015/02/08(日) 22:01:49.57
いや、実際面白くない。
既女見張っていて変な女にゾッコンで心ここにあらずな作文。
ここまで見た
  • 985
  •  
  • 2015/02/08(日) 22:16:18.29
「江戸時代の囲碁」解説・池上彰 と題名付けて売ったほうが売れそう
ここまで見た
  • 986
  •  
  • 2015/02/08(日) 22:20:05.65
>>985
YOUいっそ池上センセに全部書いてもらっちゃいなよ
ここまで見た
  • 987
  •  
  • 2015/02/08(日) 22:59:03.91
>>909
プレバトでも見たのかな?
ここまで見た
  • 988
  •  
  • 2015/02/08(日) 23:22:39.64
>宇治拾遺物語などを読むと、簡単な文章にもかかわらず、その映像喚起力はすごい


しかし、ここまで映像喚起力のない表現はあっただろうか。
"簡単な文章"ならば数点具体例を挙げればいいだけの話で
凄さを表現するのにただ"凄い"とだけ書くのは、グルメレポーターが美味さを表現するのにうまいうまいと言うのと一緒でプロとは言えないw
ここまで見た
  • 989
  •  
  • 2015/02/08(日) 23:29:53.76
>>988
宇治拾遺物語の中に「〜〜」という一文がある。それに触れた時私は
本の中に飛び込んで、その時代の気配や人々の息遣い、小袖の色合いに
まで触れたような心地がした。

とかなんとか?
ここまで見た
  • 990
  •  
  • 2015/02/08(日) 23:39:08.58
「何処かで風鈴が りん と鳴った」

だけで音色も作者もわかる人とはえらい違いだよね。
ここまで見た
  • 991
  •  
  • 2015/02/08(日) 23:40:59.42
あ、でもこれからは「実はこの時にはまだ二人の間には肉体関係はなかった」だけで
作者と気持ち悪さだけはわかるから、これを作者のキャッチフレーズに使うのオススメ。
ここまで見た
  • 992
  •  
  • 2015/02/08(日) 23:59:47.89
>>990
ここまで見た
  • 993
  •  
  • 2015/02/09(月) 00:10:47.61
>>989
時代的にまだ小袖は一般的じゃないんでは?

時代考証ろくにしないハゲの習性を
見抜いた上での指摘だったらごめんね。
ここまで見た
  • 994
  •  
  • 2015/02/09(月) 00:54:15.32
 海賊のパクリ一部
百田
「実は緊急にお知らせしたいことがありまして、やって参りました」
林は国岡商店のことを説明した。長野はじっと聞いていたが林が説明を終えると、
穏やかな口調で言った。
「門司支店は、君の発意でこれまで国岡商店に多大なる貸し付けがおこなわれていますね」
「はい」
「たしか、私の記憶では総額はニ十五万円だね」
「そうです」
林は長野頭取が一支店の融資額まで把握していることに驚いた。
「林くんはどうするべきだと思います?」
「私はーー」林は緊張しながら言った。「第一銀行の融資を肩代わりしたいと思っています」

長野の目がきらりと光った。その目はさきほどまでの柔和な目ではなかった。
林は気圧されながらもはっきりと言った。「国岡鐡造という人物は立派な男です。
国岡商店もまた立派な店です。できれば、われわれが支えてあげたいと思います」
「林くんがそこまで言うのなら、そのとおりにすればいい」
林は驚いた。まさかこれほど簡単に許可が下りるとは思っていなかった。
「頭取、よろしいのでしょうか」
「武士に二言はないよ」長野はそう言って笑った。「もう武士の時代ではないがな」
林は長野が安政の生まれだったことを思い出した。たしか武家の出だったと聞いている。
「しかし第一銀行の融資を肩代わりするとなると、総額で五十万もの額になります」
「林くんが言い出したことじゃないですか。銀行家は立派な商人を援助することが使命です。
話は終わりです」
「有り難うございます!」
林はまるで自分が融資を受けたように喜びを感じた。
ここまで見た
  • 995
  •  
  • 2015/02/09(月) 00:56:00.57
木本
長野は林の報告を聞いて、いった。
「出光への貸金が相当な額になったのは君が発意してのことだったね?」
「はい。その通りでございます」
「それで君はこの際どうすればいいと思っているのか?」
「私はーー」
といって林は体を硬くした。
「私はこの際、第一銀行の分も肩代わりしまして、出光を援助したいと思います。出光というのは、それだけのことをして上げる値打ちのある人物だと信じております」
そうか、と長野は頷いて、
「君に自信があるのなら、その通りにしなさい」
「有難うございます」
林は、まるで自分自身に二十五万という大金をくれたかのように、最敬礼した。
ここまで見た
  • 996
  •  
  • 2015/02/09(月) 01:19:21.15
>>989
百田が日本の古典文学作品を五十音順に当たったら最初に出てきたのが宇治拾遺

