facebook twitter hatena line google mixi email
★お気に入り追加


■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

  • 1
  •  
  • 2010/12/29(水) 12:27:40
語れや
ここまで見た
  • 951
  •  
  • 2014/07/22(火) 22:18:40.41
保証協会に加入しようとする者は,加入前の宅建業に関する取引により生じた債務に関し,保証協会から担保の提供を求められることがあります。
ここまで見た
  • 952
  •  
  • 2014/07/22(火) 22:21:41.77
一定の期間を経過した後に建物を取り壊すべきことが明らかな場合に、建物の賃貸借をするときは「建物を取り壊す時に賃貸借が終了する」と定めることができる。
ここまで見た
  • 953
  •  
  • 2014/07/23(水) 04:25:52.44
温泉が付いたマンションであることを表示する場合、加温した旨を明示する必要がある。
ここまで見た
  • 954
  •  
  • 2014/07/23(水) 04:27:18.22
谷底平野は、周辺が山に囲まれ、小川や水路が多く、ローム、砂礫等が堆積した良質な地盤であり、宅地に適している。
ここまで見た
  • 955
  •  
  • 2014/07/23(水) 04:29:20.28
その家屋の譲渡について特定の居住用財産の買換えの特例の適用を受ける場合は、譲渡があったものとされる部分の譲渡益があるときであっても、その譲渡益について軽減税率の特例の適用を受けることができない。
ここまで見た
  • 956
  •  
  • 2014/07/23(水) 04:31:44.75
保証協会は,新たに社員が加入したときや社員がその地位を失ったときは,直ちに,その旨を,当該宅建業者が免許を受けた国土交通大臣または都道府県知事に報告しなければなりません。
ここまで見た
  • 957
  •  
  • 2014/07/23(水) 04:34:52.02
傾斜地を含むことにより当該土地の有効な利用が著しく阻害される場合は、原則として、傾斜地を含む旨及び傾斜地の割合又は面積を明示しなければならないが、マンションについては、これを明示せずに表示してもよい。
ここまで見た
  • 958
  •  
  • 2014/07/23(水) 04:35:47.44
保証協会は、宅地建物取引業者の相手方から社員である宅地建物取引業者の取り扱った宅地建物取引業に係る取引に関する苦情について解決の申出があったときは、その申出及びその解決の結果について社員に周知することが義務付けられている。
ここまで見た
  • 959
  •  
  • 2014/07/23(水) 04:37:52.22
防火地域内に建築する仮設建築物の基礎に木ぐいを用いる場合、その木ぐいは、平家建ての木造の建築物に使用する場合を除き、常水面下にあるようにしなければならない。 
ここまで見た
  • 960
  •  
  • 2014/07/23(水) 04:40:01.83
建築物に近接してその建築物を風の方向に対して有効にさえぎる他の建築物、防風林その他これらに類するものがある場合においては、その方向における速度圧は、一定程度まで減らすことができる。
ここまで見た
  • 961
  •  
  • 2014/07/23(水) 04:42:46.38
積雪荷重の計算に当たり、雪下ろしを行う慣習のある地方においては、その地方における垂直積雪量が1mを超える場合においても、積雪荷重は、雪下ろしの実況に応じて垂直積雪量を1mまで減らして計算することができる。
ここまで見た
  • 962
  •  
  • 2014/07/23(水) 04:44:22.97
所得金額が3,000万円を超えるときは、その超える年分の所得税について、「住宅ローン控除の適用」を受けることはできない。
ここまで見た
  • 963
  •  
  • 2014/07/23(水) 04:50:24.79
二重譲渡は先に登記を得た方が勝つ。契約締結の日付・時刻は関係がない。
ここまで見た
  • 964
  •  
  • 2014/07/23(水) 04:52:08.00
床面積50平方メートル以上、240平方メートル以下であれば、課税標準が1,200万円引きになる。
ここまで見た
  • 965
  •  
  • 2014/07/23(水) 04:53:11.13
事務禁止処分中でも、商号の変更があったときは「変更の登録」を申請する必要がある。
ここまで見た
  • 966
  •  
  • 2014/07/23(水) 04:54:48.24
「譲渡損失の損益通算の適用」と、「住宅ローン控除の適用」は同時に受けれる。
ここまで見た
  • 967
  •  
  • 2014/07/23(水) 04:56:00.11
社員が事務所を一部廃止した場合の返還に、公告は不要です。なお「営業保証金」の場合は、業者による6ヵ月以上の期間を定めた公告が必要です
ここまで見た
  • 968
  •  
  • 2014/07/23(水) 04:58:17.17
取引主任者の資格登録を受けている者が,登録地以外の都道府県の宅建業者の事務所に勤務することになった場合は,
登録の移転を申請することができますが,登録の移転は任意なので,必ずしなければならない,というものではありません。
ここまで見た
  • 969
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:00:46.61
甲土地を商業施設建設を借地条件としていたが、法令が変わり、住居しか建ててはならないようになった場合、借地権者と地主との間で協議が調輪ないときは裁判所が借地条件を住居を条件とする変更できる。
ここまで見た
  • 970
