facebook twitter hatena line google mixi email
★お気に入り追加


  • 1
  • 名無しさん
  • 2014/04/04(金) 13:04:59
江戸幕府について語ろう
ここまで見た
  • 173
  •  
  • 2016/12/07(水) 01:13:10
金と銀のレートを固定にしちゃったからってのは嘘なん?
ここまで見た
  • 174
  •  
  • 2016/12/07(水) 04:13:27
>>173
もしかして幕末の頃の話してる?
幕末の頃だとしたら、日本に関税自主権無かったじゃん。
そして、その問題は小栗上野介がアメリカで徹底的に論戦を戦わせてきた事で解決している。
ここまで見た
  • 175
  •  
  • 2016/12/07(水) 05:20:53
関税とはなにも関係ない話じゃないの
レートなんて両替商に丸投げしとけばよかったんじゃないの?
ここまで見た
  • 176
  •  
  • 2016/12/09(金) 23:03:36
>>175
長らく貿易とは無縁だったから、両替商もレートなんて解らなかったんでしょ
ここまで見た
  • 177
  •  
  • 2016/12/09(金) 23:08:00
せめて長年親交を続けてきたオランダくらいは、
レートの問題とか日本開国についてアドバイスしてくれても良かったと思うのだけど、
コイツ等、一丁前に日米修好通商条約と同じような「不平等条約」を日本に押しつけてきてんのな。
その割には先の戦争でインドネシアを奪われ、日本軍の捕虜になったという事を逆恨みして、
ギャーギャー騒いで天皇陛下にまで恨みつらみをぶつけるというのだから常軌を逸してる。

日米戦争前の石油交渉とかの一件も含めて、オランダ人は大嫌いだ。
ここまで見た
  • 178
  •  
  • 2016/12/09(金) 23:26:31
アンボン事件とはなんだったのか?
ここまで見た
  • 179
  •  
  • 2016/12/12(月) 14:43:45
幕末の京都守護職、
何で京都から遠く離れた会津藩に任されたんだ?
家格から言えば尾張藩がやるべき仕事だったろうし、
京都からの近さ、将軍家との血縁関係の近さから言えば紀州藩がやるべき仕事内容じゃなかったのかな?
会津藩って東北地方の伊達家とか上杉家を抑える為に作られた藩じゃないのん?
ここまで見た
  • 180
  •  
  • 2016/12/12(月) 18:24:45
結局、関ヶ原と同じ東西対立になってしまったのが不思議だな
西を攻めると「東征」が起きるパターンってなんだろうか?
ここまで見た
  • 181
  •  
  • 2016/12/12(月) 21:19:31
というか、世良修造みたいな東北地方を頭から小馬鹿にしていた本物のキチガイを東北地方に寄越した新政府側サイドにも問題は有る。
世良なんぞ無能な小物でなくて、最初っから西郷隆盛辺りでも送っておけば、戦争すら必要無かったかも知れない。

関ヶ原と言えば、関ヶ原の時に西軍に味方して減封された佐竹家はさっさと寝返ったし、
親豊臣派大名だった津軽藩もさっさと寝返ったな。
長州藩もそうだが、関ヶ原の時の恨みが200年間尾を引いていたのか?
ここまで見た
  • 182
  •  
  • 2016/12/12(月) 21:46:33
後北条に九年母贈った時から始まってる気がするな
しかし本当に当時関東に甘いみかんは無かったのだろうか?
ここまで見た
  • 183
  •  
  • 2016/12/12(月) 23:06:45
でも、関ヶ原で西軍に味方した上杉は奥羽越列藩同盟の中核なんだよなぁ。
あんなでも。
何でだろ?

