facebook twitter hatena line google mixi email
★お気に入り追加


■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

  • 1
  • 日向勇助◆
  • 2014/12/28(日) 23:11:49
ここは数多の世界から様々な人や物が流れ着き、混じり合って形成された世界。
多様な世界の種族や技術が混在し、今日もこの世界のどこかに異世界から何かが流れ着く。
近代的な世界から来た住人もいれば、剣と魔法のお伽噺のような世界で暮らしていた者も、想像を絶する高度なテクノロジーが発展した世界から流れ着いた存在もいる。

――そんな世界の中にあって、もっとも多く異世界のものが流れ着く、とある都市。
近代的な世界から来た者も、幻想的な世界から来た者も、近未来的な世界から来た者も、この世界に生を受けた者も、ここの住人として日々を過ごしている。
彼らは時に激しく衝突し、時に堅く結び付き、この世界の住人として生きていく。運命の因果は絡み合い、交錯する。
――この都市はあらゆるものを受け入れる。あなたもまた、その例外では有り得ない。

前スレ
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/charaneta2/1419502650/

◇ルール◇

・このスレッドは様々な異世界から色々な人やものが流れ着く世界を舞台にしています。ファンタジー世界の魔法使いから現代世界の超能力者、SF世界のロボットなど、キャラクターは様々な設定が可能です。

・ロールプレイはプレイヤー同士の書き込みによって成り立つ遊びであるため、他プレイヤーのキャラクターの状態を一方的に決定・断定するような記述は禁止です。

・短時間で書き込みを返せない状態、いわゆる置きレスの形式でロールする場合は、その旨を書き込みに付け加えてロールを行って下さい。

・プレイヤーによってやりたいことは異なります。自分だけ楽しむのではなく、互いに楽しく遊ぶために空気を読み、匙加減に気を付けるように心掛けましょう。

・キャラクターの戦闘能力は現実における戦車よりやや高い程度を上限とし、参入キャラクターの設定は設定・雑談・議論スレッドに投下された上で他の参加者から上限を越えていないかの審査を受けます。

・特殊な能力については、回避・防御・効果の軽減が極端に困難なもの、対象としたキャラクターのロールを強く制限するもの、対抗手段が限定的過ぎるもの、汎用性や利便性が高すぎるもの等は審査対象となります。

・審査が完了したキャラクターでも、ロール後に問題が提起された場合、そのキャラクターのプレイヤーは提起された問題にその都度対応する必要があります。

→新規参加を希望する方は、以下にあるキャラクター設定テンプレートを参考に設定を作成し、設定・雑談・議論スレッドに書き込むようお願いします。質問なども設定・雑談・議論スレッドへ。

次スレッドは>>950を踏んだ方が建てて下さい。建てられない場合はその旨を速やかに書き込み、別の方が建てるようにお願いします。

衝合世界wiki
http://wikiwiki.jp/syougo/?%BE%D7%B9%E7%C0%A4%B3%A6%A4%D8%A4%E8%A4%A6%A4%B3%A4%BD

◇キャラクター設定テンプレート◇

【名前】
【種族】(機械類の場合は種別など)
【年齢】(出身世界の紀年法による年齢ではなく、現実換算での年齢)
【性別】(無性の場合は無性と表記、肉体的に性別がなく人格にはある場合は人格の性別)
【容貌】(身長や体重も含む。外見と実年齢が大きく乖離する場合、外見年齢も表記)
【性格】(ロボットなど人格が無い存在の場合は思考回路の特徴など)
【技能】(何らかの素質・才能や超能力などの異能、格闘術や魔法、特殊な機械類の操縦術などの技術も含む)
【装備】(持っている武器や防具。人間以外の種族で爪や牙、毛皮や鱗などの武器・防具の代替物になり得るもの、内蔵されている兵器なども含む)
【来歴】(キャラクターの背景など)
【解説】(キャラクターの戦闘方法や人物像、他項目の補足など)
ここまで見た
  • 952
  • ベリト◆
  • 2014/12/30(火) 22:40:46
……フン…奴は負けたか……

【モニターを見る。】

……出来れば奴はこの手で仕留めたかったが……クククッ……

【目を閉じて試合が始まるまで瞑想】
ここまで見た
  • 953
  • サーシャ 千聖
  • 2014/12/30(火) 22:41:36
>>941

「あの…すみません。手を貸してもらえませんか?腰が痛くて立てません…」

腰が痛み、自力で立つのが辛いらしい。
サージに助けを求めて手を伸ばすが、その手は微かに震えている。
ここまで見た
  • 954
  • サーシャ 千聖
  • 2014/12/30(火) 22:42:03

