facebook twitter hatena line google mixi email
★お気に入り追加


  • 1
  •  
  • 2014/04/19(土) 09:57:56
横浜、川崎、横須賀の3市以外で捨てられたり逃げたりした動物を預かっている神奈川県動物保護センター(平塚市)で昨年度、殺処分された犬がゼロだった。
1972年のセンター開設以来、初めてのことだ。
川崎市内の動物を預かる市動物愛護センター(高津区)でも、昨年度の犬の殺処分数が初めてゼロになった。
 いずれも病死など収容中の死亡を除く。
県内にセンターは四つあり、横浜市動物愛護センター(神奈川区)と横須賀市動物愛護センターは昨年度の殺処分数を集計中だが、ともにゼロではないという。
 動物愛護の観点などから、殺処分の数が年々減っているのは全国的な傾向だ。
環境省の統計によると、40年前の殺処分数(収容中の死亡を含む)は年間115万9千匹以上だったが、2012年度は30分の1の約3万8千匹に。
県内でも1992年度には約6300匹だったのが、2012年度は217匹まで減っていた。
http://www.asahi.com/articles/ASG4G3TZKG4GULOB00G.html?iref=comtop_rnavi_arank_nr04
ここまで見た
  • 2
  •  
  • 2014/04/19(土) 15:41:43
良い傾向!!
避妊などにより収容数が少なかったのか、
収容後の引き取りが多くなったのか。
どちらにしろ地域住民のがんばりですね!
ここまで見た

★お気に入り追加

このページを共有する
facebook twitter hatena line google mixi email
おすすめワード