facebook twitter hatena line google mixi email
★お気に入り追加


■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています


何年もユニシススレに粘着して、何の結果をもたらさない、無意味な書き込みを続ける
"林田力研究"を隔離するスレです。

彼の目的は明確なようですが、個人が証拠を証明できないネット上のみで活動をしています。
もし彼の意見に賛同する人はこのスレで彼と一緒に活動を行ってください。
ユニシス社員を装った、自作自演キャラが優しくサポートしてくれます。

ほっておくと、すぐに他スレでリンダ関係のおバカコピペ、バカ社員連呼のコピペのワンパターンを繰り返します。
適当にかまってあげてください。
ここまで見た
吉野健太郎の連邦には社会問題になっている脱法ハーブ店「吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」の広告リンクがある。
REGARDSでは薬事法の指定薬物を含む違法薬物を販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
吉野健太郎の連邦には代々木のゼロゼロ物件業者・グリーンウッド新宿店(吉野敏和)の広告リンクもある。ゼロゼロ物件も貧困ビジネスとして社会問題になっている。
グリーンウッドは重要事項説明義務違反や賃貸借契約書に記載なく退室立会費を徴収していた。
そのため、東京都から宅地建物取引業法第35条第1項(重要事項説明書の不記載)及び第37条第2項第3号(賃貸借契約書の不記載)違反で業務停止処分を受けた
(東京都都市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」2010年6月8日)。
グリーンウッドはアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)になっている。
6月現在、アトラスのホームページのタイトルは「東京で賃貸をお探しの方必見!新宿,池袋,渋谷エリア!」と業者名を出していない。
脱法ハーブ店と同じページに広告リンクが貼られている不動産業者はアトラスくらいではないか。
吉野健太郎(yoshinokentarou)はtwitterで以下の卑怯な呟きをした。
「たまに「俺だけにやれ!!」みたいな事を言われるけども、攻め方って人それぞれだと思うんですよね。相手が一番ダメージがる部分も「セット」でやる」
NHKのtwitterアカウントもビックリするであろう吉野健太郎発言である。バドミントン選手とは雲泥の差である。
吉野健太郎はアングラサイト「連邦」で「野焼きをしていたり、市の条例に引っかかるような事を会社ぐるみで画策していたり」と違法行為を自白した(「KeyGen Music - OVER 1300 Songs(iPhone用アプリケーション)」11/12/07)。
吉野健太郎は正規の契約を締結せずにデジタル有料放送を視聴するという反道徳的な行為も告白している。
吉野健太郎はSIFE慶應主催「ウケるブログセミナー」で感情失禁事件を起こした。
コンセプトエンジン(吉野健太郎社長、当時)はattosoftのWin高速化に類似した「Win高速化 Advanced XP ファクトリーパッケージ」「Win高速化 Advanced XP 2006」を発売し、抗議を受け、批判された。
ここまで見た
吉野健太郎の連邦には社会問題になっている脱法ハーブ店「吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」の広告リンクがある。
REGARDSでは薬事法の指定薬物を含む違法薬物を販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
吉野健太郎の連邦には代々木のゼロゼロ物件業者・グリーンウッド新宿店(吉野敏和)の広告リンクもある。ゼロゼロ物件も貧困ビジネスとして社会問題になっている。
グリーンウッドは重要事項説明義務違反や賃貸借契約書に記載なく退室立会費を徴収していた。
そのため、東京都から宅地建物取引業法第35条第1項(重要事項説明書の不記載)及び第37条第2項第3号(賃貸借契約書の不記載)違反で業務停止処分を受けた
(東京都都市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」2010年6月8日)。
グリーンウッドはアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)になっている。
6月現在、アトラスのホームページのタイトルは「東京で賃貸をお探しの方必見!新宿,池袋,渋谷エリア!」と業者名を出していない。
脱法ハーブ店と同じページに広告リンクが貼られている不動産業者はアトラスくらいではないか。
吉野健太郎(yoshinokentarou)はtwitterで以下の卑怯な呟きをした。
「たまに「俺だけにやれ!!」みたいな事を言われるけども、攻め方って人それぞれだと思うんですよね。相手が一番ダメージがる部分も「セット」でやる」
NHKのtwitterアカウントもビックリするであろう吉野健太郎発言である。バドミントン選手とは雲泥の差である。
吉野健太郎はアングラサイト「連邦」で「野焼きをしていたり、市の条例に引っかかるような事を会社ぐるみで画策していたり」と違法行為を自白した(「KeyGen Music - OVER 1300 Songs(iPhone用アプリケーション)」11/12/07)。
吉野健太郎は正規の契約を締結せずにデジタル有料放送を視聴するという反道徳的な行為も告白している。
吉野健太郎はSIFE慶應主催「ウケるブログセミナー」で感情失禁事件を起こした。
コンセプトエンジン(吉野健太郎社長、当時)はattosoftのWin高速化に類似した「Win高速化 Advanced XP ファクトリーパッケージ」「Win高速化 Advanced XP 2006」を発売し、抗議を受け、批判された。
ここまで見た
吉野健太郎の連邦には社会問題になっている脱法ハーブ店「吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」の広告リンクがある。
REGARDSでは薬事法の指定薬物を含む違法薬物を販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
吉野健太郎の連邦には代々木のゼロゼロ物件業者・グリーンウッド新宿店(吉野敏和)の広告リンクもある。ゼロゼロ物件も貧困ビジネスとして社会問題になっている。
グリーンウッドは重要事項説明義務違反や賃貸借契約書に記載なく退室立会費を徴収していた。
そのため、東京都から宅地建物取引業法第35条第1項(重要事項説明書の不記載)及び第37条第2項第3号(賃貸借契約書の不記載)違反で業務停止処分を受けた
(東京都都市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」2010年6月8日)。
グリーンウッドはアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)になっている。
6月現在、アトラスのホームページのタイトルは「東京で賃貸をお探しの方必見!新宿,池袋,渋谷エリア!」と業者名を出していない。
脱法ハーブ店と同じページに広告リンクが貼られている不動産業者はアトラスくらいではないか。
吉野健太郎(yoshinokentarou)はtwitterで以下の卑怯な呟きをした。
「たまに「俺だけにやれ!!」みたいな事を言われるけども、攻め方って人それぞれだと思うんですよね。相手が一番ダメージがる部分も「セット」でやる」
NHKのtwitterアカウントもビックリするであろう吉野健太郎発言である。バドミントン選手とは雲泥の差である。
吉野健太郎はアングラサイト「連邦」で「野焼きをしていたり、市の条例に引っかかるような事を会社ぐるみで画策していたり」と違法行為を自白した(「KeyGen Music - OVER 1300 Songs(iPhone用アプリケーション)」11/12/07)。
吉野健太郎は正規の契約を締結せずにデジタル有料放送を視聴するという反道徳的な行為も告白している。
吉野健太郎はSIFE慶應主催「ウケるブログセミナー」で感情失禁事件を起こした。
コンセプトエンジン(吉野健太郎社長、当時)はattosoftのWin高速化に類似した「Win高速化 Advanced XP ファクトリーパッケージ」「Win高速化 Advanced XP 2006」を発売し、抗議を受け、批判された。
ここまで見た
東急不動産(金指潔社長)係長だった高田知弘容疑者が、コンサルティングのクライアントに嫌がらせ電話を繰り返したとして逮捕されました。
(「東急不動産係長、女性社長に無言電話で逮捕」読売新聞2010年9月3日)
被害者は大阪府堺市のホテル運営会社の女性社長である。運営会社は2009年10月、東急不動産とコンサルタント契約を締結したが、契約内容や支払いに関してトラブルになっていました。
高田容疑者は東急不動産側の担当者で、2009年12月から2010年6月にかけ、取引相手であったホテル運営会社社長の携帯電話に番号非通知設定で、嫌がらせ電話を繰り返したといいます。
嫌がらせ電話の内容や回数はソースによって区々です。ほとんどが無言電話であったが、「壊れろ、壊れろ」という呻き声で女性を畏怖させたこともあったとされます。
また、回数は最低でも数十回であるが、約200回との情報もあります。
その粘着度は常識を遥かに超える異常なものです。
高田容疑者は「社長とトラブルになり、恨みを晴らしてやろうと思った」と述べています。
東急不動産は9月3日付ニュースリリース「弊社社員の逮捕について」で、「お相手の方、及び弊社のお客様、お取引先などの皆様には多大なご迷惑とご心配をお掛けし、深くお詫び申し上げます」と述べました。
高田知弘は、東急不動産のソリューション営業部係長です。 この男、取引先の女性ホテル運営会社社長に嫌がらせ電話をかけて逮捕だとか。
いくらごまかそうとしても、東急不動産ソリューション営業本部係長・高田知弘の悪行はごまかしようがないのにな。
東急不動産係長逮捕事件の研究を通して、ネット社会の問題点を議論しましょう。
> 高田知弘で検索しました。
ここまで見た
吉野健太郎の連邦には社会問題になっている脱法ハーブ店「吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」の広告リンクがある。
REGARDSでは薬事法の指定薬物を含む違法薬物を販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
吉野健太郎の連邦には代々木のゼロゼロ物件業者・グリーンウッド新宿店(吉野敏和)の広告リンクもある。ゼロゼロ物件も貧困ビジネスとして社会問題になっている。
グリーンウッドは重要事項説明義務違反や賃貸借契約書に記載なく退室立会費を徴収していた。
そのため、東京都から宅地建物取引業法第35条第1項(重要事項説明書の不記載)及び第37条第2項第3号(賃貸借契約書の不記載)違反で業務停止処分を受けた
(東京都都市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」2010年6月8日)。
グリーンウッドはアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)になっている。
6月現在、アトラスのホームページのタイトルは「東京で賃貸をお探しの方必見!新宿,池袋,渋谷エリア!」と業者名を出していない。
脱法ハーブ店と同じページに広告リンクが貼られている不動産業者はアトラスくらいではないか。
吉野健太郎(yoshinokentarou)はtwitterで以下の卑怯な呟きをした。
「たまに「俺だけにやれ!!」みたいな事を言われるけども、攻め方って人それぞれだと思うんですよね。相手が一番ダメージがる部分も「セット」でやる」
NHKのtwitterアカウントもビックリするであろう吉野健太郎発言である。バドミントン選手とは雲泥の差である。
吉野健太郎はアングラサイト「連邦」で「野焼きをしていたり、市の条例に引っかかるような事を会社ぐるみで画策していたり」と違法行為を自白した(「KeyGen Music - OVER 1300 Songs(iPhone用アプリケーション)」11/12/07)。
吉野健太郎は正規の契約を締結せずにデジタル有料放送を視聴するという反道徳的な行為も告白している。
吉野健太郎はSIFE慶應主催「ウケるブログセミナー」で感情失禁事件を起こした。
コンセプトエンジン(吉野健太郎社長、当時)はattosoftのWin高速化に類似した「Win高速化 Advanced XP ファクトリーパッケージ」「Win高速化 Advanced XP 2006」を発売し、抗議を受け、批判された。
ここまで見た
吉野健太郎の連邦には社会問題になっている脱法ハーブ店「吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」の広告リンクがある。
REGARDSでは薬事法の指定薬物を含む違法薬物を販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
吉野健太郎の連邦には代々木のゼロゼロ物件業者・グリーンウッド新宿店(吉野敏和)の広告リンクもある。ゼロゼロ物件も貧困ビジネスとして社会問題になっている。
グリーンウッドは重要事項説明義務違反や賃貸借契約書に記載なく退室立会費を徴収していた。
そのため、東京都から宅地建物取引業法第35条第1項(重要事項説明書の不記載)及び第37条第2項第3号(賃貸借契約書の不記載)違反で業務停止処分を受けた
(東京都都市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」2010年6月8日)。
グリーンウッドはアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)になっている。