ここまで見た
  • 955
  • ヴェロニカ・E・R・W・S・シュルツ
  • 2014/12/30(火) 22:42:23
>>943
う・・・うう・・・・・・
効いたわ・・・すごく
【左手にボタンを押した状態のボールを持っている】
ここまで見た
  • 956
  • 繭摘 虚◆
  • 2014/12/30(火) 22:42:28
なんか複雑な気持ちだ…毒付いただけじゃんか…
【ため息をつきながら観戦席に行ってみる】
ここまで見た
  • 957
  • エンハンブレ・エトワーレ◆
  • 2014/12/30(火) 22:44:20
>>950
ええ、じゃああとで蹴らせてもらうわね

>>951
おかえりなさい、ちょっと痛そうだったわね、大丈夫?
ここまで見た
  • 958
  • リューシャ・マスロヴァ◆
  • 2014/12/30(火) 22:44:21
>>934
そ、そうや!
ワイの実力が本物である証拠に、自慢の能力を見せてやるわ!
【急に元気になる】

そうやな・・・
そいじゃあ、ワイとっておきの食いモンでも出したるわ!
【そう言うと、全身からどす黒いオーラが発生する】
【そして、そのオーラが彼女の手に集まり、そして弾ける様にして消え去る】

【その手には、雀の形をした茶色とクリーム色のクッキーが握られている】

どうや!すごいやろ!
【ドヤ顔を決める】
【そして、一瞬だけ企むような笑みがこぼれる】

>>947
【そして、そのクッキーを二人に渡そうとする】
さぁさぁ!遠慮なく食べるんやで!
あ、ちょっと硬いから、かなり力をこめて、舌噛みちぎるぐらいの気持ちで食べーや!
【二人に勧める】
ここまで見た
  • 959
  • 銀星石
  • 2014/12/30(火) 22:45:28
>>951
いや?あればっかりはもう仕方ないね?
>>957
…え?
ここまで見た
  • 960
  • 龍 春永◆
  • 2014/12/30(火) 22:45:38
>>944
チッ!
【サーシャから距離を取って攻撃を
回避し、胡蝶刀を取りだし斧の代わりにする】
ここまで見た
  • 961
  • ゴルロイス◆
  • 2014/12/30(火) 22:45:48
>>955 俺はよ………昔人を殴んのがそんなに好きじゃなくてよ………思いっきりぶん殴ると相手の頬骨が粉々になる感触がするんだが……おれの指もいてぇンだよ。
拳にとって、「指」ってもんは邪魔でしかねぇんだ。簡単に折れるしよ。

【血が溢れている左手首をポンポンと右掌に打ち付けながら、笑みを浮かべる】

ありがとよ。夢を叶えてくれて。これで思いっきり殴れる

【ズン、ズンと一歩ずつ近づいて行く】
ここまで見た
  • 962
  •  
  • 2014/12/30(火) 22:46:50
>>957
……うん、まぁ。
とても痛かったぞ。

いやでもな? 我はまだ動けたのだ! それをコンピューターとやらが勝手に……!!
我はまだやれた!! 現実の死合なら我が勝っていたに違いないのだよ!!

……負けたのに嬉しそうだな
ここまで見た
  • 963
  • ヴェロニカ・E・R・W・S・シュルツ
  • 2014/12/30(火) 22:46:55
>>961
る・・さい
【爆発寸前のボールをコロコロとゴルロイスの方に転がす】
ここまで見た
  • 964
  • 時庭 照◆
  • 2014/12/30(火) 22:48:08
>>958
「しょっぱいものの後に甘いものが欲しくなる…か。
 鳩の形じゃないんだね…」
手渡された一枚のクッキーを頬張る。
ばりっ。自分が思った以上に噛む力があった事に驚く。

「…ほんのり甘い?」
砕いた後は舌で転がすように味わう。
実に満ち溢れていたような笑みを浮かべていた。
ここまで見た
  • 965
  • エンハンブレ・エトワーレ◆
  • 2014/12/30(火) 22:48:46
>>959
男に二言はないわよね?
女に変わるのはなしよ?

>>962
んー、まぁちょっとね
賭けをしてたのよ

まぁ流石にね、あれはねぇ・・・

とりあえずこれでもどう?
【コーラを差し出す】
ここまで見た
  • 966
  •  
  • 2014/12/30(火) 22:48:57
>>959
なぜ貴様が……っておい。
【頭をつかもうとする】

エンハンブレになにかしてないだろうな? あの銀星石の男ヴァージョンだ……どうせ変態に違いない…握り潰すぞ……いいな?

