facebook twitter hatena line google mixi email
★お気に入り追加


  • 1
  • 名無しさん
  • 2012/09/29(土) 07:43:38
やっぱこういう気持ち悪いくらいに放送されまくってるってことは、
企業は宣伝してくださいってテレビ局に金払ってんだよね?
ステマってヤツでしょ?


http://www.fashionsnap.com/news/2012-09-11/uniqlo-biccamera/
Fashion News
ユニクロ×ビックカメラ「ビックロ」新宿東口に初の共同店舗9/27オープン決定
2012年09月11日 15:20 JST
ここまで見た
  • 83
  •  
  • 2018/11/09(金) 01:37:25
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事を終えたおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれは水を得た魚のようだ
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の2ちゃん自分語り
と、まさにアウトローの王道を征く
ここまで見た
  • 84
  •  
  • 2018/11/09(金) 01:38:47
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事を終えたおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれは水を得た魚のようだ
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、まさにアウトローの王道を征く
ここまで見た
  • 85
  •  
  • 2018/11/09(金) 01:43:19
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事を終えたおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれは水を得た魚だ
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、まさにアウトローの王道を征く生活を送っている
ここまで見た
  • 86
  •  
  • 2018/11/09(金) 02:01:30
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事を終えたおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている
ここまで見た
  • 87
  •  
  • 2018/11/09(金) 02:22:48
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている
ここまで見た
  • 88
  •  
  • 2018/11/09(金) 02:44:05
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

一方、ほむらの方はというと金のライオン蛇口がお気に召したようで
四六時中
ここまで見た
  • 89
  •  
  • 2018/11/09(金) 02:46:38
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

一方、ほむらの方はというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ここまで見た
  • 90
  •  
  • 2018/11/09(金) 02:55:40
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

一方、ほむらの方はというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいでどこから見ても滝行にしか見えない
ここまで見た
  • 91
  •  
  • 2018/11/09(金) 03:09:46
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

一方、ほむらの方はというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

一方、ほむらの方はというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ
ここまで見た
  • 92
  •  
  • 2018/11/09(金) 03:10:26
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

