facebook twitter hatena line google mixi email
★お気に入り追加


■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

  • 1
  • 近衛龍仁◆
  • 2014/12/25(木) 19:17:30
ここは数多の世界から様々な人や物が流れ着き、混じり合って形成された世界。
多様な世界の種族や技術が混在し、今日もこの世界のどこかに異世界から何かが流れ着く。
近代的な世界から来た住人もいれば、剣と魔法のお伽噺のような世界で暮らしていた者も、想像を絶する高度なテクノロジーが発展した世界から流れ着いた存在もいる。

――そんな世界の中にあって、もっとも多く異世界のものが流れ着く、とある都市。
近代的な世界から来た者も、幻想的な世界から来た者も、近未来的な世界から来た者も、この世界に生を受けた者も、ここの住人として日々を過ごしている。
彼らは時に激しく衝突し、時に堅く結び付き、この世界の住人として生きていく。運命の因果は絡み合い、交錯する。
――この都市はあらゆるものを受け入れる。あなたもまた、その例外では有り得ない。


◇ルール◇

・このスレッドは様々な異世界から色々な人やものが流れ着く世界を舞台にしています。ファンタジー世界の魔法使いから現代世界の超能力者、SF世界のロボットなど、キャラクターは様々な設定が可能です。

・ロールプレイはプレイヤー同士の書き込みによって成り立つ遊びであるため、他プレイヤーのキャラクターの状態を一方的に決定・断定するような記述は禁止です。

・短時間で書き込みを返せない状態、いわゆる置きレスの形式でロールする場合は、その旨を書き込みに付け加えてロールを行って下さい。

・プレイヤーによってやりたいことは異なります。自分だけ楽しむのではなく、互いに楽しく遊ぶために空気を読み、匙加減に気を付けるように心掛けましょう。

・キャラクターの戦闘能力は現実における戦車よりやや高い程度を上限とし、参入キャラクターの設定は設定・雑談・議論スレッドに投下された上で他の参加者から上限を越えていないかの審査を受けます。

・特殊な能力については、回避・防御・効果の軽減が極端に困難なもの、対象としたキャラクターのロールを強く制限するもの、対抗手段が限定的過ぎるもの、汎用性や利便性が高すぎるもの等は審査対象となります。

・審査が完了したキャラクターでも、ロール後に問題が提起された場合、そのキャラクターのプレイヤーは提起された問題にその都度対応する必要があります。

→新規参加を希望する方は、以下にあるキャラクター設定テンプレートを参考に設定を作成し、設定・雑談・議論スレッドに書き込むようお願いします。質問なども設定・雑談・議論スレッドへ。

次スレッドは>>950を踏んだ方が建てて下さい。建てられない場合はその旨を速やかに書き込み、別の方が建てるようにお願いします。

衝合世界wiki
http://wikiwiki.jp/syougo/?%BE%D7%B9%E7%C0%A4%B3%A6%A4%D8%A4%E8%A4%A6%A4%B3%A4%BD

◇キャラクター設定テンプレート◇

【名前】
【種族】(機械類の場合は種別など)
【年齢】(出身世界の紀年法による年齢ではなく、現実換算での年齢)
【性別】(無性の場合は無性と表記、肉体的に性別がなく人格にはある場合は人格の性別)
【容貌】(身長や体重も含む。外見と実年齢が大きく乖離する場合、外見年齢も表記)
【性格】(ロボットなど人格が無い存在の場合は思考回路の特徴など)
【技能】(何らかの素質・才能や超能力などの異能、格闘術や魔法、特殊な機械類の操縦術などの技術も含む)
【装備】(持っている武器や防具。人間以外の種族で爪や牙、毛皮や鱗などの武器・防具の代替物になり得るもの、内蔵されている兵器なども含む)
【来歴】(キャラクターの背景など)
【解説】(キャラクターの戦闘方法や人物像、他項目の補足など)
ここまで見た
  • 952
  • マクガトウス・クレイモア◆
  • 2014/12/28(日) 23:14:17
>>949
【銀星石の星座を見て】

……重いぞ。覚悟はしておけ。

【枕にしようとする。やはり疲れには勝てなかった模様】
ここまで見た
>>952
どうせ暇なんだろ。だったら苦情の一本や二本どうってことねぇ、むしろ暇つぶしができるじゃん
【事情を全く知らない少年は助けてもらったにも関わらず勝手なことを言っていた。苦労するのはお前であって自分では無いと言い張っている】