6月現在、アトラスのホームページのタイトルは「東京で賃貸をお探しの方必見!新宿,池袋,渋谷エリア!」と業者名を出していない。
脱法ハーブ店と同じページに広告リンクが貼られている不動産業者はアトラスくらいではないか。
吉野健太郎(yoshinokentarou)はtwitterで以下の卑怯な呟きをした。
「たまに「俺だけにやれ!!」みたいな事を言われるけども、攻め方って人それぞれだと思うんですよね。相手が一番ダメージがる部分も「セット」でやる」
NHKのtwitterアカウントもビックリするであろう吉野健太郎発言である。バドミントン選手とは雲泥の差である。
吉野健太郎はアングラサイト「連邦」で「野焼きをしていたり、市の条例に引っかかるような事を会社ぐるみで画策していたり」と違法行為を自白した(「KeyGen Music - OVER 1300 Songs(iPhone用アプリケーション)」11/12/07)。
吉野健太郎は正規の契約を締結せずにデジタル有料放送を視聴するという反道徳的な行為も告白している。
吉野健太郎はSIFE慶應主催「ウケるブログセミナー」で感情失禁事件を起こした。
コンセプトエンジン(吉野健太郎社長、当時)はattosoftのWin高速化に類似した「Win高速化 Advanced XP ファクトリーパッケージ」「Win高速化 Advanced XP 2006」を発売し、抗議を受け、批判された。
ここまで見た
大手不動産会社・東急不動産(金指潔社長)の社員(従業員)がコンサルティングのクライアントに嫌がらせ電話を繰り返したとして2010年8月18日に逮捕された。
逮捕された人物は東急不動産ソリューション営業本部係長・高田知弘容疑者である。
堺区検は9月3日、大阪府迷惑防止条例違反で略式起訴し、堺簡裁は同じ日に罰金20万円の略式命令を出した。
被害者は大阪府堺市のホテル運営会社の女性社長である。運営会社は2009年10月、東急不動産とコンサルタント契約を締結したが、契約内容や支払いに関してトラブルになっていた。
高田容疑者は東急不動産側の担当者で、2009年12月から2010年6月にかけ、取引相手であったホテル運営会社社長の携帯電話に番号非通知設定で、嫌がらせ電話を繰り返したという。
嫌がらせ電話の内容や回数はソースによって区々である。ほとんどが無言電話であったが、「壊れろ、壊れろ」という呻き声で女性を畏怖させたこともあったとされる。
また、回数は最低でも数十回であるが、約200回との情報もある。
高田容疑者は「社長とトラブルになり、恨みを晴らしてやろうと思った」と述べている。
東急不動産は9月3日付ニュースリリース「弊社社員の逮捕について」で、「お相手の方、及び弊社のお客様、お取引先などの皆様には多大なご迷惑とご心配をお掛けし、深くお詫び申し上げます」と述べた。
東急不動産はビジネスで犯罪者を出したことになる。
高田容疑者の所属する東急不動産ソリューション営業本部では企業所有の不動産(CRE; Corporate Real Estate)を最適化するコンサルティングサービス(CRE戦略推進アドバイザリーサービス)・クレディールを展開している。
高田容疑者は週刊ダイヤモンド2009年7月25日号掲載のパブ記事「緻密な分析と堅実なソリューションでCRE戦略の意思決定をサポート」に顔写真入りで登場し、クレディールについて以下のように説明していた。
「営業や物流、生産などの拠点の現状を見直し、物件ごとに事業貢献度を測定します。
たとえば社員寮であれば、物件時価とともに入居率、運営コストなどを把握。
市場の現況を勘案しながら、より収益に貢献する活用策として運営の外部委託、他事業への転用、売却などのプランを提示します」
ここまで見た
大手不動産会社・東急不動産(金指潔社長)の社員(従業員)がコンサルティングのクライアントに嫌がらせ電話を繰り返したとして2010年8月18日に逮捕された。
逮捕された人物は東急不動産ソリューション営業本部係長・高田知弘容疑者である。
堺区検は9月3日、大阪府迷惑防止条例違反で略式起訴し、堺簡裁は同じ日に罰金20万円の略式命令を出した。
被害者は大阪府堺市のホテル運営会社の女性社長である。運営会社は2009年10月、東急不動産とコンサルタント契約を締結したが、契約内容や支払いに関してトラブルになっていた。
高田容疑者は東急不動産側の担当者で、2009年12月から2010年6月にかけ、取引相手であったホテル運営会社社長の携帯電話に番号非通知設定で、嫌がらせ電話を繰り返したという。
嫌がらせ電話の内容や回数はソースによって区々である。ほとんどが無言電話であったが、「壊れろ、壊れろ」という呻き声で女性を畏怖させたこともあったとされる。
また、回数は最低でも数十回であるが、約200回との情報もある。
高田容疑者は「社長とトラブルになり、恨みを晴らしてやろうと思った」と述べている。
東急不動産は9月3日付ニュースリリース「弊社社員の逮捕について」で、「お相手の方、及び弊社のお客様、お取引先などの皆様には多大なご迷惑とご心配をお掛けし、深くお詫び申し上げます」と述べた。
東急不動産はビジネスで犯罪者を出したことになる。
高田容疑者の所属する東急不動産ソリューション営業本部では企業所有の不動産(CRE; Corporate Real Estate)を最適化するコンサルティングサービス(CRE戦略推進アドバイザリーサービス)・クレディールを展開している。
高田容疑者は週刊ダイヤモンド2009年7月25日号掲載のパブ記事「緻密な分析と堅実なソリューションでCRE戦略の意思決定をサポート」に顔写真入りで登場し、クレディールについて以下のように説明していた。
「営業や物流、生産などの拠点の現状を見直し、物件ごとに事業貢献度を測定します。
たとえば社員寮であれば、物件時価とともに入居率、運営コストなどを把握。
市場の現況を勘案しながら、より収益に貢献する活用策として運営の外部委託、他事業への転用、売却などのプランを提示します」
ここまで見た
東急百貨店  認知症女性、服に月50万…百貨店に返金命令 読売新聞 6月14日(金)10時49分配信
認知症の女性が2008年に商品を購入した記録。毎週のように来店し、3月だけで約35万円、4月には約50万円の買い物をしたことが分かる
認知症の高齢者に対して、百貨店が大量に商品を売って裁判になるケースが各地で起きている。
今年4月には、女性客に4年半で約1100万円分の婦人服を売った東京都内の百貨店に対し、東京地裁が、一部は認知症発症後の売買契約だったと認めて購入代金約240万円の返金を命じた。
百貨店側は「特定の病気の人にだけ販売を拒否することはできない」としているが、売り手の姿勢が問われている。
訴えていたのは世田谷区の独り暮らしの女性(78)。渋谷区の東急百貨店東横店のブティックで、2006年からの4年半に280点の婦人服を買っていた。
離れて暮らす弟(70)によると、10年6月、身内の葬儀に参列した女性の上着とスカートの組み合わせがちぐはぐなことに気づき、自宅を訪ねると、「未開封のブラウスやジャケットが部屋中にあふれていた。ぞっとする光景だった」という。
同年8月に出た病院の診断は「アルツハイマー型認知症で、発症から5年ほど経過」。弟は同百貨店に事情を説明して商品を売らないよう頼んだが、同店は女性への販売を続けた。
弟は11年5月からは女性の成年後見人になり、12年2月、約1100万円の返金を求めて東京地裁に提訴した。
裁判で採用された証拠では、女性は毎週のように同百貨店を訪れ、ジャケットやコート、ブラウスなどを多いときには月に50万円以上購入。
同じ商品を複数回買ったことも、店員からブティックに無関係の健康食品を2万円で買ったこともあった。
「同百貨店に事情を説明して商品を売らないよう頼んだが、同店は女性への販売を続けた」これは問題よな
本当に売り手側の姿勢が問われる。 これじゃ買え買え詐欺と似たようなものだ
東急百貨店、認知症の老人を食い物にして儲けるなんて、人の風上にもおけないね。やり方が××人だ。
ここに、最低限の良心が無ければ、客をただのボケた老人と、馬鹿にする行為とも取れる。
商道徳の欠けたようなお話やね。商売は売る方も買う方も、どっちも満足やないとあかん。これを歪めてしまったら、正義が廃れるわ。
ここまで見た
吉野健太郎が条例違反の違法行為を自白
吉野健太郎はアングラサイト「連邦」で「野焼きをしていたり、市の条例に引っかかるような事を会社ぐるみで画策していたり」と違法行為を自白した(「KeyGen Music - OVER 1300 Songs(iPhone用アプリケーション)」11/12/07)。
吉野健太郎自身に違法性の認識もあり、悪質である。アングラサイトでも犯罪は犯罪である。
吉野健太郎は正規の契約を締結せずにデジタル有料放送を視聴するという反道徳的な行為も告白している。この人物は人間の屑と断言できる。この人物を信用してはならない。
吉野健太郎のアングラサイト「連邦」は反社会性が高いものである。
社会問題になっている脱法ハーブ店の広告「吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」が掲載されている。
広告が掲載された輸入雑貨店REGARDS(リガーズ)では薬事法指定成分を含む違法ドラッグを販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
脱法ハーブは危険だからダメ
合法ハーブは本当に危険だよマジでやめておいたほうが良い 軽い気持ちで合法だしとかいって手を出すと人生終わる
合法も症状変わらないけども。言葉にだまされちゃアカン。
人として正常な判断ができなくなるようなものの存在を認めるべきでない
また、連邦には同じく社会問題になっているゼロゼロ物件業者・グリーンウッド(吉野敏和)の広告も掲載されている。
グリーンウッドは重要事項説明義務違反などの宅建業法違反で東京都から業務停止処分を受けた。その後、グリーンウッドはアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)になっている。
ここまで見た
多くの脱法ドラッグ店では「お香」として販売し、「人体吸引用ではない」と言い訳するが、言い訳として成り立たない。
東京都は「決して摂取又は使用しないでください。」「身体に有害な作用を及ぼす物質が含まれているおそれが高く大変危険です。絶対に使用しないでください。」と摂取だけでなく、使用も危険とする
(東京都福祉保健局「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について〜麻薬・大麻・覚せい剤類似成分を検出〜」2012年2月28日)。
吉野健太郎の連邦がリンクを掲載する「ART TRICK 吉祥寺店」(旧shuffle吉祥寺店)は東京都武蔵野市にある。
「輸入雑貨店REGARDS」は輸入雑貨店REGARDS大宮本店、熊谷店、千葉店、所沢店などがあり、ブログの説明では
「インセンス お香 喫煙器具 輸入雑貨 アロマパーティーグッズ パイプ ローチ TUNE ガイガーカウンター」などを扱っている。
輸入雑貨店REGARDSで健康被害が問題視されている脱法ドラッグとガイガーカウンターを同列に扱っている点が興味深い。
放射能の危険デマを撒き散らす人々の中に健康や安全を全く考えていない放射脳が存在を裏付ける。
もともと吉野健太郎の連邦は有料放送のBS/CSを正規の契約せずに視聴した体験談のような反倫理的な内容がコンテンツとして掲載されている。
ブログ「uranewsだった」は連邦の記事を「あんなくだらないつーか、論理的にも時系列にすらもつながらない文章についていけるわけないだろ」と酷評する。
そして「当方なら間違っても広告なぞ出さない」と言い切っている。
ここまで見た
輸入雑貨店REGARDSが違法ドラッグ販売
輸入雑貨店REGARDS(リガーズ)では薬事法の指定薬物「JWH-018」が含まれた違法ドラッグ(脱法ハーブ)が販売されていた。
千葉県が発表した(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
違法ドラッグの製品名は「aura MIDI」で、3グラム入り4500円で「お香」として店頭販売されていた。
千葉県が7月4日に麻薬に近い有害成分を含みながら、流通している脱法ハーブを扱っている店の商品を分析したところ発覚した(「脱法ハーブ販売中止を指示 千葉県、指定薬物含有」産経新聞2012年8月1日)。
「JWH-018」は幻覚作用などがあるため、麻薬取締法で麻薬に指定され、使用や所持などが禁止される。
REGARDSは埼玉県さいたま市大宮区に本店があり、千葉県は埼玉県にも情報提供した。
REGARDSは吉野健太郎のアングラサイト連邦にも「ART TRICK 吉祥寺店」(旧shuffle吉祥寺店)と共にリンクが掲載されている。

千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日
1違反品の概要
製品名 aura MIDI
内容量(形状) 3g(植物細片)
検出された指定薬物 JWH-018
製造者等:調査中
販売店舗名称:REGARDS(リガーズ)
販売者住所:千葉市中央区栄町11-3
ここまで見た
ウケるブログセミナーのレポート
質問をした方が、ひとしきり応答があったあとで「そうやって、どんどん話をずらしていくんですよね! もっとまじめに掘り下げたりするかと思っていました、何とか云々」
と言っているあたりで感極まってしまって、涙が出て、僕は正直よく聞き取れなかったのでなんで泣いていたのか、本当に泣いていたのか分からなかったのですが、
さきっちょさんが「何で泣いてるんですか!」とツッコミを入れていて面白かったです。
その後、微妙に雰囲気が変わったのも面白かったので、来て良かったと思いました。
追記:先っちょピンク!さんによると、このとき、質問されていた方が、吉野健太郎さんのようです。
ウケるブログセミナーのレポート(追加)
突然飛び出したのが、<質問者>さんの質問です。最初は、「あなたのトークは"逆に言うと"と言いながら前後の文章が全く逆接になっていない。メチャクチャではないか」