一方、ほむらの方はというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ
ここまで見た
  • 93
  •  
  • 2018/11/09(金) 03:14:39
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらの方はというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ
ここまで見た
  • 94
  •  
  • 2018/11/09(金) 03:20:16
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらの方はというと金のライオン蛇口がお気に召したようで
四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが
身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ
ここまで見た
  • 95
  •  
  • 2018/11/09(金) 03:41:20
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば電話をくれるように言っており
その後1ヵ月
ここまで見た
  • 96
  • その後1ヶ月
  • 2018/11/09(金) 03:44:26
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば電話をくれるように言っており
その後1ヶ月
ここまで見た
  • 97
  •  
  • 2018/11/09(金) 03:56:24
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば気兼ねなく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないという事は
ここまで見た
  • 98
  •  
  • 2018/11/09(金) 04:04:00
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば気兼ねなく電話をくれるように言っており
1ヶ月経っても掛かってこないという事は
その後は丑の刻参りは行われずに平穏であるとみていいだろう
ここまで見た
  • 99
  •  
  • 2018/11/09(金) 04:11:46
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば気兼ねなく電話をくれるように言っており
1ヶ月経っても掛かってこない事から、その後は丑の刻参りは行われずに
平穏であるとみていいだろう
ここまで見た
  • 100
  •  
  • 2018/11/09(金) 04:18:33
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば気兼ねなく電話をくれるように言っており
1ヶ月経っても掛かってこない事から、その後は丑の刻参りが行われず
神社は平穏を保っているとみていいだろう
ここまで見た
  • 101
  •  
  • 2018/11/09(金) 04:24:54
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば気兼ねなく電話をくれるように言っており
1ヶ月経っても掛かってこない事から丑の刻参りは行われておらず
その後の神社は平穏を保っているとみていいだろう
ここまで見た
  • 102
  •  
  • 2018/11/09(金) 04:46:48
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこない事から、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現在の神社は平穏を保っているとみていいだろう
ここまで見た
  • 103
  •  
  • 2018/11/09(金) 04:48:09
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事から1ヶ月経ったおれは以前通りの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後ひと月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現在の神社は平穏を保っているとみていいだろう
ここまで見た
  • 104
  •  
  • 2018/11/09(金) 04:59:23
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事から1ヶ月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後ひと月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現在の神社は平穏を保っているとみていいだろう
ここまで見た
  • 105
  •  
  • 2018/11/09(金) 06:25:20
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事から1ヶ月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後ひと月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現在の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残して1人で駅前の牛丼屋にやって来た
ここまで見た
  • 106
  •  
  • 2018/11/09(金) 06:33:11
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事から1ヶ月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後ひと月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現在の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た
ここまで見た
  • 107
  •  
  • 2018/11/09(金) 06:33:33
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事から1ヶ月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後ひと月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現在の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま1人で駅前の牛丼屋にやって来た
ここまで見た
  • 108
  •  
  • 2018/11/09(金) 18:52:31
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛りのままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろす
ここまで見た
  • 109
  •  
  • 2018/11/09(金) 19:01:16
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛りのままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろした
バーでこそないが探偵といえばカウンターと相場は決まっているもの
古今東西、カウンター越しの店員が情報屋というパターンは多いのだ
ここまで見た
  • 110
  •  
  • 2018/11/09(金) 19:31:27
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛りのままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろした
バーでこそないが探偵といえばカウンターと相場は決まっている
古今東西、カウンター越しの店員が実は情報屋というのは定説である
ここまで見た
  • 111
  •  
  • 2018/11/09(金) 20:18:24
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛りのままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろした
バーでこそないが探偵といえばカウンターと相場は決まっている
古今東西、カウンター越しの店員が実は情報屋というのが定説である
ここまで見た
  • 112
  •  
  • 2018/11/09(金) 20:28:06
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛りのままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろした
バーでこそないが探偵といえばカウンターと相場は決まっている
そして古今東西、カウンター越しの店員が実は情報屋というのがこの業界の定説である
ここまで見た
  • 113
  •  
  • 2018/11/09(金) 21:19:46
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛のままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろした
バーでこそないが探偵といえばカウンターと相場は決まっている
そして古今東西、カウンター越しの店員が実は情報屋というのがこの業界の定説である


「特盛だブ~」
ここまで見た
  • 114
  •  
  • 2018/11/09(金) 21:31:31
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛のままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろした
バーでこそないが探偵といえばカウンターと相場は決まっている
そして古今東西、カウンター越しの店員が実は情報屋というのがこの業界の定説である


「特盛だブ~」

カウンターで自分の世界に浸ってると聞き覚えのある声が
ここまで見た
  • 115
  •  
  • 2018/11/09(金) 21:34:03
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛のままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろした
バーでこそないが探偵といえばカウンターと相場は決まっている
そして古今東西、カウンター越しの店員が実は情報屋というのがこの業界の定説である


「特盛だブ~」


カウンターで自分の世界に浸ってると聞き覚えのある声が耳に入ってきた
ここまで見た
  • 116
  •  
  • 2018/11/09(金) 21:43:23
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛のままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろした
バーでこそないが探偵といえばカウンターと相場は決まっている
そして古今東西、カウンター越しの店員が実は情報屋というのがこの業界の定説である


「特盛だブ~」


カウンターで自分の世界に浸ってると聞き覚えのある声が耳に入ってきた
9時の方向、距離およそ2m
ここまで見た
  • 117
  •  
  • 2018/11/09(金) 21:45:06
灼けるような夏の陽射しもだいぶ弱まってきた9月の下旬
神社の依頼を済ませてからは、特にこれといった探偵屋の仕事を頼まれる事も無く
俺は以前どおりの自堕落極まりない生活を取り戻していた。

神主には何か異変があれば即電話をくれる様に言っており
その後1ヵ月が経っても連絡が無いことから、平穏であると推測することが出来る。
尚、ドラえもん女と神主を含めた神社関係者の間には一切の接点が無かった為
何故この神社で丑の刻参りを行ったのか、一体誰を呪っていたのか、
何故藁人形ではなくドラえもん人形を使用したのか、等の疑問は依然謎のままである。