ということだと思うのであまり突っ込んでやるとカワイソス(´・ω・)
ここまで見た
  • 997
  •  
  • 2015/02/09(月) 01:38:56.16
>>994 百田 海賊と呼ばれた男
>>995 木本正次「小説出光佐三」
絶版本から乙です。
百田の方が余計な話題を入れて膨らませすぎ。二十五万じゃわからないから
50万をいれている。
あといちいち人を国岡鐡造とかフルネームで会話でいうわけがない。
元ネタに注解のような事項を入れ、余計な話題も入れて膨らませた感じ。
だからわかりやすいとも言うし、単に冗長なだけともいえる。
ここまで見た
  • 998
  •  
  • 2015/02/09(月) 07:50:26.52
>>996
有りそうで何も言えないw
ここまで見た
  • 999
  •  
  • 2015/02/09(月) 08:02:07.79
>>996
娘の国語便覧で調べたのかも知れない
ここまで見た
  • 1000
  •  
  • 2015/02/09(月) 09:46:40.96
なぜ今昔物語じゃないんだ?
ここまで見た
  • 1001
  •  
  • 2015/02/09(月) 10:35:33.30
>>1000
今昔は有名過ぎるから宇治拾遺ならインテリっぽいかなってスノッブ臭っ
ここまで見た
  • 1002
  •  
  • 2015/02/09(月) 10:40:16.46
>>1001
今昔は有名だから、下手な事を書いたらいつものように総突込みに遭うかもしれないが
宇治拾遺なら大丈夫という浅知恵だったりして
ここまで見た
  • 1003
  •  
  • 2015/02/09(月) 10:57:10.00
>>994
>>995
本当に大学生の盗作レポートレベルで、さくらはすごくドキドキした。

>林は驚いた。まさかこれほど簡単に許可が下りるとは思っていなかった。
>「頭取、よろしいのでしょうか」
>「武士に二言はないよ」長野はそう言って笑った。「もう武士の時代ではないがな」
>林は長野が安政の生まれだったことを思い出した。たしか武家の出だったと聞いている。
>「しかし第一銀行の融資を肩代わりするとなると、総額で五十万もの額になります」
>「林くんが言い出したことじゃないですか。銀行家は立派な商人を援助することが使命です。
>話は終わりです」

盗作もそうだが
このすさまじく不要な付け足しが不快
ここまで見た
  • 1004
  •  
  • 2015/02/09(月) 10:46:31.99
殉愛にしても、誉める側は全身の血が沸騰しただの十年分泣いただの抽象的な装飾語ばかり
批判派は「ディープキスだった。 さくらはものすごくドキドキした」って何これ〜?と具体例を挙げて説明してるのに
典型的な詐欺商法かよ
ここまで見た
  • 1005
  •  
  • 2015/02/09(月) 11:02:09.19
映像がどうの宇治拾遺物語だのと、あの高転びに転んだ

    時代劇の江戸の娘さんの笑顔が

とか仰っていた盗作家を髣髴とさせる書き振りですな。
ここまで見た
  • 1006
  •  
  • 2015/02/09(月) 11:33:08.43
城山三郎も巧拙という点ではあまり巧くない作家だし、登場人物の
無理やりなage芸がちょっと嫌い−−と、思っていたが、100さんのを
見ると、やはり偉かったのだ、と痛感した。
ここまで見た
  • 1007
  •  
  • 2015/02/09(月) 13:25:05.18
宇治拾遺物語が読まれた時代と現代を比べても
どうにもならないと思うんだけど
今だからこそケータイ小説並みの本が営業力でベストセラーになり
その恩恵で作者に絶大な発言力が与えられるのに
ここまで見た
  • 1008
  •  
  • 2015/02/09(月) 13:46:36.55
>>1005

ネットで吠えるところとか、政治(アレは民主党支持だったが)に絡むところとか
50代半ばで売れたところとかも瓜二つだよね。

で、恐らく、あのネズミー中〇と同じ転落の仕方を百田がするんだろうね。
ここまで見た

★お気に入り追加

このページを共有する
facebook twitter hatena line google mixi email
おすすめワード