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:01:27.81
契約更新後に、借地権者が残存期間を超えて残存すべき建物を新たに築造することにつき、やむを得ない事情があるにもかかわらず、地主が承諾しない場合は、借地権者の申立てにより、裁判所が地主の代わりに許可を与えることができます。
ここまで見た
  • 971
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:02:58.98
借地権者が賃借権の目的である土地の上の建物を第三者に譲渡しようとする場合において、その第三者が賃借権を取得しても借地権設定者(地主)に不利となるおそれがないにもかかわらず、
借地権設定者(地主)がその賃借権の譲渡又は転貸を承諾しないときは、裁判所は、借地権者の申立てにより、借地権設定者の承諾に代わる許可を与えることができます。
ここまで見た
  • 972
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:03:47.37
第三者が賃借権の目的である土地の上の建物を競売又は公売により取得した場合において、その第三者が賃借権を取得しても借地権設定者(地主)に不利となるおそれがないにもかかわらず、
借地権設定者がその賃借権の譲渡を承諾しないときは、裁判所は、その第三者の申立てにより、借地権設定者の承諾に代わる許可を与えることができます。
ここまで見た
  • 973
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:07:07.61
預り金は、保全措置を講じる義務がないので、講じずに受領してもいい。
ここまで見た
  • 974
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:07:58.92
事務所で申込みをした場合、契約の解除(クーリングオフ)ができない。
ここまで見た
  • 975
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:10:40.06
登録を受けている者で取引主任者証の交付を受けていない者が重要事項説明を行い、その情状が特に重いと認められる場合は、当該登録の消除の処分を受け、その処分の日から5年を経過するまでは、再び登録を受けることができない。
ここまで見た
  • 976
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:11:13.94
取引主任者証の有効期間の更新のを受けようとするときに受講しなければならないのは,その申請前6月以内に行われる講習で,登録を受けている都道府県知事が指定するものです。
ここまで見た
  • 977
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:11:56.60
取引主任者証の亡失によりその再交付を受けた後に,亡失した取引主任者証を発見したときは,速やかに,忘失した取引主任者証をその交付を受けた知事に返納しなければなりません。
ここまで見た
  • 978
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:13:39.16
建物の売買・交換(その媒介・代理),貸借の媒介・代理では,当該建物について,石綿使用の有無の調査結果が記録されているときは,その内容を,35条の重要事項として説明しなければなりません。
ここまで見た
  • 979
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:15:30.33
建物の売買・交換(その媒介・代理),貸借の媒介・代理では,当該建物(昭和56年6月1日以降に新築の工事に着手したものを除く。)
が建築物の耐震改修の促進に関する法律 に規定する基本方針のうち技術上の指針となるべき事項に基づいて次に掲げる者が行う耐震診断を受けたものであるときは,その内容を,35条の重要事項として説明しなければなりません。
ここまで見た
  • 980
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:16:35.95
宅地または建物の売買・交換(その媒介・代理)では,当該宅地又は建物の瑕疵を担保すべき責任の履行に関し保証保険契約の締結その他の措置で国土交通省令で定めるものを講ずるかどうか,
及びその措置を講ずる場合におけるその措置の概要を,35条の重要事項として説明しなければなりません。
ここまで見た
  • 981
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:18:16.68
保証協会に加入しようとする者は,加入前の宅建業に関する取引により生じた債務に関し,保証協会から担保の提供を求められることがあります。
ここまで見た
  • 982
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:24:32.84
共用部分の軽微変更は原則として普通決議(過半数)で決することができます。なお、規約で別段の定めをすることもできます。
ここまで見た
  • 983
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:25:04.52
温泉が付いたマンションであることを表示する場合、加温した旨を明示する必要がある。
ここまで見た
  • 984
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:25:41.07
谷底平野は、周辺が山に囲まれ、小川や水路が多く、ローム、砂礫等が堆積した良質な地盤であり、宅地に適している。
ここまで見た
  • 985
