facebook twitter hatena line google mixi email
★お気に入り追加


  • 1
  •  
  • 2014/08/05(火) 12:28:35
ここは奥様が遭遇した怖い経験を語るスレです。
心霊&オカルト話もスレの趣旨から離れていなければOKです!
ここまで見た
  • 110
  •  
  • 2015/05/16(土) 13:22:06
私も怖くて一人では走れないトンネルがあります。
たまにしか通らないですが、一度107と同じような怖い思いをしました。
トンネルの中でヘンな物と波長が合ってしまうとダメなんだそうですが
出来れば海の塩(お清めの塩)を持ち歩く事をオススメします。

体調に異変を感じるような体験をした事がある人は
憑依するような霊などは身体のある部分から入ってくるので
霊感のある人は防ぐためにもお清めの塩がいいと聞きました。
ここまで見た
  • 115
  •  
  • 2015/05/17(日) 17:57:16
怖い話と言ったら怒られるんだろうけど。

随分前だけど友人の結婚式に行ってきた。
結婚式の前に、式と二次会の受付の打合せでその新郎となる彼と会った。
背が高く、少し白人ぽい顔立ちで、少し訛ってるけど丁寧な話し方が好感が持てる人だった。

当日結婚式の受付に立って、驚いた。
新郎の親戚がすぐわかった。血縁者がみな新郎と驚くほど同じ顔をしてた。
目鼻立ちの特徴が、とかでなく、誰かの顔をコピーしてみんな顔に貼ったような感じだった。
新郎の祖父も新郎の父も新郎も、歳がバラバラでも同一人物にしか見えない。
新郎の父方伯母という女性も、その息子も同じ顔。
式の前にスライドで出た新郎の曽祖父とやらも同じ顔。
一部の式の参列者たちも「同じ・・・同じ・・・」とザワザワしてた。

しばらくして、友人が妊娠した知らせが来て、出産した知らせも来た。
お互い忙しくて、メールのやり取りはあってもなかなか会いには行けなかった。

子供が一歳になった誕生日に子供のオモチャを贈ったら、お礼の電話が来て、その後
「息子に会いに来てね」というメールに子供の写真が添付されて来た。

まあ新郎と同じ顔で、驚くというか怖くなった。
なんかの政府実験なんですとか言われる方が納得いくような一族。
ここまで見た
  • 116
  •  
  • 2015/05/17(日) 19:00:39
>>115
いや、ちょっとゾッとしました。
怖い怖い。
誰かモルダーを呼んできて。
ここまで見た
  • 117
  •  
  • 2015/05/17(日) 20:39:37
>>115
Oh…すごい遺伝子としか言い様がないな。目の当たりにすれば怖いかも
116のレスで、頭の中がB'zでいっぱいになったよ
ここまで見た
  • 118
  •  
  • 2015/05/17(日) 23:21:41
>>115
血が濃いっていうのか、そういう一族いる!
夫の母方の親族がほぼ似た顔ばかり
正直、気持ち悪くてこわいよね
ここまで見た
  • 119
  •  
  • 2015/05/19(火) 16:51:06
文章苦手なので読みづらいかと思います、申しわけない

昨日の夜のこと
いつもは夕方には仕事が終わるんだけど、トラブルがあってかなり遅くなってしまった
少しでも早く帰りたくて、夜になると混み合う国道ではなく、信号がない脇道?的な方を通って帰る事にした

周りが田んぼとは言え、いくつか民家もあるし街灯もあるし怖い感じがする道ではなかったけれど、車を走らせて2~3分すると
コンコン
とリズミカルなテンポで運転席後部の窓に何かが当たる音がした
驚いて急ブレーキをかけて止まり、窓の外を見るも当然誰もいない
何かが当たったのかとも思い、車を降りて外に出るも、窓に当たりそうな物などない
そもそも物が当たったのであればコンコン、でなくもっと違う音がするんじゃ...
と思ったらぞっとして急いで車に乗ってその場を離れた
余計なことは何も考えないようにしようとカーステの音量をあげて、歌いながら運転していたら
コンコン
とまた後部座席から窓を叩く音がする
何も当たるわけないし走行中の車にノックできる人間なんていない
でも誰かが窓をノックしてる
ミラーを見たら何かが映るんじゃないかと怖くてひたすら前だけを見てアクセルを踏み込んだ
人通りのある国道に出ようと進路を変え、あと5分もすれば家に帰れる!とそれだけを考えていたのに
コンコン、コンコン
やっぱり窓を叩く音がする
しかもさっきより増えてる

