facebook twitter hatena line google mixi email
★お気に入り追加


  • 1
  •  
  • 2014/05/01(木) 09:58:29
東山動物園(名古屋市千種区)は28日、絶滅危惧種のメキシコウサギの赤ちゃんが
国内の動物園で初めて生まれたと発表した。
生後まもなく死んでしまう率が高いために繁殖が難しく、このまま育てば世界的にも
珍しい例になるという。

赤ちゃんが生まれたのは11日、ウサギの飼育担当者が体長約7センチの2匹を確認した。
1匹は1週間後に死んでしまったが、もう1匹はまもなく離乳できるほど順調に育っている。

動物園によると、赤ちゃんは呼吸器系の病気にかかりやすく、神経質な大人のウサギに
かまれて死ぬことも多い。動物園で生まれたウサギの長期飼育に成功したのは世界でも
チャプルテペック動物園(メキシコ)だけで、姉妹関係にある東山動物園は昨年8月に
10匹をもらい受け、繁殖に取り組んできた。

http://www.asahi.com/articles/ASG4X4JMBG4XOIPE00L.html
(画像あり)
ここまで見た
  • 2
  •  
  • 2014/05/07(水) 00:31:46
ねずみっぽいけど、かわいいね
ここまで見た

★お気に入り追加

このページを共有する
facebook twitter hatena line google mixi email
おすすめワード