というものだったと思います。この時点で、大半の人はなにが起こっているのか理解できず、きょとんとしていました。
ようやく質問の内容を理解した水野さんが、「あーいや、逆にって言いたくなってまう時もあるやン?」的に、返したところ、
「そうやって、どんどん話をずらしていくんですよね! もっとまじめに掘り下げたりするかと思っていました、何とか云々」
と質問が続き、途中で涙目になって(いるように見えた)のもあって、
事態を憂えたはーちゅうさんが「何で泣いてるんですか!」と突っ込み、その場は何となく流れた形になりました。
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/estate/1347427662/l50
https://sites.google.com/site/yoshinokentarou2
ここまで見た
東急百貨店  認知症女性、服に月50万…百貨店に返金命令 読売新聞 6月14日(金)10時49分配信
認知症の女性が2008年に商品を購入した記録。毎週のように来店し、3月だけで約35万円、4月には約50万円の買い物をしたことが分かる
認知症の高齢者に対して、百貨店が大量に商品を売って裁判になるケースが各地で起きている。
今年4月には、女性客に4年半で約1100万円分の婦人服を売った東京都内の百貨店に対し、東京地裁が、一部は認知症発症後の売買契約だったと認めて購入代金約240万円の返金を命じた。
百貨店側は「特定の病気の人にだけ販売を拒否することはできない」としているが、売り手の姿勢が問われている。
訴えていたのは世田谷区の独り暮らしの女性(78)。渋谷区の東急百貨店東横店のブティックで、2006年からの4年半に280点の婦人服を買っていた。
離れて暮らす弟(70)によると、10年6月、身内の葬儀に参列した女性の上着とスカートの組み合わせがちぐはぐなことに気づき、自宅を訪ねると、「未開封のブラウスやジャケットが部屋中にあふれていた。ぞっとする光景だった」という。
同年8月に出た病院の診断は「アルツハイマー型認知症で、発症から5年ほど経過」。弟は同百貨店に事情を説明して商品を売らないよう頼んだが、同店は女性への販売を続けた。
弟は11年5月からは女性の成年後見人になり、12年2月、約1100万円の返金を求めて東京地裁に提訴した。
裁判で採用された証拠では、女性は毎週のように同百貨店を訪れ、ジャケットやコート、ブラウスなどを多いときには月に50万円以上購入。
同じ商品を複数回買ったことも、店員からブティックに無関係の健康食品を2万円で買ったこともあった。
「同百貨店に事情を説明して商品を売らないよう頼んだが、同店は女性への販売を続けた」これは問題よな
本当に売り手側の姿勢が問われる。 これじゃ買え買え詐欺と似たようなものだ
東急百貨店、認知症の老人を食い物にして儲けるなんて、人の風上にもおけないね。やり方が××人だ。
ここに、最低限の良心が無ければ、客をただのボケた老人と、馬鹿にする行為とも取れる。
商道徳の欠けたようなお話やね。商売は売る方も買う方も、どっちも満足やないとあかん。これを歪めてしまったら、正義が廃れるわ。
ここまで見た
アトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)問題歴
2008年3月26日、グリーンウッドは埼玉県新座市内の賃貸マンションの1室の賃貸借契約の媒介業務で重要事項説明義務違反を犯した。
2009年12月18日、住まいの貧困に取り組むネットワークが「事前に内見をさせない」などグリーンウッドの問題を東京都知事石原慎太郎、東京都都市整備局住宅政策推進部不動産業課長、東京都生活文化スポーツ局消費生活部調査担当課長に申し入れる。
2010年4月23日、東京都が東京都広報でグリーンウッドの宅建業法違反について公開の聴聞を行うと告示した(東京都告示第七百二十号)。
2010年5月10日、東京都が都市整備局住宅政策推進部聴聞室でグリーンウッドの宅建業法違反の聴聞を実施した。グリーンウッドの吉野敏和は不誠実にも聴聞に欠席した。
2010年6月8日、東京都はグリーンウッドを宅建業法違反で業務停止処分とした(東京都都市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」)。
住まいの貧困に取り組むネットワークは業務停止中のグリーンウッドのウェブを「ふざけた記載」と批判する(シンエイエステートとグリーンウッドに対して東京都が行政処分)。
2011年12月16日、住まいの貧困に取り組むネットワークブログに「グリーンウッドは貸し物件ではなく、瑕疵物件しか無い」とのコメントが寄せられる。
埼玉県内の仲介物件では「水回りは全て漏れがあり、エアコンは動かず、ドア内側の姿見は何故か見えず、トイレは水の漏れのせいで、随時ピトピト音、おまけにジェット機の騒音に悩まされます」とする。
2012年4月頃、ホームメイトではグリーンウッドの企業名が株式会社アトラスとなる。
2012年5月頃、「アトラス東京」(株式会社アトラス、東京都知事(1)第93815号、中西真琴)として営業する。グリーンウッドのウェブサイトがアトラス東京にリダイレクトされる。
2012年6月頃、表記がアトラスになる。しかも、アトラスのホームページのタイトルは「東京で賃貸をお探しの方必見!新宿,池袋,渋谷エリア!」と業者名を出さないようになった。
2012年8月頃、アトラスのホームページのタイトルが「東京で賃貸をお探しの方必見!新宿,池袋,渋谷,神奈川,埼玉,群馬エリア!」と「神奈川,埼玉,群馬」が追加される。
アトラスは新宿,池袋,渋谷の物件中心でないのに「新宿,池袋,渋谷エリア」と表示していることが批判されていた。
ここまで見た
東急百貨店  認知症女性、服に月50万…百貨店に返金命令 読売新聞 6月14日(金)10時49分配信
認知症の女性が2008年に商品を購入した記録。毎週のように来店し、3月だけで約35万円、4月には約50万円の買い物をしたことが分かる
認知症の高齢者に対して、百貨店が大量に商品を売って裁判になるケースが各地で起きている。
今年4月には、女性客に4年半で約1100万円分の婦人服を売った東京都内の百貨店に対し、東京地裁が、一部は認知症発症後の売買契約だったと認めて購入代金約240万円の返金を命じた。
百貨店側は「特定の病気の人にだけ販売を拒否することはできない」としているが、売り手の姿勢が問われている。
訴えていたのは世田谷区の独り暮らしの女性(78)。渋谷区の東急百貨店東横店のブティックで、2006年からの4年半に280点の婦人服を買っていた。
離れて暮らす弟(70)によると、10年6月、身内の葬儀に参列した女性の上着とスカートの組み合わせがちぐはぐなことに気づき、自宅を訪ねると、「未開封のブラウスやジャケットが部屋中にあふれていた。ぞっとする光景だった」という。
同年8月に出た病院の診断は「アルツハイマー型認知症で、発症から5年ほど経過」。弟は同百貨店に事情を説明して商品を売らないよう頼んだが、同店は女性への販売を続けた。
弟は11年5月からは女性の成年後見人になり、12年2月、約1100万円の返金を求めて東京地裁に提訴した。
裁判で採用された証拠では、女性は毎週のように同百貨店を訪れ、ジャケットやコート、ブラウスなどを多いときには月に50万円以上購入。
同じ商品を複数回買ったことも、店員からブティックに無関係の健康食品を2万円で買ったこともあった。
「同百貨店に事情を説明して商品を売らないよう頼んだが、同店は女性への販売を続けた」これは問題よな
本当に売り手側の姿勢が問われる。 これじゃ買え買え詐欺と似たようなものだ
東急百貨店、認知症の老人を食い物にして儲けるなんて、人の風上にもおけないね。やり方が××人だ。
ここに、最低限の良心が無ければ、客をただのボケた老人と、馬鹿にする行為とも取れる。
商道徳の欠けたようなお話やね。商売は売る方も買う方も、どっちも満足やないとあかん。これを歪めてしまったら、正義が廃れるわ。
ここまで見た
あらためてグリーンウッド新宿店(吉野敏和、東京都知事(9)第40352号)のトラブル歴を紹介
2008年3月26日、グリーンウッドは埼玉県新座市内の賃貸マンションの1室の賃貸借契約の媒介業務で重要事項説明義務違反を犯した。
2009年12月18日、住まいの貧困に取り組むネットワークが「事前に内見をさせない」などグリーンウッドの問題を東京都知事石原慎太郎、東京都都市整備局住宅政策推進部不動産業課長、東京都生活文化スポーツ局消費生活部調査担当課長に申し入れる。
2010年4月23日、東京都が東京都広報でグリーンウッドの宅建業法違反について公開の聴聞を行うと告示した(東京都告示第七百二十号)。
2010年5月10日、東京都が都市整備局住宅政策推進部聴聞室でグリーンウッドの宅建業法違反の聴聞を実施した。グリーンウッドの吉野敏和は不誠実にも聴聞に欠席した。
2010年6月8日、東京都はグリーンウッドを宅建業法違反で業務停止処分とした(東京都都市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」)。
住まいの貧困に取り組むネットワークは業務停止中のグリーンウッドのウェブを「ふざけた記載」と批判する(シンエイエステートとグリーンウッドに対して東京都が行政処分)。
2011年12月16日、住まいの貧困に取り組むネットワークブログに「グリーンウッドは貸し物件ではなく、瑕疵物件しか無い」とのコメントが寄せられる。
埼玉県内の仲介物件では「水回りは全て漏れがあり、エアコンは動かず、ドア内側の姿見は何故か見えず、トイレは水の漏れのせいで、随時ピトピト音、おまけにジェット機の騒音に悩まされます」とする。
2012年4月頃、ホームメイトではグリーンウッドの企業名が株式会社アトラスとなる。
2012年5月頃、「アトラス東京」(株式会社アトラス、東京都知事(1)第93815号、中西真琴)として営業する。グリーンウッドのウェブサイトがアトラス東京にリダイレクトされる。
2012年6月頃、表記がアトラスになる。しかも、アトラスのホームページのタイトルは「東京で賃貸をお探しの方必見!新宿,池袋,渋谷エリア!」と業者名を出さないようになった。
2012年8月頃、アトラスのホームページのタイトルが「東京で賃貸をお探しの方必見!新宿,池袋,渋谷,神奈川,埼玉,群馬エリア!」と「神奈川,埼玉,群馬」が追加される。
ここまで見た
東急百貨店  認知症女性、服に月50万…百貨店に返金命令 読売新聞 6月14日(金)10時49分配信
認知症の女性が2008年に商品を購入した記録。毎週のように来店し、3月だけで約35万円、4月には約50万円の買い物をしたことが分かる
認知症の高齢者に対して、百貨店が大量に商品を売って裁判になるケースが各地で起きている。
今年4月には、女性客に4年半で約1100万円分の婦人服を売った東京都内の百貨店に対し、東京地裁が、一部は認知症発症後の売買契約だったと認めて購入代金約240万円の返金を命じた。
百貨店側は「特定の病気の人にだけ販売を拒否することはできない」としているが、売り手の姿勢が問われている。
訴えていたのは世田谷区の独り暮らしの女性(78)。渋谷区の東急百貨店東横店のブティックで、2006年からの4年半に280点の婦人服を買っていた。
離れて暮らす弟(70)によると、10年6月、身内の葬儀に参列した女性の上着とスカートの組み合わせがちぐはぐなことに気づき、自宅を訪ねると、「未開封のブラウスやジャケットが部屋中にあふれていた。ぞっとする光景だった」という。
同年8月に出た病院の診断は「アルツハイマー型認知症で、発症から5年ほど経過」。弟は同百貨店に事情を説明して商品を売らないよう頼んだが、同店は女性への販売を続けた。
弟は11年5月からは女性の成年後見人になり、12年2月、約1100万円の返金を求めて東京地裁に提訴した。
裁判で採用された証拠では、女性は毎週のように同百貨店を訪れ、ジャケットやコート、ブラウスなどを多いときには月に50万円以上購入。
同じ商品を複数回買ったことも、店員からブティックに無関係の健康食品を2万円で買ったこともあった。
「同百貨店に事情を説明して商品を売らないよう頼んだが、同店は女性への販売を続けた」これは問題よな
本当に売り手側の姿勢が問われる。 これじゃ買え買え詐欺と似たようなものだ
東急百貨店、認知症の老人を食い物にして儲けるなんて、人の風上にもおけないね。やり方が××人だ。
ここに、最低限の良心が無ければ、客をただのボケた老人と、馬鹿にする行為とも取れる。
商道徳の欠けたようなお話やね。商売は売る方も買う方も、どっちも満足やないとあかん。これを歪めてしまったら、正義が廃れるわ。
ここまで見た
<脱法ハーブ死亡事故>裁判員「アルコールよりも悪質」
毎日新聞 6月11日(火)2時8分配信
 脱法ハーブ吸引後の交通事故として全国で初めて危険運転致死罪を認定した10日の名
古屋地裁判決。裁判員は「アルコールよりも悪質」と脱法ハーブの危険性を指摘した。
 危険運転致死罪の法定刑の上限は懲役20年。名古屋地検は今回、ひき逃げと合わせて
懲役12年を求刑し、判決は懲役11年だった。判決後の記者会見で、裁判員からは「も
っと刑が重くていいのでは」との声も上がった。
 補充裁判員を務めた塾経営、中村信博さん(73)は会見で「検察の求刑は軽いという
裁判員の意見が多かった。脱法ハーブが社会問題になる中、これ以上まん延させてはいけ
ない」と厳罰化を求めた。
 亡くなった金沢咲月さんの遺族も判決について「遺族の思いとかけ離れていて納得でき
ない。犯人の行動は殺人としか考えられない」とコメントし、悔しさをにじませた。
 薬物問題に詳しい小森栄弁護士は「次々に新しい種類の脱法ハーブが現れる現状に有効
な手立てがなく、裁判員らは厳罰化による抑止効果を期待しているのだろう」と話す。
 地検幹部も、脱法ハーブによる事故は飲酒事故より悪質との考えを示しているが、今回
の求刑は死者が1人だったことなどを考慮したという。
 危険運転致死傷罪は2001年12月に施行された。
 脱法ハーブの影響による危険運転致傷罪については、京都地裁が昨年12月、吸引後に
追突事故を起こして3人を負傷させた会社員の男に初めて成立を認め、懲役1年10月の
実刑判決を言い渡した。【稲垣衆史】
ここまで見た
