facebook twitter hatena line google mixi email
★お気に入り追加


■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

  • 24
週刊誌【AERA】7月29日号(来週号)
⇒表紙:萩野公介
img.fujisan.co.jp/images/..1496_p.jpg
ここまで見た
  • 180
  • 第1のコース!名無しくん
  • 2014/04/11(金) 22:19:52.46
 人気ラーメン店『支那そばや』創業者で「ラーメンの鬼」の異名で知られる
佐野実(さの・みのる)さんが11日、多臓器不全のため川崎市内の病院で亡くなった。
63歳だった。関係者によると、今年2月中旬より体調を崩し療養していたという。

 通夜は17日午後6時より、葬儀・告別式は18日午前10時半より、佐野家と
サノフード社の合同葬として新横浜斎場(横浜市港北区新横浜1-7-5)で
執り行われる。喪主は妻・しおりさん。

 日本ラーメン界の重鎮として多数のメディア露出で知られ、厨房服と
オールバックの髪型がトレードマークだった。自身のブログも開設しており、
2月14日に弟子の新店オープンに際し「その勝負を掛けたラーメン、俺も
食いにいくよ!」と綴ったのが最後の更新となった。

http://www.oricon.co.jp/news/2036285/full/
contents.oricon.co.jp/upi..09212c.jpg


 11日亡くなった佐野実さんは、闘病生活中もラーメンにこだわり続けた。

 妻のしおりさんによると、実さんはこの数年間、糖尿病と闘っていた。
40度を超す発熱で2月に入院し、治療を続けていた。

 「ラーメンが食べたいなあ」。2カ月に及ぶ入院中も「ラーメン」のことを考え続けた。
「店を開きたい」と、考えたメニューを震える字で書き留め、しおりさんに清書を頼んだ。

 63歳の誕生日を迎えた今月4日。佐野さんの強い希望で、病室に「支那そばや」の
?油(しょうゆ)ラーメンを内緒で持ち込んだ。しおりさんは体調を気遣い、スープを
薄めていた。実さんは「まずいよ、うすいよ」と言いながら、麺を10本ほどすすった。
それが「鬼」と呼ばれた職人が口にした最後のラーメンになった。

 しおりさんは「ラーメンしか趣味のない人。最後までこだわっていた」と話した。
ここまで見た
  • 220
  • 第1のコース!名無しくん
  • 2014/06/19(木) 23:33:07.77
目の下のクマが、こんな感じだった。

blog-imgs-31.fc2.com/p/a/..ehira1.png
ここまで見た
ここまで見た
暇つぶしに覗いて見たけど あり得ない女が・・
見返りをもらって損はしなかったww
超本命が大穴

02▲i穴.net/d11/24retry.jpg
▲を2に 穴をtに置き換え
ここまで見た

★お気に入り追加

このページを共有する
facebook twitter hatena line google mixi email
おすすめワード