一応、弱いとは言っても最後まで奥羽越列藩同盟の側で戦い抜いたし。
ここまで見た
  • 184
  •  
  • 2016/12/12(月) 23:08:40
長州毛利家と米沢上杉家、どうして差がついたのか…慢心、環境の違い
ここまで見た
  • 185
  •  
  • 2016/12/12(月) 23:11:38
なんでというか東軍はそもそも上杉討伐軍なんだからまあ
ここまで見た
  • 186
  •  
  • 2016/12/15(木) 15:24:29
幕末の長岡藩。
「河井継之助の言う通りに「中立」なんて立場を認めてたら、
日本は統一国家として成立出来ず、列強の植民地になっていた」
とかほざいてた評論家が居たが、最低最悪の馬鹿だな。
この評論家は、イギリスが統一国家ではないと思ってるのだろうか?
イングランドとスコットランドとウェールズ、アイルランドの四つが合わさっていわゆるイギリスという国は成立している。
だが、誰も「イギリスは統一国家ではない」などとは言わない。

また、日本とほぼ同時期に統一を果たしたプロシア=ドイツでは、
別にプロシアがバイエルンやその他の王国を滅ぼした訳ではない。
例えばヒトラーが志願したのはプロシア王国ではなく、バイエルン王国の軍隊であった。
王国の連合の頂点にプロシア王国が乗っかってドイツ帝国となっていた訳だ。
この評論家に言わせると、ドイツは統一国家ではなかったらしい。

どう考えても、長岡藩を敵に回したのは、岩村高俊の傲慢無礼な態度だろ。
岩村って人間は、その傲慢無礼で無能な態度で「佐賀の乱」も引き起こしてる超絶無能な人物だ。
コイツの責任を放置して河井だけを責める風潮には到底納得出来ない。
ここまで見た
  • 187
  •  
  • 2016/12/15(木) 19:32:40
ヒストリアで真田丸の話やってたんだけど
まさか夏の陣で第一次大戦顔負けの塹壕戦が繰り広げられてたなんて全く知らなかったな
>>153に過敏だったのは実はこのボロ負けが原因だったのだろうか?
ここまで見た
  • 188
  •  
  • 2016/12/15(木) 19:36:48
おっと夏の陣じゃなくて冬の陣だ
幕切れは有名な黒船戦術だったな
っていうか家康って関ヶ原の時といい大砲撃ってるだけというイメージが
ここまで見た
  • 189
  •  
  • 2016/12/17(土) 09:50:47
三方原の戦いでは武田信玄を向こうに回して正面衝突してるぞ?
小牧・長久手でも秀吉と横綱相撲を取る程度には成長しているし。
ここまで見た
  • 190
  •  
  • 2016/12/17(土) 09:55:23
>>188
何かの本で読んだけど、大坂方が最も衝撃を受けたのは、
「豊臣恩顧」の大名ですら1人も味方しなかった事にあったのだそうで、
大砲はあまり戦局に寄与しなかったらしいけど。

先の戦争で、日本が広島・長崎への原爆投下以上に「ソ連の裏切り・参戦」に大ショックを受けた事と一緒。

どうせこのまま後詰め無しで戦い続けても、いずれは陥落するのであれば、
豊臣家の家名を残す為に「外堀だけなら」と講和を結んだのだとか。
ここまで見た
  • 191
  •  
  • 2016/12/17(土) 13:08:54
まあ、淀君とか大野治長とか頭おかしかったので、
父祖伝来の伊達郡や信夫郡を没収されて恨みを買っていた伊達政宗とかまで、「豊臣恩顧」大名にカウントしていたみたいだが。
ここまで見た
  • 192
  •  
  • 2016/12/17(土) 13:13:04
「無条件」の和睦に持ち込むべきだったんじゃないの?
武装解除という条件付き降伏ではなくて
ここまで見た
  • 193
  •  
  • 2016/12/17(土) 21:43:55
>>192
この時点で一気に攻め滅ぼす自信が無かったのと、
(家康は城攻めが下手と定評があった)
豊臣恩顧大名の動向が気になったんでしょ。
特に秀吉とは血縁関係も有る福島正則とか。

最初っから二段構えの作戦計画で、
冬の陣はデモンストレーションだったんじゃないの?
豊臣恩顧の諸大名に、完全に時代は変わったのだと告げる為に。
ここまで見た
  • 194
  •  
  • 2016/12/17(土) 21:50:38
加藤清正と、小早川隆景、竹中半兵衛、蒲生氏郷辺りがもう少し長生きしていれば、
歴史はどう変わったんだろう……