それに俺意外にもホームレスはいるぞ?
ここまで見た
  • 954
  • 近衛龍仁◆
  • 2014/12/28(日) 23:22:14
【夜半の路地裏】
【黒の長着に緋袴、マントじみた外套を羽織り、右目に黒の眼帯をつけた男が猥雑な街路を歩く】
【腰には長大な刀を帯び――悠然と歩くその様はいかにもな風格があった】
【露出した左目は炯々と前を睨み付けるようであり、無言のまま男は歩き続ける】
ここまで見た
  • 955
  • タイラー・宗◆
  • 2014/12/28(日) 23:24:49
>>953
お前……休日出勤こっちはさせられて苛立ちがあるんだ……暇が多い訳でもないぞ。
【でなければ今ごろさっさと協定会の施設に行っている、と付け足す】
それとも、人に迷惑をかけるのが趣味で恥としないだけかね?
確かにホームレスはいるが、アイツだってで動かないならそう言った問題は改善されんよ。
ここまで見た
  • 956
  • 時庭 照◆
  • 2014/12/28(日) 23:27:23
都市にある公園の中心部。静まり返った噴水広場。
そこにふらりと赤いパーカーを羽織った少女が現れる。
夜の帳は既に下りており、人の気配は殆ど無い状況だ。

「これこそ、文明の利器というものだ。
 これさえあれば都で迷う事は無くなっただろう」
ガラケーの類の情報端末を懐にしまい、ベンチに座り込む。

「さて、次は何処を冒険するかな…
 体力分配など知った事か、土地勘を磨くには探索が必要だ」
夜空を見上げ、ぼんやりとした表情でため息をつく。
世界の深遠を覗いてしまった探索者のように、放心していた。
ここまで見た
  • 957
  • 銀星石
  • 2014/12/28(日) 23:28:36
>>952
…うん、大丈夫。
【受け止める】
ここまで見た
  • 958
  • レイス?レヴィウス◆
  • 2014/12/28(日) 23:29:33
>>954
【時同じく路地裏】
【真紅の胸当てにグリーヴを付け、長い銀髪を揺らめかし、顔の上半分を仮面で隠した男が道を歩む】
【腰に鞘に納まりし剣を下げ、闇夜を歩く姿は如何にもな、妖しい雰囲気があった】
……
【仮面の穴から覗く赤い眼は、前に見えた者を捉えた】
…………夜道の、散歩か?
ここまで見た
  • 959
  • マクガトウス・クレイモア◆
  • 2014/12/28(日) 23:32:17
>>957
やれやれだ……貴様も一端のメイドに見えてくる……

【銀星石の太腿に頭を預けたまま、深く息を吐き出す】

……思えば、王宮を建てたあと何をするか全く持って決めておらんな。
とりあえず、知り合いを呼んでパーティーでもしたいところだが……
ここまで見た
>>956
む………
【しばらく考え込む】

……もし俺が今ここで逃げ出したら、追いかけてきそうだな

…………
……給料っていくらくらいだよ。仕事の内容は?
ここまで見た
  • 961
  • 近衛龍仁◆
  • 2014/12/28(日) 23:38:29
>>958
……扠。貴様の様な者を探しているとでも答えられそうだが。

【男は歩みを止めて鋭い目付きを愉快げに細めた。眼前の仮面の男を面白がる様な其の瞳】
【大きな手が頑丈な顎元に持って行かれ、明ら様に値踏みをしながらふむと口中で呟いた】

貴様、剣士か。……遣うのか?

