facebook twitter hatena line google mixi email
★お気に入り追加


  • 1
  • 名無しさん
  • 2014/03/23(日) 15:31:05
シュメールからアケメネス朝まで
インドやエジプト等同時期の他地域の話題もOK
ここまで見た
  • 143
  •  
  • 2014/06/30(月) 12:53:29
刈り尽くしても足りなかったんだろう
ここまで見た
  • 144
  •  
  • 2014/06/30(月) 12:54:16
まあ出典は例の、ヤハウェが天使に命じてどうたら的な文献だろうから詳細はわからないけどね
ここまで見た
  • 145
  •  
  • 2014/06/30(月) 15:16:41
>>144 マクニールは当時の補給体系が脆弱だった
のが原因による飢餓と病気で壊滅って言ってた
なんでもあのころの軍隊の補給法は、略奪一辺倒(自国領内含むw
)だったらしく、侵攻された地域はしばらくは侵攻不能になったそうだ
理由は、しばらくは略奪できないレベルまで追い込まれたから
ここまで見た
  • 146
  •  
  • 2014/06/30(月) 18:37:10
ペルシャ以外でまともな補給能力あった軍隊って存在したのか古代メソポタミア
ここまで見た
  • 147
  •  
  • 2014/06/30(月) 23:22:15
ペルシャの補給システムはマクニールも評価してたよ
当時としては画期的って
ここまで見た
  • 148
  •  
  • 2014/06/30(月) 23:40:59
ローマ軍のメソポタミア遠征ですら、行きにユーフラテス流域で略奪しつくしたから
帰りはティグリス流域から北上したら待ち伏せにあって大敗とかしてたらしいし
ここまで見た
  • 149
  •  
  • 2014/06/30(月) 23:52:07
鎌戦車のかまって車輪について回ってる描写よく見るけどあれ何の意味あるの?
ここまで見た
  • 150
  •  
  • 2014/07/01(火) 07:39:24
密集歩兵陣に突入して左右の兵士を薙ぎ倒す
……という恐怖を与えて敵軍の隊列を崩す
ここまで見た
  • 151
  •  
  • 2014/07/02(水) 04:16:57
アレクサンダー相手の時は通用しなかったけどな
鎌戦車
ここまで見た
  • 152
  •  
  • 2014/07/02(水) 17:57:11
専用の対策練られてたからな
ハルパゴスとキュロスみたいに戦車の使い方を工夫してこそだ
ここまで見た
  • 153
  •  
  • 2014/07/02(水) 19:06:03
あれもアッシリアのアッシュール・ナシルパルが発明したらしいな

さすがおそろしりあ
ここまで見た
  • 154
  •  
  • 2014/07/02(水) 20:51:09
アッシリアの軍制は崩壊後も各国がまねしようとしたからな
まぁ大規模常備軍に等しい大軍はまねできたのはペルシャの不死隊くらいだが
ここまで見た
アッシリアの大規模常備軍の人材とそれを維持する補給はどこから?
ここまで見た
  • 156
  •  
  • 2014/07/03(木) 19:30:33
事実上の特権階級となっていた軍人貴族の私財では?
それが帝国中に配置されて、さらに中央には各地からの税金でまかなう本軍
ここまで見た
アッシリアはどうやってそこまで力つけた
ここまで見た
  • 158
  •  
  • 2014/07/05(土) 08:49:25
恐怖戦略と収奪かな
ここまで見た
  • 159
  • 名無しさん@おーぷん
  • 2014/07/31(木) 00:17:05
トロイア戦争は海の民とヒッタイトに藩属してたトロイの戦争ではないのか?って説があるらしいな
ここまで見た
  • 160
  •  
  • 2014/08/08(金) 15:02:17
バビロンには神殿娼婦とか言う結構なシステムがあってだな。
ここまで見た
  • 161
  • 名無しさん@おーぷん
  • 2014/08/18(月) 10:23:48
そんなんだからキリスト教に叩かれんだよw
ここまで見た
  • 162
  •  
  • 2014/08/18(月) 12:06:14
世界史川柳