福島や加藤が30万石レベルを拝領してて、
蜂須賀も20万石相当を拝領してたとすれば、
竹中半兵衛も20万石~30万石相当は受領していたろう。
黒田官兵衛と違って野心も無かったようだし。

それなりの発言力と重みが有る軍師が、大坂の陣に生きていれば……
ここまで見た
  • 195
  •  
  • 2016/12/17(土) 23:28:06
夏の陣も、我慢してもう少し引きつけていれば家康蜂の巣になってたんじゃないの?
ここまで見た
  • 196
  •  
  • 2016/12/18(日) 01:44:01
今NHKまた真田特集やってるな
ここまで見た
  • 197
  •  
  • 2016/12/18(日) 12:51:58
何だかんだで、恩田木工とか佐久間象山とか、
幕末まで真田家って人材を輩出してるんだよなぁ……
まあ、恩田木工は「不在説」が有るけど。
ここまで見た
  • 198
  •  
  • 2016/12/18(日) 14:37:39
【島津に暗君なし】とか言われるけど、
「お由羅騒動」を引き起こして何人も死者を出した島津斉興は、普通に暗君だと思うんだけどなぁ……

それに、明治維新を迎えた際、
「ところで島津幕府はいつ出来るのだ?」
とか訊ねた島津久光も暗君だと思うし。

この言葉を真に受けて、やたら薩長贔屓で会津嫌いの頭のおかしな歴史家が出てきたから困る。
ここまで見た
  • 199
  •  
  • 2016/12/22(木) 12:36:44
夢物語だが、
一部地域だけで良いので、重農主義である儒教道徳が普及しないで、
重商主義政策を採用する藩が存在出来なかったものだろうか?
商売国家日本を先取りした姿を見てみたかったし、
諸外国に軍備や文化で出遅れる事も無かったのではないか?
ここまで見た
  • 200
  •  
  • 2016/12/22(木) 12:41:43
やっぱりそう考えると、島津と伊達の国替え辺りが適当なんだよな。
海外貿易に夢を馳せていた伊達には、ひたすら鹿児島と琉球で貿易に勤しんでもらう。
海外文化や兵器などを長崎以外からも輸入出来ていれば良かったのに。

どうせ鹿児島はシラス台地だから米は採れない。
(幕末までそうだった)
琉球には毎年のように台風の直撃が待っている。
謀反を起こそうとしても長期戦は不可能。
諸外国の文化交流を盛んに推し進めてもらいたかったものだ。
ここまで見た
  • 201
  •  
  • 2016/12/23(金) 00:29:34
正直当時は合衆国は存在しないし、アメリカにはヨーロッパ以外の勢力も健在だったよな?
うまいことどっかと貿易って出来なかったのだろうか?
ここまで見た
  • 202
  •  
  • 2016/12/25(日) 18:30:47
イギリスが撤退しちゃったのがなぁ……
せめて平戸商館は残しておいてほしかった
フェートン号事件とかも起こらなかったはずなのに。
ここまで見た
  • 203
  •  
  • 2016/12/25(日) 19:44:56
松前漬け~
ここまで見た
  • 204
  •  
  • 2016/12/25(日) 20:29:47
カウボーイが東の果てのカルフォルニアについた時には既にサムライが米作ってたみたいな映画誰か作らん?
ここまで見た
  • 205
  •  
  • 2016/12/25(日) 20:34:43
って西か、東の果ては太平洋渡る方だな
しかしフィリピン総督ってなんか扱い軽いな
ここまで見た
  • 206
  •  
  • 2016/12/26(月) 12:45:01
>>205
だってイエズス会の宣教師か何かじゃなかったっけ?
フィリピンではろくに資源も採れなかったし。
ここまで見た
  • 207
  •  
  • 2016/12/29(木) 14:00:31
豊臣五大老の毛利はともかく、
上杉って120万石も本当に持ってたのだろうか?
だって今の福島県と山形県のごく一部だけなんでしょ?
ここまで見た
  • 208
  •  
  • 2017/01/03(火) 18:26:16
光栄辺りが、江戸時代の生活を堪能出来るゲーム作ってくんないかなぁ。
大名プレイで倒幕を早めたり、幕藩体制のまま近代化に成功したり、
大商人として物凄い大金持ちになったり、
太閤立志伝のシステムで。
ここまで見た
  • 209
  •  
  • 2017/01/21(土) 17:05:42
江戸幕府が目指していた、共和制による近代日本も見てみたかったな。
ここまで見た
  • 210
  •  
  • 2017/05/26(金) 23:13:38
>>21
勘違いしてるけど、マレーシアもインドネシアもシンガポールもフィリピンも、
かつての日本の行動は「侵略だ」と非難しているからね?
韓国や中国と違って年がら年中日本非難を続けていないだけで、年輩世代には日本への恨みつらみも相当残ってる。
学校教科書でも日本軍は侵略者扱いだし、実際日本がどんなに善意で行動していたとしても「無い袖は振れない」。
恥ずべき強姦や略奪、虐殺なども存在しただろう事は言うまでもない。
ここまで見た
  • 211
  •  
  • 2017/05/27(土) 01:30:43
列強に侵略されてた国が侵略されたって、住所が変わるだけの話だな
期間が長かった所はその前を知らなくて比較対象を知らないということではないか?
ここまで見た
  • 212
  •  
  • 2017/05/27(土) 05:16:32
加えて、
「我が国の独立は日本のお陰」
なんて事になってしまったら、
スカルノやホーチミン、ガンジーなどの、彼らの国の独立の英雄たちの立つ瀬が無くなってしまうし。