【強いのか、と問うている】

ヒトガタも腐った塵屑も些か斬り飽いたのだ。貴様、強いのか?
強いのなら抜け。弱いのなら見逃してやる。

【仮面の男の妖しげな雰囲気から、斬っても構わないだろうと決め付ける。そして其の上での余りにも傲岸な問い】
【男は変わらず、値踏みする様な薄笑みで仮面の男の所作を見る】
ここまで見た
  • 962
  • 銀星石
  • 2014/12/28(日) 23:41:34
>>959
…パーティ…準備は任せて
【頷く】
ここまで見た
  • 963
  • タイラー・宗◆
  • 2014/12/28(日) 23:45:48
>>960
そうだな……月20万lxで業務は私が勤務の時の朝と夜の食事を作る、洗濯を頼もうか。
掃除は偶にで良いから気が向いたらしてくれ。
食材等に掛かる費用は此方が出す。
後は疲れが酷い時にマッサージを頼んでいいか?
余った時間は自由時間で外で遊んで貰っても構わない。
【条件は割りと良いのか悪いのか、1lxが大体1円ぐらいというのはある】

ああ、あと家の敷地の他の者……姉とかもそう言ったホームレスを見つけては雇ったりすることもあるから気にし無くていい。
ここまで見た
  • 964
  • マクガトウス・クレイモア◆
  • 2014/12/28(日) 23:46:27
>>962
ふん……未だ人手も少ない……
我も手伝う事になりそうだな……

【そう言えば、とマクガトウスは片眉を跳ね上げる】

貴様、我の事を一度も名前で呼んでないではないか。
勿体無い。せっかく権利をくれてやったンだ呼んでみろ。
「マクガトウス」でも「マクガ」でも構わん
なんなら「我が王」でもいいし「世界の王」でも構わんぞ

【くく、と小さく笑う】
ここまで見た
  • 965
  •  
  • 2014/12/28(日) 23:47:02
………おー!すげー!
【と、フォルト】

…本物みたい…面白いね
【と、ピアン】
【フィールドは市街地、アリーナのランダムバトルで対戦者を待っている】
ここまで見た
  • 966
  • 銀星石
  • 2014/12/28(日) 23:47:52
>>964
…呼ぶ…うーん…マクガさん?…ご主人様?…
【読んでみる】
ここまで見た
  • 967
  • レイス?レヴィウス◆
  • 2014/12/28(日) 23:49:14
>>961
なるほど……、武者修行……と言うのか?
【歩みが止まったのを見ると一歩遅れて立ち止まる】
【眼前のあまり見ない格好をした男を見て、何気なくそう口に出す】
……そうだな、最近は……いや、今までも、勝った数は、片手で、足りるくらいだが
【初対面にとっては意味がわからぬ返答】
【疑問になるとすれば、なら何故――まだ命がある?――ということだろう】
人斬り……いや、掃除屋か?まあ、他人の、事に、口を出すのも、余計か……
【ヒトガタ、塵屑。その言葉から何をしていたかを思案した】
……生憎、自分では、それなりだと、思っている
【腰に下げた剣に手を掛ける】
【刀なら鍔に当たる部分に透明な玉がはめ込まれていること以外は、ただの剣にしか見えないだろう】
【相手の出方次第では、引き抜く所存だ】
ここまで見た
  • 968
  • エンハンブレ・エトワーレ◆
  • 2014/12/28(日) 23:49:43
>>965
・・・・
ここに来てから、戦うのは初めてかも知れないわ・・・
【手をにぎにぎと握っている】
【首を変な角度に俯かせながら、静かに二人に近づく】
ここまで見た
  • 969
  • マクガトウス・クレイモア◆
  • 2014/12/28(日) 23:53:17
>>966
そのご主人様と言うのは気に入った。それでよかろう。
……ダメだな。もう眠くてかなわん。
寝てしまったらどこかへ出かけても良いぞ。金は勝手に持っていけ
【腰についている革袋を指さす】

…帰ってくるならな?
……今のは忘れろ。気の迷いのような物だ。
ではな。

【銀星石の頬をぺしりと叩こうとし、眠る】
/お疲れ様したー
ここまで見た
  • 970
  • 銀星石
  • 2014/12/28(日) 23:55:23
>>969
…ふふっ
【ご主人様が眠ってしばらく立ち、本当に少しだけ微笑む】
…戻ってくる…ご主人様?
【何も持たずに歩き去る】
ここまで見た
  • 971
  •  
  • 2014/12/28(日) 23:56:13
>>968
…お!きたきた!
まずは俺が行くぜ!
【自身の身の丈程もある大剣を構え、相手を見据える】