【……八つ当たり】
ここまで見た
  • 967
  • エルム◆
  • 2014/12/30(火) 22:49:48
>>947
そうか
ではお前は挫けたままで良い、ということか

【エルムは励ましを言葉を続けるでもない】
【そこにあったのは、「時庭の諦念」という事実をただ、事務的に確認しただけの響きだけ】

……だが俺は、お前のことは面白いと思うぞ
"観察対象"としては、だがな
恐らく"器"とはなり得んだろうが

>>958
……ほう

【オーラ自体に驚く様子はない。この類のことなら慣れているからだろう】
【ことの趨勢を見守り】

食物か―――俺には本来必要のないものだが……よかろう

【クッキーを受け取る。そして徐にそれを口腔へと運び入れ、顎力に任せ思い切り千切り―――】

――ぐっ、がはぁっ……!!

【噛み砕かんとすれば、そこにクッキーではなく舌があった】
【とどのつまり、舌を噛んでしまったというだけのことだが】

ぐ……貴様……俺に何を……!?
ここまで見た
  • 968
  • ゴルロイス◆
  • 2014/12/30(火) 22:49:53
>>963 ハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!!!!

【笑いながら、爆弾を思い切り蹴る】

返すぜ……………

【ヴェロニカへ向けて、蹴りとばした】
ここまで見た
  • 969
  •  
  • 2014/12/30(火) 22:50:05
>>965
飲みかけではないか。
それぐらい自分で買うわほうっておけ……!!
【銀星石男の頭を掴もうとしつつ】
ここまで見た
  • 970
  • 繭摘 虚◆
  • 2014/12/30(火) 22:50:49
サーシャって人なかなか強いね!
【サーシャを応援している。】
ここまで見た
  • 971
  • 銀星石
  • 2014/12/30(火) 22:52:05
>>965
…仕方ないかな?
>>966
してないというか?…されそう?
ここまで見た
  • 972
  • エンハンブレ・エトワーレ◆
  • 2014/12/30(火) 22:52:13
>>969
まぁまぁおさえて・・・
私は何もされてないし、
ここまで見た
  • 973
  • サーシャ
  • 2014/12/30(火) 22:52:20
>>960

「はっ、ビビってんですかぁ?」

サーシャはブレイドナックルを構えたまま龍と同じように距離を取るために、後ろへ跳んだ

「らあっ!『風斬!』

その最中、両手のブレイドナックルを振るい、風斬を二つ飛ばした。団扇サイズの斬撃が龍に迫る。
そしてサーシャは、僅かに体勢を崩している。風斬を躱せればその隙を確実につけるだろう。
ここまで見た
  • 974
  • ヴェロニカ・E・R・W・S・シュルツ
  • 2014/12/30(火) 22:54:10
>>968
・・・・・・ボガァン!!!

【爆弾は、ちょうど二人の真ん中で爆発した】

あぐっ・・・

【爆発でさらに遠くに吹き飛ばされる】
ここまで見た
  • 975
  • リューシャ・マスロヴァ◆
  • 2014/12/30(火) 22:54:14
>>967
んー?ワイ、なーんも知らへんでー
【シラを切る】
それよりも舌を噛むなんて、あんさん、ちょっとドジやなー
【まるで鬼の首を取ったかのような態度である】
まぁまぁ・・・そう焦らんでも食いモンは逃げへんて!
【したり顔である】

>>964
【その笑顔に内心、ドキリとする】

(い、いーや!ワイは悪魔や!同情なんてする必要あらへん!)
【そう、自分に言い聞かせる】
ここまで見た
  • 976
  •  
  • 2014/12/30(火) 22:54:17
>>972
そうかそれは良かった。
こいつは他人だから気にせんでくれ
【ニコニコと笑いつつ】

>>971
ん? 貴様は誰だ?
知らん顔だなぁあははだがちょうど手に力が入ってしまったようだごめんごめん

【メキメキ】
ここまで見た
  • 977
  • クー◆
  • 2014/12/30(火) 22:54:55
≪mirror self≫

「ここが服売ってるとこやな」
【自分の格好を気にせず、平気な顔で入店する】

「んー、どういう服を買おか…。服を買うなんて普通、貴族様か王族でわしの様な貧民には別次元の話やからなぁ…」
【昔の事を懐かしみ、うんうんと頷く】
ここまで見た
  • 978
  • エンハンブレ・エトワーレ◆
  • 2014/12/30(火) 22:55:47
/お風呂落ちです
ここまで見た
  • 979
  • ヴェロニカ・E・R・W・S・シュルツ
  • 2014/12/30(火) 22:55:55
/お風呂落ちです
ここまで見た
  • 980
  • ゴルロイス◆
  • 2014/12/30(火) 22:56:01
>>974 ………………