何も考えなきゃいいのに、わたしの頭の中では車にへばりついて窓をノックする影の映像がわりとはっきり見えてて半泣きだった
それと同時に冷静な自分もいて、パニックになったら事故になるから、落ち着いて運転しなきゃ!とも考えていた
落ち着いて、と自分に言い聞かせて、法定速度を守るようにして運転し、曲がり角を曲がれば家が見えるところまで来た
国道に出てからノックは止んでいて、だいぶ気持ちも落ち着きつつあったのに、さっきのコンコンとは違う
バン!バン!
という強い音がした
考えたくはないけれど、両手で窓ガラスを叩いてるような音
見たわけじゃないけどそう思った
家に着いたけれど怖くて車から降りられず、車の中から旦那に電話して外まで迎えに来てもらった

朝になって旦那に頼んで車の様子を見てもらったら、雨が降ったわけでもないのに運転席後部の窓にだけ泥の痕が付いてた
今のところそれ以外にオチらしいオチはないです
夜中に家の窓叩かれたらどうしようとか思ったけれどそんな事も無かったし
文章にするとあまりインパクトはないですが昨日はホントにチビるかと思うくらい怖かったです...
二度とあの道は通らない
ここまで見た
  • 120
  •  
  • 2015/05/21(木) 15:58:03
>>119
昨日似たようなことがあったわ
リビングのソファで寝転がっていたら何かがドサッと落ちる音がしたので、見てみたんだけど、異常なし
そういうことが日常化してるので、慣れてしまって怖くない
前に2ちゃんで書き込んで、まとめに載った元気なおしゃもじのいる家です
しゃもじが突然二メートル跳び跳ねましたw
ここまで見た
  • 121
  •  
  • 2015/05/21(木) 16:35:25
しゃもじの付喪神「そーらを自由に、飛ーびたーいなー」
投稿主「うわっ、おどろいたー」
アンアンアン♪飛んでもたったの2メ~トル~♪
ここまで見た
  • 122
  •  
  • 2015/05/23(土) 00:12:55
>>115
遅レスだけど。
うちも外見がクローンされる家系、ただし全員じゃなく。
デジタルで遺伝するっていうのかな、似る人はクローン状態、似ない人は全く似ない。
パーツでこれは父似、これは母似っていうのがなくて、完全にクローンされるかそうでないか。

母方家系がその家なんだけど、自分は母そっくり、父には全く似ていない。
母は祖父そっくり、祖母には似ていない。母の兄弟は全く別の顔。
祖父は曽祖母そっくり、祖父の兄弟はそっくりさんと別の顔両方。