なら私は後ろでフォローね
【ピアンはフォルトの後ろにまわり、盾を妙な構え方で持つ】
ここまで見た
  • 972
  • 龍 春永◆
  • 2014/12/28(日) 23:57:57
フンッ! フンッ!
【夜の公園に木からぶら下げられた
砂の入った大きな袋に拳を打ち付けている人間が一人。竹葉手と呼ばれる
修行方法だ。】
ここまで見た
  • 973
  • 天青石
  • 2014/12/28(日) 23:59:20
>>972

【背後から静かに近づく女性が一人】
ここまで見た
  • 974
  • エンハンブレ・エトワーレ◆
  • 2014/12/28(日) 23:59:56
>>971
自分を支配する・・・・ね、
そのためにはまず私が今どの位置にいるのかを知らなければならない
あなたたちは私の手助けをするために今そこにいるのよ

【半歩前に踏み出して構える】
ここまで見た
  • 975
  • 近衛龍仁◆
  • 2014/12/29(月) 00:00:32
>>967
ククク……まあ、其の様な物さな。

【武者修行の言葉に男は喉から笑い声を溢す。歯を見せて笑う其の姿は肉食獣染みていた】
【仮面の男の意味深げな呟きに其の笑みを深め、柄に手を掛けたレイスの動きに、男は気負いも無い悠然とした所作で腰の刀を抜き放つ】

【――――ぎいん、と――】


【――瞬間、場の空気が張り詰めた】
【鬼気迫るというのはこのことだろう。五感によっては捉えられず、然れど生物なら誰もが持つ本能に依ってのみ察知し得る殺気と血臭が辺りを立ち込める】
【刀身は長い。刃渡りだけで1メートルを優に越えるている。帯び方こそ打刀だが、それは明らかに野太刀であった】
【刀剣を知るものならば一目見て分かる程に分厚く造られた刀身に浮かぶ刃紋は、飾り気のない直刃である】
【しかし頑強な造りに映える其は如何にも剛壮であり、紛う事なき剛剣であると何よりも雄弁に語っていた】
【男は悠然と構える。ありふれた正眼の構えだ】
【だが――其の姿は剣を遣うものにとって異様に写る】
【構えられた野太刀に男の姿が完全に隠されるような印象。何処に撃ち込んでも体には当りそうもない印象。
【……隙の無さがそう見せるだけの錯覚。錯覚だ。錯覚に過ぎない】
【――だが、事実として隙が無い】
……逃げるなら今だぞ?

【クク、と笑う。喉から溢れた其の音は】
【殺戮と死への期待に満ちていた】
ここまで見た
>>964
洗濯まで頼むのかよ……それくらい自分で出来るだろ、他人にやらせるなよ
人雇うくらいの余裕があるんならマッサージ椅子の一つや二つ買えるじゃねぇか
【そこに、今日拾ったばかりのガキによくそんなこと頼めるよな、と付け加える】

まぁ…このまま帰るのもアレだし…
一週間くらいなら、お試しで居てもいい
ここまで見た
  • 977
  •  
  • 2014/12/29(月) 00:05:50
>>974
……よくわからないけど行くぞ!
【フォルトはきっと見据え】

………よし
「疾風ノ助ケ」
【ピアノのような音、それに乗せ歌うピアン】
【流れる風のような異界の歌が響く】

…よし、行くぜ!
【その歌により、速度が増す】
【それにより、軽い大剣はさらに簡単に振るえるのだ】
【踏み込み、横薙ぎにその大剣を振るう】
ここまで見た
  • 978
  • 龍 春永◆
  • 2014/12/29(月) 00:06:45
>>973
【何かの気配を感じて振り向く】

………なんだね?入門希望かね?
【問う。どうやら、彼女が入門希望
の人間だと思っているらしい】
ここまで見た
  • 979
  • 天青石
  • 2014/12/29(月) 00:08:56
>>978
【振り向くと見えるのは…注射器を向けた女性】
【注射器の中には赤い液体】
…痛い思いをしたくなければ……ご飯…奢って…
ここまで見た
  • 980
  • エンハンブレ・エトワーレ◆
  • 2014/12/29(月) 00:09:54
>>977
あら、怖いわねぇ
【思いっきり後ろにジャンプしてよける】