東急百貨店  認知症女性、服に月50万…百貨店に返金命令 読売新聞 6月14日(金)10時49分配信
認知症の女性が2008年に商品を購入した記録。毎週のように来店し、3月だけで約35万円、4月には約50万円の買い物をしたことが分かる
認知症の高齢者に対して、百貨店が大量に商品を売って裁判になるケースが各地で起きている。
今年4月には、女性客に4年半で約1100万円分の婦人服を売った東京都内の百貨店に対し、東京地裁が、一部は認知症発症後の売買契約だったと認めて購入代金約240万円の返金を命じた。
百貨店側は「特定の病気の人にだけ販売を拒否することはできない」としているが、売り手の姿勢が問われている。
訴えていたのは世田谷区の独り暮らしの女性(78)。渋谷区の東急百貨店東横店のブティックで、2006年からの4年半に280点の婦人服を買っていた。
離れて暮らす弟(70)によると、10年6月、身内の葬儀に参列した女性の上着とスカートの組み合わせがちぐはぐなことに気づき、自宅を訪ねると、「未開封のブラウスやジャケットが部屋中にあふれていた。ぞっとする光景だった」という。
同年8月に出た病院の診断は「アルツハイマー型認知症で、発症から5年ほど経過」。弟は同百貨店に事情を説明して商品を売らないよう頼んだが、同店は女性への販売を続けた。
弟は11年5月からは女性の成年後見人になり、12年2月、約1100万円の返金を求めて東京地裁に提訴した。
裁判で採用された証拠では、女性は毎週のように同百貨店を訪れ、ジャケットやコート、ブラウスなどを多いときには月に50万円以上購入。
同じ商品を複数回買ったことも、店員からブティックに無関係の健康食品を2万円で買ったこともあった。
「同百貨店に事情を説明して商品を売らないよう頼んだが、同店は女性への販売を続けた」これは問題よな
本当に売り手側の姿勢が問われる。 これじゃ買え買え詐欺と似たようなものだ
東急百貨店、認知症の老人を食い物にして儲けるなんて、人の風上にもおけないね。やり方が××人だ。
ここに、最低限の良心が無ければ、客をただのボケた老人と、馬鹿にする行為とも取れる。
商道徳の欠けたようなお話やね。商売は売る方も買う方も、どっちも満足やないとあかん。これを歪めてしまったら、正義が廃れるわ。
ここまで見た
大手不動産会社・東急不動産(金指潔社長)の社員(従業員)がコンサルティングのクライアントに嫌がらせ電話を繰り返したとして2010年8月18日に逮捕された。
逮捕された人物は東急不動産ソリューション営業本部係長・高田知弘容疑者である。
堺区検は9月3日、大阪府迷惑防止条例違反で略式起訴し、堺簡裁は同じ日に罰金20万円の略式命令を出した。
被害者は大阪府堺市のホテル運営会社の女性社長である。運営会社は2009年10月、東急不動産とコンサルタント契約を締結したが、契約内容や支払いに関してトラブルになっていた。
高田容疑者は東急不動産側の担当者で、2009年12月から2010年6月にかけ、取引相手であったホテル運営会社社長の携帯電話に番号非通知設定で、嫌がらせ電話を繰り返したという。
嫌がらせ電話の内容や回数はソースによって区々である。ほとんどが無言電話であったが、「壊れろ、壊れろ」という呻き声で女性を畏怖させたこともあったとされる。
また、回数は最低でも数十回であるが、約200回との情報もある。
高田容疑者は「社長とトラブルになり、恨みを晴らしてやろうと思った」と述べている。
東急不動産は9月3日付ニュースリリース「弊社社員の逮捕について」で、「お相手の方、及び弊社のお客様、お取引先などの皆様には多大なご迷惑とご心配をお掛けし、深くお詫び申し上げます」と述べた。
東急不動産はビジネスで犯罪者を出したことになる。
高田容疑者の所属する東急不動産ソリューション営業本部では企業所有の不動産(CRE; Corporate Real Estate)を最適化するコンサルティングサービス(CRE戦略推進アドバイザリーサービス)・クレディールを展開している。
高田容疑者は週刊ダイヤモンド2009年7月25日号掲載のパブ記事「緻密な分析と堅実なソリューションでCRE戦略の意思決定をサポート」に顔写真入りで登場し、クレディールについて以下のように説明していた。
「営業や物流、生産などの拠点の現状を見直し、物件ごとに事業貢献度を測定します。
たとえば社員寮であれば、物件時価とともに入居率、運営コストなどを把握。
市場の現況を勘案しながら、より収益に貢献する活用策として運営の外部委託、他事業への転用、売却などのプランを提示します」
ここまで見た
大手不動産会社・東急不動産(金指潔社長)の社員(従業員)がコンサルティングのクライアントに嫌がらせ電話を繰り返したとして2010年8月18日に逮捕された。
逮捕された人物は東急不動産ソリューション営業本部係長・高田知弘容疑者である。
堺区検は9月3日、大阪府迷惑防止条例違反で略式起訴し、堺簡裁は同じ日に罰金20万円の略式命令を出した。
被害者は大阪府堺市のホテル運営会社の女性社長である。運営会社は2009年10月、東急不動産とコンサルタント契約を締結したが、契約内容や支払いに関してトラブルになっていた。
高田容疑者は東急不動産側の担当者で、2009年12月から2010年6月にかけ、取引相手であったホテル運営会社社長の携帯電話に番号非通知設定で、嫌がらせ電話を繰り返したという。
嫌がらせ電話の内容や回数はソースによって区々である。ほとんどが無言電話であったが、「壊れろ、壊れろ」という呻き声で女性を畏怖させたこともあったとされる。
また、回数は最低でも数十回であるが、約200回との情報もある。
高田容疑者は「社長とトラブルになり、恨みを晴らしてやろうと思った」と述べている。
東急不動産は9月3日付ニュースリリース「弊社社員の逮捕について」で、「お相手の方、及び弊社のお客様、お取引先などの皆様には多大なご迷惑とご心配をお掛けし、深くお詫び申し上げます」と述べた。
東急不動産はビジネスで犯罪者を出したことになる。
高田容疑者の所属する東急不動産ソリューション営業本部では企業所有の不動産(CRE; Corporate Real Estate)を最適化するコンサルティングサービス(CRE戦略推進アドバイザリーサービス)・クレディールを展開している。
高田容疑者は週刊ダイヤモンド2009年7月25日号掲載のパブ記事「緻密な分析と堅実なソリューションでCRE戦略の意思決定をサポート」に顔写真入りで登場し、クレディールについて以下のように説明していた。
「営業や物流、生産などの拠点の現状を見直し、物件ごとに事業貢献度を測定します。
たとえば社員寮であれば、物件時価とともに入居率、運営コストなどを把握。
市場の現況を勘案しながら、より収益に貢献する活用策として運営の外部委託、他事業への転用、売却などのプランを提示します」
ここまで見た
2004年の東急ハンズ過労死事案、やっと和解できて御遺族の皆様も一段落でしょうか・・
尊い命と引き換えに何が変わらなければいけないのか立法府の方々も肝に銘じて頂きたい。
また、過労死には至らねど、障害者になってしまった人間もいることを忘れないでほしい。

東急ハンズ(渋谷)にもブラック企業大賞授賞式の招待状を届けに行き、97年に元従業
員の過労死があったためにブラック企業候補にあがっていると説明すると担当者が出てき
た。「あれ以来、社内でも労務管理の改善に努めている」と。しかし、何をどう改善して
いるのか、という説明はない。ワタミも同じ
まずは東急ハンズの担当者が真摯に対応したことはマルとする。しかし「97年の過労
死」という事実に対して「もう昔のことですが・・・」と返したところは気に入らない。
職場で従業員が死ぬということ、しかも長時間労働が原因であってはならないことだと言
いたい。

回答:株式会社東急ハンズ
TVCMや生活に身近さ故に、庶民が抱く企業イメージとは裏腹に過酷な労働を強いられてる
人達がいる。もっともっと世間に知らせねば。そして変えなければ。

昔東急ハンズでバイトしてたけど、品出しとかは営業時間外しかやらせてもらえなかった。
平日の客が少ないような時でも。繁忙期だと残業になるに決まってる。今も変わってない
んだなと事例を見て納得。社員にならなくてよかった。
ここまで見た
吉野健太郎の連邦には社会問題になっている脱法ハーブ店「吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」の広告リンクがある。
REGARDSでは薬事法の指定薬物を含む違法薬物を販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
吉野健太郎の連邦には代々木のゼロゼロ物件業者・グリーンウッド新宿店(吉野敏和)の広告リンクもある。ゼロゼロ物件も貧困ビジネスとして社会問題になっている。
グリーンウッドは重要事項説明義務違反や賃貸借契約書に記載なく退室立会費を徴収していた。
そのため、東京都から宅地建物取引業法第35条第1項(重要事項説明書の不記載)及び第37条第2項第3号(賃貸借契約書の不記載)違反で業務停止処分を受けた
(東京都都市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」2010年6月8日)。
グリーンウッドはアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)になっている。
6月現在、アトラスのホームページのタイトルは「東京で賃貸をお探しの方必見!新宿,池袋,渋谷エリア!」と業者名を出していない。
脱法ハーブ店と同じページに広告リンクが貼られている不動産業者はアトラスくらいではないか。
吉野健太郎(yoshinokentarou)はtwitterで以下の卑怯な呟きをした。
「たまに「俺だけにやれ!!」みたいな事を言われるけども、攻め方って人それぞれだと思うんですよね。相手が一番ダメージがる部分も「セット」でやる」
NHKのtwitterアカウントもビックリするであろう吉野健太郎発言である。バドミントン選手とは雲泥の差である。
吉野健太郎はアングラサイト「連邦」で「野焼きをしていたり、市の条例に引っかかるような事を会社ぐるみで画策していたり」と違法行為を自白した(「KeyGen Music - OVER 1300 Songs(iPhone用アプリケーション)」11/12/07)。
吉野健太郎は正規の契約を締結せずにデジタル有料放送を視聴するという反道徳的な行為も告白している。
吉野健太郎はSIFE慶應主催「ウケるブログセミナー」で感情失禁事件を起こした。
コンセプトエンジン(吉野健太郎社長、当時)はattosoftのWin高速化に類似した「Win高速化 Advanced XP ファクトリーパッケージ」「Win高速化 Advanced XP 2006」を発売し、抗議を受け、批判された。
ここまで見た
大手不動産会社・東急不動産(金指潔社長)の社員(従業員)がコンサルティングのクライアントに嫌がらせ電話を繰り返したとして2010年8月18日に逮捕された。
逮捕された人物は東急不動産ソリューション営業本部係長・高田知弘容疑者である。
堺区検は9月3日、大阪府迷惑防止条例違反で略式起訴し、堺簡裁は同じ日に罰金20万円の略式命令を出した。
被害者は大阪府堺市のホテル運営会社の女性社長である。運営会社は2009年10月、東急不動産とコンサルタント契約を締結したが、契約内容や支払いに関してトラブルになっていた。
高田容疑者は東急不動産側の担当者で、2009年12月から2010年6月にかけ、取引相手であったホテル運営会社社長の携帯電話に番号非通知設定で、嫌がらせ電話を繰り返したという。
嫌がらせ電話の内容や回数はソースによって区々である。ほとんどが無言電話であったが、「壊れろ、壊れろ」という呻き声で女性を畏怖させたこともあったとされる。
また、回数は最低でも数十回であるが、約200回との情報もある。
高田容疑者は「社長とトラブルになり、恨みを晴らしてやろうと思った」と述べている。
東急不動産は9月3日付ニュースリリース「弊社社員の逮捕について」で、「お相手の方、及び弊社のお客様、お取引先などの皆様には多大なご迷惑とご心配をお掛けし、深くお詫び申し上げます」と述べた。
東急不動産はビジネスで犯罪者を出したことになる。
高田容疑者の所属する東急不動産ソリューション営業本部では企業所有の不動産(CRE; Corporate Real Estate)を最適化するコンサルティングサービス(CRE戦略推進アドバイザリーサービス)・クレディールを展開している。
高田容疑者は週刊ダイヤモンド2009年7月25日号掲載のパブ記事「緻密な分析と堅実なソリューションでCRE戦略の意思決定をサポート」に顔写真入りで登場し、クレディールについて以下のように説明していた。
「営業や物流、生産などの拠点の現状を見直し、物件ごとに事業貢献度を測定します。
たとえば社員寮であれば、物件時価とともに入居率、運営コストなどを把握。
市場の現況を勘案しながら、より収益に貢献する活用策として運営の外部委託、他事業への転用、売却などのプランを提示します」
ここまで見た
東急百貨店  認知症女性、服に月50万…百貨店に返金命令 読売新聞 6月14日(金)10時49分配信
認知症の女性が2008年に商品を購入した記録。毎週のように来店し、3月だけで約35万円、4月には約50万円の買い物をしたことが分かる
認知症の高齢者に対して、百貨店が大量に商品を売って裁判になるケースが各地で起きている。
今年4月には、女性客に4年半で約1100万円分の婦人服を売った東京都内の百貨店に対し、東京地裁が、一部は認知症発症後の売買契約だったと認めて購入代金約240万円の返金を命じた。
百貨店側は「特定の病気の人にだけ販売を拒否することはできない」としているが、売り手の姿勢が問われている。
訴えていたのは世田谷区の独り暮らしの女性(78)。渋谷区の東急百貨店東横店のブティックで、2006年からの4年半に280点の婦人服を買っていた。
離れて暮らす弟(70)によると、10年6月、身内の葬儀に参列した女性の上着とスカートの組み合わせがちぐはぐなことに気づき、自宅を訪ねると、「未開封のブラウスやジャケットが部屋中にあふれていた。ぞっとする光景だった」という。