不思議なのが、この顔の人間は一世代に一人しか子孫を残せない点。
未婚で亡くなったり、結婚しても子供がいなかったりと色々だけど。
自分にはまだ子孫なし。

身内と並ぶと「そっくりねー」とか言われて大爆笑されるのが正直納得できません。
ここまで見た
  • 123
  •  
  • 2015/05/25(月) 09:41:32
クローンといえば、私にはクローンレベルで似ている人がいるらしい
というのも自分は見たことがないから
怖いわー
ここまで見た
  • 124
  •  
  • 2015/05/25(月) 17:56:50
高校2年の時、バレー部の男女合同合宿があって
数々の映画で有名な瀬戸内海のある島に行った。
私は男子バレー部に彼氏がいて、
夕食のあとふたりで海に出掛け、砂浜に座って色々おしゃべりしていた。
薄暗くなってきて、そろそろ宿にもどろうってことになり
海を背に歩き出したところ、誰かに手首をつかまれてグイッと後に引っ張られた。
彼氏は私の前を歩いている。
薄暗いとは言え視界は十分で、私の後には誰もいなかった。間違いなく。
足首なら何かが引っかかったのかもと思うが、手首に引っかかるようなものはない。
ていうか、掴まれた指の感触がある。5本の指の感触。
それにいくら足元の悪い砂浜だって、あんな綺麗に後に飛ぶようにコケるもんか。
彼は驚かそうと思って何かに引っ張られたフリしてるんだろうって
笑って信じてくれなかった。
何が楽しくてシャツの中に砂が入って気持ち悪いのに、そんな派手に自分でコケるんだよ。
違う違う、確かに誰かに手首掴まれた!引っ張られた!と言っても
誰一人信じてくれなかった。
実はバレー部の中にA子って言う自称霊感少女がいた。
なんか色々見えるらしく、誰それさんの肩におばあさんの顔が見えるだの
誰それさんが怪我をしたのは前世の業のせいだの、なんか色々のたまっていた。
みんなそれを聞くたび「きゃー怖いぃ」とか言ってたけど実は本気で信じてなんかいなかった。
視線で「あー、また始まったよpgr」って言い合っていた。
そんなことが日常的にあった為か、私の話もその同類だと思われたようだ。
A子から「そうまでして目立ちたいの?w」って言われた時は
心の中で「自己紹介乙」的なことを思ったが、A子からもそう言われたことで
もう二度と誰にも話すまいと決めた。
その時の彼氏とも、1㍉も信じて貰えなかったことでなんか冷めてしまって
合宿のあと別れた。
ここまで見た
  • 125
  •  
  • 2015/05/25(月) 23:02:16
そのA子ってひと、イタいね
ここまで見た
  • 126
  • その1
  • 2015/06/07(日) 22:02:36
怖かったのは一瞬だけだったんだけどw

今日の夕方iPhoneのカメラ機能弄ってて、うっかり無意味にシャッター押してしまった。
それで削除しようとしたその時の写真がこれ↓なんだけど。
(バックはぼかしてます)


http://img.open2ch.net/p/ms-1407209315-126-490x490.png
ここまで見た
  • 127
  • その2
  • 2015/06/07(日) 22:03:01
あれ?と思ってよーくみたら・・・・・・・・・


www 
http://img.open2ch.net/p/ms-1407209315-127-490x490.png
ここまで見た
  • 128
  •  
  • 2015/06/07(日) 22:20:48
>>127
126のカーテンに顔みたいのが見えるけど、それが127だったってこと?
ここまで見た
  • 129
  •  
  • 2015/06/08(月) 00:08:46
ぬこwww
ここまで見た
  • 130
  •  
  • 2015/06/08(月) 07:52:04
ぬこwwこっち見てる
ここまで見た
  • 131
  •  
  • 2015/06/09(火) 22:24:20
びびらせんなかわいいwww
ここまで見た
  • 132
  •  
  • 2015/06/09(火) 23:50:49
バロスwww
ここまで見た
  • 133
  •  
  • 2015/06/11(木) 16:42:39
ちょっと不思議なこと。
夫の同僚にAさんという女性社員がいて、家族ぐるみのイベントで良くしてもらったんだけど
ある時ふと彼女のことが気にかかり「ねぇAさんて元気?」と夫に尋ねた。
そしたら「Aさん、急に妊娠が分かって産休はいることになったんだよ」と。
会ったのは2度くらいなのに、なんで気にかかったんだろう?と。

それから自分の職場にBさんというお客さんが出張でやってくるんだけど
「最近Bさん見かけないな~、元気かな~」と思いつつ出勤したら
久しぶりにやってきたBさんにバッタリ会うとか。
定期的な出張ではなく、予定が事前に知らされることもないので、とても驚いた。

怖い話、ではないな……
ここまで見た
  • 134
  •  
  • 2015/06/14(日) 16:39:42
何気に古いログ見てて怖かった話。
霊とかそういうのより怖かったよ・・・