【そして足が地面に再び着く前に】

【空を翔ける】

クスクスクス・・・怖いものね・・・クスクスクス
ここまで見た
  • 981
  • 龍 春永◆
  • 2014/12/29(月) 00:11:33
>>979
……雑草とキノコならあるぞ
【そう答える。この言葉には、俺には金がないから他を渡れという意味が
込められている。面倒事は御免だ】
ここまで見た
  • 982
  • タイラー・宗◆
  • 2014/12/29(月) 00:12:18
>>976
ああ、下着はなら自分でやるさ。
【忘れていた、と付け加える】
マッサージチェアも良い物だが、単に圧してるだけの物とかもあってな……
【背中は結構いいけど腕の部分とかってクッションで圧迫するだけだからねアレ】
それに、お前は私にそう言った魅力を感じる訳でもなかろう?ならば安心だ。
【男だと思われていたぐらいだ、そう意識もされてはいまい。と考えのご様子】

試用期間、というかはお前が……ああ、お互い名乗ってなかったな。タイラーだ
【自己紹介】
ここまで見た
  • 983
  • 天青石
  • 2014/12/29(月) 00:13:14
>>981
…それでいい…
【いいらしい】
ここまで見た
  • 984
  • レイス?レヴィウス◆
  • 2014/12/29(月) 00:15:09
>>975
……お前みたいな、奴は、強い、それが、普通だな
【まるで、問いの答えを予見していたかの様に――実際は読めてはない、偶然だ】
【――――張り詰めた空気を本能が自然に感じた】
【そして肌に感じた殺気と鼻孔を通る血の臭い】
【その引き抜く動作に一瞬遅れながらも、剣を引き抜く】
【剛剣、業物――それらが似合い、語る野太刀】
【それとは対照的にまるで量産品。そう言いたくなるような長剣】
【野太刀を構える男に応えるように剣を持った右手を前方に置く構え】
……(一瞬、あいつが消えたように感じたな)
【隙の無さが見せた幻影を振り払う】
【しかし、隙は見えない】
……こちらの、台詞だな
【勝てる保証など無い】
【なのに何故、仮面の剣士は笑って言えるのか】
【理由は単純――――自身の強さを、疑わないからだ】
【そして左足を前に一歩、踏み出す】
【一歩だけ踏み込んだ剣士に近衛はどんな対処をするか】
ここまで見た
  • 985
  •  
  • 2014/12/29(月) 00:15:30
>>980
くそ、もう一撃!
【さらに一歩踏み込み…跳ぶ。】
【無謀とも言える、しかし彼にはピアンがいる】

…うるああ!
【全力の切り上げ、振るわれた大剣は空を斬りエトワーレへ迫る】
ここまで見た
  • 986
  • 龍 春永◆
  • 2014/12/29(月) 00:21:38
>>983
ほう。
【少し驚く。相手にも何か事情が
あるのだろう】

わかった。腹を下してもしらんぞ。
【そういい、カゴから得体の知れない
キノコを取りだしベンチに置く。
そして、それを胡蝶刀で切り始める】
ここまで見た
  • 987
  • エンハンブレ・エトワーレ◆
  • 2014/12/29(月) 00:23:49
>>985
ふふ・・・・全然予想だにしないことも起きるのね・・・・
楽しいわ!ええとっても!
【目を怪しく見開いて、むしろフォルトの方に飛びかかる】
【左腕に深い傷を負う】
【それと同時に、かなりきつくフォルトに抱きつこうとする】
ここまで見た
  • 988
  • 天青石
  • 2014/12/29(月) 00:29:25
>>986

【無言で頷き、見る】
ここまで見た
  • 989
  •  
  • 2014/12/29(月) 00:29:30
>>987
うわあっ!?
【抱きつかれる、こうされては振るうことができない】
離れろ、離れろって!
【バタバタと抵抗する】

………ちょっと
…私のフォルトから離れなさいよ
【歌を歌うのも止め、エトワーレをじっと睨むピアン】

【その手に持った盾は、次第に姿を変えていく】
ここまで見た
  • 990
  • エンハンブレ・エトワーレ◆
  • 2014/12/29(月) 00:31:25
>>989
・・・・・・・・・美味しいのかな?あなたは