ヘロドトス
見て来たような
嘘を言い
ここまで見た
  • 163
  • 名無しさん@おーぷん
  • 2014/08/18(月) 16:21:49
一応あのおっさんも伝説聞いただけっていってるから・・・・
ここまで見た
  • 164
  • 名無しさん
  • 2014/10/11(土) 10:31:01
>>33 偽サービア教徒は星を信仰していてそれはメソポタミアの月神シンにまでさかのぼるとか聞いた
ここまで見た
  • 165
  •  
  • 2014/10/18(土) 04:01:58
アッシリアの後は新バビロニア、メディア、エジプト、リュディアのカルテット期間を経て、アカイメネス朝ペルシャ独奏に収斂。で、ヘレニズムを挟んで、パルティア→ササン朝ペルシャ→イスラム教勃興=サラセン帝国→セルジューク・トルコと言う流れか。

アッシリア、カルデアと言うのは、セム語族でエグバダナを拠点とするメディアは印欧語族だろう。
アッシリアの滅亡とはセム語族間の同族戦争のクライマックスで、覇府、ニノベへの巨大都市、バビロンの反旗(離反・独立)による相攻伐戦はペルシャ湾を隔てたイラン高原の印欧語族、すなわち、(セム語族世界から見た)周辺文化圏、言い換えれば、後進的外部プロレタリア世界=メディア、ペルシャからの容喙を招く事になってしまった。
ここまで見た
  • 166
  • 名無しさん
  • 2014/10/27(月) 07:59:56
ヒッタイトも印欧語族だな
ここまで見た
  • 167
  •  
  • 2014/10/29(水) 19:37:43
ヒッタイトの鉄器、スキュタイ(スキタイ)の鐙(あぶみ)、カルデア人の黄道十二宮(占星術=天文学)か。
ここまで見た
  • 168
  • 名無しさん
  • 2014/10/29(水) 19:43:41
バビロニアは占星術で名を遺したな
ここまで見た
  • 169
  •  
  • 2014/10/30(木) 12:37:22
ヘロドトスのバビロンに関する記述は非常に興味深いね。
事、バビロンに関しては、彼は実際、「この目で見たんだ、信じて」って強調している。

巨大な高さ30~40メートルの城壁の頂きは二車線の道路になっていて、(互いに対抗車線である)戦車と戦車がすれ違う事が出来た、って証言していた。
ここまで見た
  • 170
  •  
  • 2014/10/30(木) 20:34:39
思うに、いわゆる、ユダヤ教の成立に新バビロニア帝国によるユダヤ人の゛バビロン捕囚゛期間が極めて、重要な役割を果たしているようだ。

エルサレムからバビロンに強制的に移住させられたユダヤ人たちはそこで何かを見たんだな。圧倒的な、おそらくは、当時、地球上で最大最強の都邑の殷賑、学芸、文化の発達を目の当たりにして彼らは精神的に打ちのめされたのだろう。

そこから生まれたのが今日のユダヤ教であって、それ以前の彼らは、アブラハム、イサク、ヤコブ・イスラエルを共通の祖と仰ぐ、半農半牧の、エジプト周辺世界の、いくつかの混成部族連合の寄り合い所帯の有力部族の一つ(二つor三つ)に過ぎなかったのだ。