http://ikura.2ch.net/test/read.cgi/ms/1339578664/194-195
ここまで見た
  • 135
  •  
  • 2015/06/16(火) 13:00:06
たぶん幻覚だと思うけど
幼稚園年長か小学校上がったばかりの頃、熱を出して家にいた。
母親は買い物へ行き、弟も幼稚園行ってたので1人で家で寝てた。
ふと起きると体が動かなくて金縛り状態。
どうしようどうしようとパニックになっていた時視線に気づいた。
私の頭の上のところに貞子そのまんまなのが立っていて見下ろされている状態だった。
髪で顔が隠れていたのだけど、だんだんその顔が近づいてきて恐怖ピークの時に意識がなくなった。
次に起きた時にはいなかったけど、それからしばらくは母親と一緒に寝た。
今でもあの姿忘れられないわ。
ここまで見た
  • 136
  •  
  • 2015/06/21(日) 10:47:31
もう10年ぐらい昔のことだけど、その頃戸建の借家に住んでいた。
ある日、近所の空家(そこも借家)に引っ越してきたんだけど、挨拶もないし
自治会長が訪ねても人はいるらしいのに出てこない。
軽自動車が1台あるんだけど、運転席以外はダンボールがみっちり乗せてあって
隙間には汚いタオルやゴミにしか見えない袋状のものや色褪せた古い雑誌が詰めてあって
あれじゃあ運転席から左側と後の視界が取れないんじゃないかってぐらい。
あんなの走ってたら警察に注意されるだろうに。
その車があまりにも異様だったから、その家のことはちょっと警戒し始めていた。
それが完全にオカシイと思い始めたのはある雨の日。
ポツポツじゃなくてザーッと本格的に降っていた日に出掛けようとして目に入った。
雨の中をそこの奥さんが庭に布団を干そうと出してる最中だった。
いや、干すどころか濡らす為としか思えないし、何故そうするのか意味不明。
その行為も異様だったけど、全くの無表情で雨を気にする素振りもない。
なんかゾッとしてそれ以降は見ないようにして出掛けた。
その事があってから、元々なにか変だと思ってたのが確信になって
当時未就学だった子供たちには近づかないように厳しく言いつけてた。
その後隣市に引っ越して、その家のことはすっかり忘れてた。
が、昨年、当時仲の良かった近所の奥さんを訪ねて
久しぶりにその街に行ったら、例の家があったところが更地になってて
その奥さんに聞いてみたら、私が引っ越した翌年ぐらいに火事で全焼したらしい。
焼け跡から奥さんらしい遺体が発見されたそうだ。
大家さん曰く、夫婦と子供ふたりで入居するって話だったのに
奥さん以外見かけなくてオカシイオカシイと思ってたらしいが、
何度か訪ねても奥さんしかいないし、質問には答えないし、
玄関からすごい汚部屋でとんでもない人に貸してしまったと困ってた所らしい。
おまけに火まで出されて死人が出ては建て直しても借り手つかないしって更地にしてるらしくて。
だけどもっと気の毒なのは貰い火事で半焼したお隣さんで、
30代で頑張ってマイホーム建てたのにそんなことになって奥さん泣いてたって。
うちに帰って、その話を家族にしたらもっとビックリしたのが
子供たちがその家の奥さんのこと“怖いおばさん”としてよく覚えてたこと。
私が「近寄るな」と教える前にそこんちの前を通った時、
そのおばさんが「おいでおいで」と手を振ってきたそうだ。
だけどその笑い方がなんか変で怖くて気持ち悪くて逃げて来たらしい。
うちの子の危機察知能力に感心したし、何もなくて本当に良かった。
ここまで見た
  • 137
  •  
  • 2015/06/22(月) 01:01:20
私が高校生の頃の夏休み、知り合いに頼まれて個人の産婦人科にアルバイトに行ったことがある。
病院はこじんまりとしてまだ新しく3階だか4階建てのきれいな建物だった。
夫婦で切り盛りしてる感じで、病院の一番上に住居を構えていて24時間体制の自然分娩を行っていた。
資格を持っていないので掃除だの配膳だのひたすら誰かの手伝いが仕事だった。

その中で泊り込みでの電話番の仕事もあった、看護婦さんと交代で仮眠を取ることができた。
寝つきの良い私は仮眠室のベッドに横になるとすぐ眠れたのだが、ある日急に目が覚めたことがある。
ホントにパッと一瞬で目が覚め、はっきりした頭でなんで目が覚めたんだろうと不思議に思った。
その後すぐに異変に気がついた、アニメのように毛という毛が逆立っていたのだった。
何も見えないし聞こえないのにぞーーっとしてるのが続いた。
気持ち悪かった体験はこれだけなんだけど、バイトが終わってからは病院には行っていない。