そんな9月の何の変哲もない夜の11時頃、絵摩を連れて鶴見駅西口の牛丼屋で
ネギ抜き並盛を食べてたら、聞き覚えのある声が耳に入ってきた。

「お持ち帰りだブ~」

鶴見にはクソみてえなパチ屋しか無えし、心躍るようなプレイスポットも存在しない。
住むに値しないちんけな街だけど、放射能汚染されてる訳でもないので不満を漏らさず暮らしてきた。
でも流石にこの時は、1秒後に別の街に引っ越したいと思ったね。

豚との距離およそ2m、カウンター席に座る俺のすぐ左横の席に座って待ってやがる。
この状況に抗う術はただ一つ、顔を右に背けること。
2~3分で豚が先に帰ったのだが、体感的には30分位に感じていた。

この時間に弁当を買いに来たってことは未だにデブヘル嬢なんだろうな。
まあ何の仕事をしてようが、丑の刻参りはもうやってないみたいだし
俺が何かされた訳じゃないから、毛嫌いする必要も無いんだよな。

と、平和ボケ極まりない自分自身に気付くことはなかった。
ここまで見た
  • 118
  •  
  • 2018/11/09(金) 21:49:58
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛のままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろした
バーでこそないが探偵といえばカウンターと相場は決まっている
そして古今東西、カウンター越しの店員が実は情報屋というのがこの業界の定説である


「特盛だブ~」


カウンターで自分の世界に浸ってると聞き覚えのある声が耳に入ってきた
9時の方向、距離およそ2m
決して対象を直視してはならない
ここまで見た
  • 119
  •  
  • 2018/11/09(金) 21:57:14
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛のままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろした
バーでこそないが探偵といえばカウンターと相場は決まっている
そして古今東西、カウンター越しの店員が実は情報屋というのがこの業界の定説である


「特盛だブ~」


カウンターで自分の世界に浸ってると聞き覚えのある声が耳に入ってきた
9時の方向、距離およそ2m
決して対象を直視してはならない
遠野志貴よろしく直死の魔眼が発動するからではなく、単に
ここまで見た
  • 120
  •  
  • 2018/11/09(金) 21:59:04
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛のままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろした
バーでこそないが探偵といえばカウンターと相場は決まっている
そして古今東西、カウンター越しの店員が実は情報屋というのがこの業界の定説である


「特盛だブ~」


カウンターで自分の世界に浸ってると聞き覚えのある声が耳に入ってきた
9時の方向、距離およそ2m
決して対象を直視してはならない
遠野志貴よろしく直死の魔眼が発動するからではなく、単に関わりたくないからだ
ここまで見た
  • 121
  •  
  • 2018/11/09(金) 21:59:33
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛のままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろした
バーでこそないが探偵といえばカウンターと相場は決まっている
そして古今東西、カウンター越しの店員が実は情報屋というのがこの業界の定説である


「特盛だブ~」


カウンターで自分の世界に浸ってると、聞き覚えのある声が耳に入ってきた
9時の方向、距離およそ2m
決して対象を直視してはならない
遠野志貴よろしく直死の魔眼が発動するからではなく、単に関わりたくないからだ
ここまで見た
  • 122
  •  
  • 2018/11/09(金) 23:46:46
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛のままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろした
バーでこそないが探偵といえばカウンターと相場は決まっている
そして古今東西、カウンター越しの店員が実は情報屋というのがこの業界の定説である


「特盛だブ~」


カウンターで自分の世界に浸ってると、聞き覚えのある声が耳に入ってきた
9時の方向、距離およそ2m
決して対象を直視してはならない
直死の魔眼が発動するからではなく、単に関わりたくないからだ

この状況に抗う術はただひとつ、顔を右に背けて急いでたいらげること
「よく噛んで食べなさい」と孤児院で育てられたおれは断腸の思いでかっ食らい
光の速度で
ここまで見た
  • 123
  •  
  • 2018/11/09(金) 23:58:46
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛のままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろした
バーでこそないが探偵といえばカウンターと相場は決まっている
そして古今東西、カウンター越しの店員が実は情報屋というのがこの業界の定説である