謂わば、オリエント世界の田舎者である井の中の蛙、ユダ族とベニヤミン族、プラス、レビ族と゛散らされた゛シメオン族の一部が人類最大の都城、バビロンを見て劣等感に苛まれ、呪いを込めて否定的感情を爆発させたのが今日の゛ユダヤ教゛の成立時の有り体だろう。
ここまで見た
  • 171
  •  
  • 2014/10/30(木) 20:46:15
アッシリアのサルゴン王は北朝、イスラエル(サマリア)と言う゛吉゛を掴んだが、新バビロニアのネブカドネザル2世は残り福ならぬ残り災禍、ユダ族を掴まされてしまったのだろう。
ここまで見た
  • 172
  •  
  • 2014/10/30(木) 20:52:09
賢明なペルシャ帝国高祖、キュロス大王は、こんな呪い人集団は百害あって一利無し、とばかり、体よくおっぱらっちまったのだが、その動機も知らず、ユダヤ人たちはキュロスを称賛して已まない、と言う歴史の面白さ。
ここまで見た
  • 173
  • 名無しさん
  • 2014/10/31(金) 01:20:14
キュロスをユダヤ人は一時期救世主だと思い込んでたらしいなw
直ぐ後にバビロンでマルドゥクの像触って勝手に幻滅したらしいが
ここまで見た
  • 174
  • 名無しさん
  • 2014/10/31(金) 03:42:22
なんでそれで幻滅したの?
ここまで見た
  • 175
  • 名無しさん@おーぷん
  • 2014/11/01(土) 22:42:24
マルドゥクの偶像に触ることで王様になれた
ユダヤ的には偶像崇拝だから
ここまで見た
  • 176
  • 名無しさん@おーぷん
  • 2014/11/07(金) 22:22:46
>>148
先進的だとよく評価されているローマ軍も補給体制はそんなお粗末というか原始的
だったんだな
メソポタミア地域はローマ本土から遠いからか?
ここまで見た
  • 177
  • 名無しさん@おーぷん
  • 2014/12/08(月) 08:16:55
一応ローマ軍はパルティアの首都を陥落させてるんだよなぁ
ここまで見た
  • 178
  • 名無しさん@おーぷん
  • 2014/12/31(水) 20:10:44
ローマ時代アラビア半島は何してたの?
ここまで見た
  • 179
  •  
  • 2015/01/05(月) 20:23:16
ハリウッドの古い映画でチャールトン・ヘストン主演の「ベンハー」を観ていたら、戦車競争の勝敗の決め手になる最高の名馬を砂漠の民、ベトゥインが主人公、ジュダ・ベンハーに譲渡する場面があった。

駱駝と名馬で有名な砂漠周辺の遊牧民、当時のイメージではないだろうか?確か、リュディアのメムルナス朝のクロイソス王が新興ペルシャのキュロス王と対決した時、ペルシャ軍に駱駝が登場したような記述がヘロドトスにあったような……
ここまで見た
  • 180
  • 名無しさん@おーぷん
  • 2015/01/10(土) 03:29:20
駱駝はアラム人が家畜化したらしいね
パルミラのゼノビアの軍もラクダ騎兵を用いた
ここまで見た
  • 181
  • 名無しさん@おーぷん
  • 2015/03/03(火) 20:21:23
アラム語はイエスも使用していた言語
ここまで見た
ハンムラビ法典にはベースがあったりする
ここまで見た
  • 183
  • 名無しさん@おーぷん
  • 2015/03/06(金) 00:13:16
パトラ遺跡
ここまで見た
  • 184
  •  
  • 2015/03/07(土) 23:30:52
メソポタミアとか、その前の文明とかのネタバレ
 
http://6928.teacup.com/kongonoyotei/bbs ( 閲覧パス 2034 )
 
ここまで見た
  • 185
  • 名無しさん@おーぷん
  • 2015/03/13(金) 10:43:28
カンビュセス2世の失われた軍隊って伝説だったの?
ここまで見た
  • 186
  • 名無しさん@おーぷん
  • 2015/03/25(水) 13:44:59
>>183
ハトラならイスラム国が粉々に・・・
ここまで見た
  • 187
  • 名無しさん@おーぷん
  • 2015/04/11(土) 10:58:53
>>180
アッシリアの壁画にはアッシリア軍と戦うアラブ駱駝騎兵が書かれてる
ここまで見た
>>185
それらしい遺物は見つかってるとのこと
ここまで見た
あげ
ここまで見た
>>180
神話に駱駝を登場しない
少なくとも日本では・・・
ここまで見た
祇園祭では駱駝描いた絵が出てたりするがな
まああれはずっと後の話だろうけど
ここまで見た
  • 192
  •  
  • 2016/08/30(火) 16:59:31
http://imgur.com/a/iCQ6q

ミタンニ王国に追い出されたアムル人がウル第三王朝を滅ぼした、ってことでいいのかな?
時系列的にめちゃくちゃな気がするんだが、、、、、
ここまで見た

★お気に入り追加

このページを共有する
facebook twitter hatena line google mixi email
おすすめワード