同年8月に出た病院の診断は「アルツハイマー型認知症で、発症から5年ほど経過」。弟は同百貨店に事情を説明して商品を売らないよう頼んだが、同店は女性への販売を続けた。
弟は11年5月からは女性の成年後見人になり、12年2月、約1100万円の返金を求めて東京地裁に提訴した。
裁判で採用された証拠では、女性は毎週のように同百貨店を訪れ、ジャケットやコート、ブラウスなどを多いときには月に50万円以上購入。
同じ商品を複数回買ったことも、店員からブティックに無関係の健康食品を2万円で買ったこともあった。
「同百貨店に事情を説明して商品を売らないよう頼んだが、同店は女性への販売を続けた」これは問題よな
本当に売り手側の姿勢が問われる。 これじゃ買え買え詐欺と似たようなものだ
東急百貨店、認知症の老人を食い物にして儲けるなんて、人の風上にもおけないね。やり方が××人だ。
ここに、最低限の良心が無ければ、客をただのボケた老人と、馬鹿にする行為とも取れる。
商道徳の欠けたようなお話やね。商売は売る方も買う方も、どっちも満足やないとあかん。これを歪めてしまったら、正義が廃れるわ。
ここまで見た
吉野健太郎の連邦には社会問題になっている脱法ハーブ店「吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」の広告リンクがある。
REGARDSでは薬事法の指定薬物を含む違法薬物を販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
吉野健太郎の連邦には代々木のゼロゼロ物件業者・グリーンウッド新宿店(吉野敏和)の広告リンクもある。ゼロゼロ物件も貧困ビジネスとして社会問題になっている。
グリーンウッドは重要事項説明義務違反や賃貸借契約書に記載なく退室立会費を徴収していた。
そのため、東京都から宅地建物取引業法第35条第1項(重要事項説明書の不記載)及び第37条第2項第3号(賃貸借契約書の不記載)違反で業務停止処分を受けた
(東京都都市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」2010年6月8日)。
グリーンウッドはアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)になっている。
6月現在、アトラスのホームページのタイトルは「東京で賃貸をお探しの方必見!新宿,池袋,渋谷エリア!」と業者名を出していない。
脱法ハーブ店と同じページに広告リンクが貼られている不動産業者はアトラスくらいではないか。
吉野健太郎(yoshinokentarou)はtwitterで以下の卑怯な呟きをした。
「たまに「俺だけにやれ!!」みたいな事を言われるけども、攻め方って人それぞれだと思うんですよね。相手が一番ダメージがる部分も「セット」でやる」
NHKのtwitterアカウントもビックリするであろう吉野健太郎発言である。バドミントン選手とは雲泥の差である。
吉野健太郎はアングラサイト「連邦」で「野焼きをしていたり、市の条例に引っかかるような事を会社ぐるみで画策していたり」と違法行為を自白した(「KeyGen Music - OVER 1300 Songs(iPhone用アプリケーション)」11/12/07)。
吉野健太郎は正規の契約を締結せずにデジタル有料放送を視聴するという反道徳的な行為も告白している。
吉野健太郎はSIFE慶應主催「ウケるブログセミナー」で感情失禁事件を起こした。
コンセプトエンジン(吉野健太郎社長、当時)はattosoftのWin高速化に類似した「Win高速化 Advanced XP ファクトリーパッケージ」「Win高速化 Advanced XP 2006」を発売し、抗議を受け、批判された。
ここまで見た
大手不動産会社・東急不動産(金指潔社長)の社員(従業員)がコンサルティングのクライアントに嫌がらせ電話を繰り返したとして2010年8月18日に逮捕された。
逮捕された人物は東急不動産ソリューション営業本部係長・高田知弘容疑者である。
堺区検は9月3日、大阪府迷惑防止条例違反で略式起訴し、堺簡裁は同じ日に罰金20万円の略式命令を出した。
被害者は大阪府堺市のホテル運営会社の女性社長である。運営会社は2009年10月、東急不動産とコンサルタント契約を締結したが、契約内容や支払いに関してトラブルになっていた。
高田容疑者は東急不動産側の担当者で、2009年12月から2010年6月にかけ、取引相手であったホテル運営会社社長の携帯電話に番号非通知設定で、嫌がらせ電話を繰り返したという。
嫌がらせ電話の内容や回数はソースによって区々である。ほとんどが無言電話であったが、「壊れろ、壊れろ」という呻き声で女性を畏怖させたこともあったとされる。
また、回数は最低でも数十回であるが、約200回との情報もある。
高田容疑者は「社長とトラブルになり、恨みを晴らしてやろうと思った」と述べている。
東急不動産は9月3日付ニュースリリース「弊社社員の逮捕について」で、「お相手の方、及び弊社のお客様、お取引先などの皆様には多大なご迷惑とご心配をお掛けし、深くお詫び申し上げます」と述べた。
東急不動産はビジネスで犯罪者を出したことになる。
高田容疑者の所属する東急不動産ソリューション営業本部では企業所有の不動産(CRE; Corporate Real Estate)を最適化するコンサルティングサービス(CRE戦略推進アドバイザリーサービス)・クレディールを展開している。
高田容疑者は週刊ダイヤモンド2009年7月25日号掲載のパブ記事「緻密な分析と堅実なソリューションでCRE戦略の意思決定をサポート」に顔写真入りで登場し、クレディールについて以下のように説明していた。
「営業や物流、生産などの拠点の現状を見直し、物件ごとに事業貢献度を測定します。
たとえば社員寮であれば、物件時価とともに入居率、運営コストなどを把握。
市場の現況を勘案しながら、より収益に貢献する活用策として運営の外部委託、他事業への転用、売却などのプランを提示します」
ここまで見た
東急百貨店  認知症女性、服に月50万…百貨店に返金命令 読売新聞 6月14日(金)10時49分配信
認知症の女性が2008年に商品を購入した記録。毎週のように来店し、3月だけで約35万円、4月には約50万円の買い物をしたことが分かる
認知症の高齢者に対して、百貨店が大量に商品を売って裁判になるケースが各地で起きている。
今年4月には、女性客に4年半で約1100万円分の婦人服を売った東京都内の百貨店に対し、東京地裁が、一部は認知症発症後の売買契約だったと認めて購入代金約240万円の返金を命じた。
百貨店側は「特定の病気の人にだけ販売を拒否することはできない」としているが、売り手の姿勢が問われている。
訴えていたのは世田谷区の独り暮らしの女性(78)。渋谷区の東急百貨店東横店のブティックで、2006年からの4年半に280点の婦人服を買っていた。
離れて暮らす弟(70)によると、10年6月、身内の葬儀に参列した女性の上着とスカートの組み合わせがちぐはぐなことに気づき、自宅を訪ねると、「未開封のブラウスやジャケットが部屋中にあふれていた。ぞっとする光景だった」という。
同年8月に出た病院の診断は「アルツハイマー型認知症で、発症から5年ほど経過」。弟は同百貨店に事情を説明して商品を売らないよう頼んだが、同店は女性への販売を続けた。
弟は11年5月からは女性の成年後見人になり、12年2月、約1100万円の返金を求めて東京地裁に提訴した。
裁判で採用された証拠では、女性は毎週のように同百貨店を訪れ、ジャケットやコート、ブラウスなどを多いときには月に50万円以上購入。
同じ商品を複数回買ったことも、店員からブティックに無関係の健康食品を2万円で買ったこともあった。
「同百貨店に事情を説明して商品を売らないよう頼んだが、同店は女性への販売を続けた」これは問題よな
本当に売り手側の姿勢が問われる。 これじゃ買え買え詐欺と似たようなものだ
東急百貨店、認知症の老人を食い物にして儲けるなんて、人の風上にもおけないね。やり方が××人だ。
ここに、最低限の良心が無ければ、客をただのボケた老人と、馬鹿にする行為とも取れる。
商道徳の欠けたようなお話やね。商売は売る方も買う方も、どっちも満足やないとあかん。これを歪めてしまったら、正義が廃れるわ。
ここまで見た
332:08/20(火) 01:25 ??? [age]
ブランズタワー南堀江の排気ガス濃度は半端ない。
だって、高速道路ほぼ毎日渋滞するんだもん。
333:08/20(火) 18:05 ??? [ブランズ]
同感です。あそこに住むと確実に健康を害しそうです。
332:08/20(火) 01:25 ??? [age]
ブランズタワー南堀江の排気ガス濃度は半端ない。
だって、高速道路ほぼ毎日渋滞するんだもん。
333:08/20(火) 18:05 ??? [ブランズ]
同感です。あそこに住むと確実に健康を害しそうです。
332:08/20(火) 01:25 ??? [age]
ブランズタワー南堀江の排気ガス濃度は半端ない。
だって、高速道路ほぼ毎日渋滞するんだもん。
333:08/20(火) 18:05 ??? [ブランズ]
同感です。あそこに住むと確実に健康を害しそうです。
ここまで見た
吉野健太郎の連邦には社会問題になっている脱法ハーブ店「吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」の広告リンクがある。
REGARDSでは薬事法の指定薬物を含む違法薬物を販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
吉野健太郎の連邦には代々木のゼロゼロ物件業者・グリーンウッド新宿店(吉野敏和)の広告リンクもある。ゼロゼロ物件も貧困ビジネスとして社会問題になっている。
グリーンウッドは重要事項説明義務違反や賃貸借契約書に記載なく退室立会費を徴収していた。
そのため、東京都から宅地建物取引業法第35条第1項(重要事項説明書の不記載)及び第37条第2項第3号(賃貸借契約書の不記載)違反で業務停止処分を受けた
(東京都都市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」2010年6月8日)。
グリーンウッドはアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)になっている。
6月現在、アトラスのホームページのタイトルは「東京で賃貸をお探しの方必見!新宿,池袋,渋谷エリア!」と業者名を出していない。
脱法ハーブ店と同じページに広告リンクが貼られている不動産業者はアトラスくらいではないか。
吉野健太郎(yoshinokentarou)はtwitterで以下の卑怯な呟きをした。
「たまに「俺だけにやれ!!」みたいな事を言われるけども、攻め方って人それぞれだと思うんですよね。相手が一番ダメージがる部分も「セット」でやる」
NHKのtwitterアカウントもビックリするであろう吉野健太郎発言である。バドミントン選手とは雲泥の差である。
吉野健太郎はアングラサイト「連邦」で「野焼きをしていたり、市の条例に引っかかるような事を会社ぐるみで画策していたり」と違法行為を自白した(「KeyGen Music - OVER 1300 Songs(iPhone用アプリケーション)」11/12/07)。
吉野健太郎は正規の契約を締結せずにデジタル有料放送を視聴するという反道徳的な行為も告白している。
吉野健太郎はSIFE慶應主催「ウケるブログセミナー」で感情失禁事件を起こした。
コンセプトエンジン(吉野健太郎社長、当時)はattosoftのWin高速化に類似した「Win高速化 Advanced XP ファクトリーパッケージ」「Win高速化 Advanced XP 2006」を発売し、抗議を受け、批判された。
ここまで見た
大手不動産会社・東急不動産(金指潔社長)の社員(従業員)がコンサルティングのクライアントに嫌がらせ電話を繰り返したとして2010年8月18日に逮捕された。
逮捕された人物は東急不動産ソリューション営業本部係長・高田知弘容疑者である。
堺区検は9月3日、大阪府迷惑防止条例違反で略式起訴し、堺簡裁は同じ日に罰金20万円の略式命令を出した。
被害者は大阪府堺市のホテル運営会社の女性社長である。運営会社は2009年10月、東急不動産とコンサルタント契約を締結したが、契約内容や支払いに関してトラブルになっていた。
高田容疑者は東急不動産側の担当者で、2009年12月から2010年6月にかけ、取引相手であったホテル運営会社社長の携帯電話に番号非通知設定で、嫌がらせ電話を繰り返したという。
嫌がらせ電話の内容や回数はソースによって区々である。ほとんどが無言電話であったが、「壊れろ、壊れろ」という呻き声で女性を畏怖させたこともあったとされる。
また、回数は最低でも数十回であるが、約200回との情報もある。
高田容疑者は「社長とトラブルになり、恨みを晴らしてやろうと思った」と述べている。
東急不動産は9月3日付ニュースリリース「弊社社員の逮捕について」で、「お相手の方、及び弊社のお客様、お取引先などの皆様には多大なご迷惑とご心配をお掛けし、深くお詫び申し上げます」と述べた。
東急不動産はビジネスで犯罪者を出したことになる。
高田容疑者の所属する東急不動産ソリューション営業本部では企業所有の不動産(CRE; Corporate Real Estate)を最適化するコンサルティングサービス(CRE戦略推進アドバイザリーサービス)・クレディールを展開している。
高田容疑者は週刊ダイヤモンド2009年7月25日号掲載のパブ記事「緻密な分析と堅実なソリューションでCRE戦略の意思決定をサポート」に顔写真入りで登場し、クレディールについて以下のように説明していた。
「営業や物流、生産などの拠点の現状を見直し、物件ごとに事業貢献度を測定します。
たとえば社員寮であれば、物件時価とともに入居率、運営コストなどを把握。
市場の現況を勘案しながら、より収益に貢献する活用策として運営の外部委託、他事業への転用、売却などのプランを提示します」
ここまで見た
  • 431
  •  
吉野健太郎の連邦には社会問題になっている脱法ハーブ店「吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」の広告リンクがある。