それから6、7年後。
奥さんは自殺して、医院長は行方不明、廃墟となった病院には幽霊が出るという話を聞いた。
誰もいないはずの病院の窓から歩く人影が見えるらしい、いつの間にか心霊スポットとして有名になっていた。
話を聞いてすぐ友人と張り切って行ったのだが、どうしてもその病院にたどりつくことが出来なかった。
大通りまでの道とだいたいの方向は覚えているけど、曲がるところが解らない。
夏休み中チャリで通ったのに曲がるところも、その後の道のりがすっぽり抜け落ちていた。
その後20年も、その大通りをたびたび通っていたが思い出せないでいた。
ところが今年になって大通りを通ったときにふいに思い出した。
そうだここだ、曲がってすぐ神社があって鳥居が目印だったんだ、何で忘れていたんだろう。
ここまで見た
  • 138
  •  
  • 2015/06/28(日) 10:00:56
>>134
読んできた。怖いね。
ここまで見た
  • 139
  •  
  • 2015/07/02(木) 11:32:17
>>134
これ、覚えてるわ。
読んだ当時ちびりそうだった。
ここまで見た
  • 140
  •  
  • 2015/07/02(木) 13:56:08
生きている人間よりも怖いものはないね
ここまで見た
  • 141
  •  
  • 2015/07/21(火) 13:17:30
化野念仏寺、マジで怖い
境内の撮影禁止は、写るからとかなんとか
不気味な雰囲気漂ってるわ
ここまで見た
  • 142
  •  
  • 2015/08/12(水) 10:05:04
霊感とかよくわかんないけど、子供の頃何度か妙な体験はしたことある。
普通に怖かった。
だけど、今までで一番怖かったのは以前住んでたマンションにいたママ友Aだ。
ある日、ママ友Bと共にスーパー銭湯に誘われた。
Aが無料券を貰ったから一緒に行こうって。
親切なお誘いだと思って3人で行った。
その数日後にAにお茶に誘われたんだが、その時に茶封筒出してきて
「ちょっとこの中の、見てくんない?」って。
なんだろうと思ったら、アダルト画像のカラーコピーが出てきてギョッとした。
まさかそんなの出て来ると思わなかったから喫茶店の中で堂々と出しちゃって
慌てて封筒に押し戻して「ちょ何見せんのよこんなところで!!」って軽くパニック。
「いいからよ~く見てよ」って真面目な顔で言われて
人目から隠しながら見てみたけど、意味が分からず首をかしげていたら
「それ、Bさんだよ」って言われて今度はよく見てみたけど
Bさんと言われたらそうかもって感じだけど、うーん、どうかなーって感じだったから
「似てるだけじゃない?」って言ったらBさんで間違いないって言う。
スーパー銭湯に誘ったのはそれを確認するためだったんだって。
「ほらその肩甲骨のところに大き目の黒子あるじゃん?それ確かめたかったの」
って、私はだしに使われたみたい。
「まさかこんな身近にAVに出てた人がいるなんてねー、世の中狭いわ。
 こんな恥ずかしいことやって、しれっとママ友づらしてるって神経太いよね」
とか、なんか他にも色々侮辱的な言葉を並べてた。
正直に言えば過去にAVに出たことある人って最初から知ってれば
ママ友になれたかどうか分からない。
偏見を全く持ってないと言えば嘘になる。
でも知らなきゃ知らないで普通に付き合えるのも確か。
それより私はAさんが怖かった。
わざわざ証人になる人(私)連れて銭湯に誘って証拠掴んだりって
その行動が怖い。
気が付いたなら気が付いたで自己完結してほしい。
私を巻き込まないでほしい。
その日以降、子供同士が一緒にいるところ(幼稚園とか)以外では
Aさんとの付き合いは断った。
その私の様子にBさんからどうしたの?って聞かれたことあったけど
本当のことなんて答えられないし、
そのうち“なんかあったんだろうな”と察してくれたみたい。
ここまで見た
  • 143
  •  
  • 2015/08/12(水) 11:15:02
>>142
その画像を持ってるAに驚きだ
A自身過去になにかやってるのかもとゲスパー風味に
ここまで見た
  • 144
  • 1
  • 2016/02/23(火) 15:27:22
子供の頃に住んでた家の話をする。
祖父は転勤族だったんだけど、
やっと落ち着けるということで、家を建てた。
そこは風光明媚で有名な場所の近くにあって、
目と鼻の先が湖畔。
その家を父が受け継いで、祖父母、両親、弟と住んでた。
祖父母が亡くなって、両親が仕事で忙しくて、
弟と実質二人ぼっちで過ごすことがほとんど。
昔の家にありがちの和室の続き部屋で、
手前にテレビがあって、奥の部屋は仏間で、大きな仏壇があった。