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:27:22.73
その家屋の譲渡について特定の居住用財産の買換えの特例の適用を受ける場合は、譲渡があったものとされる部分の譲渡益があるときであっても、その譲渡益について軽減税率の特例の適用を受けることができない。
ここまで見た
  • 986
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:29:19.64
傾斜地を含むことにより当該土地の有効な利用が著しく阻害される場合は、原則として、傾斜地を含む旨及び傾斜地の割合又は面積を明示しなければならないが、マンションについては、これを明示せずに表示してもよい。
ここまで見た
  • 987
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:31:03.43
積雪荷重の計算に当たり、雪下ろしを行う慣習のある地方においては、その地方における垂直積雪量が1mを超える場合においても、積雪荷重は、雪下ろしの実況に応じて垂直積雪量を1mまで減らして計算することができる。
ここまで見た
  • 988
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:34:55.70
事務禁止処分中でも、商号の変更があったときは「変更の登録」を申請する必要がある。
ここまで見た
  • 989
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:35:54.95
契約更新後に、借地権者が残存期間を超えて残存すべき建物を新たに築造することにつき、やむを得ない事情があるにもかかわらず、地主が承諾しない場合は、借地権者の申立てにより、裁判所が地主の代わりに許可を与えることができます。
ここまで見た
  • 990
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:36:57.94
第三者が賃借権の目的である土地の上の建物を競売又は公売により取得した場合において、その第三者が賃借権を取得しても借地権設定者(地主)に不利となるおそれがないにもかかわらず、
借地権設定者がその賃借権の譲渡を承諾しないときは、裁判所は、その第三者の申立てにより、借地権設定者の承諾に代わる許可を与えることができます。
ここまで見た
  • 991
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:38:16.33
事務所で申込みをした場合、契約の解除(クーリングオフ)ができない。
ここまで見た
  • 992
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:40:35.88
建物の売買・交換(その媒介・代理),貸借の媒介・代理では,当該建物(昭和56年6月1日以降に新築の工事に着手したものを除く。)
が建築物の耐震改修の促進に関する法律 に規定する基本方針のうち技術上の指針となるべき事項に基づいて次に掲げる者が行う耐震診断を受けたものであるときは,その内容を,35条の重要事項として説明しなければなりません。
ここまで見た
  • 993
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:41:46.95
一定の期間を経過した後に建物を取り壊すべきことが明らかな場合に、建物の賃貸借をするときは「建物を取り壊す時に賃貸借が終了する」と定めることができる。
ここまで見た
  • 994
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:42:27.67
鉄筋コンクリート造の柱については、主筋は4本以上とし、主筋と帯筋は緊結しなければならない。
ここまで見た
  • 995
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:43:09.08
保証協会は,新たに社員が加入したときや社員がその地位を失ったときは,直ちに,その旨を,当該宅建業者が免許を受けた国土交通大臣または都道府県知事に報告しなければなりません。
ここまで見た
  • 996
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:43:49.41
防火地域内に建築する仮設建築物の基礎に木ぐいを用いる場合、その木ぐいは、平家建ての木造の建築物に使用する場合を除き、常水面下にあるようにしなければならない。 
ここまで見た
  • 997
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:44:45.29
積雪荷重の計算に当たり、雪下ろしを行う慣習のある地方においては、その地方における垂直積雪量が1mを超える場合においても、積雪荷重は、雪下ろしの実況に応じて垂直積雪量を1mまで減らして計算することができる。
ここまで見た
  • 998
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:46:07.81
契約更新後に、借地権者が残存期間を超えて残存すべき建物を新たに築造することにつき、やむを得ない事情があるにもかかわらず、地主が承諾しない場合は、借地権者の申立てにより、裁判所が地主の代わりに許可を与えることができます。
ここまで見た
  • 999
  •  
  • 2014/07/23(水) 05:47:13.37
1000なら合格!
ここまで見た
  • 1000
  • 2ch.net投稿限界
2ch.netからのレス数が1000に到達しました。
ここまで見た

★お気に入り追加

このページを共有する
facebook twitter hatena line google mixi email
おすすめワード