「特盛だブ~」


カウンターで自分の世界に浸ってると、聞き覚えのある声が耳に入ってきた
9時の方向、距離およそ2m
決して対象を直視してはならない
直死の魔眼が発動するからではなく、単に関わりたくないからだ

この状況に抗う術はただひとつ、顔を右に背けて急いでたいらげること
「よく噛んで食べなさい」と孤児院で育てられたおれは断腸の思いでかっ食らい
某宇宙刑事よろしく光の速さで店外に出た
ここまで見た
  • 124
  •  
  • 2018/11/10(土) 00:01:07
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛のままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろした
バーでこそないが探偵といえばカウンターと相場は決まっている
そして古今東西、カウンター越しの店員が実は情報屋というのがこの業界の定説である


「特盛だブ~」


カウンターで自分の世界に浸ってると、聞き覚えのある声が耳に入ってきた
9時の方向、距離およそ2m
決して対象を直視してはならない
直死の魔眼が発動するからではなく、単に関わりたくないからだ

この状況に抗う術はただひとつ、顔を右に背けて急いでたいらげること
「よく噛んで食べなさい」と孤児院で育てられたおれは断腸の思いでかっ食らい
某宇宙刑事よろしく光の速さで表に出た
ここまで見た
  • 125
  •  
  • 2018/11/10(土) 00:26:11
https://gyazo.com/bf62dc022de358226670245fc6634662
ここまで見た
  • 126
  •  
  • 2018/11/10(土) 00:28:15
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛のままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろした
バーでこそないが探偵といえばカウンターと相場は決まっている
そして古今東西、カウンター越しの店員が実は情報屋というのがこの業界の定説である


「特盛だブ~」


カウンターで自分の世界に浸ってると、聞き覚えのある声が耳に入ってきた
9時の方向、距離およそ2m
決して対象を直視してはならない
直死の魔眼が発動するからではなく、単に関わりたくないからだ

この状況に抗う術はただひとつ、顔を右に背けて急いでたいらげること
「よく噛んで食べなさい」と孤児院で育てられたおれは断腸の思いでかっ食らい
某宇宙刑事よろしく振り向くことなく光の速さで表に出た
ここまで見た
  • 127
  •  
  • 2018/11/10(土) 00:30:23
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛のままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろした
バーでこそないが探偵といえばカウンターと相場は決まっている
そして古今東西、カウンター越しの店員が実は情報屋というのがこの業界の定説である


「特盛だブ~」


カウンターで自分の世界に浸ってると、聞き覚えのある声が耳に入ってきた
9時の方向、距離およそ2m
決して対象を直視してはならない
直死の魔眼が発動するからではなく、単に関わりたくないからだ

この状況に抗う術はただひとつ、顔を右に背けて急いでたいらげること
「よく噛んで食べなさい」と孤児院で育てられたおれは断腸の思いでかっ食らい
某宇宙刑事よろしく、振り向くことなく光の速さで表に出た

若さってなんだ? ふりむかないことさ
ここまで見た
  • 128
  •  
  • 2018/11/10(土) 04:11:29
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、目標は約束どおり丑の刻参りをヤメ
現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛のままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろした
バーでこそないが探偵といえばカウンターと相場は決まっている
そして古今東西、カウンター越しの店員が実は情報屋というのがこの業界の定説である


「特盛だブ~」


カウンターで自分の世界に浸ってると、聞き覚えのある声が耳に入ってきた
9時の方向、距離およそ2m
決して対象を直視してはならない
直死の魔眼が発動するからではなく、単に関わりたくないからだ

この状況に抗う術はただひとつ、顔を右に背けて急いでたいらげること
「よく噛んで食べなさい」と孤児院で躾けられたおれは断腸の思いでかっ食らい
某宇宙刑事よろしく、振り向くことなく光の速さで表に出た