【爆風に立って耐え、再び歩き始める】

………………………………

【その背中の鬼の刺青は、血に塗れた赤鬼が笑っているように見えた】
ここまで見た
  • 981
  • 龍 春永◆
  • 2014/12/30(火) 22:56:03
>>973
ふんっ!
【3時の方向に攻撃を避け、胡蝶刀
をサーシャの腹めがけて投げつける】
ここまで見た
  • 982
  • ゴルロイス◆
  • 2014/12/30(火) 22:56:11
/了解す
ここまで見た
  • 983
  • 銀星石
  • 2014/12/30(火) 22:57:44
>>976
痛い?痛いよ?
【女性化】
…や、やめて…痛い…
ここまで見た
  • 984
  • エルム◆
  • 2014/12/30(火) 23:01:08
>>975
なんだ……これがお前の術というわけではないのか―――

……仕方なかろう
そもそも俺はものを食すのに慣れていないからな……!

……っててて―――

【まだ僅かに苦悶の表情を浮かべている】
ここまで見た
  • 985
  •  
  • 2014/12/30(火) 23:01:40
>>983
……(男は次ボコるしかないな)

【野葡萄色の瞳を見て、萎えてしまったように溜息】

やれやれだ。
負けてしまったよ。銀星石。
我は思ったより弱いようだ

あんな……

【手を離しつつ、屈辱的な負けに震える】

あんな負け方をするなんてな……
ここまで見た
  • 986
  • 時庭 照◆
  • 2014/12/30(火) 23:01:55
>>967
「どうにかしたいと思ったらこの姿になってた。
 私の望んだ結果が、今の《私》なんだと思うんだ」
満足に物を食べ、満足に身体を動かせる。病院の外の思い描いた《自分》。
それが今の時庭照という存在なのだろうか。

「私が面白い、か…
 もっと面白くなれるよう頑張ってみるよ
 ―――《私》の出来る範囲で、ね」
小さく笑みを浮かべ、男に振向いた。
隅から隅までここまで語り明かした事は無い…妙な満足感に浸ったようで。

>>975
「この笑顔は、ポップコーンとクッキーを渡してくれた御代さ」
ポップコーンを持ったまま席を立つ。
今は、生気の宿った目をしていて。

「―――じゃ、後は二人で愉しんでねっと」
ふらりと出入り口に向かって歩いていった。
ここまで見た
  • 987
  • 銀星石
  • 2014/12/30(火) 23:03:25
>>985
…大丈夫…あれは…仕方ない
ここまで見た
  • 988
  •  
  • 2014/12/30(火) 23:06:19
>>987
……

【癒される】
【抱き締めてやりたいとか思ったりしつつ、頭を撫でようとする】

貴様も変態性以外に長所はあったようで、よかったよかった。さて……あとを見守るか。我らに残された権利はそれのみよ。
ここまで見た
  • 989
  • エルム◆
  • 2014/12/30(火) 23:07:12
>>986
な、ならばお前の欲望は、す、既に満たされているようなものか
否――こ、今後の動向次第では……面白く……

【舌を噛んだ痛さでひいひい言いながら言葉を発している】

フン……この状況を、愉しめと云うか
よかろう……如何なる状況をも切り抜けてこその強さ、か……

【と、無理やりにも自分を納得させて】

//乙っす
ここまで見た
  • 990
  • クー◆
  • 2014/12/30(火) 23:07:47
【取り敢えず、寒いので近くにあったセーターを手に取り、レジへ通す】

【どのサイズなのか計らなかったが、まあ大丈夫だろう。まさかその軽はずみな考えが……、と謎の伏線を張ってみたが結果はただ単に少々きつい程度と体のラインがはっきり見えてしまう程度のことだった】

【この買い物の最大の失敗点を言えば、地味に服が高かくて他の服が買えないのと下の方を買っていないという事だけだ】

【まあクーはそれを気にせず『これで冬は越えれるやろ』などと言っている(※なお表情が読めないので喜んでいるのかわかりません)】

【クーはその姿で観客席に戻った】
ここまで見た
  • 991
  • リューシャ・マスロヴァ◆
  • 2014/12/30(火) 23:07:51
>>984
食べ物を出すくらい、なんてことあらへんで!
【自信に満ちた表情】