【首に噛み付いて吸血しようとする】
ここまで見た
  • 991
  • 近衛龍仁◆
  • 2014/12/29(月) 00:32:59
>>984

【――――男は既に踏み込んでいた】


【そう、見えた】
【男に時間を操る能力は無い。男は超常的な能力の一切を持たない。然れど確かにそう見えた】
【其は全身一斉動の術理に依るもの。人は歩く時に太股と股関節の筋肉を使って大腿部を持ち上げ膝を曲げ、足を前に踏み出すと云う一連の動き連続させる事で歩みを行う】
【然し男は、其を完全同時に行っていた。 太股と股関節の筋肉も膝も何もかもが一斉に動く事によって動作に掛かる時間の長さは刹那と化す。故に、】
【余りに自然に違和感も何もなく動きの起こりも動作の気配も予備動作も何もなく男は余りに唐突にその場から消えて現れると云うよりは最初から其の場に居たかの様に踏み込みを完了していて――】

【――――ずだん、】
【と云う、】
【音。】

【其の音は路地裏に響いたと云うよりは路地裏に炸裂した。風斬り音。刃を振るうことに依って発生する風斬り音。唯の風斬り音】
【だが其の音は余りにも大きい。風斬り音と云うよりも大気に刃を叩きつけ、ブチ破り、引き裂き、風に断末魔の凄惨な絶叫を挙げさせたと云うのが適切だった】
【放たれたのは上段からの斬り落とし】
【其は異様な、余りにも異常な、迅速さと威力を持って、】
【仮面の男の頭蓋を撃ち破り顔面を割断し喉を切り裂き肋骨を切り分けて臓腑を掻き分け両断しようと】
【――――――――肉薄する】
ここまで見た
  • 992
  • 龍 春永◆
  • 2014/12/29(月) 00:35:31
>>988
黙って見てないで火の一つでも付けておくれ。
【そう言いライターと新聞を
放り投げる】

木の葉やら気の枝やらを集めて
火を起こしてくれ
【そう言い、キノコを切る作業に
戻る】
ここまで見た
  • 993
  •  
  • 2014/12/29(月) 00:36:32
>>990
っく…
【首筋を噛まれ、吸血される】

…離れろよ!
【肩を押すことで引き離そうとする】

………絶対に…伐る
【手に持っていた盾は…鎖鋸へと姿を変えた】
ここまで見た
  • 994
  • 天青石
  • 2014/12/29(月) 00:37:36
>>992
…わかった。
【まき探しへと向かう】
ここまで見た
>>983
俺だけじゃなくても感じないと思うけど…
【胸無いし、と付け加えたくなるのをここで堪えた】

今はそうやって涼しい顔して言ってるけど、後で雇うんじゃなかったって後悔するなよ?
俺は……えーと……、サージだ
【ぶっきらぼうに名を名乗る】

へぇ、タイラーか
名は体を表すって本当なんだな…
ここまで見た
  • 996
  • 龍 春永◆
  • 2014/12/29(月) 00:44:35
>>994
キノコを切り終わると今度は、人参
を取りだし、適当に切り始める。
【ここだけの話、近くの畑から盗んできた人参である。】
ここまで見た
  • 997
  • エンハンブレ・エトワーレ◆
  • 2014/12/29(月) 00:45:45
>>993

あら・・・こわぁい?
【無理に引き剥がされて少し不満げ】

【左腕の傷はすっかり消え去っている】

・・・・・・でも、そんなことさせないわよ?クスクス
【すぐさま身を翻して爪でフォルトを深く引っ掻こうとする】
ここまで見た
  • 998
  • タイラー・宗◆
  • 2014/12/29(月) 00:48:45
>>995
ほら大丈夫じゃないか
【笑顔で答える】

サージが一週間此処で働いて嫌になるなら止めてしまっても構わんさ。
その代わり職業斡旋とかに通って貰うことも考えるがね。
【定職に就いてアパートでも借りて貰うのがその場合の理想なのだろう】

ふっ……
【男性名として名は体を表しているんだといわんばかりの態度】
ここまで見た
  • 999
  • 天青石
  • 2014/12/29(月) 00:50:23
>>996
…よし。
【まき集めてくる】
ここまで見た
  • 1000
  • バジル・フェリス◆
  • 2014/12/29(月) 00:50:27
>>956
【公園の道中をゆっくりと一人の女性・・・ではなく男性が散歩している】
〜♪
【そして、なにやら、鼻歌を歌っている】
ここまで見た
  • 1001
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

ここまで見た

★お気に入り追加

このページを共有する
facebook twitter hatena line google mixi email
おすすめワード