一人でも二人ででもテレビ見てたり、ごろごろしててるのはいいけど、
夜9時を回ると、なぜか向こうの仏間が怖かった。
それぞれの部屋は離れたところにあったから、
見たいテレビ番組を見れば、それぞれが自分の部屋に戻るんだけど、
9時回ってから「のどが渇いたな」と、何か飲もうとすると、
その奥の仏間の前の廊下を通らないと台所へは行けない。
ふすまはきちんとしめてあるし、自分でもわからないけど、
とにかく暗くなってから、仏間の方へ行くのが嫌で仕方なかった。
でも両親に話すとか、そんなことは一度も考えたことがなかった。
仕事が忙しいのもわかってたし、笑われるとか怒られると思ってた。
だからずっと誰にも言わなかった。

成人して実家を離れて、仕事して縁あって結婚した。
何年かして里帰りしてみた。
昔と変わらない家具の配置だし、懐かしい部屋だった。
だけど、昔に村べて部屋全体がすごく明るく感じた。
昼間だったから、日の光で十分にまぶしいし、電気もつける必要がない。
以前と全く変わらないのに、部屋中が妙に明るい。
母がいたから「部屋が明るいよ、全然違う部屋みたい」と言ったら、
「あんた、わかるの?」って驚いてた。
「お祓いしたの」という返事が返ってきた。
ここまで見た
  • 145
  • 2
  • 2016/02/23(火) 15:46:52
いろんな伝手もあって、
その地方で有名な拝み屋さんに見てもらったら、
うちの仏壇の中には、うちの家系の人はいなかった。
仏壇のずっと下の方の土砂に、400年くらい前の旅の母子が、
盗賊に襲われて無念にも亡くなってたそう。
偶然にも祖父が建てた家の仏壇がその上にあった。
恨みつらみが仏壇の持ち主やその家族に向けられてたそうで、
何も気が付かず暮らしてた私は、そこで初めて納得がいった。
他にも、祖父が酒の席で口説いた姐さんがそこに居座ったりしてて、
とにかく我が家のご先祖というか家族は、
軒並み仏壇から追い出されたんだとか。

なんだかしらないけど、たまたま遺体のずっと上の方に仏壇置いたせいで、
我が家は呪われてたんだとか。
両親の仕事上のトラブルとかご近所のトラブルとか、
なんやかんやあったのも、きっかけはそのせいなんとか。
その後はしばらくは落ち着いてましたが、
結局は両親はその家を手放した。
母は「あの家にはおじいさん(父の父、私の祖父)がずっといるの」と、
今でも時折話す。
建てた家だから、すごく執着してるんだと。
その家を買って越してきた奥さんが(看護師)、
「ここにおじいさんがいる、気味悪い」とぼやいてるって聞いた。
ここまで見た
  • 146
  •  
  • 2016/02/25(木) 00:05:27
半年ぶりの怖い話キター
ここまで見た
  • 147
  •  
  • 2016/10/10(月) 12:23:52
ある借家に住んでいた時の事。
転勤の辞令が出て、いつものように急いで探した物件だった。
その都市はマンション自体があまりなくて、転勤生活の中で初めての戸建。
築30年ぐらいの2DKの平屋で少し手狭だったけど夫婦2人には十分。

引越し荷物の搬入が終わって、先に挨拶だけ済ませておこうと夫婦で出掛けた。
が、両隣とも共働きで遅いみたいで、3日通ったけど誰とも会えず
夜10時頃には電気がついてたけどあまり遅いのも失礼だと思い、
挨拶の品と手紙をポストに入れて済ますことにした。
そのうち会えば失礼を詫びつつ改めて挨拶すればいいやと思って。