ほらほら・・・言わんこっちゃない!
【水を得た魚のように、得意満面である】

>>986
【そして、少女が舌を噛まなかったことに少し安堵する】

(ってちゃうちゃう!なんでワイが安堵せなあかんねや!)
【自問自答する】


おう!またどこかで会おうな!
【そして、少女が出入り口へと向かったので、すこしぎこちない笑顔で手を振る】

//おつどすえ(´・ω・`)
ここまで見た
  • 992
  • 銀星石
  • 2014/12/30(火) 23:08:14
>>988
…凄い…酷いことを言われた気がする…
ここまで見た
  • 993
  • サーシャ
  • 2014/12/30(火) 23:10:24
>>981

「はぁっ!!」

胡蝶刀を瞬間的に風を発生させ、起動を逸らすが 完全には逸らせない。一瞬ではそんな強い風は作り出せない。
それはサーシャの脇腹を掠めた。

「ぐっ、いったいなぁ!」

サーシャがパチンと指を鳴らすと、周囲に風の独楽が7つ浮かび上がる。 それは龍の四肢を狙って回転しながら迫る。 一つ一つの威力は風針の少し上程度。

『竜巻独楽!』

サーシャは息を整えている、だいぶ疲労が蓄積して来た。
ここまで見た
  • 994
  •  
  • 2014/12/30(火) 23:11:00
>>992
そんなことはない。むしろ褒めたのよ……

【頬の傷を歪め、笑う】
【なにか、ここ最近の負けと銀星石やエンハンブレとの出会いで吹っ切れた模様】

全く……父とでも思えば、貴様もなかなか可愛らしいものだ

【傷だらけの顔を歪め笑ったまま、銀星石を持ち上げ膝の上に乗せようとする】

ほーら我が娘よ。たかいたかーい……なんてな。
ここまで見た
  • 995
  • エルム◆
  • 2014/12/30(火) 23:11:47
>>991
―――くっ…くく……成程、油断していたら嵌められた、というわけか
食に縁がないという言葉から俺の噛むことへの不慣れを読み取り、何かものを食わせようと誘導するとは

お前こそ、悪魔の鑑やもしれんな……くくく……

【仰々しく言っているが、この男の不注意が全てだと言い切れないこともない】
ここまで見た
  • 996
  • 銀星石
  • 2014/12/30(火) 23:12:38
>>994
…ちょっと…そのプレイは…引く
ここまで見た
  • 997
  •  
  • 2014/12/30(火) 23:15:32
>>996
貴様はやはり変態だ。

【瞬時に表情を歪めつつ】
【膝の上に乗った銀星石の頭をポンポン叩く】

ちったあソノ事以外のことも考えたらどうだ?
あともう少し笑ってみろ。そうすりゃ我もちったあ揺らぐかもしれんぞ。

【無論そんな気は毛頭ないが】
ここまで見た
  • 998
  • 繭摘 虚◆
  • 2014/12/30(火) 23:18:36
【マクガトウスって結構いいとこあるんだな()と思う虚であった。】
ここまで見た
  • 999
  • ヴィセリア・ディアナーク◆
  • 2014/12/30(火) 23:18:52
【夜半、“都市”外周――森林区】
【鬱蒼と繁り昼なお暗い森の奥は、不思議と月の光は明るく通す。いかなる理由か広場になって拓けた湖畔の付近に、一人の女の姿があった】

――――。

【若い女だ。年齢でいえば二十歳前後】
【黒いゴシックドレスに同色のケープを羽織り、黒曜石を糸にしたような煌めく髪を風になぶらせ、白い顔を湖畔に向けて真紅の瞳で水面を見下ろす】

このような場所があったとは。やはり逍遙はしてみるものですね……。
ここまで見た
  • 1000
  • リューシャ・マスロヴァ◆
  • 2014/12/30(火) 23:19:32
>>995
ほ、褒めてもなにも出せへんでー!!
【悪魔の鑑・・・嗚呼なんと甘美な響きだろう・・・と、ウットリとした表情を浮かべる】

・・・ま、まぁこんなのは軽い挨拶代わりや!
本当はもっとすごーい技も出せるんやで〜?
【見たいか?と言わんばかりのポーズ】
ここまで見た
  • 1001
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

ここまで見た

★お気に入り追加

このページを共有する
facebook twitter hatena line google mixi email
おすすめワード