facebook twitter hatena line google mixi email
★お気に入り追加


  • 1
  • 2013/06/11(火) 02:32:47
窓の杜 2013/6/10 15:32
http://www.forest.impress.co.jp/docs/news/20130610_602922.html

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)セキュリティセンターおよび一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター
(JPCERT/CC)が運営する、脆弱性対策情報ポータルサイト“JVN”は7日、「Internet Explorer」に情報漏洩の脆弱性が
存在することを明らかにした。

 “JVN”の脆弱性レポート(JVN#63901692)によると、「Internet Explorer」にはXMLファイルの処理に問題があり、
悪意のある細工が施されたXMLファイルをローカルファイルとして開くと、別のローカルファイルの内容が漏洩してしまう
恐れがあるという。

 対象となるバージョンは
「Internet Explorer 6」「Internet Explorer 7」「Internet Explorer 8」「Internet Explorer 9」で、
最新版の「Internet Explorer 10」には影響しない。

 なお、本脆弱性の修正予定はないとのこと。
Windows 7/Server 2008 R2を利用しているユーザーは「Internet Explorer 10」へのアップデートを検討したい。
それ以外のユーザーは、ローカルディスクに信頼できないファイルを保存しないなどといった対策を自ら行うことで、
脆弱性の影響を軽減するしかない。
ここまで見た
  • 5
  •  
  • 2014/05/19(月) 19:24:14
まだIE使ってる奴とか居るの?
ここまで見た
  • 6
  •  
  • 2014/08/17(日) 11:47:19
俺はChrome使ってる
ここまで見た
  • 7
  •  
  • 2014/08/20(水) 23:43:44
今度はWindowsのアップデートで起動しなくなる事案発生w
ここまで見た
  • 8
  •  
  • 2015/12/16(水) 02:54:22
【注意喚起】 Internet Explorer のサポートポリシーが変更、バージョンアップが急務に:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構
2015年12月15日
https://www.ipa.go.jp/security/ciadr/vul/20151215-IEsupport.html
ここまで見た

★お気に入り追加

このページを共有する
facebook twitter hatena line google mixi email
おすすめワード