引越しの片づけも落ち着いた頃、料理をしていると
ガスコンロの真上の換気口から子供がはしゃぐ声がよく聞こえることに気が付いた。
キャッキャッキャッキャと笑い、舌足らずな言葉で叫び、時には泣いてる。
歌ってることもあった。いつも男の子ふたりの声。
ああ、裏のお宅には小さい子供さんがいるんだな~と普通に思った。
換気口の出口は家の裏側に空いていたが、裏側には窓という窓がなくて
裏のお宅との境界の塀まで1mぐらい余裕があったが、雑草が伸び放題で通ることはない。
それなりの広さの庭があるお宅のようだったが、生活道路が全く別になるので
会うこともなかったし、どんな人が住んでるのかも知らなかった。
聞こえるのはいつも午後の早い時間帯だったから特に不自然さもなく
それにしてもよく聞こえるもんだなぁと思ったものだった。
元々子供好きだったから、その声をBGMにして夕食の支度をしたものだった。

2年経ってまた辞令が出て、荷物を搬出した後に不動産屋の男性が査定に来た。
その時の雑談で何気なく「裏の元気な男の子の声が換気口から良く聞こえて面白かったです」って言ったら
「何かの空耳じゃないですか?」って言われた。
「裏は2軒とも老人の一人暮らしですよ」って。
「でもほら、今も聞こえません?ほら、男の子ふたりの声」って言ったら
変人でも見るような目で見られ「それよりここに印鑑を」と手続きを急かされた。
印鑑を押す時にも換気口から声が聞こえてたんだが
ふたり声を揃えて「ばいばい」って。
ここまで見た
  • 148
  •  
  • 2016/10/10(月) 14:08:35
ヒィィィィ!!
昼間で良かった
ここまで見た
  • 149
  •  
  • 2016/10/10(月) 14:41:49
分かったのが引っ越す時でまだ良かったね
まだ住み続けないといかない時ならガクブル物だわ…
ここまで見た
  • 150
  •  
  • 2016/10/12(水) 07:20:04
うちも換気口から裏の家の庭で遊んでる子供の声が聞こえることあるから
今度聞こえたら確認しよう・・・
ここまで見た
  • 151
  •  
  • 2016/10/13(木) 21:17:31
息子とある神社に行こうとしていた時のこと
昔は通勤で毎日利用していた道で慣れていた
なのに、トンネルを抜けたら急に車が重くなって、真夏なのに車内が冷凍室みたいになった
「母さん、寒いからエアコン切っていい?」
「あぁ、乗って来たなぁ」
「なにそれ?」
「うん、後ろに乗ってるからちょっと気にするな」
自分は霊感が強い時と弱い時があって、
子供が産まれてからは弱くなってたんだ
弱まってた分、一気に感じやすくなった感じ
運転中だし、停車できるスペースも無かったので、
仕方なく運転しながら怒鳴りつけた
自分でも不思議なくらい腹が立ったんだよね
「誰の許可を得て人の車に勝手に乗ってるの!さっさと降りて!臨兵闘者…」
九字とお経を唱えたらすーっと車が軽くなった
と、同時に夏の蒸し暑さがぶり返し、エアコンを入れた
息子は「マジ?うそだろ?車内(温度)が戻った、なんで?」と、一人パニくってた
私が唱えた九字もお経も聞こえてなかったようだ
ここまで見た
  • 152
  •  
  • 2016/10/16(日) 15:14:53
私が体験したんじゃないんだけど、
祖母が亡くなる一週間ぐらい前にこんな話を聞いた。

祖母の実家の近くに戦時中に掘った防空壕があった。
戦争が終わって入口は長い間板で塞がれていたが、
15歳の時、好奇心から友達とふたりで中を探検しようとした。
板で一応ちゃんと塞いでいたけど、だいぶ朽ちていて簡単に外せそうだった。
「せーの!」で力いっぱい引いたら意外と簡単に開いたそうだ。
それで真っ暗な穴を目を凝らして見下ろして数秒、突然ブワッ!と
こちらに伸ばし迫ってくる何本もの腕が見えて、
反射的に後ずさりして難を逃れたが、一緒にいた友達が引きずり込まれた。
怖くて覗くことができず、外側から必死で友達の名を呼んだが物音ひとつしない。
走って家に帰って親に話し、それから町内の人たちとで探しに行ったら
友達は防空壕の中で死んでいた。
あった出来事を必死で訴えたが誰も信じず
入口から転げ落ちて、打ちどころが悪くて亡くなったということになった。
その後すぐに穴は埋められたが、
祖母はしばらく防空壕に引き込もうとする霊の夢にうなされたそうだ。