REGARDSでは薬事法の指定薬物を含む違法薬物を販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
輸入雑貨店REGARDSには熊谷店や所沢店、錦糸町店などがある。REGARDS錦糸町店は脱法ハーブ店「神輿 -354-」と同じ住所、同じ電話番号である。姉妹店に「宴-Fiesta-」「梵神-BONG JING-」「FeS〜祭」「HOTSPICE」「HOTDEEJAY」がある。
吉野健太郎は不正B-CASカードでデジタル有料放送を視聴するという違法行為も告白している。
吉野健太郎の連邦には代々木のゼロゼロ物件業者・グリーンウッド新宿店(吉野敏和)の広告リンクもある。ゼロゼロ物件も貧困ビジネスとして社会問題になっている。
グリーンウッドは重要事項説明義務違反や賃貸借契約書に記載なく退室立会費を徴収していた。
そのため、東京都から宅地建物取引業法第35条第1項(重要事項説明書の不記載)及び第37条第2項第3号(賃貸借契約書の不記載)違反で業務停止処分を受けた
(東京都都市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」2010年6月8日)。
グリーンウッドはアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)になっている。
6月現在、アトラスのホームページのタイトルは「東京で賃貸をお探しの方必見!新宿,池袋,渋谷エリア!」と業者名を出していない。
脱法ハーブ店と同じページに広告リンクが貼られている不動産業者はアトラスくらいではないか。
吉野健太郎(yoshinokentarou)はtwitterで以下の卑怯な呟きをした。
「たまに「俺だけにやれ!!」みたいな事を言われるけども、攻め方って人それぞれだと思うんですよね。相手が一番ダメージがる部分も「セット」でやる」
NHKのtwitterアカウントもビックリするであろう吉野健太郎発言である。バドミントン選手とは雲泥の差である。
吉野健太郎はアングラサイト「連邦」で「野焼きをしていたり、市の条例に引っかかるような事を会社ぐるみで画策していたり」と違法行為を自白した(「KeyGen Music - OVER 1300 Songs(iPhone用アプリケーション)」11/12/07)。
ここまで見た
  • 432
  •  
吉野健太郎が条例違反の違法行為を自白
吉野健太郎はアングラサイト「連邦」で「野焼きをしていたり、市の条例に引っかかるような事を会社ぐるみで画策していたり」と違法行為を自白した(「KeyGen Music - OVER 1300 Songs(iPhone用アプリケーション)」11/12/07)。
吉野健太郎自身に違法性の認識もあり、悪質である。アングラサイトでも犯罪は犯罪である。
吉野健太郎は正規の契約を締結せずにデジタル有料放送を視聴するという反道徳的な行為も告白している。この人物は人間の屑と断言できる。この人物を信用してはならない。
吉野健太郎のアングラサイト「連邦」は反社会性が高いものである。
社会問題になっている脱法ハーブ店の広告「吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」が掲載されている。
広告が掲載された輸入雑貨店REGARDS(リガーズ)では薬事法指定成分を含む違法ドラッグを販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
輸入雑貨店REGARDSには熊谷店や所沢店、錦糸町店などがある。REGARDS錦糸町店は脱法ハーブ店「神輿 -354-」と同じ住所、同じ電話番号である。姉妹店に「宴-Fiesta-」「梵神-BONG JING-」「FeS〜祭」「HOTSPICE」「HOTDEEJAY」がある。
吉野健太郎は不正B-CASカードでデジタル有料放送を視聴するという違法行為も告白している。
脱法ハーブは危険だからダメ
合法ハーブは本当に危険だよマジでやめておいたほうが良い 軽い気持ちで合法だしとかいって手を出すと人生終わる
合法も症状変わらないけども。言葉にだまされちゃアカン。
人として正常な判断ができなくなるようなものの存在を認めるべきでない
また、連邦には同じく社会問題になっているゼロゼロ物件業者・グリーンウッド(吉野敏和)の広告も掲載されている。
グリーンウッドは重要事項説明義務違反などの宅建業法違反で東京都から業務停止処分を受けた。その後、グリーンウッドはアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)になっている。
ここまで見た
貧困ビジネスとして社会問題になっているゼロゼロ物件業者と、同じく社会問題になっている脱法ハーブ店の広告リンクが同じウェブサイトに掲載されていた。
問題のサイトは吉野健太郎のアングラサイト「連邦」である(2012年8月確認)。
連邦のトップページ上部の目立つ場所には「とても安い!吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」のリンクがある。
REGARDS大宮店のバナー「埼玉県で合法ハーブを買うなら種類豊富で手渡し可能なこちらのショップへ 最強のパウダーKeyを独占発売中」も掲載されている。
輸入雑貨店REGARDS(リガーズ)は薬事法の指定薬物「JWH-018」が含まれた違法ドラッグ(脱法ハーブ)を販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
連邦のトップページ中ほどには代々木のゼロゼロ物件業者のグリーンウッド(吉野敏和)の広告リンクがある。
テキストリンクは「敷金0、礼金0、仲介手数料0の物件もあります。無職、保証人なし、派遣、フリーターの方も安心な、不動産屋。東京のアパート・マンション・賃貸のお部屋探しはグリーンウッド新宿店。」と書かれている。バナー広告もある。
グリーンウッドは宅建業法違反(重要事項説明義務違反など)で業務停止処分を受けた。2012年4月頃からアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)になっている。
グリーンウッドのウェブページもアトラスにリダイレクトされるため、連邦のグリーンウッド広告リンクも実質的にはアトラスの広告リンクである。
社会問題になっている脱法ハーブ店と同じページからリンクされる不動産業者はアトラスくらいなものであろう。
ゼロゼロ物件は犯罪的である。グリーンウッド新宿店が宅地建物取引業法違反の経緯のごとく呆れ返る悪徳不動産業者であることに疑いの余地はない。
そのグリーンウッドの広告リンクをアングラサイト「連邦」に掲載する吉野健太郎やアトラス代表の中西真琴が身内や友人達に対して、自分は真面目に真理を追究していると胸を張って生活しているだろうか。
回答を聞きたいところである。吉野敏和も吉野健太郎も説教された方がいい。
ここまで見た
吉野健太郎は連邦というアングラサイトの管理人である。連邦は社会問題となっている脱法ハーブ(合法ハーブ)のリンクがある。
2012年8月時点でトップページ上部の目立つ場所に「とても安い!吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」のリンクがある。
REGARDS大宮店のバナー「埼玉県で合法ハーブを買うなら種類豊富で手渡し可能なこちらのショップへ 最強のパウダーKeyを独占発売中」も掲載されている。
また、宅建業法違反で業務停止処分を受けた「敷金0、礼金0、仲介手数料0の物件もあります。無職、保証人なし、派遣、フリーターの方も安心な、不動産屋。東京のアパート・マンション・賃貸のお部屋探しはグリーンウッド新宿店。」のリンクもある。
吉野健太郎と御堂岡は「見事なまでに人生がシンクロしているお友達同士」とも評されている。
脱法ドラッグにも依存性や中毒性があり、最後は廃人になる。脱法ドラッグには幻覚症状や興奮作用があり、犯罪の原因にもなる。
ヤンキーの暴走により多くの死傷者が出た事件でも暴走したヤンキーが薬物を吸引していたと指摘されている。
脱法ハーブは「合法ハーブ」と称されるが、この言葉は欺瞞的である。
脱法ハーブは法律に適合しているという意味での合法ではない。法律の穴を潜り抜けようとする文字通りの脱法ハーブである。
故に「合法ハーブ」という言葉自体の使用を避けるべきであるが、合法ハーブで調べる人もいるために併記している。
東京都は以下のように指摘する。
「『合法ドラッグ』『合法ハーブ』『脱法ドラッグ』『脱法ハーブ』と称して販売されている製品であっても、どのような物質が含まれているか不明な製品が多く、合法であるとは限りません」
(東京都福祉保健局「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について〜麻薬・大麻・覚せい剤類似成分を検出〜」2012年2月28日)。
現実に合法ハーブとして販売されているドラッグが薬事法違反の違法ドラッグであったという事例が出ている。
ここまで見た
大手不動産会社・東急不動産(金指潔社長)の社員(従業員)がコンサルティングのクライアントに嫌がらせ電話を繰り返したとして2010年8月18日に逮捕された。
逮捕された人物は東急不動産ソリューション営業本部係長・高田知弘容疑者である。
堺区検は9月3日、大阪府迷惑防止条例違反で略式起訴し、堺簡裁は同じ日に罰金20万円の略式命令を出した。
被害者は大阪府堺市のホテル運営会社の女性社長である。運営会社は2009年10月、東急不動産とコンサルタント契約を締結したが、契約内容や支払いに関してトラブルになっていた。
高田容疑者は東急不動産側の担当者で、2009年12月から2010年6月にかけ、取引相手であったホテル運営会社社長の携帯電話に番号非通知設定で、嫌がらせ電話を繰り返したという。
嫌がらせ電話の内容や回数はソースによって区々である。ほとんどが無言電話であったが、「壊れろ、壊れろ」という呻き声で女性を畏怖させたこともあったとされる。
また、回数は最低でも数十回であるが、約200回との情報もある。
高田容疑者は「社長とトラブルになり、恨みを晴らしてやろうと思った」と述べている。
東急不動産は9月3日付ニュースリリース「弊社社員の逮捕について」で、「お相手の方、及び弊社のお客様、お取引先などの皆様には多大なご迷惑とご心配をお掛けし、深くお詫び申し上げます」と述べた。
東急不動産はビジネスで犯罪者を出したことになる。
高田容疑者の所属する東急不動産ソリューション営業本部では企業所有の不動産(CRE; Corporate Real Estate)を最適化するコンサルティングサービス(CRE戦略推進アドバイザリーサービス)・クレディールを展開している。
高田容疑者は週刊ダイヤモンド2009年7月25日号掲載のパブ記事「緻密な分析と堅実なソリューションでCRE戦略の意思決定をサポート」に顔写真入りで登場し、クレディールについて以下のように説明していた。
「営業や物流、生産などの拠点の現状を見直し、物件ごとに事業貢献度を測定します。
たとえば社員寮であれば、物件時価とともに入居率、運営コストなどを把握。
市場の現況を勘案しながら、より収益に貢献する活用策として運営の外部委託、他事業への転用、売却などのプランを提示します」
ここまで見た
吉野健太郎の連邦には社会問題になっている脱法ハーブ店「吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」の広告リンクがある。
REGARDSでは薬事法の指定薬物を含む違法薬物を販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
輸入雑貨店REGARDSには熊谷店や所沢店、錦糸町店などがある。REGARDS錦糸町店は脱法ハーブ店「神輿 -354-」と同じ住所、同じ電話番号である。姉妹店に「宴-Fiesta-」「梵神-BONG JING-」「FeS〜祭」「HOTSPICE」「HOTDEEJAY」がある。
吉野健太郎は不正B-CASカードでデジタル有料放送を視聴するという違法行為も告白している。
吉野健太郎の連邦には代々木のゼロゼロ物件業者・グリーンウッド新宿店(吉野敏和)の広告リンクもある。ゼロゼロ物件も貧困ビジネスとして社会問題になっている。
グリーンウッドは重要事項説明義務違反や賃貸借契約書に記載なく退室立会費を徴収していた。
そのため、東京都から宅地建物取引業法第35条第1項(重要事項説明書の不記載)及び第37条第2項第3号(賃貸借契約書の不記載)違反で業務停止処分を受けた
(東京都都市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」2010年6月8日)。
グリーンウッドはアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)になっている。
6月現在、アトラスのホームページのタイトルは「東京で賃貸をお探しの方必見!新宿,池袋,渋谷エリア!」と業者名を出していない。
脱法ハーブ店と同じページに広告リンクが貼られている不動産業者はアトラスくらいではないか。
吉野健太郎(yoshinokentarou)はtwitterで以下の卑怯な呟きをした。
「たまに「俺だけにやれ!!」みたいな事を言われるけども、攻め方って人それぞれだと思うんですよね。相手が一番ダメージがる部分も「セット」でやる」
NHKのtwitterアカウントもビックリするであろう吉野健太郎発言である。バドミントン選手とは雲泥の差である。
吉野健太郎はアングラサイト「連邦」で「野焼きをしていたり、市の条例に引っかかるような事を会社ぐるみで画策していたり」と違法行為を自白した(「KeyGen Music - OVER 1300 Songs(iPhone用アプリケーション)」11/12/07)。
ここまで見た
脱法ハーブ(脱法ドラッグ)はインターネットでも宣伝されている。吉野健太郎のアング
ラサイト「連邦」には「ART TRICK 吉祥寺店」や輸入雑貨店REGARDSという脱法ハーブ店