別に中国や韓国だけに限らず、是が非でも日本の貢献を認めようとしないのは彼らにとっては当たり前の事。

日本も所詮は自国の国益の為にやった事なのだから、
取り立てて「俺様のお陰で独立出来たんだ~」とか馬鹿げた事を言わなくて宜しい。

フィリピンやビルマなど、確かに日本の支援によって独立した地域も有るが、
それは「そうした方が日本にとって都合が良かったから」でしかない。
ここまで見た
  • 213
  •  
  • 2017/06/18(日) 23:50:10
いわゆる、300諸侯って、大杉じゃね?
一万石や二万石でも大名とか、財政持たんだろ。
零細諸侯には参勤交代の免除とかあったはず(と推察する)が、誰か詳しい人教えれ。
ここまで見た
  • 214
  •  
  • 2017/06/19(月) 00:01:08
超高速参勤交代って実在の藩だったのか、しらんかった
ここまで見た
  • 215
  •  
  • 2017/06/19(月) 08:17:55
>>213
江戸定府の大名は結構居た。
名目では35万石を公称していたが実質10万石と言われていた貧乏御三家の水戸藩もその一つ。
会津藩の祖、保科正之もずっと江戸に詰めており、引退間近の60代に一度だけ己の墓所を定めに会津に帰ったっきりであった。
他にも認知には代官だけ派遣して己は江戸住まいという大名は結構存在した。
ここまで見た
  • 216
  •  
  • 2017/06/19(月) 12:55:49
諸国漫遊どころか水戸街道すら使わないって面白いな
ここまで見た
  • 217
  •  
  • 2017/06/25(日) 15:33:27
ついでに、参勤交代は形骸化しており、
半ば意地や見栄の為に続けられていたような状態であった。
豪勢な行列を下々の者に見せびらかす事は、武家にとって一種のステータスであったのだ。
馬鹿馬鹿しいと笑うかも知れないが、現代人だって外車やブランド物で身を固め見せびらかす人間は跡を絶たない。
参勤交代もそれと同じであった。

カラクリに気がついた藩では、参勤交代に金を使わずに済むような方法をあの手この手で考えた訳である。
「蘭癖大名」佐賀の鍋島直正などは、参勤交代に賭けられるだけの金が無かったので、
「病気」を理由に江戸に行かなかった事すら有った。
(当然幕府の許可は得ているが)