祖母が死んだあと、母にこんな怖い話を聞いたよって話したら
「ああ、私も聞いたことあるよ。かあさんの十八番だわね」ってケラケラ笑ってた。
祖母の創作の怖い話だったのかも知れないけど、本当に聞いてて怖かった。
何言ってるのかさっぱり聞き取れない稲川淳二よりよっぽど怖かった。
ここまで見た
  • 153
  •  
  • 2016/10/16(日) 17:12:28
>>152
怖かった
そして最後の一行、わかる
稲川淳二って全く言ってることが聞き取れないから怖いと思ったことない
ここまで見た
  • 154
  •  
  • 2016/10/16(日) 19:18:59
私も稲川淳二の話は入ってこない。
防空壕の話って生々しくて怖いわ。
ここまで見た
  • 155
  •  
  • 2016/10/29(土) 16:56:53
竪穴式の防空壕ってことか。
掘るのも大変だったろうね。
ここまで見た
  • 156
  •  
  • 2016/11/21(月) 19:01:50
どこかに書いた気がするけど

仕事から帰宅して夕食の準備をしてたらインターフォンが鳴った
怪しげなオッサンなら開けないけど、
モニターに映ってたのは30代半ばほどのお姉さんだったから
深く考えずはーいと答えて玄関を開けた
するとお姉さんは私の後ろを見て目をキラッとさせた(嬉しそうな顔をした)
そして「ちょうど良かったですぅ。私、幼児向けの英語教室をやっていて~」と
チラシを手渡してきた
そして「小さいうちから英語に親しみを持ってもらうことが大事でぇ~」うんぬんと
セールストークをはじめたので
「あの、うちに子供はいませんけど」と言ったら
「えっ」と言ったあと、「でもさっき…」とまた私の後ろを見た
思わず私も振りかえったけど何もいなかった
お姉さんは引きつり笑いしながら青ざめた顔をして、そそくさと帰って行った

夫はまだ帰ってきてないし、
猫なら飼ってるけど、猫を見て「ちょうど良かったです」はおかしい
お姉さんは一体何を見たのか
ここまで見た
  • 157
  •  
  • 2016/11/22(火) 11:50:37
セールスノルマがキツくてキツくてノイローゼ気味になって
「ほどよい年齢の子どもがいますようにいますように」と思い詰めるあまり
ぬこと子どもをみまちがーえたーのさ♪
ここまで見た
  • 158
  •  
  • 2016/12/05(月) 11:24:07
曾祖母の友人の話し
その人、Aさんの家は土地持ちで山をいくつかと、田んぼを人に貸していた
高度成長時代には町にも数ヶ所貸していて今もそれは続いている

Aさんは昔から事故に合った動物を自分の土地に連れて行き、埋葬していた
時々、思い出したようにお水とお線香をあげるくらいだったそうだ
そのAさんが立て続けに何匹もの犬が鳴く夢を見るようになった
そのうち、犬だけじゃなく、猫も狸も泣き叫ぶようになった
Aさんの家族は「いつも動物に情けをかけるから変なのに憑かれたんじゃないの?」と、途方にくれていた
最後には起きていても声が聞こえる
「こりゃ、一辺見に行ってみるか」と、今まで動物を埋めていたところに行った
そしたら、そこら辺一帯の樹を重機がなぎ倒し、工事をしている
慌てて工事の人に聞いたら「役場から下水道施設の工事を請け負った」との事
Aさんちが貸し出していた土地を勝手に拡張し、許可も得ずに工事しようとしていたのだ
動物を埋めていた場所のすぐ近くまで均されて、動物たちはAさんに伝えようとしていたのだろうか
結局、地主A家に無許可なので工事は中止され、土地は原状復帰
工事許可を出した町長は、以前からそういう問題が多かったので辞任
Aさんはそれ以降、動物の鳴き声を聞かず安眠できたそうだ

沖縄の水道問題のニュースを見て思い出したので書いた
ここまで見た
  • 159
  •  
  • 2016/12/05(月) 21:45:57
不思議な話だねぇ
ここまで見た

★お気に入り追加

このページを共有する
facebook twitter hatena line google mixi email
おすすめワード