の広告がある。REGARDSでは薬事法指定薬物を含む違法ドラッグが販売されていた(千葉
県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。連邦自体がMagi
c B-CASでデジタル放送を不正視聴した吉野健太郎の体験談が書かれるなど反社会的であ
る。
連邦には同じく社会問題になったゼロゼロ物件の広告もある。広告を掲載するゼロゼロ物
件業者・グリーンウッド(吉野敏和)は宅建業法違反で業務停止処分を受けた(東京都都
市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」2010年6月8日)。しかし、別の
免許番号・代表者でアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)としてゼロゼロ物
件の営業を続けるという卑怯な態度に出た。当然のことながら、消費者の批判はなくなら
ず、アトラスは遅くとも2013年3月には廃業した。
たとえば吉野健太郎のアングラサイト「連邦」には「ART TRICK 吉祥寺店」や輸入雑貨店
REGARDSという脱法ハーブ店の広告がある。REGARDSでは薬事法指定薬物を含む違法ドラッ
グが販売されていた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年
8月1日)。
連邦には同じく社会問題になったゼロゼロ物件の広告もある。広告を掲載するゼロゼロ物
件業者・グリーンウッド(吉野敏和)は宅建業法違反で業務停止処分を受けた(東京都都
市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」2010年6月8日)。しかし、別の
免許番号・代表者でアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)としてゼロゼロ物
件の営業を続けるという卑怯な態度に出た。当然のことながら、消費者の批判はなくなら
ず、アトラスは遅くとも2013年3月には廃業した。
ここまで見た
バイトがグレープフルーツくわえドヤ顔、またツイッターに投稿
スポーツ報知 9月1日(日)7時5分配信
 スーパーマーケットの東急ストアは31日までに、戸塚店(横浜市)の大学生アルバイ
ト従業員がインターネット上で不適切な画像を公開したとして、謝罪した。
 問題の画像は、従業員が廃棄処分品とみられるグレープフルーツを口に含んでドヤ顔を
決めているもの。ツイッターにアップされ「バイトなう」との文言も添えられていた。東
急ストア側は「詳しい調査が終わり次第、問題の従業員には解雇を含めた厳正な処分・対
応を行うとともに、今後このような事態が発生しないよう取り組みたい」としている。
店内で果物丸ごと口に入れて「バイトなう」 「東急ストア」が謝罪
ITmedia ニュース 9月2日(月)20時17分配信
 東急ストアはこのほど、「戸塚店」(横浜市)のアルバイト従業員が店舗内で不適切な
行為をした写真をTwitterで公開していたとして謝罪した。調査の上、アルバイト従業員
を含めて厳正な処分・対応を行うとしている。
【写真:果物を口に丸ごと入れて「バイトなう」】
 問題になった写真では、若い男性がスーパー店内のバックヤードで柑橘類を口に丸ごと
入れたり、リンゴを丸ごとくわえており、「バイトなう」とツイートしていた。
 東急ストアによると、果物は廃棄処分品だったが、「食品を取り扱う企業としてあって
はならない行為だと深く反省しております」と謝罪した。「今後はこのような事態が発生
しないよう商品管理体制を一層強化し、再発防止に取り組んでまいります」としている。
ここまで見た
吉野健太郎が条例違反の違法行為を自白
吉野健太郎はアングラサイト「連邦」で「野焼きをしていたり、市の条例に引っかかるような事を会社ぐるみで画策していたり」と違法行為を自白した(「KeyGen Music - OVER 1300 Songs(iPhone用アプリケーション)」11/12/07)。
吉野健太郎自身に違法性の認識もあり、悪質である。アングラサイトでも犯罪は犯罪である。
吉野健太郎は正規の契約を締結せずにデジタル有料放送を視聴するという反道徳的な行為も告白している。この人物は人間の屑と断言できる。この人物を信用してはならない。
吉野健太郎のアングラサイト「連邦」は反社会性が高いものである。
社会問題になっている脱法ハーブ店の広告「吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」が掲載されている。
広告が掲載された輸入雑貨店REGARDS(リガーズ)では薬事法指定成分を含む違法ドラッグを販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
輸入雑貨店REGARDSには熊谷店や所沢店、錦糸町店などがある。REGARDS錦糸町店は脱法ハーブ店「神輿 -354-」と同じ住所、同じ電話番号である。姉妹店に「宴-Fiesta-」「梵神-BONG JING-」「FeS〜祭」「HOTSPICE」「HOTDEEJAY」がある。
吉野健太郎は不正B-CASカードでデジタル有料放送を視聴するという違法行為も告白している。
脱法ハーブは危険だからダメ
合法ハーブは本当に危険だよマジでやめておいたほうが良い 軽い気持ちで合法だしとかいって手を出すと人生終わる
合法も症状変わらないけども。言葉にだまされちゃアカン。
人として正常な判断ができなくなるようなものの存在を認めるべきでない
また、連邦には同じく社会問題になっているゼロゼロ物件業者・グリーンウッド(吉野敏和)の広告も掲載されている。
グリーンウッドは重要事項説明義務違反などの宅建業法違反で東京都から業務停止処分を受けた。その後、グリーンウッドはアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)になっている。
ここまで見た
吉野健太郎の連邦には社会問題になっている脱法ハーブ店「吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」の広告リンクがある。
REGARDSでは薬事法の指定薬物を含む違法薬物を販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
輸入雑貨店REGARDSには熊谷店や所沢店、錦糸町店などがある。REGARDS錦糸町店は脱法ハーブ店「神輿 -354-」と同じ住所、同じ電話番号である。姉妹店に「宴-Fiesta-」「梵神-BONG JING-」「FeS〜祭」「HOTSPICE」「HOTDEEJAY」がある。
吉野健太郎は不正B-CASカードでデジタル有料放送を視聴するという違法行為も告白している。
吉野健太郎の連邦には代々木のゼロゼロ物件業者・グリーンウッド新宿店(吉野敏和)の広告リンクもある。ゼロゼロ物件も貧困ビジネスとして社会問題になっている。
グリーンウッドは重要事項説明義務違反や賃貸借契約書に記載なく退室立会費を徴収していた。
そのため、東京都から宅地建物取引業法第35条第1項(重要事項説明書の不記載)及び第37条第2項第3号(賃貸借契約書の不記載)違反で業務停止処分を受けた
(東京都都市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」2010年6月8日)。
しかし、グリーンウッドはアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)となってゼロゼロ物件の営業を続けたが、姑息な手法に消費者の批判が増大した。
グリーンウッド(アトラス)のあったニューステートメナー1328号室は賃貸に出されている。物件登録日は2013/06/27である。
賃料8万円 管理費0円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月 敷引金1ヶ月 面積25.20m2 間取り1R
商売をしている人にとって宅地建物取引業法違反のゼロゼロ物件業者の事務所だった場所は事故物件と同じようなものでしょうか
吉野健太郎はアングラサイト「連邦」で「野焼きをしていたり、市の条例に引っかかるような事を会社ぐるみで画策していたり」と違法行為を自白した(「KeyGen Music - OVER 1300 Songs(iPhone用アプリケーション)」11/12/07)。
ここまで見た
貧困ビジネスとして社会問題になっているゼロゼロ物件業者と、同じく社会問題になっている脱法ハーブ店の広告リンクが同じウェブサイトに掲載されていた。
問題のサイトは吉野健太郎のアングラサイト「連邦」である(2012年8月確認)。
連邦のトップページ上部の目立つ場所には「とても安い!吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」のリンクがある。
REGARDS大宮店のバナー「埼玉県で合法ハーブを買うなら種類豊富で手渡し可能なこちらのショップへ 最強のパウダーKeyを独占発売中」も掲載されている。
輸入雑貨店REGARDS(リガーズ)は薬事法の指定薬物「JWH-018」が含まれた違法ドラッグ(脱法ハーブ)を販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
連邦のトップページ中ほどには代々木のゼロゼロ物件業者のグリーンウッド(吉野敏和)の広告リンクがある。
テキストリンクは「敷金0、礼金0、仲介手数料0の物件もあります。無職、保証人なし、派遣、フリーターの方も安心な、不動産屋。東京のアパート・マンション・賃貸のお部屋探しはグリーンウッド新宿店。」と書かれている。バナー広告もある。
グリーンウッドは宅建業法違反(重要事項説明義務違反など)で業務停止処分を受けた。2012年4月頃からアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)になっている。
グリーンウッドのウェブページもアトラスにリダイレクトされるため、連邦のグリーンウッド広告リンクも実質的にはアトラスの広告リンクである。
社会問題になっている脱法ハーブ店と同じページからリンクされる不動産業者はアトラスくらいなものであろう。
ゼロゼロ物件は犯罪的である。グリーンウッド新宿店が宅地建物取引業法違反の経緯のごとく呆れ返る悪徳不動産業者であることに疑いの余地はない。
そのグリーンウッドの広告リンクをアングラサイト「連邦」に掲載する吉野健太郎やアトラス代表の中西真琴が身内や友人達に対して、自分は真面目に真理を追究していると胸を張って生活しているだろうか。
回答を聞きたいところである。吉野敏和も吉野健太郎も説教された方がいい。
ここまで見た
  • 442
  •  
  • 2013/09/09(月) 22:11:45.25
吉野健太郎の連邦には社会問題になっている脱法ハーブ店「吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」の広告リンクがある。
REGARDSでは薬事法の指定薬物を含む違法薬物を販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
輸入雑貨店REGARDSには熊谷店や所沢店、錦糸町店などがある。REGARDS錦糸町店は脱法ハーブ店「神輿 -354-」と同じ住所、同じ電話番号である。姉妹店に「宴-Fiesta-」「梵神-BONG JING-」「FeS〜祭」「HOTSPICE」「HOTDEEJAY」がある。
吉野健太郎は不正B-CASカードでデジタル有料放送を視聴するという違法行為も告白している。
吉野健太郎の連邦には代々木のゼロゼロ物件業者・グリーンウッド新宿店(吉野敏和)の広告リンクもある。ゼロゼロ物件も貧困ビジネスとして社会問題になっている。
グリーンウッドは重要事項説明義務違反や賃貸借契約書に記載なく退室立会費を徴収していた。
そのため、東京都から宅地建物取引業法第35条第1項(重要事項説明書の不記載)及び第37条第2項第3号(賃貸借契約書の不記載)違反で業務停止処分を受けた
(東京都都市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」2010年6月8日)。
しかし、グリーンウッドはアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)となってゼロゼロ物件の営業を続けたが、姑息な手法に消費者の批判が増大した。
グリーンウッド(アトラス)のあったニューステイトメナービル1328号室は賃貸に出されている。物件登録日は2013/06/27である。
賃料8万円 管理費0円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月 敷引金1ヶ月 面積25.20m2 間取り1R
商売をしている人にとって宅地建物取引業法違反のゼロゼロ物件業者の事務所だった場所は事故物件と同じようなものでしょうか
ニューステイトメナービルは事故物件です。2012年9月18日午後8時頃、ニューステイトメナービル屋上から肥満型、年齢30歳から40歳くらいの男性が全裸でフェンスを乗り越え、飛び降りた。全身打撲、ほぼ即死状態。
ここまで見た
  • 443
  •  
  • 2013/09/09(月) 22:18:57.47
吉野健太郎の連邦には社会問題になっている脱法ハーブ店「吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」の広告リンクがある。
REGARDSでは薬事法の指定薬物を含む違法薬物を販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
吉野健太郎の連邦には代々木のゼロゼロ物件業者・グリーンウッド新宿店(吉野敏和)の広告リンクもある。ゼロゼロ物件も貧困ビジネスとして社会問題になっている。
グリーンウッドは重要事項説明義務違反や賃貸借契約書に記載なく退室立会費を徴収していた。
そのため、東京都から宅地建物取引業法第35条第1項(重要事項説明書の不記載)及び第37条第2項第3号(賃貸借契約書の不記載)違反で業務停止処分を受けた