逆に、領土の支配は家老たちに任せ、自分は江戸に住み続ける事によって参勤交代しないで済ませる大名も居た。

ウルトラCのような裏技を思いついた上杉鷹山などは、
さっさと若年の内に隠居してしまい、自由な身分となってから藩政改革に精を出すような事例も有った。
(上杉鷹山は養子であり、養子入りした先で実子が生まれてしまった為に早々に隠居する事を余儀無くされた面もあるが)
ここまで見た
  • 218
  •  
  • 2017/06/25(日) 15:53:15
倹約令は出しても参勤交代は廃止されなかったわけだから、それなりにうまく行っていた制度ではあるんだろうな
ここまで見た
  • 219
  •  
  • 2017/06/25(日) 20:23:52
参勤交代で江戸に出てくるメリットも当然有った。
江戸時代の大名たちの多くは江戸生まれ、江戸育ちである。
大名の妻子は人質として江戸に置く事を義務づけられていた。
従って仙台伊達家であろうが、薩摩島津家であろうが、地元よりも江戸の水や食べ物の方が体質に合ったのである。
幕末の名君の一人であった島津斉彬は、父親に疎まれてなかなか大名になれなかった。
その分江戸暮らしが長かったのであるが、
大名となって初めて薩摩に入った時、全く会話が成立せず難儀したそうな。
見る物聞く物珍しい物だらけで、薩摩を代表する剣術、自顕流の稽古を見た斉彬は、
「狂った猿の遠吠えのような音」
を聞いて面食らっている。

それはさておき、参勤交代などによって江戸に各地方の風習や文化が流れてくる事は、
技術交流や学問交流の面から歓迎すべき事であった。
それまで日本列島には、共通した日本人意識などという物は皆無に等しかったのだが、
江戸時代250年によって、やっと「日本人らしさ」という物が日本全国津々浦々にまで広まったのである。
参勤交代と、庶民はお伊勢参りの成果であった。
ここまで見た
  • 220
  •  
  • 2017/07/23(日) 17:38:08
参勤交代自体しなかった者も居た。
さすがに大々名ではそんな者は居なかったようだが、
一万石程度の陣屋大名や、万石未満の領地を持った旗本の中には参勤交代をしなかった者も存在した。
彼らはずっと領地に居たのだ。

参勤交代は「義務ではなく自発性」というのは本当の事であった。
各大名たちは、参勤交代で煌びやかな大名行列を見せつけて民衆の話題をかっさらう事を誇りに思っていたのだ

第一、嫌々やらされていたのであれば、
大藩にもなれば数千や万単位の手勢を率いていたのだから、
そっくりそのまま倒幕軍に編成し直して関東で暴れ回れば良いのではないか?
江戸城陥落は無理でも、関東地方の各城はいくつか落とせるはずだろう
この時代、ストレスが溜まった大名が突如発狂するなんて事も珍しくはなかったのだから
ここまで見た
  • 221
  •  
  • 2017/08/22(火) 00:31:02
>>215
御三家でも尾張・紀伊と水戸ではかなり差があるような?
特に尾張、肥沃な濃尾平野・木曾の山林など実質100万石ぐらいで水戸とは大違い。
居城の名古屋城も巨大だし。
ここまで見た
  • 222
  •  
  • 2017/08/22(火) 02:25:55
>>221
水戸藩の初代藩主、徳川頼房は、失言が原因で徳川家康に疎まれたと言う。
尾張藩の祖、義直と、紀州藩の祖、頼宣、そして頼房の三人が子供の頃、
江戸城天守で家康と語り合った事があった。
家康は三人に、もし江戸城天守から飛び降りる代わりに何でも与えられるとしたら何が欲しいか三人に訊ねた。
頼房は「天下が欲しい」と答えた。
「地面に激突して死ぬまでの間であっても一度は天下を取ったという評価が残れば歴史に永遠に名前が残るから」
という理由であった。
家康は、頼房は野心家であると思い、以後大領土を与えなかったと言う。

これとは別の逸話として、家康がわざわざ頼房に言い含めて納得させた上で、
水戸藩だけは、何があっても幕府ではなく朝廷に仕えよと命じたという話がある。
将来、幕府と朝廷が争い、幕府が滅ぼされたとしても、水戸藩だけでも朝廷に忠勤を励んでいれば、最低でも徳川の家名は残る。
徳川家の菩提を弔う存在は残るからである。
ここまで見た

★お気に入り追加

このページを共有する
facebook twitter hatena line google mixi email
おすすめワード