若さってなんだ? ふりむかないことさ
ここまで見た
  • 129
  •  
  • 2018/11/11(日) 20:48:01
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう


パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛のままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろした
バーでこそないが探偵といえばカウンターと相場は決まっている
そして古今東西、カウンター越しの店員が実は情報屋というのがこの業界の定説である


「特盛だブ~」


カウンターで自分の世界に浸ってると、聞き覚えのある声が耳に入ってきた
9時の方向、距離およそ2m
決して対象を直視してはならない
直死の魔眼が発動するからではなく、単に関わりたくないからだ

この状況に抗う術はただひとつ、顔を右に背けて急いでたいらげること
「よく噛んで食べなさい」と孤児院で躾けられたおれは断腸の思いでかっ食らい
某宇宙刑事よろしく、振り向くことなく光の速さで表に出た

若さってなんだ? ふりむかないことさ
ここまで見た
  • 130
  •  
  • 2018/11/11(日) 20:49:21
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう

パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛のままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろした
バーでこそないが探偵といえばカウンターと相場は決まっている
そして古今東西、カウンター越しの店員が実は情報屋というのがこの業界の定説である


「特盛だブ~」


カウンターで自分の世界に浸ってると、聞き覚えのある声が耳に入ってきた
9時の方向、距離およそ2m
決して対象を直視してはならない
直死の魔眼が発動するからではなく、単に関わりたくないからだ

この状況に抗う術はただひとつ、顔を右に背けて急いでたいらげること
「よく噛んで食べなさい」と孤児院で躾けられたおれは断腸の思いでかっ食らい
某宇宙刑事よろしく、振り向くことなく光の速さで表に出た

若さってなんだ? ふりむかないことさ
ここまで見た
  • 131
  •  
  • 2018/11/11(日) 20:51:13
焼けるような暑さも幾分和らいできた9月下旬
件の神社の仕事からひと月経ったおれは以前どおりの自分らしい生活を取り戻していた

パチ屋通い、酒浸り、2ちゃん漬け等々
おれをおれたらしめる環境に舞い戻った今のおれはまさに水を得た魚
朝一で打ちに行き負ける→やけ酒→現実逃避の自分語り
と、アウトローの王道を征くような雄雄しい生活を送っている

ほむらはというと金のライオン蛇口がお気に召したようで四六時中、湯殿に入り浸る日々
ライオンの吐く湯を浴びているのだが、身長のせいで滝行にしか見えないのが玉に瑕だ

一方の神主には何かあれば遠慮なく電話をくれるように言っており
その後1ヶ月経っても掛かってこないことから、現今の神社は平穏を保っているとみていいだろう

パチンコの秋、飲んだくれの秋、自分語りの秋、滝行の秋
そんな秋の夜長の午前0時過ぎ
おれはほむらを湯殿に残したまま、1人で駅前の牛丼屋にやって来た

「汁だく、肉だく、ネギだく、飯だく、料金は並盛のままで」
いつものを注文したおれはカウンター席に腰を下ろした
バーでこそないが探偵といえばカウンターと相場は決まっている
そして古今東西、カウンター越しの店員が実は情報屋というのがこの業界の定説である


「特盛だブ~」


カウンターで自分の世界に浸ってると、聞き覚えのある声が耳に入ってきた
9時の方向、距離およそ2m
決して対象を直視してはならない
直死の魔眼が発動するからではなく、単に関わりたくないからだ

この状況に抗う術はただひとつ、顔を右に背けて急いでたいらげること
「よく噛んで食べなさい」と孤児院で躾けられたおれは断腸の思いでかっ食らい
某宇宙刑事よろしく振り向くことなく光の速さで表に出た

若さってなんだ? ふりむかないことさ
ここまで見た
  • 132
  •  
  • 2019/01/07(月) 00:17:38

https://imgur.com/GXXHPfb.jpg

ここまで見た
  • 2000
このスレッドは2000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※主&副は2005まで!次スレ誘導とかに使ってね

次スレを作る   次スレ検索
ここまで見た

★お気に入り追加

このページを共有する
facebook twitter hatena line google mixi email
おすすめワード