(東京都都市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」2010年6月8日)。
グリーンウッドはアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)になっている。
6月現在、アトラスのホームページのタイトルは「東京で賃貸をお探しの方必見!新宿,池袋,渋谷エリア!」と業者名を出していない。
脱法ハーブ店と同じページに広告リンクが貼られている不動産業者はアトラスくらいではないか。
吉野健太郎(yoshinokentarou)はtwitterで以下の卑怯な呟きをした。
「たまに「俺だけにやれ!!」みたいな事を言われるけども、攻め方って人それぞれだと思うんですよね。相手が一番ダメージがる部分も「セット」でやる」
NHKのtwitterアカウントもビックリするであろう吉野健太郎発言である。バドミントン選手とは雲泥の差である。
吉野健太郎はアングラサイト「連邦」で「野焼きをしていたり、市の条例に引っかかるような事を会社ぐるみで画策していたり」と違法行為を自白した(「KeyGen Music - OVER 1300 Songs(iPhone用アプリケーション)」11/12/07)。
吉野健太郎は正規の契約を締結せずにデジタル有料放送を視聴するという反道徳的な行為も告白している。
吉野健太郎はSIFE慶應主催「ウケるブログセミナー」で感情失禁事件を起こした。
コンセプトエンジン(吉野健太郎社長、当時)はattosoftのWin高速化に類似した「Win高速化 Advanced XP ファクトリーパッケージ」「Win高速化 Advanced XP 2006」を発売し、抗議を受け、批判された。
ここまで見た
吉野健太郎の連邦には社会問題になっている脱法ハーブ店「吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」の広告リンクがある。
REGARDSでは薬事法の指定薬物を含む違法薬物を販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
輸入雑貨店REGARDSには熊谷店や所沢店、錦糸町店などがある。REGARDS錦糸町店は脱法ハーブ店「神輿 -354-」と同じ住所、同じ電話番号である。姉妹店に「宴-Fiesta-」「梵神-BONG JING-」「FeS〜祭」「HOTSPICE」「HOTDEEJAY」がある。
吉野健太郎は不正B-CASカードでデジタル有料放送を視聴するという違法行為も告白している。
吉野健太郎の連邦には代々木のゼロゼロ物件業者・グリーンウッド新宿店(吉野敏和)の広告リンクもある。ゼロゼロ物件も貧困ビジネスとして社会問題になっている。
グリーンウッドは重要事項説明義務違反や賃貸借契約書に記載なく退室立会費を徴収していた。
そのため、東京都から宅地建物取引業法第35条第1項(重要事項説明書の不記載)及び第37条第2項第3号(賃貸借契約書の不記載)違反で業務停止処分を受けた
(東京都都市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」2010年6月8日)。
しかし、グリーンウッドはアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)となってゼロゼロ物件の営業を続けたが、姑息な手法に消費者の批判が増大した。
グリーンウッド(アトラス)のあったニューステイトメナービル1328号室は賃貸に出されている。物件登録日は2013/06/27である。
賃料8万円 管理費0円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月 敷引金1ヶ月 面積25.20m2 間取り1R
商売をしている人にとって宅地建物取引業法違反のゼロゼロ物件業者の事務所だった場所は事故物件と同じようなものでしょうか
ニューステイトメナービルは事故物件です。2012年9月18日午後8時頃、ニューステイトメナービル屋上から肥満型、年齢30歳から40歳くらいの男性が全裸でフェンスを乗り越え、飛び降りた。全身打撲、ほぼ即死状態。
ここまで見た
  • 445
  • 付きうごき
  • 2013/09/17(火) 03:29:41.67
彼等の室内での心理状態、行動様態、気分の抑揚などは常に隣人の生活様態に左右、依拠され、
またそれら隣人の生活様態を自らの諸行動,諸動作の契機として、 あるいはスケジュール表や
時計かのごとくに借用する。
 http://rfi.a.la9.jp/hn203/k203/k.png
 http://rfi.a.la9.jp/hn203/k203/k203_1.png
 http://rfi.a.la9.jp/hn203/k203/k203_2.png
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13106142083
  
  = 付きうごきの3型 =
・通常の場合
・付きうごきに対して注意喚起をうながした後に逆恨みからその行為をより一層徹底、強力化してやり返してくるもの  〔付きかえし〕
・壁越しに注意をうながした時などに他の部屋の別の引きこもり者が自分のことを指摘されたのだと思い込みやり返してくるケース  〔勘違い型付きかえし〕
 (パチンコ屋などで「警察だ!」と叫べば身に覚えのある何人かがギョッとして逃げ出そうとすることと同様に)
 
この付きかえしは引きこもりニーホがその特質「何もすることがない」ということを最大の武器に異様な執着と異常な頻度で
及んで来るものであり、この状態にある引きこもりニーホのことをルーム・パパラッチと称する。
※ニーホ
http://c.2ch.net/test/-.YYI00/homealone/1229184473/254
寝起きする住居であるから被害者はこれを避けることはできず、不愉快と時間、人生の浪費を強いられざるを得ない。
http://www.yamcha.jp/fnd/dsc/info.html
そこがSOHOなどの仕事場も兼ねる場所であるなら事態は絶望的である。
一般に管理会社、仲介業者などはこのことに無関心、無責任であり
日本人の標準的な暮らし振りとは、自分たちの日常に起こっている出来事の半分のことにも盲目である。
http://rfi.a.la9.jp/hn203/kb/kb-main3.html
ここまで見た
  • 446
  •  
  • 2013/09/17(火) 22:47:20.24
吉野健太郎の連邦には社会問題になっている脱法ハーブ店「吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」の広告リンクがある。
REGARDSでは薬事法の指定薬物を含む違法薬物を販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
輸入雑貨店REGARDSには熊谷店や所沢店、錦糸町店などがある。REGARDS錦糸町店は脱法ハーブ店「神輿 -354-」と同じ住所、同じ電話番号である。姉妹店に「宴-Fiesta-」「梵神-BONG JING-」「FeS〜祭」「HOTSPICE」「HOTDEEJAY」がある。
吉野健太郎は不正B-CASカードでデジタル有料放送を視聴するという違法行為も告白している。
吉野健太郎の連邦には代々木のゼロゼロ物件業者・グリーンウッド新宿店(吉野敏和)の広告リンクもある。ゼロゼロ物件も貧困ビジネスとして社会問題になっている。
グリーンウッドは重要事項説明義務違反や賃貸借契約書に記載なく退室立会費を徴収していた。
そのため、東京都から宅地建物取引業法第35条第1項(重要事項説明書の不記載)及び第37条第2項第3号(賃貸借契約書の不記載)違反で業務停止処分を受けた
(東京都都市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」2010年6月8日)。
グリーンウッドはアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)になっている。
6月現在、アトラスのホームページのタイトルは「東京で賃貸をお探しの方必見!新宿,池袋,渋谷エリア!」と業者名を出していない。
脱法ハーブ店と同じページに広告リンクが貼られている不動産業者はアトラスくらいではないか。
吉野健太郎(yoshinokentarou)はtwitterで以下の卑怯な呟きをした。
「たまに「俺だけにやれ!!」みたいな事を言われるけども、攻め方って人それぞれだと思うんですよね。相手が一番ダメージがる部分も「セット」でやる」
NHKのtwitterアカウントもビックリするであろう吉野健太郎発言である。バドミントン選手とは雲泥の差である。
吉野健太郎はアングラサイト「連邦」で「野焼きをしていたり、市の条例に引っかかるような事を会社ぐるみで画策していたり」と違法行為を自白した(「KeyGen Music - OVER 1300 Songs(iPhone用アプリケーション)」11/12/07)。
ここまで見た
吉野健太郎の連邦には社会問題になっている脱法ハーブ店「吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」の広告リンクがある。
REGARDSでは薬事法の指定薬物を含む違法薬物を販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
輸入雑貨店REGARDSには熊谷店や所沢店、錦糸町店などがある。REGARDS錦糸町店は脱法ハーブ店「神輿 -354-」と同じ住所、同じ電話番号である。姉妹店に「宴-Fiesta-」「梵神-BONG JING-」「FeS〜祭」「HOTSPICE」「HOTDEEJAY」がある。
吉野健太郎は不正B-CASカードでデジタル有料放送を視聴するという違法行為も告白している。
吉野健太郎の連邦には代々木のゼロゼロ物件業者・グリーンウッド新宿店(吉野敏和)の広告リンクもある。ゼロゼロ物件も貧困ビジネスとして社会問題になっている。
グリーンウッドは重要事項説明義務違反や賃貸借契約書に記載なく退室立会費を徴収していた。
そのためにシンエイエステート(東京都知事(7)第45072号、佐々木哲也)と共に、東京都から宅地建物取引業法第35条第1項(重要事項説明書の不記載)及び第37条第2項第3号(賃貸借契約書の不記載)違反で業務停止処分を受けた。
※東京都都市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」2010年6月8日
しかし、グリーンウッドはアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)となってゼロゼロ物件の営業を続けたが、姑息な手法に消費者の批判が増大した。
グリーンウッド(アトラス)のあったニューステイトメナービル1328号室は賃貸に出されている。物件登録日は2013/06/27である。
賃料8万円 管理費0円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月 敷引金1ヶ月 面積25.20m2 間取り1R
商売をしている人にとって宅地建物取引業法違反のゼロゼロ物件業者の事務所だった場所は事故物件と同じようなものでしょうか
ニューステイトメナービルは事故物件です。2012年9月18日午後8時頃、ニューステイトメナービル屋上から肥満型、年齢30歳から40歳くらいの男性が全裸でフェンスを乗り越え、飛び降りた。全身打撲、ほぼ即死状態。
ここまで見た
吉野健太郎の連邦には社会問題になっている脱法ハーブ店「吉祥寺のハーブショップ ART TRICK 吉祥寺店」「合法ハーブ リキッド専門店 REGARDS大宮店」の広告リンクがある。
REGARDSでは薬事法の指定薬物を含む違法薬物を販売していた(千葉県「指定薬物を含有する違法ドラッグの発見について」2012年8月1日)。
輸入雑貨店REGARDSには熊谷店や所沢店、錦糸町店などがある。REGARDS錦糸町店は脱法ハーブ店「神輿 -354-」と同じ住所、同じ電話番号である。姉妹店に「宴-Fiesta-」「梵神-BONG JING-」「FeS〜祭」「HOTSPICE」「HOTDEEJAY」がある。
吉野健太郎は不正B-CASカードでデジタル有料放送を視聴するという違法行為も告白している。
吉野健太郎の連邦には代々木のゼロゼロ物件業者・グリーンウッド新宿店(吉野敏和)の広告リンクもある。ゼロゼロ物件も貧困ビジネスとして社会問題になっている。
グリーンウッドは重要事項説明義務違反や賃貸借契約書に記載なく退室立会費を徴収していた。
そのためにシンエイエステート(東京都知事(7)第45072号、佐々木哲也)と共に、東京都から宅地建物取引業法第35条第1項(重要事項説明書の不記載)及び第37条第2項第3号(賃貸借契約書の不記載)違反で業務停止処分を受けた。
※東京都都市整備局「宅地建物取引業者に対する行政処分について」2010年6月8日
しかし、グリーンウッドはアトラス(東京都知事(1)第93815号、中西真琴)となってゼロゼロ物件の営業を続けたが、姑息な手法に消費者の批判が増大した。
グリーンウッド(アトラス)のあったニューステイトメナービル1328号室は賃貸に出されている。物件登録日は2013/06/27である。
賃料8万円 管理費0円 敷金1ヶ月 礼金1ヶ月 敷引金1ヶ月 面積25.20m2 間取り1R
商売をしている人にとって宅地建物取引業法違反のゼロゼロ物件業者の事務所だった場所は事故物件と同じようなものでしょうか
ニューステイトメナービルは事故物件です。2012年9月18日午後8時頃、ニューステイトメナービル屋上から肥満型、年齢30歳から40歳くらいの男性が全裸でフェンスを乗り越え、飛び降りた。全身打撲、ほぼ即死状態。
ここまで見た

★お気に入り追加

このページを共有する
facebook twitter hatena line google mixi email
おすすめワード